今日のお手紙

     

【チョークボーイ 個展「INK BLUE」4/4(火)〜16(日)at 手紙舎 2nd STORY】アートワークの数々をご紹介

新たなスタートを切る4月。手紙舎2nd STORYは4月4日より、チョークボーイ個展「INK BLUE」で始まります。もみじ市や高知の紙ものまつりなどのイベントで、彼の作品に魅了された方も多いのではないでしょうか。本日より、チョークボーイの素顔にせまるトピックを順次公開していきます。

その第一弾は、今回初めてチョークボーイの作品に出会う方に必見の、これまで手掛けたアートワークの数々をご紹介していきます。

こちらのイラストは、昨年末にKIRINのハードシードルとのコラボレーションでデザインされた作品。駅構内の広告や都内で行われた体験型のイベントなどを通じて目にされた方も多いのではないでしょうか。所狭しと配置された手描き文字に加え、よく見るとその文字の中にも、さらに情報が描き入れる手法は、チョークボーイの特徴的なスタイルです。


そのタイアップイベントの中で公開されたCIDRE WALLのイラスト“The Apple’s Long Journey”。ラクダのコブがリンゴになっている所などは細かな遊び心が見られますね。こちらは、今回の個展のタイトルでもある青いインクを使ったグラフィックです。こういった作品の原画やスケッチの数々を、実際にご覧いただけます。

お次は何と言ってもチョークボーイの真骨頂とも言える大きな壁面を使った作品。全身を使って表される大胆なグラフィック、そして描き込まれたチョークの筆跡が見てとれるものばかりです。行き交う人が思わず立ち止まって見惚れてしますのもわかりますね。ラフスケッチはするものの、その場所の陽の当たり方、通る人々の様子、時間の流れ、現場でしか感じ取ることのできない要素を取り入れながら、即興でグラフィックを描き起こしていきます。

こちら店舗全体を使った大きな作品は、先日まで神奈川県西部の港町で行われていた、真鶴まちなーれのもの。元々鮮魚店だったお店の外装をライブドローイングし、LOOKと描かれた小さな窓から中を覗くと更に手描きグラフィックの世界が広がっています。この壁面に描かれている作品の一部が「INK BLUE」期間中、会場に出現します。どういった形でみなさんをお出迎えするのか、今から楽しみですね。

YouTube Preview Image

チョークボーイという名前とは別に、「ヘンリーワーク」という名前で音楽家としての一面も持ちあわせています。幼い頃からピアノを習うなど音楽と触れ合う機会が多く、もともとは音楽を生業としようと考えていたこともあったとか。CMの音楽や映像に合わせた楽曲の制作などが多く、ここにこういった音が欲しいと考え、そこに無ければ自分で音を作るというスタイルは、ライブドローイングの要素と共通する部分があるのではないでしょうか。音楽をつくる上で欠かせない楽譜、これもまた手描きで作り込まれており一般的な譜面とは違う視覚的な仕掛けのあるものなのですが、それはまた次回詳しくご紹介いたします。期間中、会場内では音楽でもチョークボーイによるBGMが流れる予定です。

チョークボーイの全貌が感じ取れる個展まで残り2週間。みなさまのご来場を多才な作品と共に、心よりお待ちしております。

【チョークボーイ 個展「INK BLUE」】
会期:2017年4月4日(火)~4月16日(日)
※4月10日(月)は定休日
営業時間:12:00~23:00(22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
チョークボーイInstagram:http://www.instagram.com/chalkboy.me/

【POTTENBURN TOHKII個展『夏のカミナリ 冬のラー』4/18(火)〜30(日)at 手紙舎 2nd STORY】

「ポッテンバーントーキー」。

口にしてみるとどこか軽やかな気分になるこの言葉は、POTTENBURN TOHKIIのデザイナー・中島トキコさんが考えた造語であり、彼女が手がけるブランド名です。“自分の中に潜むつぼ(pot) のなかの宇宙(天 ten) が、バーンとはじけている(burn)”という意味なのだそう。

