今日のお手紙

     

【8/21(日)『642イラスト練習帳』ワークショップ〜センスのいい“伝わる”イラストの描き方講座】

アメリカ・サンフランシスコの出版社、クロニクルブックス発、新しい習慣! 642のお題をガイドに文章を書き進める、642のお題をガイドにイラストを描き進める、ユニークで一度始めたら止まらない、“文章が上手になる”“イラストの腕があがる”ジャーナル。アメリカで出版され大ヒット中のこの書籍のバイリンガル版(日本語、英語)が、昨年末に日本でも発売されて以来、口コミで人気が広まってきています。

今回は、このシリーズの『642文章イラスト帳』を使った、センスのいい“伝わる”イラストの描き方ワークショップを開催します。講師は、立体造形家であり雑貨コレクター、また美術学校等で数々のイラスト講座をお持ちの、森井ユカさん。記憶スケッチや伝言ゲームで楽しく遊び、また本書に掲載のお題に実際トライしながら、イラストの描き方を学びます。

『642イラスト練習帳』
発行/クロニクルブックス・ジャパン 発売/徳間書店
価格/1400円+税

【『642イラスト練習帳』ワークショップ〜センスのいい“伝わる”イラストの描き方講座 】
日時:8月21日(日)13:30〜/ 15:30〜  ※各1時間30分
場所:展示室トロワ(本とコーヒーtegamisha 3階)
東京都調布市菊野台1-17-5
講師:森井ユカ(立体造形家 / 雑貨コレクター)
定員:各回15名
参加費:3500円(税込)*『642イラスト練習』+1ドリンク付
受付:7月29日(金)正午よりこちらのサイトで受付を開始します。
*定員に達したため受付を終了しました。ありがとうございました。
問い合わせ:tel:042-440-3477(本とコーヒーtegamisha/定休日を除く12:00-20:00)

[森井ユカ プロフィール]
立体造形家で雑貨コレクター。小さいものを作ることと愛でることを仕事にしている。立体造形では粘土を使ったイラストレーション、キャラクターデザイン、漫画のキャラの立体化など。雑貨関連の著書に『『スーパーマーケットマニア』シリーズ(講談社)、『雑貨コレクターの旅スタイル』(河出書房新社)、『おいしいご当地スーパーマーケット 47都道府県で出会ったひとめボレ食品さん』(ダイヤモンド社)など多数。桑沢デザイン研究所講師。自由大学では社会人初心者向け講座『アイデアスケッチ・デイズ』を担当。桑沢デザイン研究所卒・東京造形大学大学院修了。有限会社ユカデザイン代表。www.yuka-design.com

〔クロニクルブックス・ジャパンについて〕
眼鏡のトレードマークでお馴染みのアメリカ、サンフランシスコの出版社、クロニクルブックス。個性的で遊び心のあるビジュアルブックや話題の店や人物にフォーカスした書籍の数々は、世界中の人々に読まれ、愛されている。2015年4月、東京にクロニクルブックス・ジャパン設立。 定期的に、アメリカで話題の書籍の日本語版を発行。
www.chroniclebooks.co.jp

【7/23 在Retro印刷JAM製作第一份的FREE PAPER !
表現の学校 in 台湾 「レトロ印刷JAMで作る!初めてのフリーペーパー」】

手紙舍台灣店於去年十二月開幕,緊接著Retro印刷JAM的絹印工作空間也在台北開幕了!非常有緣分的兩間店即將在台灣共同促成人氣工作坊「在Retro印刷JAM製作第一份的FREE PAPER !」

工作坊不會用到Illustrator和Photoshop等軟體,而是以親自手做的方法來製作FREE PAPER。只要有「想親手做些什麼的」心情就足夠了!第一次嘗試印刷與設計的初心者也能輕鬆的來參與喔!

工作坊在Retro印刷JAM店內舉辦,將在現場實際目睹與使用印刷機器具進行製作。完成的FREE PAPER原稿以質感特殊的“孔版印刷”來印製。最後大家互相分享交換FREE PAPER!

