今日のお手紙

     

【1/31-2/26 むかしばなしフェア
at 本とコーヒーtegamisha】

「むか〜しむかし、あるところに……」

日本全国各地、どこで生まれ育っていようと「ももたろう」を語るには、誰もがこのお馴染みのフレーズからリズミカルに話し始めるのではないのでしょうか。同じく「きんたろう」「うらしまたろう」など昔から語り継がれているお話は、ストーリーはもちろんのこと、主人公の服装、髪型、体格も、世代を超えて日本人なら知っている、まるで共通言語のような存在です。

ここ最近ではそんな主人公たちを題材にしたCMも話題ですが、書籍の世界でも昔話は現代作家の手にかかり、想像を超えたポップで楽しいものに生まれ変わっているのです。そこで本とコーヒーでは、そんな作品を集めた「むかしばなしフェア」を開催することにしました。

こちらは「絵本をポップアートに!」を合言葉に生まれた『MOMOTARO』と『URASHIMATARO』(POO POO BOOKS)。ペインター、イラストレーター、グラフィックデザイナーとして活動されている大河原健太郎さんによるこの絵本は、英訳も載っているので外国の方にも大人気。2016年12月末に刊行されたばかりの第2弾『URASHIMATARO』は、「NO FISH NO LIFE」にはじまり、玉手箱(BLACK BOX)を手に「SEE YA!」と浦島太郎が去っていくなど…ページをめくるたびに衝撃が走ります。

本とコーヒーの入り口正面には、どどーんと大きなカブの絵を飾りました。そう、なんとこちらも立派な書籍! 昨年11月に格好された『Big Book おおきなかぶ』(藤本真央・青幻舎)は、破れにくく、耐水性のある紙で作られた1枚の絵本。かぶに乗りながら、絵の周りに書かれたストーリーを楽しむ体験型絵本は、なんと縦594mm×幅2050mmという巨大サイズ。おおきなカメの絵が描かれた同シリーズの『Big Book うらしまたろう』もお勧めです。

もちろん、手紙社でもお馴染みのイラストレーター・makomoさんの人気ZINEも並んでいます。makomoさんならではの衝撃の展開は見てのお楽しみ。「ももたろう」と「かぐやひめ」のカード類も揃っています!

ほかにも、あの昔話がこんな絵、こんなストーリーに!? と驚きの発見がいっぱいの「むかしばなしフェア」。お子さんやお友達とワイワイ楽しみにお越しください。

 

◎ 「むかしばなし」フェア
期間:2017年1月31日(火)〜2月26日(日)
*月曜休(月曜が祝日の場合は翌日休)
会場:本とコーヒーtegamisha(東京都調布市菊野台1-17-5 1階)
営業時間:12:00〜20:00(土日祝 8:00〜)
tel:042-440-3477

(C)tegamisha since2008