今日のお手紙

     

【11/28〜12/3 KIYATA国物語Ⅳ
「天空の森」at 手紙舎 2nd STORY】

雲海にそびえる山々のむこう
その森は永く静かに待っていた
鳥たちが守る岩山高く
そっとひらけた天空の森
一羽の鳥に誘われ たどり着いたその森に
ふたたび時が流れはじめる

もはや手紙舎では年末の風物詩のごとく毎年開催され、今年で4年目となるKIYATA国。今回のテーマは「天空の森」です。

緑もまばらな岩肌の山に、荷物を背負ったロバが一体。強い意志をも感じる眼差しで、いったいどこへ向かうのか、ゆったりと歩みを進めています。そんなロバの背中には一匹の鷲。同じ方向を見つめるその目は、まるで行く先を共にする相棒のようでもあります。

「幻想の湖」「流浪の森」そして今回の「天空の森」と、少しずつその地図を書き足すかのように広がっていくKIYATA国。2nd STORYの青い扉を開け、一歩足を踏み入れれば、どこの国とも時代ともわからない異空間の物語へと誘われます。するとすぐさま愛嬌いっぱいの動物たちが、駆け寄るように来訪者を受け入れ…… と年に一度味わえるそんな感覚を楽しみに、訪れる人は後を絶たず毎年増える一方です。

今回の展示では、メインビジュアルにもなっているロバのアクセサリーボックスなど、高い山に暮らす生き物を題材にした初披露の一点物の木彫り作品を多数出品予定。人気のランプ、時計、バスケットなど盛りだくさんの新作も並びます。また本展のために新たに制作した、ロバ柄の木版画マスキングテープも登場。今年は例年よりも展示スペースを広げての開催となります。お楽しみに。

【KIYATA THEATER】
最終日のディナータイムには、KIYATA国に”幸せを売るヒゲの音楽一座”The Worthlessがやってきて「ニジノ音楽会」を開催!KIYATA作品とのコラボにも注目です。

日時:2017年12月3日(日)19:00-19:45
入場無料(座席予約可、立ち見可)
*ドリンク・フード等オーダーください。
*入場無料のためどなたでもご覧いただけますが、より観覧いただきやすいカフェのお席は、ご予約制となります(18:00〜20:00の2時間制、1名、2名の場合は相席の可能性もございます)
座席の予約受付はこちらから
https://coubic.com/tegamisha/239179

【COLLABORATION】
毎年好評のKIYATAの木彫り作品と花生師・岡本典子さんによるコラボリースが今年も登場。これからの季節を彩ります。

【SPECIAL MENU】
カフェコーナーでは、KIYATA 国をイメージした6日間だけのスペシャルメニューをご用意。今年はケーキも販売予定!

- KIYATA プロフィール -
KIYATA(キヤタ)はスリランカの言葉、シンハラ語でノコギリの意。スリランカに所縁のあった若野忍、由佳の夫婦が2008年に立ち上げた木工ユニット・KIYATAは、「森の奥深く人間以外の者達が来る者をもてなしてくれている場所 そこにあるものは…」そんな物語をテーマに、生活にちょっとしたファンタジーを与えるインテリアを制作。今日も森で採集の旅を続けています。http://www.kiyata.net

◎KIYATA国物語Ⅳ「天空の森」
会期:2017年11月28日(火)~12月3日(日)
営業時間:12:00~23:00(22:00 L.O)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
作家在廊日:全日

<ご注意>
※ 初日28日(火)12:00〜15:00頃、最終日3日(日)18:00〜23:00は混雑が予想されるため、手紙舎 2nd STORYのカフェは特別営業とさせていただきます。
※ 初日オープン時は混雑が予想されるため、入場整理券を発行いたします。発行の詳細は開催前に当サイトでご案内いたします。
※ 制作数に限りがある中、なるべく多くのお客様に作品をお渡ししたいという作者の意向により、今回より受注方式を変更いたします。木彫受注作品はお1人様1点までのご注文、一点物作品の全て、受注作品の何割かは最終日(12/3 19:00)までのお申し込みによる抽選販売とさせていただきます。
※ 展示で販売する作品に関しては、開催約1週間前に当サイトもしくはKIYATAサイトにて発表いたしますので、いましばらくお待ちください(発表前は、ご連絡いただきましてもお答えできませんので何卒ご了承ください)。

(C)tegamisha since2008