曾經有「想要做做看屬於自己的FREE PAPER」的你,務必藉著這次的機會來實現夢想吧!

——-

昨年12月に手紙舎の台湾店が、そして今年3月にはレトロ印刷JAMの印刷工場兼ショップが台北にオープンしました。そんな流れを受け、この度「表現の学校」の一講座「レトロ印刷JAMで作る!初めてのフリーペーパー」が台湾へと進出します!

IllustratorやPhotoshopなどのソフトも使わずに、アナログ手法のみでフリーペーパーを作るこの講座は、「何か形にしてみたい」という気持ちさえあれば大丈夫。印刷・デザイン初心者の方でも安心してご参加いただけます。

印刷をお願いするのは、味わい深く価格も手頃な“孔版印刷”を行っている、レトロ印刷JAMさん。今回はJAMさんのオフィスの一角をお借りして、実際に使う印刷機の横で作業を進められるという貴重な回となります。作成するのはA4片面(2色刷り)の小冊子。参加者同士で刷り上がりを手にする喜びを共有し、また出来上がったフリペを交換し合えるのも、この講座ならではの楽しみです。

「自分でフリぺを作ってみたい」と、一度でも考えたことがあるあなた、この機会にその想いを形にしてみませんか? 台湾の方はもちろん、台湾にお住いの日本人の方も、ぜひご参加ください。

【在Retro印刷JAM製作第一份的FREE PAPER !in 台灣】
講師:城田波穂 (附翻譯)
日期:2016年7月23日(六)
時間:14:00~17:30
受講料:1200 NT$(含Retro印刷的印刷樣本、50份FREE PAPER印刷費)
定員:10人
參加對象:想做做看FREE PAPER、對retro印刷有興趣者(無印刷相關經驗者)
教室:RETRO印刷jam(台北市大同區延平北路一段69巷5號1.2樓)
http://jamtaiwan.com
https://www.facebook.com/retroinsatsujam.taiwan/timeline
聯絡信箱:books[at]tegamisha.com *at = @
參加方法:7月11日(一)12:00~開始,由此處申請。將在五天之內回覆mail。
*【表現の学校 in 台湾 「在Retro印刷JAM製作第一份的FREE PAPER !」】工作坊參加人數已滿。謝謝大家的踴躍報名。*將會在五天以內回信給參加的大家,請稍作等待謝謝。

【工作坊內容】

14:00~介紹
<關於FREE PAPER的印刷・設計・製本>
<關於FREE PAPER的主題構成>

15:00~實作
<來畫草稿吧!>
<完成原稿!>

17:00~印刷!
將在大家面前直接印刷!
完成後舉行交換小活動!

講師:城田波穂的話
「把白紙填滿自己喜歡的圖案時的快樂是特別的!面對著白紙不知道該畫些什麼時有點害怕的心情也是正常的。這個講座將帶大家拋開那些害怕的情緖,去感受創作和印刷的快樂!」

城田波穂/profile
經歷:以高中生為對象的生活情報誌(5年)、以OL為對象的女性情報誌(5年)、歌手藝人FANS CLUB會報&場刊(10年)、各種不同形式的紙本媒體編輯者。
2015年「書籍和咖啡tegamisha」開幕契機進入了手紙社。不只侷限於書籍,只要是任何的紙本印刷物,連零食的小介紹及說明書都認真閱讀渡過每一天。

——-

【レトロ印刷JAMで作る!初めてのフリーペーパー in 台湾】
講師:城田波穂 (通訳有)
日程:2016年7月23日(土)
時間:14:00~17:30
受講料:1200 NT$(税込/レトロ印刷印刷見本、50枚のフリーペーパー印刷代含む)
定員:10名
受講対象者:フリーペーパーを作成してみたい方、レトロ印刷に興味のある方(印刷経験ゼロ、印刷初心者の方)
教室:RETRO印刷jam(台北市大同區延平北路一段69巷5號1.2樓)
http://jamtaiwan.com
https://www.facebook.com/retroinsatsujam.taiwan/timeline
お問合せ先:books[at]tegamisha.com *atを@に変えてお送りください。
お申し込み方法:7月11日(月)12:00より、こちらのフォームにてお申込み受付を開始いたします。お申込みいただいた方には、5日以内にメールにてご連絡を差し上げます。
定員に達したため受付を終了いたしました。ありがとうございました。
*申し込み頂いた方には5日以内に返信させていただきます。

