今日のお手紙

     

【オーダーメイドの日/出店者紹介】佐藤防水店(バッグ)

大分県にて創業65年の歴史をもつ佐藤防水店。テントやトラック用のシート、工具入れのなどの製作を生業としています。そんな老舗が帆布のバッグをつくり始めたのは2011年のこと。テント製作で培った技術を余すことなく生かしたバッグは、“自立するトート”と称されます。

もとは帆船の帆に使用されていた帆布の最大の特徴は、何と言ってもそのタフさ。中でも、テント生地のプロ・佐藤防水店が使う帆布は2号〜6号と、かなりの分厚さ。もっとも薄い6号帆布でもジーンズより厚手というので、その頑丈さは想像に難くないでしょう。

なぜ、こんなにも厚い生地を扱うのか? その答えは、バッグを製作するミシンにあります。針は一般的な太さの倍で、チタンコーティングが施されたもの。さらには、摩擦や環境変化に強いビニロン糸を使っています。バッグの縫製に使用されることはほとんどない針と糸は、薄手の生地だと傷めてしまう可能性があります。そんなテント屋ならではのミシンの特性を最大限活かすため、あえて厚手の帆布を素材としているのです。

佐藤防水店のバッグは、各パーツの色を選ぶカラーオーダーが特徴。「単純構造」「とにかくシンプル」をコンセプトに掲げ、ひとつひとつ丁寧に手作業で製作されたバッグ。機能性・クオリティ・デザインの3拍子が揃ったバッグをお楽しみください。

【佐藤防水店さんからご来場いただくみなさまへのメッセージ】
国内産4号帆布を使用した単純構造トートバッグ。重量物を入れても安定して持てるように本体は1枚生地、持ち手は底部からしっかりと縫い付けております。そのため、極厚な4号帆布を使用していますが、重量感を感じず持つことができます。今回は、シンプルな見た目により、さまざまなお召し物に対応できる「B-tote2」、補強パーツの底布により、少しカジュアルな雰囲気のある「BT3」をご用意します。普段はオーダーに対応していないアイテムですが、ボディ・持ち手・ステッチのカラーオーダーを受け付けます。B-tote2は640パターン以上、BT3は12,160パターン以上のカラーパターンで作ることが可能です。その他、ハンドキャリングではなく肩掛けしたい方のご要望に応えるため、オプションとしてショルダー加工(別途料金)をご用意しております。使い始めから愛着が湧く、自分だけのバッグなんていかがでしょうか?

オーダーメイドできるアイテム: B-tote2、BT3
費用:オーダー品 10,800円(税込)〜
   展示販売品 8,640円(税込)〜(数量限定)
納期:2016年8月20日予定
お支払い方法:現金、クレジットカード

【「オーダーメイドの日」at マーチエキュート神田万世橋】
日程:2016年6月17日(金)〜19日(日)
時間:17日(金):12:00〜21:00
   18日(土):11:00〜21:00
   19日(日):11:00〜19:00
会場:マーチエキュート神田万世橋(東京都千代田区神田須田町1−25−4)
*入場無料

(C)tegamisha since2008