この春、あなたの中に潜む感性のつぼを刺激してくれる一着に出会えるかもしれない。

4/18(火)〜4/30(日)、手紙舎 2nd STORYにて、POTTENBURN TOHKIIさんの個展を開催いたします。

「日常で感じた謎や疑問を服で問い、また服の上で解決する」という考えのもと、服作りをされている中島さん。豊かな発想力と、面白いからやってみるというポジティブな姿勢から生まれるアイデアは、そのユニークな模様や素材から感じ取ることができます。

手紙社が主催する「布博」にも出展してくださっているPOTTENBURN TOHKIIさんですが、今回の個展ではその魅力をさらに充実した内容でお届けしようと、なんと、新作春夏コレクションの販売と秋冬の受注会を同時開催いたします! アパレル業界の常識を覆す、欲張りな2週間です。

夏のカミナリさま(雷神)と冬のラーさま(太陽神)が、楽しく対峙する四季の世界を、どうぞお楽しみに。

【TOPIC】
2017S/S販売会 & 2018A/W受注会
POTTENBURN TOHKIIが発表した新作春夏コレクションの即売会と、 2018年秋冬の受注会を同時開催!

限定オリジナルアイテムが登場
POTTENBURN TOHKII × 手紙社のオリジナル生地で作る、限定アイテムが登場。今回の個展に向けて制作する新柄にご注目!

POTTENBURN TOHKIIのパターン模様が紙雑貨に
デザイナー・中島トキコさんが自由なアイデアと色で創り出す幾何学的な模様をデジタルに変換! 紙雑貨へと生まれ変わります。

Special Food Menu
浅草の菓子工房・ルスルスさんとのコラボレーションお菓子セットを販売! 手紙舎 2nd STORYのカフェでは、個展期間中だけのスペシャルメニューも。

【WORKSHOP】
POTTENBURN TOHKIIの生地を使ってタッセルを作ろう
POTTENBURN TOHKIIのオリジナル生地数種類を自由に組み合わせて、あなた好みのカラフルなタッセルに仕上げます。お持ち帰り用のハギレ付き!

日程:4/23(日)、4/30(日)
時間:13:00〜14:00
価格:2,500円(税別、お持ち帰り用のハギレ付き)
定員:各日10名
※詳細やお申込み方法は、追ってお知らせ致します。

【POTTENBURN TOHKII個展『夏のカミナリ 冬のラー』】
会 期:2017/4/18(火) – 4/30(日)※定休日:4/24(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F
在廊日:4/22(土) 23(日) 29(土) 30(日)
POTTENBURN TOHKII ▷ HP

【チョークボーイ 個展「INK BLUE」表現の学校:4/14・ワークショップ:4/15、4/16】「アルバイトからアーティストへ」「筆ペンカリグラフィ講座」

開催まで一か月を切ったチョークボーイ個展「INK BLUE」。アイディアノートの展示と聞いて、チョークボーイが日々どんな思いでグラフィックを捉えどう生み出しているのか、その片鱗に触れられる作品とはどんなものでしょうか? 4月4日(火)~16日(日)の期間中、展示作品だけではなく同時開催の店内イベントでも手描きグラフィックの楽しみ方を堪能できますよ。

4月14日(金)にはアルバイト時代から現在に至るまで独学で追求してきた表現の方法をレクチャーしていただきます。会場は本とコーヒーの店内。チョークボーイの著書『すばらしき手描きの世界』や手描きグラフィックに関連した書籍に囲まれた空間で、よりチョークボーイの世界に浸ることが出来るはずですよ。

4月15日(土)と16日(日)には紙ものまつりや本とコーヒーのイベントでもおなじみの筆ペンを使ったワークショップを開催。チョークボーイ自ら教えるオリジナルのカリグラフィーを描き、手描きの奥深さを体験してみませんか?