【講座内容】

14:00〜講義
<フリペの印刷・デザイン・製本について>
・ レトロ印刷とは?
(「コピー機」「オフセット印刷」「孔版印刷機」その違いと価格について)
・ レトロ印刷で使える紙・インクの種類、製本方法
・ デザイン方法について(アナログ・デジタル、1色・多色、トンボ・フチあり)
・ アナログ素材と印刷の関係(写真、スタンプ、鉛筆、ペンetc.素材の違いによる印刷のおもしろさ)
<フリペのテーマと構成について>
・ テーマは無限! 十人十色のフリーペーパー
・ あなたならではのテーマを決めよう
・ 台割(ページ構成)の大切さ

15:00〜実践
<ラフを書いてみよう!>
テーマと台割が決まったら、用紙、製本方法を決定し、ラフを作成
(テーマは各自自由ですが、臆せず手を動かしていただくためにも、いくつかの構成案もご用意します)
<版下を完成させよう!>
用紙と印刷色とを決定し、各自手を動かしながら、入稿原稿を完成させます。
(素材は手書き文字、出力文字、写真コラージュ、イラストなど自由です。手紙社にあるスタンプやマスキングテープなどもお貸出しします)

17:00〜印刷!
実際に印刷をご覧いただきます。
刷り上がったフリーペーパーをお渡しし、交換会を行います。

◼講師:城田波穂からのメッセージ
「真っ白な紙を自分で好きに埋めて形にする楽しさは格別です。ただ白い紙を前に立ちすくむ気持ちも十分わかります。この講座でフリーペーパーの言葉が持つハードルが下がり、編集って楽しい!印刷って楽しい!と感じていただければと思います」

◼城田波穂/プロフィール
高校生を対象とした生活情報誌(5年間)、OLを対象とした女性情報誌(5年間)、アーティストのファンクラブ会報&ツアーパンフ(10年間)と、様々なスタイルの紙媒体の編集に携わる。2015年「本とコーヒー tegamisha」のオープンをきっかけに手紙社へ入社。書籍のみならず、紙に印刷されたものならばフリーペーパーはもちろん、菓子折りに入ったしおりや取説までも熟読する日々。

「artist inのアクセサリーレッスン<すみれの砂糖漬けピアス&イヤリング・sayoco>」 at trois 7/18(月・祝)

手紙舎で毎月開催している刺繍CAFE・レースCAFEを通して、小さな手仕事の楽しさを発信している「artist in」。5月より定番のワークショップに加えて、さまざまなクリエイター、作家を招いてワークショップを開催しています。

7月の講師は、5月の回でも大好評を博したsayocoのデザイナー・川端さよこさん。布や革でコサージュやアクセサリーなどをデザインするブランド、sayoco。素材の染色から始まり、完成までていねいな手作業で作り上げられる川端さんの作品のモチーフとなるのは、バラやラナンキュラス、すみれ、シロツメクサなどの植物です。そのオリジナリティにあふれた色と造形は、コサージュやアクセサリーという言葉におさまりきらない、オブジェともいうべき存在感を放っています。

今回は、川端さんのコサージュの作品の中でもとくに人気の高い、「すみれの砂糖漬け」をテーマにしたピアスまたはイヤリングを作ります。あらかじめ染色された3色の布からお好きな色を選び、花びらの形に切り抜き、すこしだけ刺繍を加え、すみれの形に組み立てます。コサージュ作りとしてはシンプルな工程になりますが、はかなくも可憐な作品がどのように作られているのかを垣間見ることができる貴重な機会となるはず。19世紀のオーストリア皇后エリザベートも愛したお菓子、すみれの砂糖漬け。その宝石のようなかわいらしさを、川端さんとともに、コサージュで表現してみてください。

