今日のお手紙

     

【小谷田潤 個展『二度(ふたたび)の器』】その1・もみじ市 2007「旅」をふたたび

もみじ市という、全国から、それはそれは素敵で、個性的で、魅力的なつくり手たちの集まる祭典があります。手紙社の起源ともいえる「もみじ市」、その初回からずっと出店し続けている数少ないつくり手である小谷田さんは、手紙社にとって象徴的な作家のひとりです。

2007年から毎年、もみじ市にはテーマが冠されてきました。そこで、この個展「二度の器」では、その年その年のテーマと当時制作していたものを振り返りながら、“いま”の小谷田さんが“ふたたび”制作し直した作品を発表します。本日紹介するのは2007年のもみじ市(テーマは「旅」)を振り返る、「角マグ」です。小谷田さんのマグカップとしてこれを思い浮かべる方は多いのでは? 安定感のある座りと抜群の使い心地の良さ。初登場から約3年後には、しのぎ(鎬)の筋が施されたバージョンも制作されるようになりました。

【小谷田潤さん2007年の器を語る】

はじめてもみじ市にもたらされたテーマは「旅」でした。思い返すと、慣れない接客に加えて有名な出店者に格の違いを見せつけられ、テーマどころではなく、モヤモヤした気持ちだけ残し終わるのでした。

しかし、その時の「旅」というテーマはずっと心の隅に残っていて、何か仕事を受けるときには、「その場所に行ってみたいかどうか」という一点で全て判断してきたような気がします。

この後、もみじ市はずっと続くことになり、当時から今まで欠かさず作っているこの形のマグカップは、期せずして長い「旅」のはじまりの作品になったのです。

【小谷田潤 個展 −二度(ふたたび)の器−】
会期:2018年4月3日(火)~4月15日(日)
※4月9日(月)は定休日
営業時間:12:00~23:00(22:00 LO)
※4月8日(日)はライブのため16:00まで
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
小谷田潤公式サイト:koyata jun ceramic works

(C)tegamisha since2008