今日のお手紙

     

手紙社が主催する卸見本市【手紙社トレードショー 9/6〜7】出店者紹介②

いよいよ来週に迫った、手紙社が主催する卸見本市「手紙社トレードショー」。 関係者の方々に手紙社のアイテムを手にとっていただくだけでなく、出店という形で、敬愛する作り手のものづくりに直接ふれてもらえたら……。そんな思いを受け、全国から選りすぐりの作り手たちが、調布に集ってくれました。その出店者第2弾をお届けします!

SAVON de SIESTA

厳選した天然素材を主軸に、心華やぐ香りの手作り石鹸を作る北海道の「SAVON de SIESTA(サボンデシエスタ)」。熱を加えず、じっくりと熟成させて作る石鹸は、保湿成分をしっかり閉じ込め、しっとりとした洗い上がり。ヨーロッパの古いアポセカリーを思わせるような美しいパッケージと、使うたびにリラックスできる香りもリピートの理由です。定番の石鹸はもちろん、ヘア、ボディ、スキンケアなど、素肌に心地よいビューティー&ヘルスケアアイテムがきっと見つかります。

Q.1 ご来場のみなさまへ自己紹介をお願いします。
札幌に工房を構え、オリジナルの石鹸やスキンケアアイテムをつくっているSAVON de SIESTA(サボンデシエスタ)です。
肌へのやさしさにこだわり、使うものは極力天然成分を使用しており、一度使うと良さを実感してくださる方が多く、創業から12年経ち、たくさんのリピーターの方に支えて頂き、日々商品づくりを行っています。
シエスタは、スペイン語でお昼寝の意味。使うたび、ココロがホッとするようなひと時をお贈りできるようなアイテムを揃えています。

Q.2 当日並ぶ、卸対応商品の説明をお願いします。
固形石鹸がメインアイテムですが、フィリピンの農園と直接やり取りをして原料調達から行っている美容オイル、
エッセンシャルオイルだけで香り付けをしたルームフレグランスなどを揃えています。
また石鹸やバスソルトなど、それぞれのお店に合わせたオリジナル商品もお作りします!

啓文社印刷工業

凸凹感に心ときめく活版印刷を使って、印刷物の受注から自社のオリジナルグッズまで手がける「啓文社印刷工業」。ガツンと印圧をかけた印刷や風合いが印象的な紙のラインナップに、クリエイターからの呼び声も高い印刷会社です。オーダーアイテムの相談をはじめ、活版印刷の特性を生かした紙やレザーのオリジナルグッズも多数。古き良き活版印刷のイメージから一歩進んだ、新しくて楽しい印刷の魅力に気づかせてくれるはずです。

Q.1 ご来場のみなさまへ自己紹介をお願いします。
神戸で印刷業を営む啓文社印刷です。私たちの合言葉は「記憶に残る印刷物」です。皆さんにとって、記憶にのこるものを作りたいと思うっています。オリジナル商品を作りたい方へ、印刷業を営んでおりますので、雑貨のOEM製造は可能です。私たちの製品を購入したい方へ、活版印刷を中心にした、雑貨アイテムです。オーダーアイテムを検討したい方へ、様々なオーダーアイテムがありますので、この機会に是非取り組んでください

Q.2 当日並ぶ、卸対応商品の説明をお願いします。
おすすめは、2017年度文具大賞で受賞されたアイテム teteです。teteは一つ一つのパーツを選びます。
カバーと金具とワンポイントで活版印刷。リフィルの全てをお客様が選びます。オーダーメイドでありますが、店頭でも気軽に販売できる設計にしています。

CO-

小さな円の中に、その時代のファッションや流行、女性観や工芸美が凝縮されたヴィンテージのボタン。「CO-」はそんな愛らしいボタンをたくさん集めた、ボタンの専門店。手芸材料としてはもちろん、手芸をしない人でも楽しめるよう、ボタンを使ったアクセサリーや飾りボタンなども並びます。小さな宝石を見つけるような、ボタンの宝探しを楽しんでみてください。

Q.1 ご来場のみなさまへ自己紹介をお願いします。
CO-(コー)と申します。イギリスを中心にデザイン性の高いアンティークボタンやヴィンテージボタンの買い付け・販売を行っています。
古いボタン以外にボタンを楽しむアイテムやボタンを製作・販売しています。

Q.2 当日並ぶ、卸対応商品の説明をお願いします。
アンティークボタンを楽しむためのリングやブローチなどのオリジナルジュエリーから「手芸をしない人でも、つけたくなるボタン」をテーマにしたオリジナルのシャツボタンや飾りボタンなどの製作を行っています。