【artist inのアクセサリーレッスン<すみれの砂糖漬けピアス&イヤリング・sayoco>】

日程:2016年7月18日(月・祝)
時間:14:30~16:30
会場:trois:東京都調布市菊野台1-17-5 303号(手紙舎 2nd STORY上)
参加費:4,320円(材料費・消費税込、手紙舎のドリンク付)
定員:各回12名
お申し込み方法:6月30日(木)正午より、こちらのフォームにてお申し込み受付を開始いたします。お申し込みいただいた方には、3日以内にメールにてご連絡いたします
注意事項:お申し込み人数が計5名に満たない場合、開催をキャンセルとさせていただく場合がございます。その場合、お申し込みされた方に別途ご連絡いたします

川端さよこ/プロフィール
布や革を染色したコサージュやヘッドアクセサリーを「sayoco」名義で発表しているデザイナー。文化服装学院アパレル技術科卒業後、アパレル数社で婦人服パタンナーとして勤務。パタンナーとして働く傍ら、立体裁断を学び、その後独立。書籍や雑誌などの“手作り”のページへデザイン・作り方の提供や、セレクトショップなどで服飾小物の販売など幅広く活動。著書に『革のスイートアクセサリー』、『大人のガーリッシュ・クローズ』(文化出版局)。

◎sayoco
http://www.sayoco.com/

◎企画
artist in
http://www.artistin.jp/
刺繍CAFE
https://www.facebook.com/shishucafe

「刺繍CAFE」 at trois 8/17(水)

その繊細な模様とカラフルな色合いで、見た人の気持ちまでも華やかにしてくれる刺繍の世界。そんな刺繍を、針と糸と自分の手だけで生み出す「刺繍CAFE」を開催いたします。「いざはじめてみようと思っても、なんだか難しそう……」と思われることも多い刺繍ですが、このCAFEではイラストに沿ってチクチクと縫っていくだけ。初心者の方も、みなさん夢中になっていますよ。

講師は、「artist in」を主宰する矢崎順子さん。自由に創作することの楽しさ、アイディアを伝えることを目的に、「刺繍CAFE」や「かぎ針レッスン」などのワークショップを企画。『STITCH SHOW 刺繍のアート&デザインワーク、ステッチで描く50の表現』(BNN新社)、『機械レースとかぎ針で作るかわいいアクセサリー』(河出書房新社)の書籍の編集・執筆など、多岐に渡る活動を通して、手芸の楽しさをたくさんの人に広めていらっしゃいます。

お好きなイラストモチーフを選び、刺繍CAFEにはじめて参加する方はハンカチキット、2回目以降の参加の方は巾着に刺繍をしていただきます。何回か続けて参加すると、自分が成長していく様子を感じられ、よりお楽しみいただけると思います。しばらく裁縫道具から遠ざかっている方も、他の参加者の方と励ましあいながら進めていけますので、お気軽にお越しください。みなさまからのお申し込みをお待ちしております。

【刺繍CAFE】
日程:2016年8月17日(水)
時間:①11:00~13:00
②14:00~16:00
会場:trois:東京都調布市菊野台1-17-5 303号(手紙舎 2nd STORY上)
参加費:3,780円(材料費・消費税込、手紙舎のお菓子・ドリンク付)
定員:各回12名
※定員に達しましたので、お申し込み受付を終了いたしました
※お申し込みいただいた方には、3日以内にメールにてご連絡いたします

artist in
http://www.artistin.jp/
刺繍CAFE
https://www.facebook.com/shishucafe

【印刷工場ピクニック in 大阪 vol.4】缶バッジ&マグネットづくりに、記念撮影はいかがですか?

