今日のお手紙

     

【「poppy seeds ‐ 芽吹き展 vol.4」2/10(金)〜2/12(日)】「風」「間」「影」をとらえる ①

今週末2月10日(金)より3日間、「poppy seeds 芽吹き展 vol.4」を開催します。2月にアトリエを移されたばかりのpoppy seeds・是枝錬太郎さんのもとを訪ねました。

アトリエへ向かう途中、今回の展示に向けた思いを伺いました。もう4回目の芽吹き展ですね。今回はどんな寄せ植えになりそうですか?

「ああやって、植物には影ができる。だから、僕も、植物の間を風が通り抜けるような寄せ植えを作りたい。普段も“風”や“間”を大切にしているけれど、今回は特に“影”を意識して作ったかな」
是枝さんは道の草木を見ながら、答えてくれました。

そんな言葉を聞いたあと、アトリエで見た寄せ植えは、確かに今までとはまた違った空気を纏っていました。是枝さんがもつ、自然をそのまま切り取ったかのような寄せ植えはそのままに、植物がさわさわと風になびきながら影をつくっています。光があたれば、影はできるもの。ですが、その影をどこに落とし込むか、このあとどこにどんな植物が芽吹いてくるかは是枝さんの感覚次第。そんな是枝さんの感覚はどこから生まれているのでしょうか。後日、是枝さんからメッセージが届きました。

「草や葉の触れ合う音、虫たちの優しげな声、
川に佇む凛とした空気、山の中で感じる暗闇の存在
そんな見えないものにワクワクした少年の頃
僕のつくる寄せ植えの原点はここにあると思っています。

冬から春に移りゆくこの季節。
今年も手紙舎さんで寄せ植えの展示会をさせていただきます。
葉や枝の間から芽吹いてくる球根たちの様子や
草花の膨らんでくる蕾を楽しんでいただけたら嬉しいです」

明日は、今回はじめて登場する蔓で編まれたバスケットに植え込んだ寄せ植えをご紹介いたします。どうぞお楽しみに。

*今回の展示会は、「手紙舎 2nd STORY」で行います。つつじヶ丘 本店ではありませんので、ご来店の際はお気をつけ下さい。

*ご購入の際に、植物の育て方についてご説明する時間がございます。メモのご用意とお時間に余裕を持ってのご来店をおすすめします。お急ぎの方は、スタッフまでお申し付けください。

*寄せ植えは、皆さまにお楽しみいただけるよう、3日間に分けて販売いたします。

【poppy seeds ‐ 芽吹き展 vol.4】
会期:2017年2月10日(金)-2月12日(日)
時間:12:00 – 23:00(L.O 22:00)
会場:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
作家在廊日:2/10、2/11、2/12

poppy seeds
HP    :
Inatagram :

(C)tegamisha since2008