夜長堂

大正〜昭和の着物や千代紙などに用いられていた図案をリ・デザインし、紙や布の雑貨に展開する「夜長堂」。乙女心くすぐるロマンチックな図案から、思わずクスッと笑みがこぼれるユニークなモチーフまで、さまざまなデザインが身近なプロダクトとなって並びます。万華鏡のように鮮やかでノスタルジックな独自の色彩を、ぜひじっくりとご堪能ください。

Q.1 ご来場のみなさまへ自己紹介をお願いします。
1975年大阪生まれ。関西を拠点とするアーティスト・井上タツ子の屋号。「モダンJAPAN復刻ペーパー」と題したかわいくて懐かしい雰囲気のペーパーや、レターセットなどの自身で商品展開を行うほか、さまざまなアーティストや企業とのコラボレーション商品の開発・イベントの企画など、幅広く活動しています。

Q.2 当日並ぶ、卸対応商品の説明をお願いします。
『可愛くてシュールでモダン!夜長堂がご紹介する日本のいとしき
グッドデザインたち』夜長堂の店主の井上タツ子がセレクトした大正・昭和のデザインを復刻・アレンジして「モダンJAPAN復刻ペーパー」と題し、さまざまな雑貨のアイテムを企画・販売・卸を行っています。主なアイテムは、紙もの布ものはもちろんのこと、団扇やがま口なども。

入場は予約制となっております。オリジナリティ溢れるお店を作りたいと願うバイヤーの皆さん、是非、こちらから、ご予約してくださいね!

【開催概要】
手紙社トレードショー
日程:
9月6日(水)12:00〜18:00
9月7日(木)11:00〜17:00
会場:EDiTORS
東京都調布市下石原2-6-14 2階

【ご注意ください】
※バイヤー及びプレス、関係者向けの展示会のため、一般の方のご来場はお断りしております
※お店の取扱商品、業務内容、エリアのバッティング等でお取り扱いが出来ない場合もございますのでご了承ください
※当日は出店者の1組である333DISCSに所属するtico moonのミニライブも予定しております
※同建物内にある手紙社の新店舗「菜花」と「soel」も当日は営業しておりますので(菜花は15時までの短縮営業)、よろしければお立ち寄りください

手紙社が主催する卸見本市【手紙社トレードショー 9/6〜7】出店者紹介①

手紙社が敬愛する作り手を集め、バイヤーやプレス、関係者向けに開催する卸見本市「手紙社トレードショー」。手紙社の店頭でも人気を集めつつ、背景をひもとけば多彩な「ものがたり」と真摯な「ものづくり」が息づく作り手の品々が集まります。個性豊かな出店者の中から第1弾をご紹介。実際にアイテムを手に取りながら、作り手のさまざまなエピソードに触れてみてください。

CHARKHA

東欧を旅して出合った、カラフルでノスタルジックな手芸用品や味わい深い紙雑貨が人気のショップ。チェコやハンガリー独特の手仕事や意匠が感じられるアイテムにはファンが多く、イベントでは人だかりができることもしばしば。レトロでどこか異国情緒漂うテイストを生かしたオリジナル文具も、ありそうでない独特のデザインが魅力です。

Q.1 ご来場のみなさまへ自己紹介をお願いします。
東欧を旅する雑貨店「チャルカ」です。チェコやハンガリーを旅して心惹かれる文房具や手芸素材を集めています。
地元大阪で作っているオリジナル文房具もいろいろあります。
旅して、見て、選んで持ち帰る輸入品と、素材にじっくりと向き合って日本で作るオリジナル文房具を得意としています。

Q.2 当日並ぶ、卸対応商品の説明をお願いします。
定番商品であるオリジナルの文房具と、東欧で仕入れている手芸品が並びます。
ぐるぐると巻き付いた糸模様が可愛い、チェコの糸ボタン。
ふわっとした質感、くすんだ色。刺すと優しい雰囲気のチェコのコットンの糸。
見ているとアイデアが浮んで楽しい、チェコのガラスビーズ。
他にはない、何かを作りたくなる手芸素材があります。

十布

イラストレーター福田利之さんの描くモチーフを、ガーゼや刺子織などさまざまな布製品に展開するブランド。北欧の名テキスタイルのような雰囲気の漂う福田利之さんの作風を生かしつつも、生地の個性や産地の風土を大切に作られています。その心地よい風合いや技術の細やかさは、実際に手にとるとますます実感できるはず。穏やかで慈愛に満ちた福田利之さんの絵柄とともに、包む、巻く、広げるなど、布ならではの使い方も楽しむことができます。

