今日のお手紙

     

【手紙舎 雑貨店 期間限定ショップ in 津田沼PARCO】靴下、ハンカチ、ブローチも大集合

いよいよ今週土曜日より始まる、手紙舎 雑貨店 期間限定ショップ in 津田沼PARCO。今回の出店場所はファッションフロアということで、ハンカチや靴下、ブローチなど、手紙舎らしいファッションアイテムを充実させる予定です。本日は、その一部をご紹介しましょう。

French bull
圧倒的な種類と、“編み”ならではの模様が人気のFrench Bullの靴下。シーズンごとにテーマを設け、次々と新しいデザインを生み出しています。2017年Spring&Summerは、スウェーデンのお祭り「Midsommar」をテーマに、楽しいコレクションを展開しています。また、“天然素材” “made in japan”をキーワードに上質な糸を使い、履き心地と品質の良さも確かです。

hacu
愛知県・江南市にある靴下のファクトリーブランドhacu。着回しに便利なシンプルなデザインながら、さりげない可愛らしさがプラスされています。そしてその魅力は、抜群の履き心地にもあります。色違いで何足も欲しくなる、そんな靴下が揃います。

kata kata
伝統的な染めの技法“型染め”をベースに、布雑貨や紙雑貨、器などにデザインを展開するテキスタイルユニット・kata kata。今回は彼らの代表作である手ぬぐいを、たっぷりとお持ちします。色鮮やかな手ぬぐいは、これからの季節に重宝しますね。

Atelier to naniIRO
水彩画家・伊藤尚美さんのテキスタイルブランド。淡く美しい色づかいと、水彩ならではのにじみが生かされた模様が魅力的です。柔らかいダブルガーゼのハンカチや手ぬぐい、巾着などをご用意します。楽しい模様のハンカチをカバンにしのばせておけば、暑い夏も乗り切れそうです。

相原暦
木々や花、身近な動物などをモチーフにデザインした模様を、シルクスクリーンで布にプリントし、ハンカチやバッグなどに展開する相原さん。デザインから製版、プリント、縫製までを、すべてご自身で行っています。ハンドプリントならではの発色の良さと、細やかなデザインのハンカチは特別な一枚になりそう。贈り物にもお勧めです。

admi
木版プリントという技法でテキスタイルを制作するadmi。デザイナー・堀千春さんが自らインドに赴き、現地の職人さんと共に作り上げています。木版ならではのかすれや絵柄のズレなど、手しごとだからこその温かみを感じさせます。インド綿を使った柔らかい肌触りで、毎日のお出かけに使いやすいハンカチです。

ブローチと耳飾り
布博で人気のプロジェクト「ブローチ博」から、作家によるブローチや耳飾りをご用意しました。シンプルなワンピースにさりげなくつけたり、ストール留めやカバンのワンポイントにも。陶器、金属、フェルト、木など様々な素材のアクセサリーをご用意いたします。

初夏の陽気はおしゃれして、出かけたくなりますね。皆様のお越しをお待ちしております!

【手紙舎 雑貨店 in 津田沼PARCO】
会場:津田沼PARCO(JR総武線「津田沼駅」直結/B館3F・特設会場)
会期:5/20(土)~5/28(日)
時間:10:00~21:00
津田沼PARCO HP

(C)tegamisha since2008