6月3日(金)〜6月5日(日)の3日間、大阪の人気印刷会社・レトロ印刷JAMにて開催する「印刷工場ピクニック in 大阪 vol. 4」。カフェや物販のほかにも、手紙社ブースでは、小さなお子さまから大人までお楽しみいただける”缶バッジ&マグネットづくり”を体験できます。

メインビジュアルを担当したイラストレーター・makomoさんの愛らしいイラストを、缶バッジとマグネットにぎゅっととじこめました。このデザインが手に入るのは「印刷工場ピクニック in 大阪 vol.4」だけ! お気に入りのイラストを選び、ぜひご自身で缶バッジとマグネットをつくってみてください。

さらに、印刷工場ピクニックに来た記念として、makomoさんのキャラクターと一緒に写真撮影しませんか?

ブタの他に、ハムやコーヒーカップもご用意しております。makomoさんが描くキャラクターに負けない、あなただけの楽しいポーズで「はい、チーズ!」。

【印刷工場ピクニック in 大阪 vol.4】
会期:2016年6月3日(金)〜5日(日)
時間:10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
※工場見学は6月4日(土)、5日(日)のみ行います。
会場:レトロ印刷JAM
〒531-0072 大阪市北区豊崎6-6-23
(地下鉄御堂筋線「中津駅」2番出口より徒歩約10分)
お問合せ:042-426-4564(当日のお問い合わせ:070-6525-5367)
※入場無料

【5/7(土)表現の学校「ことばを目でみるワークショップ」講師:おかべたかし】


ふだん使っている言葉をビジュアル化してみることで、新しい発見をもたらす「目でみることば」「似ていることば」シリーズ。大人にも子どもにも大好評なこのシリーズの著者・おかべたかしさん(文)&やまでたかしさん(写真)のコンビによる写真絵本『目でみることばのずかん』が、教科書出版でも有名な東京書籍さんより、4月27日に発売となります。

そこでこの度「本とコーヒー」では同書の発売を記念し、著者の一人であるおかべたかしさんをお招きして「ことばを目でみるワークショプ」を開催することとなりました。

「図星」ってどんな星?

「ぶっきらぼう」ってどんな棒?

「ひっぱりだこ」ってどんなタコ?

相手に何かを伝えるための「手段」として日々使っていることばを、「物体」として見直してみたならば…!?  今回のワークショップでは、今まで考えてみたこともなかったこれら”ことばの形”が、実際に目の前に登場。驚き、楽しみ、面白がっていくうちに、今よりももっとことばが好きになってくることでしょう。

そしてなんとこの本に掲載されている写真は、すべてが撮り下ろしとのこと。どうやって「寝ている狸(狸寝入り)」や「カラスの行水」シーンを撮ることができたのか…そんな製作秘話についても伺ってみたいと思っています。

ゴールデンウィークの終盤に開催されるこのイベント。休み明けには、出会う人出会う人に「ねぇ、このことばの意味、知ってた?」と話したくなる内容が満載です。

 

◎表現の学校「ことばを目でみるワークショップ」
講師:おかべたかし
第1部「目でみることば」、第2部「似ていることば」の2部構成で、多くの写真により「ことば」を目で見て楽しむワークショップ。目から鱗が落ちっぱなしの内容となりそうです。親子でのご参加も大歓迎!

日程:2016年5月7日(土)
開場:17:15(予定)
講義:18:00〜20:00*休憩含
受講料:2000円+1drink(500円〜)*税込
*未就学児童無料、小学生半額(1000円+1drink)、中学生以上は大人1名様と同じ料金となります。
教室:本とコーヒーtegamisha
申し込み方法:4月27日(水)正午よりこちらのフォームから申し込み受付を行います。

◎『目でみることばのずかん』出版記念フェア
「目でみることば」全シリーズ、「似ていることば」全シリーズが並びます。
会期:2016年4月27日(水)–5月15日(日)
会場:本とコーヒーtegamisha(東京都調布市菊野台1-17-5 1階)
tel:042-440-3477
営業時間:12:00~20:00
定休日:毎週月曜

