今日のお手紙

     

【第1回「紙もの大賞」開催決定!】

スマートフォンやパソコンなどのデジタル機器の台頭により、紙に文字をしたためる機会はぐっと少なくなりました。それでも、いやだからこそ、紙もの雑貨は日々進化し、デザイン性や機能性が高いアイテムが次々と誕生しています。それは例えば、普段から私たちの生活を身近で支えてくれる必需品だったり、節目節目に気持ちを伝えるための特別な逸品だったり、実に多種多様です。



革新的なアイディアと、それを実現させる技術力の向上により、紙もの界は今、新たな局面を迎えているのかもしれません。そんな紙ものの未来に光明を投じるべく、この度「紙もの大賞」を開催することを宣言いたします! 創意工夫にあふれた作品のご応募を、心よりお待ちしております。

【「紙もの大賞」概要】
部門:
①糊もの部門
②ノート・メモ部門
③袋もの部門
④手紙部門

スケジュール:
2018年4月20日(金):ノミネート作品発表
2018年6月上旬:受賞作品発表

審査員:
株式会社TSUTAYA 文具雑貨商品企画マーチャンダイザー 國見佑希子
サブロ店主 村上 幸
新所沢PARCO店長 斉藤博一
PLASE.STORE代表 高山啓太
手紙社代表 北島 勲

応募フォーム・募集要項などの詳細は、こちらの公式サイトをご覧ください

【手紙社の夏祭り in 新所沢PARCO 8/6日曜】いちあんのあんぱんを頬張ろう!

今週末に迫った手紙社の夏祭り in 新所沢PARCOは、フードの出店も見逃せません! 手紙社のイベント“パンフェス!”にて、あんぱん旋風を巻き起こした【自家製酵母ぱんと手づくりあんこの店 いちあん】が1日限定で出店します。自家製酵母と国産小麦を使い、『カラダよろこぶたべものつくる』をモットーに丁寧なパン作りを行っています。地元・所沢に店を構える、いちあんの珠玉のパンをぜひともお楽しみください。

いちあんさんよりメッセージが届きました
所沢のパン屋いちあんです。初めましてのお客様にも、そうでないお客様にも「あ〜美味しい」って食べていただけるようなパンを焼いて持っていきます!

出店時間やラインナップは手紙社SNSにて当日発表いたします。ぜひチェックしてお越しくださいね。

【手紙社の夏祭り in 新所沢PARCO】
会期:2017年8月5日(土)~8月6日(日)
開催時間:10:00〜18:00
場所:新所沢パルコ 1F ガレリア
埼玉県所沢市緑町1-2-1
tel:04-2998-8111(代表)
新所沢パルコHP_

【手紙社の夏祭り in 新所沢PARCO 8/6】高旗将雄さんに似顔絵を描いてもらおう!

いよいよ来週末となりました手紙社の夏祭り in 新所沢PARCOは、レトロな雰囲気が漂う“ガレリア”というアーケード内で開催します。吹き抜ける風が心地よい会場となっておりますので、ぜひお越しくださいませ。

8/6(日)は、イラストレーター・高旗将雄さんが、1日限定の似顔絵屋さんを開きます。高旗さんといえば、クマや猫などのモチーフを手触り感のある線で描くイラストが印象的。書籍の装画やグッズ展開など、多岐に渡って活躍しています。5月に開催された香港での個展も大盛況に終わったとか! そんな高旗さんがモノクロの線で描く肖像画は“一生の宝物”になること間違いなし! この機会をお見逃しなく!


◎高旗将雄さんの似顔絵屋
料金:2000円
所要時間:20分程度
✳︎お写真を撮影し、それを元に高旗さんが似顔絵を描きます。会場を回りながら出来上がりを待っていてくださいね
✳︎ご予約不要です。直接会場にお越し下さい

高旗さんよりメッセージが届きました。
高旗将雄と申します。絵を描いて仕事をしております。今回は似顔絵屋を行います。はじめに写真を撮らせて頂いて、お店を見て頂いている間になんとか仕上げられるようにしたいと思っております。がんばります。

当日は、レーザーブローチやトートバッグ、おちょこなど、高旗さんが手掛けたグッズもご用意します(手紙舎雑貨店で販売します)。そちらもぜひチェックしてくださいね。

【手紙社の夏祭り in 新所沢PARCO】
会場:新所沢パルコ 1F ガレリア
埼玉県所沢市緑町1-2-1
tel_04-2998-8111(代表)
開催時間:10:00〜18:00
新所沢パルコHP_