表現の学校「アルバイトからアーティストへ」
カフェのアルバイト中、黒板にその日の情報を描き続けていたチョークボーイ。それが今では仕事として全国を駆け巡るようになったと自身は話します。入念な計画を立てていたというチョークボーイの設計図とも言えるものを、実際に黒板を使って教えていただきます。これまで語られることのなかったお話しを聞ける、貴重な機会をお見逃しなく。

内容:
《①表現をすることに興味のある人、フリーランスになりたい人へ》
・自分のやりたいことで生きていくために、チョークボーイが立てた戦略とは。

《②作家としてのお給料、その決め方とは》
・自分の成果物が仕事としてお金に変わる時、確実に悩む自分のギャラ問題。一体いくらにすればいいのか、相場や適正な金額が分からないものをどう決めていくのか。

《③発想の源やアイディアの発展のさせ方》
・仕事として活かすため、相手のニーズに応えながら自分の個性も織り交ぜて表現していくために。

《④妹分「シスターチョークボーイ」が独り立ちするまで》
・それまでレタリングや専門的なグラフィックの教育を受けてこなかった妹分シスターチョークボーイ。たった1年で独り立ちしていくまでに至る、その極意とは。

〈概要〉
日程:2017年4月14日(金)
時間:19:00~21:00
会場:本とコーヒー 東京都調布市菊野台1-17-5 1階
参加費:5,000円(税込み)+1drink
持ち物:なし
定員:15名
お申し込み方法:こちらのサイトから3/24(金)19:00〜より受付開始いたします。

ワークショップ「筆ペンカリグラフィー講座」
英数字を描く際のコツや素敵なあしらいをチョークボーイがレクチャー。文字の大きさや字体、ちょっとしたバランスを整えて手描きグラフィックの楽しさを教えてもらいましょう。筆ペンで記念日やお祝いの言葉を描くと、オリジナルメッセージカードにもなりますよ。

〈概要〉
日程:2017年4月15日(土)、16日(日)
時間:①13:00~14:30、②17:00~18:30
会場:trois 東京都調布市菊野台1-17-5 303号(手紙舎2nd STORY上)
参加費:3,500円(税込み)+1drink
持ち物:なし
定員:各回18名
お申し込み方法:以下の日時で受付開始いたします。
〈4月15日分〉3/25(土)①13:00〜/②17:00〜
〈4月16日分〉3/26(日)①13:00〜/②17:00〜
こちらのサイトからお申込みください。

【チョークボーイ 個展「INK BLUE」】
会期:2017年4月4日(火)~4月16日(日)
※4月10日(月)は定休日
営業時間:12:00~23:00(22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
チョークボーイInstagram:http://www.instagram.com/chalkboy.me/

【3/7〜3/26 柴田ケイコ絵本フェア、本日より開催です! at 本とコーヒー】

手紙社とも関わりの深いイラストレーター・柴田ケイコさんによる、2作の絵本の出版を記念してのフェアが本日よりスタート。1作目は昨年出版された『めがねこ』(手紙社)。「めがねはかっこいいのだ」を合言葉に、その愛嬌いっぱいのキャラクターがくり広げる愛情あふれるストーリーは、ねこファン、めがねファンにも大人気です。

先月出版されたばかりの2作目は、『おいしそうなしろくま』(PHP研究所)。「プリンのプールでおぼれてみたい」といった誰もが一度は夢見たような姿を、しろくまは次々と実現していきます。スパゲッティに巻かれたしろくまの嬉しそうな顔といったら……ページをめくるたびに、子どもはもちろん、大人も笑顔でいっぱいに。

本日スタートのフェアに向け、あふれんばかりの新作雑貨をご用意くださった柴田さん。コロネのクリームに体ごと突っ込むしろくまのカードや、うめぼしごはんに肩まで埋まるしろくまのステッカー、パンいっぱいのクリアファイルに、丼が並ぶマスキングテープなどなど、ここはもはや雑貨天国。

また店内では『おいしそうなしろくま』の原画展示や、今回のフェアのために描かれた新作原画の販売も! そのほか『めがねこ』に登場するねこの小皿やめがね置きといった陶器作品、新作のポストカードなど、たっぷりと柴田ワールドを堪能いただけます。