-おかべたかし PROFILE-
1972年京都府生まれ。早稲田大学第一文学部卒。出版社勤務後、ことば、食、歴史、教育など関心分野を中心に著作活動を行う。
「目で見ることばシリーズ」「似ていることばシリーズ」(東京書籍)のほか、2016年3月に『基礎教養 日本史の英雄』(扶桑社)を出版。その他の著書に『赤ちゃんを爆笑させる方法』(学習研究社)、『ブログ進化論』(講談社)、『Web2.0殺人事件』(イースト・プレス)など、漫画脚本作品に『ヒーローマスク』(小学館クリエイティブ)がある。FC東京サポーター歴12年目。

「artist inのアクセサリーレッスン<すみれの砂糖漬けピアス&イヤリング・sayoco>」 at trois 5/20(金)

手紙舎で毎月開催している刺繍CAFE・レースCAFEを通して、小さな手仕事の楽しさを発信している「artist in」。5月からは定番のワークショップに加えて、さまざまなクリエイター、作家を招いてワークショップを開催することになりました。

記念すべき第1回の講師は、布や革でコサージュやアクセサリーなどをデザインするブランド、sayocoのデザイナー・川端さよこさん。素材の染色から始まり、完成までていねいな手作業で作り上げられる川端さんの作品。モチーフとなるのは、バラやラナンキュラス、すみれ、シロツメクサなどの植物です。そのオリジナリティにあふれた色と造形は、コサージュやアクセサリーという言葉におさまりきらない、オブジェともいうべき存在感を放っています。

今回のワークショップでは、川端さんのコサージュの作品の中でもとくに人気の高い、「すみれの砂糖漬け」をテーマにしたピアスまたはイヤリングを作ります。あらかじめ染色された3色の布からお好きな色を選び、花びらの形に切り抜き、すこしだけ刺繍を加え、すみれの形に組み立てます。コサージュ作りとしてはシンプルな工程になりますが、はかなくも可憐な作品がどのように作られているのかを垣間見ることができる貴重な機会となるはず。19世紀のオーストリア皇后エリザベートも愛したお菓子、すみれの砂糖漬け。その宝石のようなかわいらしさを、川端さんとともに、コサージュで表現してみてください。

【artist inのアクセサリーレッスン<すみれの砂糖漬けピアス&イヤリング・sayoco>】

日時:
①2016年5月20日(金)11:00~13:00
②2016年5月20日(金)14:30~16:30
会場:trois:東京都調布市菊野台1-17-5 303号(手紙舎 2nd STORY上)
参加費:4,320円(材料費・消費税込、手紙舎のドリンク付)
定員:各回12名
お申し込み方法:4月25日(月)正午より、こちらのフォームにてお申し込み受付を開始いたします。お申し込みいただいた方には、3日以内にメールにてご連絡いたします
注意事項:お申し込み人数が計5名に満たない場合、開催をキャンセルとさせていただく場合がございます。その場合、お申し込みされた方に別途ご連絡いたします

川端さよこ/プロフィール
布や革を染色したコサージュやヘッドアクセサリーを「sayoco」名義で発表しているデザイナー。文化服装学院アパレル技術科卒業後、アパレル数社で婦人服パタンナーとして勤務。パタンナーとして働く傍ら、立体裁断を学び、その後独立。書籍や雑誌などの“手作り”のページへデザイン・作り方の提供や、セレクトショップなどで服飾小物の販売など幅広く活動。著書に『革のスイートアクセサリー』、『大人のガーリッシュ・クローズ』(文化出版局)。

◎sayoco
http://www.sayoco.com/

◎企画
artist in
http://www.artistin.jp/
刺繍CAFE
https://www.facebook.com/shishucafe

「レースCAFE」 at trois 5/24(火)、6/21(火)

王侯貴族の贅の象徴にして、「糸の宝石」とも呼ばれたレース。エレガントで繊細な美しさで人々の装いを彩ってきたそんなレースを用いて、ピアスやブローチ、ブレスレットなど自分だけのアクセサリーがつくれるワークショップ、それが「レースCAFE」です。

 

