今日のお手紙

     

【大護慎太郎(atelier coin)個展 Ⅴ.個展特別メニュー 12/13〜12/25 at 手紙舎 2nd STORY】

個展期間中、手紙舎 2nd STORYカフェではスペシャルメニューをお召し上がりいただけます。今回の個展テーマにあわせて用意した、3つの「食べ物の中に宿るもの」。じっくりと時間をかけて作られたメニューは、どなたにも満足いただけること間違いありません。ランチ、おやつ、ディナー、みなさまのお好きな時間にいらしてくださいね。

正午の煮込みハンバーグ
日が昇り、まだ時が進み始めたばかりの時間をイメージして作った、淡い茶色の煮込みハンバーグ。太陽が輝く正午を思い、フレッシュトマトを丁寧に裏ごししたソースにチーズを溶かしてコクを出し、ふっくらジューシーなハンバーグときのこを煮込みました。サラダとハーブライスがつきワンプレートでお楽しみいただけます。お子様とご一緒にいかがでしょうか。
※午後12時からの提供です

真夜中の煮込みハンバーグ
一日の終わり、時が進んだ夜をイメージして、ジューシーなハンバーグをデミグラスソースで煮込みました。香味野菜とスパイスなどをじっくりと時間をかけて煮込んだデミグラスソースは、使い込んだ真鍮のような濃い茶色。かぼちゃ、芽キャベツ、パプリカ…と色とりどりの12のグリル野菜とともにどうぞ。空腹を満たしてくれる大人な一品です。
※午後6時からの提供です

午後3時のチョコレートチーズケーキ
ダークチョコレートとマスカルポーネを混ぜたチーズケーキ生地をブラックココアクッキーの上に流して焼き上げ、チョコレートでコーティングしました。飾りに、時計の歯車にみたてたドライみかんと、長針短針のようなタイムを。カシスのソースをつけて、流れゆく時間とともに、味の変化や重なりをお楽しみください。
※午後3時からの提供です

目には見えないけれど、いろんな人の時間が宿ったお料理。何かを思い出しながら、誰かに思いを馳せながら、ゆっくりと噛み締めていただければ幸いです。そして、このひとときが記憶に残ることをと小さく願って。2016年が終わる前に、一緒に過ごしたい大切な人と思い出に残るお食事をお楽しみください。

 

【大護慎太郎さんによるお話会】
日程:12/23(金・祝)
時間:13:00〜 / 16:00〜 各回60分程度
会場:手紙舎 2nd STORY店内
定員:各回8名
料金:1,000円(+1ドリンク500円)*おみやげ付
ご予約:12月9日(金)正午12:00より、こちらのサイトにて受付を開始いたします。
みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。

 

大護慎太郎(atelier coin)個展 「物の中に宿るもの」
会期:2016年12月13日(火)~12月25日(日)
営業時間:12:00~23:00(22:00 L.O)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
作家在廊日:12月13日、17日、18日、20日、23日、24日、25日

【大護慎太郎(atelier coin)個展 Ⅳ.作品紹介 12/13〜12/25 at 手紙舎 2nd STORY】

12月13日(火)より始まる、大護慎太郎さんの個展「物の中に宿るもの」。本日は、会場に並ぶ作品をご紹介いたします。アトリエにも数々の作品が並ぶ中、「これはどういったものなのか」と尋ねると、作品ひとつひとつに込められた思いや意味を丁寧に解説してくださる大護さん。


「できれば誰にでも馴染むものを制作したい思いはありますが、好みは皆さんそれぞれ多岐に渡るため、少しでも自分の好きな世界観を共有して頂ける方に身につけて頂けたら嬉しい」という思いで作品を制作されているのだそうです。幼少の頃から、古道具やアンティークに魅せられつづけている大護さんだからこそ生み出せる作品の数々が、手紙舎にやってきます。


こちらはフライヤーにも使用されている文字盤の腕時計。よく見てみると、表情が異なるのがわかりますか?