さらに1F奥のカフェスペースでは、柴田さんの原画に囲まれながら、『おいしそうなしろくま』にも登場する「くまカレー」もお楽しみいただけますよ。

期間中の3月18日(土)〜20日(月・祝)の三連休には、高知から柴田さんをお招きしてのサイン会やワークショップ、トークイベントなどたくさんの催しを企画しています。各イベントの申し込みは随時受付中ですのでぜひお見逃しなく。

『おいしそうなしろくま』
(柴田ケイコ/PHP研究所)

『めがねこ』
(柴田ケイコ/手紙社)

【Event1】ワークショップ
おもちブローチを作ろう!
いちご大福に豆大福、かしわ餅に磯辺焼き…柴田ケイコさんに教えていただきながら、紙粘土でおもちブローチを作ります。


日程:3/18(土)・19(日)・20(月・祝)
時間:各日14:00~16:00
会場:展示室 トロワ(東京都調布市菊野台1-17-5 303号室/手紙舎 2nd STORY上)
参加費:3,000円(税込/材料費・送料・ドリンク代込み)*乾燥時間必要のため後日お渡し
定員:各回8名
持ち物:特になし
お申込み:https://coubic.com/tegamisha/324793
問い合わせ:tel 042-440-3477(本とコーヒー)

【Event 2】トークイベント
絵本と雑貨の制作秘話
2部構成でお送りするトークイベントでは、1部では絵本の制作秘話を、2部ではご自身で作られている雑貨について、アイデアの源や作り方などをお聞きしたいと思っています。
日時:2017年3月20日(月・祝)18:00開場/18:30開演
会場:本とコーヒーtegamisha
料金:2000円(税込 /別途1ドリンク)
お申込み:https://coubic.com/tegamisha/104015
問い合わせ:tel 042-440-3477(本とコーヒー)

【Event 3】サイン会
『めがねこ』&『おいしそうなしろくま』柴田ケイコサイン会
柴田ケイコさんの絵本をご購入の方に、柴田さんがその場でサイン。直接お話できる貴重な機会です!
日程:3/18(土)・19(日)
時間:各日17:00〜18:00
会場:本とコーヒー tegamisha(東京都調布市菊野台1-17-5 1F)

 

◎ 柴田ケイコ絵本フェア at  本とコーヒー tegamisha
日時:2017年3月7日(火)〜3月26日(日)
会場:本とコーヒーtegamisha
(東京都調布市菊野台1-17-5 1階)
tel 042-440-3477(本とコーヒー)

【川端さよこ 個展「closet」3/7(火)〜20(月・祝)at 手紙舎 2nd STORY】個展を彩る、特別メニューが登場します!

明日3月7日(火)から始まる、服飾小物のブランド『sayoco』のデザイナー・川端さよこさんの個展「closet」。今回の展示に合わせ、手紙舎 2nd STORY カフェでは、スペシャルメニューをご用意します。『sayoco』の女の子らしいアクセサリーやインテリアをイメージした、デザートとドリンクをぜひお召しあがりください。

●パステルアラモード
自家製プリンにきらきらのフルーツ、シナモンのクランブルの上にはピスタチオのアイスクリーム。濃厚なガナッシュもそえて春の色をつめこんだ一皿です。彩りと共にぜひご堪能下さい。

●春色クリームソーダ
いちごソーダにうかぶのは、風味豊かなピスタチオのアイスクリーム。エディブル・フラワーを添えてsayocoさんの世界観を表現した、夢いっぱいのドリンクです。

どちらも会期中の3月7日(火)〜3月20日(月)まで、15時からの限定メニューとなります。展示と合わせて、ぜひお楽しみください。

【川端さよこ 個展「closet」】
会期:2017年3月7日(火)〜3月20日(月・祝)
※3月13日(月)は定休日
営業時間:12:00〜23:00(22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
作家在廊日:3月11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)、20日(月)
HP:http://www.sayoco.com/