Q.1 ご来場のみなさまへ自己紹介をお願いします。
「十布 (テンプ)」は、イラストレーター・福田利之のクリエイティビティで、様々な種類のテキスタイル、布プロダクトを製作、発信していくブランドです。
布それ自体が持っている特徴や風合い、製品をつくりだす職人さんの経験と技術、生産地各地で育まれてきた伝統や思想を大切にしています。
十布は長く使われ、日々の生活に寄り添ったプロダクトを提案していきます。

Q.2 当日並ぶ、卸対応商品の説明をお願いします。
大きな正方形の布全面に図柄をあしらった、綿100%のタブルガーゼは、保湿性、通気性、吸水性に優れ、使うほどに柔らかくなる特徴があります。
幾何学模様のもつ独特の雰囲気と、丁寧に織られた布の風合いが特徴の、刺子織の布は福島の三和織物さんとともに開発しました。
大きな図柄の布を裁断して加工しているため、製品ごとに図柄が一枚一枚異なり、選ぶ楽しさ、使う楽しさがあります。

谷川醸造

地元・能登産の丸大豆を使い、昔ながらの製法で醤油を作り続けている石川県輪島市の醤油店。醤油やポン酢などの定番商品はもちろん、「ごはんがほしくなるおかずみそ」や「糀ディップソース」など、パッケージや名前からもおいしさが伝わる調味料が揃います。誰しもが家庭で使う調味料ながら、シンプルで洗練されたパッケージはギフトにもぴったり。一度食べると、また誰かに進めたくなるおいしさです。

Q.1 ご来場のみなさまへ自己紹介をお願いします。
大正7年から醤油を作り続けている石川県輪島市にある奥能登の醤油屋です。地元に愛される醤油を作り続けながら糀の文化が次の世代にも届くように糀をもっと身近に感じることのできる商品づくりを行っています。

Q.2 当日並ぶ、卸対応商品の説明をお願いします。
能登産丸大豆のお醤油は、小麦・大豆・塩というシンプルな原材料で、昔ながらの製法でつくった醤油です。
添加物や保存料は一切入っていません。材料の大豆は石川県珠洲(すず)産の”幻の大豆”と呼ばれている≪大浜大豆≫を使っています。
天然醸造・木桶仕込みの『サクラ味噌』使った、自慢の“ごはんがほしくなるおかずみそ”など、ざまざまな調味料をご用意します。

他にも個性豊かな出店者が続く「手紙社トレードショー」。入場は予約制となっております。オリジナリティ溢れるお店を作りたいと願うバイヤーの皆さん、是非、こちらから、ご予約してくださいね!

【開催概要】
手紙社トレードショー
日程:
9月6日(水)12:00〜18:00
9月7日(木)11:00〜17:00
会場:EDiTORS
東京都調布市下石原2-6-14 2階

【ご注意ください】
※バイヤー及びプレス、関係者向けの展示会のため、一般の方のご来場はお断りしております
※お店の取扱商品、業務内容、エリアのバッティング等でお取り扱いが出来ない場合もございますのでご了承ください
※当日は出店者の1組である333DISCSに所属するtico moonのミニライブも予定しております
※同建物内にある手紙社の新店舗「菜花」と「soel」も当日は営業しておりますので(菜花は15時までの短縮営業)、よろしければお立ち寄りください

手紙社が主催する卸見本市【手紙社トレードショー 9/6〜7】出店者決定&予約受付開始!

手紙社が主催する卸見本市「手紙社トレードショー」の出店者が決定! 紙もの、CD、手芸、石鹸、食品など、手紙社選りすぐりの“作り手”が参加します。入場は予約制となっております。オリジナリティ溢れるお店を作りたいと願うバイヤーの皆さん、是非、こちらから、ご予約してくださいね!

【出店者一覧】
CHARKHA
啓文社印刷工業
十布
谷川醸造
SAVON de SIESTA
CO-
夜長堂
手紙社 珈琲焙煎所
・手紙社 雑貨店
333DISCS

【開催概要】
手紙社トレードショー
日程:
9月6日(水)12:00〜18:00
9月7日(木)11:00〜17:00
会場:EDiTORS
東京都調布市下石原2-6-14 2階

【ご注意ください】
※バイヤー及びプレス、関係者向けの展示会のため、一般の方のご来場はお断りしております
※お店の取扱商品、業務内容、エリアのバッティング等でお取り扱いが出来ない場合もございますのでご了承ください
※当日は出店者の1組である333DISCSに所属するtico moonのミニライブも予定しております
※同建物内にある手紙社の新店舗「菜花」と「soel」も当日は営業しておりますので(菜花は15時までの短縮営業)、よろしければお立ち寄りください

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008