今日のお手紙

     

【kata kata個展情報】「umi」at 手紙舎 2nd STORY 7/7(火)~7/20(月・祝)


「型染め」。
このことばを聞いて思い浮かべる作家さんは、私たちにとっては彼らしかいない。
そう、型染めの手法でオリジナルの染布を制作している、テキスタイルデザイナー・kata kataの、松永武さんと高井知絵さんだ。
そのお2人が、7/7(火)から7/20(月・祝)まで、2年ぶりに手紙舎 2nd STORYで個展を開催してくださることになった。
今回、彼らが挑むテーマは「umi」。

彼らが用いるモチーフは、魚、鯨、白熊、珊瑚など実在するものばかり。どの生き物もわたしたちが知っているものとは異なる、笑顔のような表情を見せ、生き生きと動き、鮮やかな色をまとって力強い生命の輝きを放つ。波や雲さえも、風が吹けば、今にも身をまかせて揺れはじめそうだ。

kata kataの作品を目にすると、わたしは足を止め、まるで憧れの人の背中を追うように手を伸ばしてしまう。ものや物語の裏にはそれらを作った人がいるが、そのものや物語は結局、作った「人」自身。kata kataの作品は、松永武さん、高井知絵さんそのものなのだ。ゆえに、いつも大きな笑顔でわたしたちを迎えてくれる2人の輝きが反射した作品に、わたしは惹かれるのだろう。

今回の個展のために作ってくれたテキスタイルの新柄は、「シャコガイ」。一見すると、魚が泳いでいるのはにぎやかな海の中のように思える。しかしそこは、シャコガイの殻の中。口をあけて餌を待っているかのようにも見える。ゆったりとたゆたう流れのなかで、しっかりとそこで生きている彼らの「海」は、一体どのような景色なのか。想像が膨らむ。

また、今回の個展に合わせてkata kataオリジナルの生地を使用し、Jamboree・吉岡佳織さんがデザインしたシャツ、ワンピース、サルエルパンツをはじめ、帽子職人・Chappoさん、キャンドル作家・nuri さんとのコラボ作品をご用意。また、kata kataと手紙社による新作コラボアイテムも登場する。

今はまだ、kata kataの「umi」へ旅立つ船出の前。7月7日まで、あと、もうすこし。

【ワークショップ&イベント(予約制)】
●workshop 1 型染めによるオリジナルトートバッグ作り
トートバッグに型染めを施して作る、自分だけのオリジナル型染めバッグ作りです。普段着に型染めを取り入れてみませんか。
日程:7月12日(日) ①13:00-15:00 ②16:30-18:30 ※各回定員5名(先着順)
参加費:3,000円(材料費、1ドリンク含む)

workshop 2 kata kataデザインの型紙で、和紙に型染めを施そう
kata kataがデザインした動物の型紙を使い、型染めを体験しませんか。染めた和紙を、インテリアとして壁に飾るのもおすすめです。
日程:7月19日(日) ①13:00-15:00 ②16:30-18:30 ※各回定員5名(先着順)
参加費:3,000円(材料費、1ドリンク含む)

▲event キノ・イグルーの特別上映会 「wonder! summer! cinema!」
会期最終日に、2nd STORYが一夜限りの映画館に変身します。移動映画館、キノ・イグルーがこの個展のために選び抜いた映画を上映します。ボーダー柄でおしゃれをして、遊びに来てくださいね。
日程:7月20日(月・祝) 18:30 OPEN/19:30 START
参加費:2,500円(1ドリンク含む)
定員:60名(先着順)
ドレスコード:ボーダー柄

※ワークショップ・イベントの詳細やご予約方法は、手紙社websiteで後日告知いたします。

【kata kata個展「umi」】
会期:2015年7月7日(火)- 7月20日(月・祝)
時間:12:00 – 23:00 ※最終日 7月20日(月・祝)のみ15:30まで
定休日:7月13日(月)
会場:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel:042-426-4383

(C)tegamisha since2008