今日のお手紙

     

【 7/4 – 7/17「海辺のライフスタイル展」 at 手紙舎 2nd STORY】出展作家をご紹介します②

7月4日(火)~7月17日(月・祝)の期間、手紙舎 2nd STORYにて開催する「海辺のライフスタイル展」。総勢18組の作り手の中から、今回は7組の出展者さんをご紹介します。


▶︎杉山利恵(Aji Glass さぬき庵治石ガラス)
「瀬戸内ブルー」と名付けられた、海のような色のガラス作品を生み出す杉山利恵さん。香川県外でガラスを学んだのち、「自分自信を表現すること=郷土の空気を表現すること」と、地元・香川に戻って工房を持ったそうです。今回はオブジェやカトラリーの他に、ガラスのランプシェードも登場します。

▶︎山口一郎(画家)
イラストレーターとして雑誌・広告の仕事を務めたのち、現在は香川を拠点に画家として活動をされている山口一郎さん。今回の展示では、ポストカードを手紙舎 2nd STORYの壁面にずらりと並べ、展示・販売致します。彼が描く、香川の風景をご覧ください。

▶︎加賀雅之(木工作家)
「手仕事の跡は、なるべくなら前に出ないように。素っ気ないくらいのところで手を止める」。岡山県の工房で日々作品を制作する加賀雅之さんは、このような考えのもと、ものづくりに取り組んでいるそうです。つるりとした手触りのコーヒースプーンなど、シンプルだからこそ毎日の食卓で使いたいと思わせてくれます。

▶︎鳥本雄介(ガラス作家)
作り手自らがガラス作りを楽しんでいることが伝わり、それを見た人や使う人も楽しんでもらえるように。そんな想いでものづくりと向き合う鳥本雄介さん。シンプルな造形の中に、吹きガラスの風合いや手仕事の跡が垣間見えます。夏らしい涼しげなテーブルウェアやオブジェをぜひお手にとってご覧ください。

▶︎entoan(革小物)
靴職人の櫻井義浩さんが主宰するブランド「entoan」。今回はポーチなどの革小物を中心にご用意してくれます。革製品ならではの使い込むほどに変化していく風合い、そして革と共に過ごす「時間」をお楽しみください。

▶︎GARDENS(ガーデンライフブック)
GARDENSは香川県高松市にあるガーデンデザインオフィスです。「GARDENS」とは「お庭友達」のこと。 庭を通じて人の輪が広がり、あちらこちらに幸せの花がいっぱいに咲くことを願いながら、カーデンのデザイン・施工、ワークショップなどの活動に取り組んでいます。今回は、そんなGARDENSのライフブックが登場します。


▶︎工房織座(マフラー)
工房織座は、綿織物の産地・四国今治で「織物の原点に立ち返る」制作を続けています。主流の高速織機では表現できない糸の交差や結びの工夫により、素材の味わいを生かした服飾小物をご紹介してくださいます。麻のマフラーなど、夏のコーディネートに一枚添えたい涼やかな商品が並びます。

次回はいよいよ「美味しい」瀬戸内をご紹介します。産地ならではの味やお土産にしたいフードがたくさん届きますので、こちらもどうぞお楽しみに。手紙社のSNS(facebookInstagramtwitter)でも毎日1組ずつご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【海辺のライフスタイル展】
会 期:2017/7/4(火) – 7/17(月・祝)※定休日:7/10(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F

【出展】
井上陽子(クラフト作家)
umie(海辺のライフスタイルオリジナルグッズ)
槇塚登(鉄作家)
GRAPH(セイルバッグ)
イワサトミキ(絵描き)
杉山利恵(Aji Glass さぬき庵治石ガラス)
山口一郎(画家)
加賀雅之(木工作家)
鳥本雄介(ガラス作家)
entoan(革小物)
GARDENS(ガーデンライフブック)
工房織座(マフラー)
おかし工房ボタン(焼菓子)
HIYORI(和三盆)
半空(コーヒー豆)
アンファーム(ジャム)
讃岐はだか麦本舗(グラノーラ)
創樹(オリーブオイル)

umie HP→ FaceBook→
海辺のライフスタイル FaceBook→

(C)tegamisha since2008