川端さよこ/プロフィール
布や革を染色したコサージュやヘッドアクセサリーを「sayoco」名義で発表しているデザイナー。文化服装学院アパレル技術科卒業後、アパレル数社で婦人服パタンナーとして勤務。パタンナーとして働く傍ら、立体裁断を学び、その後独立。書籍や雑誌などの“手作り”のページへデザイン・作り方の提供や、セレクトショップなどで服飾小物の販売など幅広く活動。著書に『革のスイートアクセサリー』、『大人のガーリッシュ・クローズ』(文化出版局)。

【川端さよこ 個展「closet」3/7(火)〜20(月・祝)at 手紙舎 2nd STORY】展示に向けて、メッセージが届きました

3月7日(火)からスタートする、服飾小物ブランド『sayoco』のデザイナー・川端さよこさんの個展「closet」。いよいよ来週に開催をひかえ、川端さんからみなさまにメッセージが届きました。

「東京での個展は約10年ぶりになります。その間、出版記念の展示や企画展、関西での個展は行っておりましたが、作品のほとんどを見て頂ける都内での展示は最後に行ってから10年経ってしまいました。

10年の間に作れるものが増えていって、近年では自分の作品同士を組み合わせて1つの作品として発表するという試みをしています。そのうちの1つで、洋服は個展だけの販売になり、私が選んだブローチを組み合わせてセットにして販売しています。

展示什器もほとんどオリジナルで作り、コレクションしているアンティークの雑貨も使って、ブランドの世界観を作り上げたディスプレイもお楽しみ頂きたいと思います。」

メッセージとともに、お洋服の完成写真も届きました。アトリエ訪問の時には、まだ未完成だった作品たちも出来上がり、準備万端です。今回は手作りの展示什器や、テーブルクロスもお持ちいただけるそう。たくさんのお花やちょうちょのアクセサリーが咲き誇り、一足早くあたたかい春が来るような展示を、どうぞお楽しみに。

【川端さよこ 個展「closet」】
会期:2017年3月7日(火)〜3月20日(月・祝)
※3月13日(月)は定休日
営業時間:12:00〜23:00(22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY 東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
作家在廊日:3月11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)、20日(月)
HP:http://www.sayoco.com/

【川端さよこ 個展「closet」3/7(火)〜20(月・祝)at 手紙舎 2nd STORY】アトリエ訪問②
-お洋服・インテリア編-

いよいよ来週3月7日(火)からスタートする、服飾小物ブランド『sayoco』のデザイナー・川端さよこさんの個展「closet」。前回(アトリエ訪問①)に引き続き今回も、アトリエの様子をご紹介いたします。

リビングの壁に掛けられた、額縁やハンティングトロフィーの数々。ツノが生えた大きなお花が印象的なハンティングトロフィーが、どこか異国のような雰囲気を醸し出しています。今回の展示でも、壁面にはこのように額縁や鏡などのインテリアが配置され、アトリエの雰囲気をお楽しみいただけるそうです。

こちらはDMでもご紹介されている、さらりとしたリネン生地のサロペット。胸の部分にはレースのポケットがあしらわれ、コサージュとの組み合わせを考えるのも楽しそうです。個展で販売するワンピースとサロペットは、全て一点ものとのこと。手作りだからできる細かなハンドステッチも魅力です。

川端さんはお洋服を作るにあたって、「シンプルさ」を大切にしているといいます。カラーも白と黒の二色で、『sayoco』のアクセサリーを付け替えることを考えたデザインになっています。「アクセサリーは細かく作り込んだものを好んで作るので、逆にお洋服は無地の色で、アレンジが楽しめるものを」と考えてお洋服を作られているそうです。色とりどりのお花やちょうちょのアクセサリーとの共演が一層楽しみですね。

【川端さよこ 個展「closet」】
会期:2017年3月7日(火)〜3月20日(月・祝)
※3月13日(月)は定休日
営業時間:12:00〜23:00(22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY 東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
作家在廊日:3月11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)、20日(月)
HP:http://www.sayoco.com/

