今日のお手紙

     

「ネコヤド商店街」情報その5

4月1日に栃木県・鹿沼市で開催される「ネコヤド商店街」。もみじ市メンバーから出店する、次なる作家さんをご紹介しましょう。
●uzura(革の小物)

ふっくらとしたかわいい靴。見るからにはきやすそうな靴は、uzuraのお二人による手づくり。ひと足ひと足採寸し、好みの形と革を選び、丁寧に縫って仕上げてくれます。自分のためだけに作られた靴は、歩きやすくて楽しくて、思わずスキップしたくなります。今回のイベントでは靴の受注のほか、とってもかわいい靴の形のブローチ(売り上げの一部を募金にします)、カードケース、ざっくり財布、うずべら(小さな靴べら)などが登場、子供モカシンは子供モカシンはその場でお持ち帰りもできるそうですよ。

成城・城田工房(自家製ソーセージの焼き売り)

いまや、もみじ市の名物ともいえる「うずまきソーセージ」。ぺろぺろキャンディのようなその形と、炭火で焼いた香ばしいかおりに、誰もが生唾ゴクリ。いつも大行列の人気店です。城田さんは、群馬の養豚場から仕入れた豚を、部位によってハムやソーセージに仕上げていきます。塩加減やジューシーさが絶品。晴れの日は、ビールとともにうずまきソーセージをぜひ! さらに、カフェ手紙舎のパンと城田工房のハムを使ったサンドイッチも登場しますよ。どうぞ、お腹を満たしに来て下さいね!

(C)tegamisha since2008