今日のお手紙

     

【中村風鈴店 ノスタルジック手紙舎音色めぐり atつつじヶ丘本店】風鈴に必要なアイテムと創作への思い

中村風鈴店ではおなじみの乳母車にパラソル。今年で11年目になるユニットといつも寄り添っている乳母車。今ではお二人の活動にこの乳母車は必要不可欠となっていますが、初めの出会いは偶然、滋賀県のカフェから無償で譲っていただいたところから始まったそう。当初は何年も奥にしまわれていたせいか全体がひどく真っ黒に汚れていたのですが、丁寧に拭き取り現在の姿になりました。以来、毎年のメンテナンスを欠かさずに行うことで今の姿を保ち続けています。通称『パラ車』と呼ばれ、風鈴と共に人気者となっています。

鈴は陶芸家 中田誠さんがろくろを回しながら一つ一つ丁寧に制作しており、同じ音色はありません。その中でも人気の富士山型はチリンチリンと高い音色。楕円を半分にしたようなコロンとした型はリーンと空気の間を通り抜けるような含みのある音色を響かせます。お客様のなかには同じ型でも去年と違う音色を求めて、毎年購入されている方もいらっしゃるそうです。

木版画家 藤村洋介さんが作り出す短冊。日々の暮らしの中にコソッと隠れている面白いモチーフを大真面目に作品として作り出しています。こちらの人気柄はフラミンゴモチーフだそう。藤村さんの他の人にはない想像力の豊かさが様々な短冊を作り上げ、鈴を盛り立てています。

当初は、お二人の間でテーマを決めて創作活動をしていたそうです。例えば、これまでのテーマには「レトロ」「鳥」「模様紋様」「いかに女子に可愛いと言わせるか!」などがあったそう。 ただし近年は、テーマを決めると自由に創作できないとの理由から、お二人それぞれが思うままに制作をされているそうです。ところが先日、中田さんの口から「今年のテーマは『山』」との報告がありました! これは、いつもの年とは違う予感がしてなりません。ぜひ実際に作品をご覧になって見ませんか。

【中村風鈴店ノスタルジック調布音色めぐり】
会期:2017.6.20(火)~6.25(日)
場所:手紙舎 つつじヶ丘本店
東京都調布市西つつじヶ丘4-23-35 101
tel 042-444-5331
時間:11:00~18:00
作家在廊日:6/24(土)、 25(日)
※陶芸家 中田誠さんの在廊は6/25(日)のみになります。
中田誠HP藤村洋介twitter

(C)tegamisha since2008