今日のお手紙

     

【2017年手紙社蚤の市プロジェクト第一弾、「第11回東京蚤の市」 5月に開催決定!】

太陽のわずかながら主張する光から、ふっと春の気配を感じる瞬間が訪れるたび“東京蚤の市の季節”を意識してしまうあなた、お待たせいたしました。6年目、第11回という新しいステージに突入する2017年最初の東京蚤の市が、5月に開催決定しました!

会場は、もはや蚤の市の聖地と言っても過言ではない京王閣。古道具、古家具、古雑貨、古書、古着、飲食店など、200を超えるきらめくばかりのお店が集います。もちろん、ワークショップも充実。3か所のステージをはじめとするエンターテイメントの数々は、これまで以上のラインナップで、必ずやみなさんに楽しんでいただけるはず。もちろん、人気の「東京北欧市」や一目惚れ必至の「東京豆皿市」、文字どおり花盛りの「花マルシェ」も同時開催。さらに新しいテーマのエリアも登場します!

そして、なんといっても今回、新しい東京蚤の市にふさわしいメインビジュアルができ上がりました! フォトグラファー加藤新作さんによる撮影、アンティーク時計はatelier coinantiques educoに協力いただきました。「東京蚤の市で買えるもの、それは“時間”です」。会場中を埋め尽くす時間の装飾を纏った品々が、みなさまを今か今かと待ちわびていることでしょう。

新緑とともにやってくる2017年春の東京蚤の市、ぜひともご期待ください。

【第11回東京蚤の市 開催概要】
開催日時:2017年5月13日(土)、14日(日)
入場料:500円(小学生までは無料)
会場:東京オーヴァル京王閣
東京都調布市多摩川4-31-1
京王線・京王多摩川駅臨時改札口すぐ

*第11回公式サイト3月上旬オープン! 第10回のサイトはこちらから。

(C)tegamisha since2008