【展示『土と光』寺村光輔さんの器でお届けするスペシャルメニュー】

いよいよ明日から、益子と器と写真の展示『土と光』がスタートします。陶芸家・寺村光輔さんの器(土)と、写真家・小野田陽一さん、デザイナー・アンパサンズによる写真と動画(光)で、栃木県益子町の普段の魅力を伝えます。

加えて、手紙舎 2nd STORYのカフェからは、益子をイメージしたスペシャルメニューをご用意しました。今回のために、寺村光輔さんが用意してくださった器でお届けする、スペシャルプレートです(写真で使用している器は寺村さんの作品ではありません)。

▼ハーブサラダのガレットコンプレ

益子産のそば粉を使ったもっちりとしたクレープ生地に、卵、チーズ、ハムをあわせたガレット。益子の森の景色をイメージしてたっぷりのハーブサラダを添えました。特性ドレッシングの旨味に、どんどん食が進みます。

▼プラムコンポートと自家製バニラアイスのガレット

同じく益子産のそば粉を使ったガレットで、デザートクレープを作りました。旬の果物であるプラムを甘酸っぱく煮たコンポートと、バニラビーンズが香る自家製のバニラアイスをたっぷりのせたデザートです。

さらに、ガレットによくあうフランス・ノルマンディー地方のシードルもご用意しました。『Le Pere Jules』という林檎の発泡酒で、果実酒自然栽培のりんごを40種類以上ブレンドし、天然酵母、無濾過で仕上げたシードルです。まるで林檎をそのままかじったかのような味わいが広がります。期間中店内では、益子の風景映像を流しておりますので、是非、益子を感じながら特別メニューをお楽しみください。

【寺村光輔・小野田陽一・アンパサンズ 展示『土と光』】
会 期:2017年7月19日(水)ー30日(日)
場 所:手紙舎 2nd STORY
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
在廊日:寺村光輔/19・22日 小野田陽一/19・22・30日 アンパサンズ/19・22・23・30日

【手紙社の夏祭り in 新所沢PARCO 8/5〜6】

手紙社による夏祭りの開催です。場所はなんと、新所沢PARCO! 雑貨店、本とコーヒー、カフェ手紙舎の出店はもちろんのこと、個性豊かな作り手によるたくさんの雑貨と、とびきりおいしいもの、心踊る体験をぎゅっと詰め込んだ、2日間だけの夏祭り。私たちにとって初めての地…今年の夏は、いくぜ新所沢!

【topics 1】チーム手紙社の出店!
調布市に5店舗を構え、クリエイターの手がける紙・布・クラフトの雑貨や、カフェで過ごす心地よい時間を提案する手紙社。2日間の夏祭りのために組まれた”チーム手紙社”が、雑貨とカフェ、それぞれのハイライトとも言えるラインナップをお届けします。暮らしや装いを彩る雑貨たちに、ギフトや帰省みやげにもぴったりのグッドフード、カフェオリジナルの焼き菓子やドリンクなど、欲しいものが満載の空間をどうぞお楽しみに!

【topics 2】フード&エンタメも満載!
鍵盤楽器&サキソフォンのトリオ「海藻姉妹」による、ノスタルジックでジャジーなライブをはじめ、大人も子どもも楽しめるエンターテイメントとおいしいものが大集合。身近な動物や日用品をゆるくてかわいいイラストで表現するイラストレーター・高旗将雄さんの似顔絵や、手紙社のイベントでいつも大行列の名物フードも登場します。おいしそうな匂いと心地よい音楽の流れる会場で、夏祭り気分をたっぷり味わってみてください。

<8.5 出店者>
海藻姉妹(エンタメ)

<8.6 出店者>
いちあん(パン)/高旗将雄(似顔絵屋)

その他、新所沢パルコ連動のプレゼント企画や、誰でも参加できるフロッタージュラリーなど、盛りだくさんの内容でお送りする予定です。詳しい出店者情報や、プレゼントの内容など随時こちらのサイトにて告知しますので、チェックしてくださいね。

【手紙社の夏祭り in 新所沢PARCO】
会場:新所沢パルコ 1F ガレリア
埼玉県所沢市緑町1-2-1
tel_04-2998-8111(代表)
開催時間:10:00〜18:00
新所沢パルコHP_

【展示『土と光』寺村光輔 × 小野田陽一トークショー 7/22(土)】

益子で暮らす陶芸家・寺村光輔さんは、益子の土や“そこにあるもの”と向き合う事を大切にしながら、日々、器を作り続けています。写真家・小野田陽一さんは、そんな寺村さんの陶芸への姿勢と益子の豊かな自然に惹かれ、一年間、彼と益子の風景を撮り続けました。