腕時計ひとつにしても、同じ世界観をまといながらそれぞれに個性がありますね。時計のほか、ピアス、リング、バングルといった真鍮のアクセサリーも並びます。

こちらは懐中時計。胸元に揺れる時計が新鮮で、なんだか物語の主人公になったような気分になれます。

もちろん振り子時計、掛け時計、時計塔と室内を飾ってくれる時計もございます。

同じ時を刻んでいきたいと思える作品にきっと出会えることでしょう。みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

*作品は基本的にお持ち帰りいただけますが、一部受注販売となります。ご了承くださいませ。

 

【大護慎太郎さんによるお話会】
日程:12/23(金・祝)
時間:13:00〜 / 16:00〜 各回60分程度
会場:手紙舎 2nd STORY店内
定員:各回8名
料金:1,000円(+1ドリンク500円)*おみやげ付
ご予約:12月9日(金)正午12:00より、こちらのサイトにて受付を開始いたします。
みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。

 

大護慎太郎(atelier coin)個展 「物の中に宿るもの」
会期:2016年12月13日(火)~12月25日(日)
営業時間:12:00~23:00(22:00 L.O)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
作家在廊日:12月13日、17日、18日、20日、23日、24日、25日

【Christmas Market 2016】at kata kata & 手紙舎つつじヶ丘本店 12/15(木)~18(日)

今年も残りわずか、クリスマスももうすぐ。大切な人へ贈り物、友達へ小さなギフト、こっそり自分にもプレゼント…。誰かを想いながら選ぶ時間は特別です。型染め・注染作家のkata kataさんのアトリエにて開催される Christmas Market 2016 には、たくさんの作家さんの素敵な作品が並びます。シャツ、バッグ、ブローチ…きっとぴったりな贈り物が見つかりますよ。

3軒隣の手紙舎つつじヶ丘本店では、この期間限定で「アップルパイと自家製アイスクリームのプレート」をご用意します。ジューシーな煮りんごと、クランベリー&角切りりんごの甘酸っぱい二層のフィリングに、ナッツたっぷりのキャラメルアイスとバニラアイス。最高の組み合わせを、ぜひ味わってくださいね。

★ Christmas Market 2016 at kata kata ★

2016年12月15日(木)~18日(日) 11:00‐18:00

☆ 出品 ☆
kakapo
kata kata
gochisou
染色工房たかい
高旗将雄
ナカキョウ工房
本とコーヒー tegamisha
yanase rei

☆ FOOD ☆
・kata kata のアトリエ
HUGSY DOUGHNUT (16~18日)
ヘブンズテーブル (18日)

・手紙舎つつじヶ丘本店

☆ Workshop ☆
kata kata (16日 予約制) ※受付終了いたしました
高旗将雄(17日)

【Christmas Market 2016 at kata kata】
日程 : 2016年12月15日(木)~18日(日)
時間 : 11:00 – 18:00
会場 :
kata kata 東京都調布市西つつじヶ丘4-23-35-104
手紙舎つつじヶ丘本店  東京都調布市西つつじヶ丘4-23-35-101
電話 : 042-444-5331(手紙舎)
お問合せ: info@kata-kata04.com
こちらのブログでも日々情報更新しています。

【大護慎太郎(atelier coin)個展 Ⅲ.アトリエ訪問 12/13〜12/25 at 手紙舎 2nd STORY】

吉祥寺にある大護慎太郎さんの「atelier coin」。前回お届けした、ショップの風景はお楽しみいただけたでしょうか(Ⅰ.アトリエ訪問)。今回は、大護さんのアトリエの中での制作の様子をお届けいたします。

こちらは、外から見たアトリエの様子。壁にはフライヤーや写真がたくさん飾られています。毎日を過ごす場とあって、素敵な空間が作られています。

手元には、部品と用具の数々。少し猫背になり、ピンセットを使用しながらの細かい作業が続きます。ふと行き詰まりを感じた時には、商店街の近隣にある仲良しのお店へ遊びに行くのだとか。アンティーク屋さんやたい焼き屋さんなど、数あるお店の中でも大護さんのお気に入りを聞いてみてはいかがでしょうか。

