今日のお手紙

     

【石川隆児個展 “1000”】器のご紹介②

いよいよ来週に迫った器作家・石川隆児さんの個展“1000”。彼の作品の大きな特徴のひとつが「白と黒」という色合いにあります。同じデザインの器でも、白か黒かで驚くほど佇まいが変わります。

また、さらに興味深いのが、同じ色の器でも釉薬の表情の違いで見た目の雰囲気や手に持った感触が違うということです。並べられた幾多の器の中には、あなたの手にすっと馴染む“あたなのための器”が、きっと見つかるはずです。

こちらは定番のマグカップ。同じ形ではありますが、一つひとつ手に取ってみると、取っ手のゆるやかさ、側面の膨らみ、釉薬の表情などそれぞれ趣が異なります。「自分が作るマグカップは同じものはひとつもない」と、石川さん自身が語るほどです。シンプルな形だからこそ、それぞれに宿るディティールの違いが明確に見えてくるのかもしれません。

飲み口の薄さも特徴のひとつ。繊細な口あたりは、いつもの珈琲の時間をより豊かなものにしてくれることでしょう。

あと数日後に迫った晴れの舞台に向けて、まさに制作の大詰めを迎えているる石川さん。ご紹介した作品以外にもありとあらゆる種類の器をご用意いただきす。“1000”の器の圧巻のステージをどうぞお見逃しなく!

【石川隆児個展 “1000” 】
会期:2017年6月13日(火)~6月25日(日) ※定休日:6月19日(月)
時間:12:00~23:00 (22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
TEL_042-426-4383

作家在廊日:6/13(火)・17(土)・18(日)・24(土)・25(日)
石川隆児 Instagram 

(C)tegamisha since2008