その日々が一冊の写真集となって、今回の展示開催日同日となる7/19(水)にリリースされます。タイトルはもちろん、『土と光』。小野田さんが光で切り取った益子の四季や、寺村さんの作陶姿が綴じられています。BOOK DESIGNは、アンパサンズ・飛嶋由馬さんです。

展示『土と光』では、こちらの写真集のリリースを記念して、7/22(土)に寺村光輔さんと小野田陽一さんのトークショーを開催いたします。お二人の出会いから、今回の展示や写真集を作るまでの経緯だったり、お互いのものづくりへの姿勢、展示準備の裏話、写真集の制作秘話など、長いお付き合いになるお二人に、カジュアルにお話いただきます。

聞き手にお迎えするのは、80年代から90年代にかけて圧倒的な人気を誇った伝説のファッション雑誌「オリーブ」のライターを経て、現在は雑誌や広告、書籍、ウェブなどの編集・執筆を手掛けられている、編集者・ライターの山村光春さん。実は、寺村さんと小野田さんの出会いのきっかけにもなった方なのだとか。そのお話も、ぜひトークショーで!

◎トークショー
話し手:寺村光輔 × 小野田陽一
聞き手:山村光春(BOOKLUCK 代表)
日 時:7月22日(土)18:30開場/19:00開演
参加費:2,000円(税別)+1DRINK *ドリンク500円

*写真集『土と光』3,800円(税別)をご購入いただいたお客様は、1,000円(税別)+1DRINKでご参加いただけます。

*お申し込みは、7/13(木)12:00〜こちらのサイトで受け付けいたします。寺村光輔 × 小野田陽一 トークショー

-PROFILE-
小野田陽一(おのだよういち)
1982年神奈川県生まれ。2006年立教大学卒業、フォトグラファー泊昭雄氏に師事した後独立。様々な雑誌媒体や広告にて活躍。2016年には個展「SEE」、同タイトルの写真集を刊行。2017年には全店のjournalstandard Furnitureにて写真巡回展「Side Walk of NYC」を開催。
http://yoichionoda.com

寺村光輔(てらむらこうすけ)
1981年東京都生まれ。2004年法政大学経済学部卒業後、陶芸家・若林健吾氏に学び、2008年独立。吉祥寺『mist∞』、水道橋『千鳥』など、個展を中心に活動。益子の土と近隣でとれた灰を使い今の暮らしに必要なうつわを提案する。
http://kousuketeramura.com

山村光春(やまむらみつはる)
編集者・ライター。1970年大阪生まれ。BOOKLUCK代表。雑誌「オリーブ」のライターを経て、現在は雑誌や広告、書籍、ウェブなどの編集・執筆をはじめ、講座やイベント、ワークショップなども数多く手掛ける。
2013年よりリフレクソロジーの勉強を開始。2015年より東京と長野の両方に拠点を持ち、これからのよりよい暮らしを模索しながら活動。著書に「眺めのいいカフェ」(アスペクト)、編著として「MY STANDARD — 大人の自分定番」(主婦と生活社)など多数。
http://bookluck.jp/

Photograph | Yoichi Onoda

【寺村光輔・小野田陽一・アンパサンズ 展示『土と光』】
会 期:2017年7月19日(水)ー30日(日)
場 所:手紙舎 2nd STORY
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
在廊日:寺村光輔/19・22日 小野田陽一/19・22・30日 アンパサンズ/19・22・23・30日

【第2回 手紙社 製本教室 〜展示『土と光』特別バージョン 〜7/23(日)】

先日開講したばかりの手紙社 製本教室。第一回目では、ブロックメモでつくるハードカバー製本を体験いただきました。

第二回目となる今回は、なんと、7/19(水)から手紙舎 2nd STORYで開催する展示『土と光』とのコラボレーションによる、特別バージョンでお届けします。三つ目とじ製本と、箔押しを体験いただくノート作りです。デザイナー・アンパサンズのお二人が美篶堂さんの大ファンということもあって、第二回目にして、こんな貴重な回が実現しました。

中表紙に写真家・小野田陽一さん撮影の益子の風景写真を挟んだり、表紙にはアンパサンズによるオリジナルデザインの箔押しをしていただきます。

Photograph | Yoichi Onoda

Photograph | Yoichi Onoda

前回同様、講師としてお迎えするのは、製本技術の高さで知られる美篶堂さんと、美篶堂ほか本に関わる方達が手製本の魅力を伝えるべく活動を行う本づくり協会。本物の技術を学びながら、世界で一冊の、特別なノートを作りませんか?