背後には、大きなオブジェが並びます。物と物の間に心地よい「間」があるのは、余白によって作品だけが主張しすぎず、調和した空間が生まれるよう心がけているからだそうです。

これから完成へと向かう、時計の文字盤たち。いまかいまかと時を刻み始める瞬間を待っています。そんな作品たちに味わい深い表情を持たせられた瞬間が、作家にとって喜びの時なのかもしれません。

 

【大護慎太郎さんによるお話会】
日程:12/23(金・祝)
時間:13:00〜 / 16:00〜 各回60分程度
会場:手紙舎 2nd STORY店内
定員:各回8名
料金:1,000円(+1ドリンク500円)*おみやげ付
ご予約:12月9日(金)正午12:00より、こちらのサイトにて受付を開始いたします。
みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。

 

大護慎太郎(atelier coin)個展 「物の中に宿るもの」
会期:2016年12月13日(火)~12月25日(日)
営業時間:12:00~23:00(22:00 L.O)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
作家在廊日:12月13日、17日、18日、20日、23日、24日、25日

【大護慎太郎(atelier coin)個展 Ⅱ.時計にまつわるお話会 12/23(金・祝) at 手紙舎 2nd STORY】


大護慎太郎(atelier coin)さんの個展「物の中に宿るもの」が12月13日(火)より始まります。時計作家・大護慎太郎さんが、「JOIE INFINIE DESIGN」という屋号を掲げた2003年。現在も変わらず「時計」そのものに魅了され続けながら、制作に向き合っていらっしゃいます。

今回の個展では、そんな大護さんによる時計にまつわるお話会を開催いたします。普段から、お客様との会話をとても大切にされているという大護さん。会話する中で「物の内側」まで感じていただけたら嬉しいとおっしゃいます。いろんな思いや要素が詰まっている作品だからこそ、ご自身の言葉で伝えたいことがあるのです。

12月23日(金・祝)開催の「時計にまつわるお話会」では、会場をまわりながら、大護さんご本人に作品についてお話していただきます。大護さんのお人柄を感じていただきながら、今回の個展をより一層楽しんでいただけるお時間になることでしょう。みなさまも、どんなものが宿っているのか、想像を膨らませながらお越しくださいね。

【大護慎太郎さんによるお話会】
日程:12/23(金・祝)
時間:13:00〜 残り2名/ 16:00〜 各回60分程度(*前後する可能性がございます)
会場:手紙舎 2nd STORY店内
定員:各回8名
料金:1,000円(+1ドリンク500円)*おみやげ付
ご予約:ご予約は、こちらから。12月9日(金)12:00より受付開始いたします。

 

大護慎太郎(atelier coin)個展 「物の中に宿るもの」
会期:2016年12月13日(火)~12月25日(日)
営業時間:12:00~23:00(22:00 L.O)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383

【大護慎太郎(atelier coin)個展 I.アトリエ訪問 12/13〜12/25 at 手紙舎 2nd STORY】

吉祥寺駅の北口からつづく中道通りは、家族連れから老夫婦、学生と多くの老若男女で賑わう商店街。思いおもいの時を過ごす人々の光景を見ながら歩みを進めると、右手にオレンジ色に灯るガラス張りのアトリエが見えてきます。この地こそが大護慎太郎さんの「atelier coin」。作品の販売と制作を行っています。

軒先に並ぶ大護さんの古道具と緑の植物を目に、弾む気持ちでガラスの引き戸をあけ中に入ると、天井から足元まで大小さまざまな時計が立ち並ぶ空間が広がります。それぞれの時計が、静かに時を刻む音が心地よく耳に入ってくるよう。

