今日のお手紙

     

【『英国人デザイナーが教えるアルファベットのひみつ』トークイベント 12/10(土)】at 本とコーヒー

ふと辺りを見渡すと、わたしたちの身の回りにはアルファベットがいっぱい。通勤電車の広告、お気に入りのカフェのメニュー、流行りのトートバッグ…。アルファベットは馴染み深いどころか、生活に欠かせない要素となっています。

著者であるアンドリュー・ポセケリさんは、英国生まれのデザイナー。本書のテーマを思いついたのは、渋谷のケンタッキーフライドチキンで座り、ポスターを眺めているときだったそう。「どんな言語でも単語を切り刻むと、ネイティブスピーカーにとってはまったく異なる意味になったり、意味が不明瞭になったりする。言葉というものは、どの程度まで切り分け可能なのか?」これが『英国人デザイナーが教えるアルファベットのひみつ』の芽生えでした。

アルファベットで成り立つ無限の言葉たち。アルファベットの文字には個々の歴史があり、それぞれに意味があるのです。

例えば、手紙社の「T」。「T」はコミュニケーションとは切っても切れない文字だと著者はいいます。そのイメージは、ギリシャ語の「tele=離れて」から、英語の「telephone」「television」「telegraph」「telescope」といった言葉が生まれたことが一因にあります。また「T」がデフォルメされた木に見えるように、それぞれのアルファベットの文字の形にも何かひみつが隠されているのかもしれません。

気になるあなたの名前のイニシャルは、どんな意味が込められているのでしょう? あっと驚く発見や、納得する発見があるかもしれませんね。

12/10(土)は、調布市在住のアンドリュー・ポセケリさんご本人を迎え、本とコーヒー tegamisha にてトークイベントを開催いたします! 本書にまつわるお話や、アルファベットの歴史、アルファベットに対する印象の違いなど…日頃アルファベットに触れる人、誰しもが興味深いトークテーマです。また、皆さんのイニシャルの缶バッチをその場で作り、お持ち帰りいただける嬉しいプレゼント付き! ご参加をお待ちしております。

英国人デザイナーが教えるアルファベットのひみつ

アンドリュー・ポセケリ 著 / エムディエヌコーポレーション 刊

/ 定価(1600円+税) / ISBN978-4-8443-6604-1

 

-アンドリュー・ポセケリ PROFILE-
英国出身。日本在住歴13年のフリーランスグラフィックデザイナー。書籍、広告、エディトリアルデザインなど、印刷物のデザインを幅広く手がけけている 。http://www.forbiddencolour.com

 

【『英国人デザイナーが教えるアルファベットのひみつ』トークイベント】
日時:2016年12月10日(土)18:30開場/19:00開演
会場:本とコーヒーtegamisha
料金:2,000円(税込・1drink別途)
申込み:11/18(金)正午よりこちらのサイトにて受付を開始いたします。
問い合わせ:tel 042-440-3477(本とコーヒー)

(C)tegamisha since2008