【チョークボーイ 個展「INK BLUE」4/4(火)〜16(日)at 手紙舎 2nd STORY】

真っ白な砂漠に現れるのは、
チョークボーイが描く青のオアシス

求められる場所に、美しく洗練されたグラフィックを
描き続けてきた
チョークボーイ。
彼がチョーク以上に手にしているもの。
それは、
万年筆と青いインク。
これはチョークボーイの思考を筆跡から辿る物語である。

4月4日(火)~16日(日)の期間、チョークボーイが、手紙舎2nd STORYを手描きの世界で埋め尽くします。

その類い稀なセンスと圧倒的なグラフィックの美しさで、チョークアートをはじめとする様々な手描きの魅力を伝えてきたチョークボーイ。これまで手紙社ではチョークグラフィックのコツを教えるワークショップの開催や、本とコーヒーでの自身の著書『すばらしき手描きの世界』出版イベントなどを行ってきました。

そして今回、満を持して、手紙舎2nd STORYにて個展を行います。展示するものは、“アイディアノート”。そこに描かれているアイディアスケッチは、青いインクを使った万年筆によるもの。普段は目にすることのない、チョークボーイの頭の中を、そして感性を覗き見られる貴重な機会です。

さらに展示期間中はワークショップや「表現の学校」の開催など、目白押しのスペシャルコンテンツで、みなさんを新たなチョークボーイワールドへと誘います。

【EXHIBITION】
日々チョークボーイが物事をどう捉えているのか、その風景が彼のラフスケッチに記されています。アイディアノート、そして完成したグラフィックの原画を展示。インクの生み出す“掠れ”や“濃淡“といった偶然の中にあるものは、自身のグラフィックにかける想いそのものなのかもしれません。

【WORKSHOP】
「筆ペンカリグラフィ講座」を開催します。英数字を描く際のコツや素敵なあしらいをチョークボーイがレクチャー。

【SCHOOL】
表現の学校「アルバイトからアーティストへ」を開講します。やりたいことで身を立たせるには、どう仕事と生活のバランスを取って行くのか。アルバイト時代に入念な計画を立てていたというチョークボーイ。その“設計図”を公開します。

【ORIGINAL GOODS】
チョークボーイの世界を表現したオリジナル商品が並びます。手紙社とのコラボグッズもお披露目します。

【SPECIAL MENU】
期間中スペシャルメニューが手紙舎2nd STORYに登場。手描きグラフィックとフードのスペシャルコラボをご堪能ください。

【チョークボーイ 個展「INK BLUE」】
会期:2017年4月4日(火)〜4月16日(日)
※4月10日(月)は定休日
営業時間:12:00〜23:00(22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
※展示の詳細は「今日のお手紙」で随時お伝えしていきます。
チョークボーイ:Instagram

【表現社 cozyca products 5th anniversary exhibition 2/14(火)〜2/26(日)at 手紙舎 2nd STORY】今週末は“紙もの”を堪能しませんか?

手紙舎 2nd STORYにて、開催中の「表現社 cozyca products 5th anniversary exhibition」も、残すところあと2日。もう展示は楽しんでいただけましたか? 会場では、表現社・cozyca productsにゆかりのある、Subikiawa.さんのアイディアスケッチや、西淑さんと布川愛子さんの原画を展示しております。この絵をもとに、cozyca productsのレターセットや一筆箋、マスキングテープが生み出されています。雑貨とは異なる、それぞれの作家さんの筆づかいや色味、奥深さをぜひ間近でご覧ください。

また、レターセットやがま口ポーチといった人気アイテムの制作の裏側を見ることができるのは、今の期間だけ。商品を作る際に、重要となる色合いのチェックをした色校は見応えたっぷりです。細かに書き込まれた印刷所への修正指示と、実際に製品と見比べてみてくださいね。

がま口ポーチの配色見本は、その微調整に目を奪われます。このような行程を経て、生み出されていると知れば、ますます雑貨に愛着が沸きそうです。

もちろん、展示だけではなく、表現社・cozyca productsのアイテムも勢ぞろいしています。思わず手紙を書きたくなるようなレターセットや一筆箋、ちょっとしたお土産にぴったりなブロックメモやマスキングテープ、目移りするほどたくさんのがま口やポーチ… こんなにたくさんのアイテムを選べるのは展示ならではのこと。ぜひ今週末は、“cozyca products”を堪能しに、手紙舎 2nd STORYへお出かけくださいね。