時計だけでなく、ディスプレイやオブジェにも真剣な表情で向き合う大護さんが目に浮かんできます。

時計と言えど種類はさまざま。腕時計、掛け時計、箱時計、振り子時計…。大護さんの作品は、気取らないどころか初めて身につけたとは思えない馴染みがあるから不思議です。

心躍らされるのは、時計だけではありません。手作りのそっと手元が華やぐような真鍮のアクセサリーや、一つひとつ収集したというおもちゃ箱を開けたような古道具。

手紙舎での個展期間中、大護さんの在廊日には、ゆっくりみなさまとお話していただけます。また、12月23日(金・祝)には、大護さんによるお話会を開催。詳細は明日6日(火)の「今日のお手紙」にて。12月9日(金)正午12:00から、受付を開始いたします。みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。

【大護慎太郎さんによるお話会】
日程:12/23(金・祝)
時間:13:00〜 / 16:00〜 各回60分程度
会場:手紙舎 2nd STORY店内
定員:各回8名
料金:1,000円(+1ドリンク500円)*おみやげ付

 

大護慎太郎(atelier coin)個展 「物の中に宿るもの」
会期:2016年12月13日(火)~12月25日(日)
営業時間:12:00~23:00(22:00 L.O)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
作家在廊日:12月13日、17日、18日、20日、23日、24日、25日

 

【大護慎太郎(atelier coin)個展 「物の中に宿るもの」12/13〜12/25 at 手紙舎 2nd STORY】

ー”目に見えて存在するモノ”と”目に見えず存在するモノ”
物づくりをするうえで、どちらもとても大切にしています。

前者は、色、形、質感など、実際に見たり触ったりして確かめることが出来るもの。
後者は、その物から感じる気配や存在が周りにまで影響を及ぼしたり、
溶け合ったりする空気ようなの感覚。

今回の個展では、後者の”目に見えないモノ”に注目をして作品を創りました。”時間”という決められた規則正しい時の流れとは異なる、緩やかでリズミカルなひと時を体感して頂けましたら嬉しいです。ー

 大護慎太郎(atelier coin)

今年も残すところあとわずか。「あっという間だった」という方もいれば、「長い一年だった」という方もいるでしょう。時が流れる速さの感じ方は、人それぞれに違うから不思議ですね。

2016年を締めくくる手紙舎の個展は、大護慎太郎さん(atelier coin)による「物の中に宿るもの」。2009年より、東京・吉祥寺の地で作品を制作する大護さん。2003年設立のブランド名でもある「JOIE INFINITE DESIGN」=「終わらない喜びを創り出す」という信念のもと、腕時計だけでなく「時」にまつわる様々な作品を作り続けています。そんな大護さんによる、手紙舎では初となるの今回の個展。期間中は、みなさまにお楽しみいただける様々な企画をご用意しております。

◎TOPIC 1
大護さんによるお話会を開催。会場に展示される作品の解説や、作品に込められ想いを語っていただきます。

◎TOPIC 2
手紙舎 2nd STORYカフェにて、個展テーマをイメージした期間限定のスペシャルメニューをご用意。

◎TOPIC 3
大護さんと手紙舎とのコラボレーションアイテムをお披露目いたします。

店頭に並ぶ個展のフライヤーは、もう手にとっていただけましたか? 二つ折りのフライヤーを開くと現れるのは、針のない時計。友人と夕日へ向かう帰り道、家族と暖をとる夜更け、昼どきの恋人との待ち合わせ。そんな日常の風景から、あなたの中に宿る幸せなひとときまで。「私の好きな時間」をテーマに針を書き込んでみてください。裏面には、ひとこと理由も添えてくださいね。個展期間中に手紙舎 2nd STORYにお持ちいただけたら、壁に展示をさせていただきます。

秒針が刻む音が聞こえるような静寂な空間で、一年の終わりを振り返ってみてはいかがでしょうか。ひとりで思い巡らせながら、大切な人と思い出話をしながら…。そして会場で過ごす時間が、いつまでもみなさんの記憶の中に残りますように。

