今日のお手紙

     

【展示「sirimiri」 at 展示室トロワ】10/4(火)〜10/10(月・祝)

これは、2人の人物が、ヨーロッパのとある地方を旅した物語。
ひとりは、その地への溢れんばかりの愛と、料理をもって。
もうひとりは、初めての地で感じた想いを写真に込めて。
それぞれの視点から、私たちに語りかけるのです。
その舞台となった土地の名は、「バスク」。

フランスとスペインにまたがるバスク地方。海と山の自然と、二つの国に育まれた豊かな食文化により、美食の街としても知られています。その地に強く魅かれ、何度も旅しているオザワアユミさんと、初めてバスクを訪れたヤマグチアキヒロさんによる二人展「sirimiri(シリミリ)」を、展示室 トロワにて開催いたします。バスク地方は一年を通して雨がよく降る場所でもあり、旅した2人とも雨が好きだったことから、バスク語で「霧雨」を意味する「sirimiri」を展示タイトルとして選んだのだそう。

今回の「sirimiri」では、写真家であるヤマグチさんが旅で撮影した写真と雑貨の展示、バスクへの思いを綴ったZINE『sirimiri』、写真集『遠い水色』を限定販売。さらに会期中は、カフェ店員のオザワさんによるバスクのお菓子やドリンクを提供予定とのこと。「見て、食べて、バスクを味わってほしい。あんなに美しくて、おいしい街はそうそうないから」。

知る人ぞ知る、そんな街の秘めたる魅力に、あなたも酔いしれてみませんか? また、バスクにまつわる思い出を「sirimiri 雨のひとかけら」にておふたりが日々綴っています。開催までの間、どうぞご覧になってお待ちくださいね。

【展示「sirimiri」】
会期:2016年10月4日(火)〜10月10日(月・祝)
営業時間:12:00〜21:00
場所:手紙舎 展示室トロワ
東京都調布市菊野台1-17-5 303→地図■
tel.:042-444-5367
HP:http://sirimiri.moritoumi.jp/

オザワアユミ
1978年熊本生まれ、福岡育ち。現在は東京都狛江市在住。子ども時代から世界に興味をもち、ホームステイ、ワーキングホリデー、地球一周の船旅などあちこちへ出かける。ふと目にした記事でバスクを知り、2012年にスペインバスクへ一人旅。2015年にはフランスバスクにも足をのばし、2016年はヤマグチをなかば強引に誘って3度目の旅へ。団地のすみっこにあるカフェの店員。

ヤマグチアキヒロ
神奈川生まれ、東京都狛江市在住。2006年から写真を撮り始め、その後デザイン事務所に転職。4年間のwebエンジニア兼カメラマンを経て独立し、フリーランスのWebデザイナーと写真家として活動している。2015年10月に個展LITTLEGROWTHを開催した。
HP:http://yamaguchiakihiro.com

(C)tegamisha since2008