「レースCAFE」は、機械レースのモチーフを使って、手軽にアクセサリーを作ることができるワークショップ。目移りしてしまうほどたくさんの種類のモチーフをご用意いたしますので、好きなものを好きな形に組み合わせて、縫いつないでください。お裁縫や刺繍をなさったことがない方はもちろんのこと、かぎ針編みが出来る方は、レース糸で編み足し、モチーフを作っていただくことも出来ます。

そんなレースアクセサリー作りを教えてくださるのは、「artist in」を主宰する矢崎順子さん。自由に創作することの楽しさやアイディアを伝えることを目的に、「刺繍CAFE」や「かぎ針レッスン」などのワークショップを企画。『STITCH SHOW 刺繍のアート&デザインワーク、ステッチで描く50の表現』(BNN新社)、『機械レースとかぎ針で作るかわいいアクセサリー』(河出書房新社)の編集・執筆など、多岐に渡る活動を通して、手芸の楽しさをたくさんの人に届けています。

初めてご参加の方はピアスまたはイヤリング、2回目の方はブローチ、3回目以降の方はブレスレットを作っていただきます。レースの色は白、グレー、イエローの3色をご用意いたします。組み合わせの仕方は百人百様。完成した後に周りを見渡してみると、そのバリエーションの広さに驚くはずです。カフェ手紙舎のお茶とお菓子を味わいながら、楽しい手作りの時間をお楽しみください。

【レースCAFE】

日時:
①2016年5月24日(火)11:00~13:00
②2016年5月24日(火)14:00~16:00
③2016年6月21日(火)11:00~13:00
④2016年6月21日(火)14:00~16:00
会場:trois:東京都調布市菊野台1-17-5 303号(手紙舎 2nd STORY上)
参加費:3,780円(材料費・消費税込、手紙舎のお菓子・ドリンク付)
定員:各回12名
お申し込み方法:4月20日(水)正午より、こちらのフォームにてお申し込み受付を開始いたします。お申し込みいただいた方には、3日以内にメールにてご連絡いたします

artist in
http://www.artistin.jp/
刺繍CAFE
https://www.facebook.com/shishucafe

「刺繍CAFE」 at trois5/18(水)、6/16(木)

その繊細な模様とカラフルな色合いで、見た人の気持ちまでも華やかにしてくれる刺繍の世界。そんな刺繍を、針と糸と自分の手だけで生み出す「刺繍CAFE」を開催いたします。「いざはじめてみようと思っても、なんだか難しそう……」と思われることも多い刺繍ですが、このCAFEではイラストに沿ってチクチクと縫っていくだけ。初心者の方も、ついつい夢中になっていらっしゃいます。

 

講師は、「artist in」を主宰する矢崎順子さん。自由に創作することの楽しさ、アイディアを伝えることを目的に、「刺繍CAFE」や「かぎ針レッスン」などのワークショップを企画。『STITCH SHOW 刺繍のアート&デザインワーク、ステッチで描く50の表現』(BNN新社)、『機械レースとかぎ針で作るかわいいアクセサリー』(河出書房新社)の書籍の編集・執筆など、多岐に渡る活動を通して、手芸の楽しさをたくさんの人に広めていらっしゃいます。

お好きなイラストモチーフを選び、刺繍CAFEにはじめて参加する方はハンカチキット、2回目以降の参加の方は巾着に刺繍をしていただきます。何回か続けて参加すると、自分が成長していく様子を感じられ、よりお楽しみいただけると思います。しばらく裁縫道具から遠ざかっている方も、他の参加者の方と励ましあいながら進めていけますので、お気軽にお越しください。みなさまからのお申し込みをお待ちしております。

 

