今日のお手紙

     

【手紙社セレクト 人に見せたくなる文房具が勢揃い! at 本とコーヒー】

皆さんは本を読んでいる時、ふと書き留めたい言葉に出会うことはありませんか?

心に残したい言葉を書き留めるノートとペン
大切な本を守ってくれるブックカバー
雑誌の切り抜きを保管するファイルやのり、マスキングテープ…

6月27日より“本とコーヒー tegamisha”では、本の側にいつも置いておきたくなるような、デザイン性豊かな文房具が勢揃いしました。そんなより一層楽しくなった店内をご紹介します!

インドネシア生まれの木製品デザインブランドmagno(マグノ)は、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部で苗木の育成や村の植林活動を行なっています。職人の方が手仕事で丁寧に磨き仕上げたステーショナリーに一度触れたなら、その滑らかさとフィット感に驚かされます。長く使い続けることで木の風合いも変わり愛着も湧いてきそう。ぜひ店頭でお手に取ってご覧ください。

出版社のリトルモアが作ったノート「ナヌーク」。シンプルを極めたこちらのノートは、授業やスケッチ、ちょっと思いついたことを書き留めたりと様々な場面で使えます。無地・横罫・方眼の3種類があるので、用途に合わせて使い分けるのもよいですね。

こちらはNEWSEDの「Heavy Folder」。重量感のあるこの書類フォルダは、なんと東京ドームのテントの端材が使われていて、100年は劣化しないとのこと。大切な書類を守ってくれる心強い書類フォルダは、クラッチバックのように持つのもおすすめです。廃材を再利用して雑貨やアクセサリーを作成しているNEWSED。これからもどんなものを生み出してくれるのか注目です!

最後にご紹介するのは「マスキングテープ」。今や定番の文具ですが、間違いなく私たちの心をわくわくさせてくれます。手紙社にも縁のあるしゅんしゅんさん福田利之さんがイラストを手がけるものや、切る場所を示す“キリトリマステ”、貼ればすぐにやることリストができる“TODOマステ”などデザイン性と利便性、遊び心溢れるものを豊富にご用意しました。

今年の夏は、ちょっと人に見せたくなるような手紙社セレクトの文房具を揃えてはいかがですか?

【本とコーヒー tegamisha】
東京都調布市菊野台1-17-5 1階
tel:042-440-3477
営業時間:[書店]12:00~20:00
[カフェ]12:00~19:00(L.O 18:30)
*土日祝 8:00〜モーニング
定休日:毎週月曜

(C)tegamisha since2008