表現社 cozyca products 5th anniversary exhibition 2/14(火)〜2/26(日)at 手紙舎 2nd STORY
日程:2017年2月14日(火)-2月26日(日)*1/20(月)定休日
時間:12:00〜23:00(L.O 22:00)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383

【3/7(火)〜3/26(日)柴田ケイコ絵本フェア at 本とコーヒー】

手紙社発行の『めがねこ』から約半年。手紙社とも関わりの深いイラストレーター・柴田ケイコさんの2作目の絵本が出版されました。タイトルは『おいしそうなしろくま』(PHP研究所)

うどんにスパゲッティ、おすしに肉まんと、子どもたちに人気の食べ物としろくまがドッキングした衝撃的な姿はもう柴田さんワールド全開。子どもはもちろん、大人も笑顔でいっぱいになる絵本です。

本とコーヒーではそんな新刊絵本『おいしそうなしろくま』と、柴田さんの1作目であり、手紙社としても初めて手がけた絵本『めがねこ』のフェアを開催いたします。

期間中の店内は絵本の原画や新作アイテムで柴田さん一色に。また3月18日(土)〜20日(月・祝)の三連休は、高知から柴田さんをお招きしてのサイン会やワークショップ、トークイベントなどたくさんの催しを企画していますのでお楽しみに!!

『おいしそうなしろくま』
(柴田ケイコ/PHP研究所)

『めがねこ』
(柴田ケイコ/手紙社)

【Event1】ワークショップ
おもちブローチを作ろう!
いちご大福に豆大福、かしわ餅に磯辺焼き…柴田ケイコさんに教えていただきながら、紙粘土でおもちブローチを作ります。


日程:3/18(土)・19(日)・20(月・祝)
時間:各日14:00~16:00
会場:展示室 トロワ(東京都調布市菊野台1-17-5 303号室/手紙舎 2nd STORY上)
参加費:3,000円(税込/材料費・ドリンク代込み)
定員:各回8名
持ち物:特になし
お申し込み方法:2月25日(土)14:00~以下ページにて受付を開始いたします。
https://coubic.com/tegamisha/324793
*18日、19日とも満席となりました。ありがとうございました。
問い合わせ:tel 042-440-3477(本とコーヒー)

【Event 2】トークイベント
絵本と雑貨の制作秘話
2部構成でお送りするトークイベントでは、1部では絵本の制作秘話を、2部ではご自身で作られている雑貨について、アイデアの源や作り方などをお聞きしたいと思っています。
日時:2017年3月20日(月・祝)18:00開場/18:30開演
会場:本とコーヒーtegamisha
料金:2000円(税込 /別途1ドリンク)
申込み:2/27(月)18:30より以下ページにて受付を開始いたします。
https://coubic.com/tegamisha/104015
問い合わせ:tel 042-440-3477(本とコーヒー)

【Event 3】サイン会
『めがねこ』&『おいしそうなしろくま』柴田ケイコサイン会
柴田ケイコさんの絵本をご購入の方に、柴田さんがその場でサイン。直接お話できる貴重な機会です!
日程:3/18(土)・19(日)
時間:各日17:00〜18:00
会場:本とコーヒー tegamisha(東京都調布市菊野台1-17-5 1F)

【Event 4】特別メニュー
おいしそうなしろくまカレー
期間中、1Fの本とコーヒーカフェでは、『おいしそうなしろくま』にも登場するカレーをご提供します。特製しろくまピックも付きますよ。

◎ 柴田ケイコ絵本フェア at  本とコーヒー tegamisha
日時:2017年3月7日(火)〜3月26日(日)
会場:本とコーヒーtegamisha
(東京都調布市菊野台1-17-5 1階)
tel 042-440-3477(本とコーヒー)

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008