 

大護慎太郎(atelier coin)個展 「物の中に宿るもの」
会期:2016年12月13日(火)~12月25日(日)
営業時間:12:00~23:00(22:00 L.O)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383

【大護慎太郎さんによるお話会】
日程:12/23(金・祝)
時間:13:00〜 / 16:00〜
会場:手紙舎 2nd STORY店内
定員:各回8名
料金:1,000円(+1ドリンク500円)*おみやげ付
ご予約:ご予約は、後日当サイトにて行います。

 

【2017年新春「オーダーメイドの日」開催決定! 1/20(金)〜22(日) at マーチエキュート神田万世橋】

好きな色、好きな形、好きな素材、好きな味に、好きな香り…。誰もが有する“好き”という気持ちは、人によってそれぞれ異なる形をしているもの。だからこそ心にピタッとはまる何かを、私たちはいつも追い求め、探し続けているのかもしれません。そんな、自分だけの“好き”が詰まったものに出会える、とびっきりの空間があるとしたら、魅力的だと思いませんか?

“オーダーメイド”をテーマにした、手紙社の中でもひと味違うイベント・「オーダーメイドの日」が、2017年1月に開催されることとなりました! 一流の作り手たちが、たった1人のことを思いその力を惜しみなく発揮する、かけがえのない3日間がふたたび幕を開けます。各々の心の琴線に触れるものが、ここにはあります。まだ見ぬ、あなただけの尊くも愛おしい何かに会いにきてください。古き時代を思わせるレンガの下で、みなさまのご来場をお待ちしております。

【「オーダーメイドの日」開催概要】
日程:2017年1月20日(金)〜22日(日)
会場:マーチエキュート神田万世橋
住所:東京都千代田区神田須田町1-25-4
※入場無料
http://www.ordermadeday.com/(詳しい内容は、こちらのサイトにて後日改めてお知らせいたします)

【『英国人デザイナーが教えるアルファベットのひみつ』トークイベント 12/10(土)】at 本とコーヒー

ふと辺りを見渡すと、わたしたちの身の回りにはアルファベットがいっぱい。通勤電車の広告、お気に入りのカフェのメニュー、流行りのトートバッグ…。アルファベットは馴染み深いどころか、生活に欠かせない要素となっています。

著者であるアンドリュー・ポセケリさんは、英国生まれのデザイナー。本書のテーマを思いついたのは、渋谷のケンタッキーフライドチキンで座り、ポスターを眺めているときだったそう。「どんな言語でも単語を切り刻むと、ネイティブスピーカーにとってはまったく異なる意味になったり、意味が不明瞭になったりする。言葉というものは、どの程度まで切り分け可能なのか?」これが『英国人デザイナーが教えるアルファベットのひみつ』の芽生えでした。

アルファベットで成り立つ無限の言葉たち。アルファベットの文字には個々の歴史があり、それぞれに意味があるのです。

例えば、手紙社の「T」。「T」はコミュニケーションとは切っても切れない文字だと著者はいいます。そのイメージは、ギリシャ語の「tele=離れて」から、英語の「telephone」「television」「telegraph」「telescope」といった言葉が生まれたことが一因にあります。また「T」がデフォルメされた木に見えるように、それぞれのアルファベットの文字の形にも何かひみつが隠されているのかもしれません。

気になるあなたの名前のイニシャルは、どんな意味が込められているのでしょう? あっと驚く発見や、納得する発見があるかもしれませんね。

12/10(土)は、調布市在住のアンドリュー・ポセケリさんご本人を迎え、本とコーヒー tegamisha にてトークイベントを開催いたします! 本書にまつわるお話や、アルファベットの歴史、アルファベットに対する印象の違いなど…日頃アルファベットに触れる人、誰しもが興味深いトークテーマです。また、皆さんのイニシャルの缶バッチをその場で作り、お持ち帰りいただける嬉しいプレゼント付き! ご参加をお待ちしております。