【刺繍CAFE】
日時:
①2016年5月18日(水)11:00~13:00
②2016年5月18日(水)14:00~16:00
③2016年6月16日(木)11:00~13:00
④2016年6月16日(木)14:00~16:00
会場:trois:東京都調布市菊野台1-17-5 303号(手紙舎 2nd STORY上)
参加費:3,780円(材料費・消費税込、手紙舎のお菓子・ドリンク付)
定員:各回12名
お申し込み方法:4月20日(水)正午より、こちらのフォームにてお申し込み受付を開始いたします。お申し込みいただいた方には、3日以内にメールにてご連絡いたします

artist in
http://www.artistin.jp/
刺繍CAFE
https://www.facebook.com/shishucafe

【4/29(祝)『ミエッテのお菓子』の著者 メグ・レイさん来日ワークショップ! 〜ミエッテスタイルのパステルクッキーアイシング】

アメリカ・サンフランシスコで、お洒落な女性たちを中心に人気のあるペイストリーショップ「ミエッテ」。小ぶりのホールケーキから、カップケーキ、クッキー、キャラメル、ポップコーンまで、クラシックなレシピをミエッテスタイルにアレンジし、素材にこだわった甘さ控えめの上質な味わいが好評です。

また、シンプル&ハートウォーミング、洗練されつつも愛らしい独特のお菓子のデザインは、多くのファンの心を捉えています。そんな「ミエッテ」のお菓子のレシピブック『ミエッテのお菓子』(クロニクルブックス・ジャパン発行)の発売を記念して、オーナー・ペイストリーシェフのメグ・レイさんが直接アドバイスしてくれる、クッキーアイシングのワークショップを開催します。サンフランシスコで人気のクラスのダイジェスト版になります。この特別な機会をお見逃しなく!

※同時期の4月29日(祝)、30日(土)、クロニクルブックスの日本初の直営店「クロニクルブックス代官山」(東京都渋谷区代官山町13-6)では「ミエッテ」のポップアップショップを開催中です。

『ミエッテのお菓子』(クロニクルブックス・ジャパン)

 

【手紙社×クロニクルブックス・ジャパンイベント】
『ミエッテのお菓子』の著者 メグ・レイさん来日ワークショップ!
〜ミエッテスタイルのパステルクッキーアイシング〜

サンフランシスコで一番チャーミングなペイストリーショップ「ミエッテ」オーナーのメグ・レイさんに、お店や「ミエッテ」のお菓子についてお話をいただくほか、実際にメグさんに教えていただきながらアイシングクッキーをお作りいただきます。(司会進行:クロニクルブックス・ジャパン 編集ディレクター碓井美樹さん/通訳:原亜樹子さん)

■日時:4月29日(祝)10:00-11:30 (1時間30分)
■場所:本とコーヒーtegamisha(東京都調布市菊野台1-17-5 1階)
■定員:18名
■料金:5240円+ 1 drink(500円)*税込
■料金に含まれるもの:
①書籍『ミエッテのお菓子』(クロニクルブックス・ジャパン発行/税込3240円)※当日、メグさんにサインもいただけます。
②ワークショップ(クッキー2枚制作、材料代含む)
■申込み:4月14日(木)正午より、こちらのサイトにて受付を行います。

■講師:「ミエッテ」オーナー、ペイストリーシェフ、メグ・レイさん

カリフォルニア州オークランド在住。モダンなアメリカらしい解釈で作る、ヨーロッパ伝統の美しく繊細なケーキ&ペストリーの店「ミエッテ」を2001年にオープン。「デザートの見た目は、感銘を与えるより、おいしそうであるべき」と、風味豊かなバターや、オーガニック・シュガー、地元製粉所の小麦粉などを使い、主力商品のケーキをはじめ、タルト、ポット・デ・エルメ、ブラウニー、ショートブレッド、クッキーなどを製作。

〔クロニクルブックス・ジャパンについて〕
眼鏡のトレードマークでお馴染みのアメリカ、サンフランシスコの出版社、クロニクルブックス。個性的で遊び心のあるビジュアルブックや話題の店や人物にフォーカスした書籍の数々は、世界中の人々に読まれ、愛されています。2015年4月、東京にクロニクルブックス・ジャパン設立。 定期的に、アメリカで話題の書籍の日本語版を発行。
www.chroniclebooks.co.jp

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008