今日のお手紙

     

【大森木綿子個展「tsuki to hana」】「月」と「花」づくしの個展特別メニューのご紹介です

いよいよ、明日8月23日(火)に開催をひかえた、イラストレーター・大森木綿子(おおもり ゆうこ)さんの展示「tsuki to hana」。「個展も待ち遠しいけれど、個展期間中だけ味わうことのできる特別メニューも待ちきれない!」という方も多いのではないでしょうか。今回、大森さんが描く「tsuki to hana」のイラストの世界を「食」に落とし込むことに挑戦したのは、2nd STORYのシェフ・大津。手紙社スタッフ一同が愛してやまない、フランス仕込みの彼の味をどうぞご堪能ください。

「満月のマリネと花束のクレープ」

※18時〜のご提供

皿の左手には、まるでお月さまのような温泉卵。右手には、サーモンのマリネと梨、そしてサラダをクレープで包んだ花束。まさに、これぞ「tsuki to hana(月と花)」。食べられる本物の花も隠れています。卵の下に隠れたオレンジ色のものは、秋の味覚を先取りしたかぼちゃのマリネ。かぼちゃの甘みと、ビネガーの酸っぱさが絶妙にマッチした、ほっくりとした食感の新感覚マリネです。花束のクレープは、お好みで横に添えられたブルーチーズのドレッシングをつけて、お召し上がりください。

「お月様のカルボナーラ」

※18時〜のご提供

幅が広く、まるでリボンのような形をしたパスタの一種・パッパルデッレに、濃厚なカルボナーラ・ソースがたっぷりからんだ、なんともぜいたくな一皿です。塩味がきいた角切りベーコンと、秋を先取りした甘みの強い栗は、まさに、ベスト・カルボナーラ・コンビ。また、パスタは生麺を使用しているので、もちっとした食感がたまりません。お召し上がり前に、月のような卵をそーっと割って、とろりと現れる黄身をパスタと絡めるのもお忘れなく。

「お花の香りのクレームブリュレ」

※15時〜のご提供

オレンジフラワーウォーターを使った、爽やかな香りのクレームブリュレに添えられたのは、ラベンダーのアイス。「口にすると感じられる花の香りや味わいが、まるで花畑にいるような気分にさせ、みなさんの心を癒してくれますように」という、シェフ・大津の乙女心を感じる願いがこめられたデザートです。

「バラのカクテル」

※15時〜のご提供

バラの花の蒸留水を使用したさわやかな飲み口のドリンクは、アルコール、ノンアルコール、どちらでもお楽しみいただけます。ホワイトラムとグレープフルーツジュースで割ると、ほろ苦くさっぱりとしたお味に。もしくは、ライムとソーダで割って、キレのあるシュワっとしたノンアルコールカクテルにも。いずれも、口に運ぶたびに華やかなバラの香りが漂ってくる、アロマのようなドリンクです。さっぱりとした飲み口は、お食事にもぴったりなのでぜひお試しください。

こんな美味しそうなお料理を目の前にすると、つい頭に浮かび上がることばは「花より団子」。しかし、会場には大森さんが描く花や自然にあふれています。それらを眺めながら、ぜひ「花」も「団子」もお楽しみください。

【大森木綿子個展「tsuki to hana」】
会期:2016年8月23日(火)~9月4日(日)
※8月29日(月)は定休日
営業時間:12:00~23:00(22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F→地図■
tel.:042-426-4383
大森木綿子HP:http://omoriyuko.com
作家在廊日:8月27日(土)、 8月28日(日)、9月3日(土)

(C)tegamisha since2008