英国人デザイナーが教えるアルファベットのひみつ

アンドリュー・ポセケリ 著 / エムディエヌコーポレーション 刊

/ 定価(1600円+税) / ISBN978-4-8443-6604-1

 

-アンドリュー・ポセケリ PROFILE-
英国出身。日本在住歴13年のフリーランスグラフィックデザイナー。書籍、広告、エディトリアルデザインなど、印刷物のデザインを幅広く手がけけている 。http://www.forbiddencolour.com

 

【『英国人デザイナーが教えるアルファベットのひみつ』トークイベント】
日時:2016年12月10日(土)18:30開場/19:00開演
会場:本とコーヒーtegamisha
料金:2,000円(税込・1drink別途)
申込み:11/18(金)正午よりこちらのサイトにて受付を開始いたします。
問い合わせ:tel 042-440-3477(本とコーヒー)

紙ものまつりin高知を開催します! 2016.12.9 fri 〜 12.11.sun

手紙社が高知へと旅をし、クリエイターたちによるデザイン性溢れる紙雑貨を展示・販売するイベント「紙ものまつり in 高知」。これまでに2012年、2014年と2回にわたって開催してきましたが、「二度あることは三度ある」という言葉の通り、このたび第3回目を開催することとなりました!  土佐和紙の産地である「いの町」にある『いの町紙の博物館』を会場とし、全国のクリエイターたちと手紙社が選ぶ紙雑貨が一堂に集います!

2年ぶりとなる今回は、会場をこれまでよりも広く使い、さらにパワーアップしてお届けします。手紙社が選んだ才能溢れるクリエイターたちが集い、彼らが作る愉快で楽しい紙もの雑貨を直接販売。また、さまざまなワークショップや表現の学校も開催しますよ。本日は、その出店者、出品者を一挙にご紹介します!

●全国からクリエイターが大集合します!
様々なジャンルのクリエイターたちがそれぞれお店を開きます。作品や雑貨の販売はもちろん、ワークショップの開催も。詳細情報は随時ご紹介していきますので、ぜひご期待ください!
<出店作家>
大森木綿子岡崎直哉kata kata啓文社印刷工業高旗将雄チョークボーイmakomoレトロ印刷JAM夜長堂

その他、手紙社の雑貨店コーナーではさまざまなクリエイターによる紙雑貨をたっぷりとご用意いたします!

●高知県のクリエイターによる作品も大集合!
柴田ケイコさんを筆頭に、地元高知で活躍するクリエイターたちの作品が揃います。今回のためにご用意した土佐和紙を使った商品をはじめ、様々な紙雑貨が登場します。
〈出品作家〉
井上聡子尾崎浅子N’s Kitchen**&labo梶原希美カミムラアキコ(necoya)かわぞえうどう柴田ケイコsumica(南国市の喫茶店)高橋かよこchimney/drank/花や草青むHracka松林誠もりたうつわ製作所/ヤマガタハロカ/ヤマモトダイゴ結城琴乃吉本欧州

●『表現の学校』を開講します
手紙社がお贈りする、表現をしたい人たちに向けた大人のための学校、『表現の学校』を開講します。今回行うのは、「雑貨店の作り方」「紙もの雑貨の作り方」「コーヒードリップ教室」の3講座。詳細、お申し込み方法は後日お知らせいたします。

クリエイターたちと直接ふれあいながら、紙もの雑貨にたっぷりと触れる3日間。ぜひみなさま、遊びに来て下さいね! こちらのサイトでご紹介していく最新情報を、どうぞお見逃しなく!

【紙ものまつり in 高知】
会期/2016.12.9 fri.〜11 sun. 9:00〜17:00(土曜日は18:30まで)
会場/いの町紙の博物館(高知県吾川郡いの町幸町110−1 TEL.088-893-0886)
入館料/大人500円 小・中・高校生 100円

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008