◎三つ目とじ製本+箔押し体験 〜展示『土と光』特別バージョン〜
日 時:7月23日(日)13:00〜
会 場:展示室トロワ(手紙舎 2nd STORY 3F)
料 金:4,200円+1DRINK(税別・材料費込)*ドリンク代500円

*お申し込みは、こちらのサイトで受付しております。第二回 手紙社製本教室

【寺村光輔・小野田陽一・アンパサンズ 展示『土と光』】
会 期:2017年7月19日(水)ー30日(日)
場 所:手紙舎 2nd STORY
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
在廊日:寺村光輔/19・22日 小野田陽一/19・22・30日 アンパサンズ/19・22・23・30日

【7/8(土)花生師・岡本典子さんの1日だけの「小さなお花屋さん」at soel 】

いよいよ明日7月5日(水)に、手紙社にとって4つ目の基地となる新店舗・soel(ソエル)がオープンします。洋服やアクセサリー、古いものなどを中心に扱うお店です。

そんなsoelにとって、初めての週末の7月8日(土)に、花生師・岡本典子さんの一日だけの「小さなお花屋さん」を開催します。岡本さんは、テレビや雑誌、広告などの撮影を中心に、店舗ディスプレイやイベントの装飾などさまざまなシーンで活躍しています。最近では、初著書・『花生活のたね』(X-Knowledge)に続き、2冊目となる『はじめてのスワッグ』(文化出版局)が出版されました。今回のお花屋さんでもこちらの2冊をご用意しています。

岡本さんがセレクトする季節のお花はどんなものなのでしょうか? ドライになりやすいものやスワッグを作るのコツなど、相談しながら植物を選べる貴重な機会です。ぜひ足をお運びください。

【Tiny Nの1日だけの「小さな花屋さん」】
日時:7月8日(土) 11:00〜18:00
場所:soel(東京都調布市下石原2-6-14 2階)
tel.:042-444-5572

岡本典子|花生師(はないけし)。Tiny N主宰。
TV・雑誌、広告などを中心に、展示会、パーティ装花、 店舗ディスプレイ、婚礼、講師、イベント出店など多方面で活躍中。著書に『花生活のたね〜四季を愉しむ花と緑のある暮らし〜』『はじめてのスワッグ』(文化出版局)がある。
Instagram →
facebook →
twitter   →

【7/19-8/6 SHEEP/la feuille/Lille og Stor「a summer outing 夏のおでかけ」at soel】

目に映る景色が爽やかなブルーに溶け込む季節。いよいよ今週7月5日(水)に手紙社新店舗・soel(ソエル)がオープンします。soelは、手紙社にとって初めてとなる洋服やアクセサリー、古いものを中心に扱うお店です。

そんな新たなコンセプトのsoelにて、7月19日(水)〜8月6日(日)まで、初の展示会を開きます。展示のタイトルは「a summer outing」。ソイキャンドルを制作する「SHEEP(シープ)」、ドライの植物を扱う「la feuille(ラフイユ)」、革のプロダクトの「Lille og Stor(リレオストア)」。素材の異なる3つのブランドが、夏を感じるアイテムを連れてやってきます。ぜひ「a summer outing」におでかけください。


SHEEP シープ(Soycandle)
「丁寧な暮らしの中の大切な食事の時間に安心して使えるキャンドルを作りたい」。そんな想いから生まれた、天然素材だけを使用したソイキャンドルブランド。無臭のキャンドルをメインに、有機栽培の植物から抽出したエッセンシャルオイルで香り付けしたものやドライフラワーをあしらったものを一つひとつ手づくりしています。


la feuille ラフイユ(Flower&jewelry)
フランス語で“一枚の葉”を意味する「la feuille」。店舗を構えない「各地を巡る花屋」として、店舗ディスプレイや撮影時の植物のスタイリングなど、植物にまつわる様々な活動をしています。装飾を行う「花屋」の視点から生み出された、植物を使ったジュエリーやオブジェ、ドライフラワーの作品が並びます。


Lille og Stor リレオストア(Leather products)
「Lille og Stor」とは、デンマーク語で“小さいと大きい”という意味。「コドモトオトナヲカンガエル」をコンセプトにしたデザインスタジオです。ユニットで制作する革のプロダクトは、シンプルで普遍的なデザインが魅力的。「革の花かばん」「革のバスケット」など、人の「暮らし」に寄り添うモノを提案しています。

◎EVENT
3つのブランドが週末ごとにワークショップを開きます。

1.Lille og Stor「革でつくるバスケット」
色を自由に選び、革のパーツを組合せてバスケットを作ります。パーツを追加することで、サイズや形を自由に変えることができます。形ができたら、自由にアルファベットの刻印を打つことができます。
日程:①7/22(土),②7/23(日)
時間:14:00〜
定員:各日5名
料金:4,000円(税別)〜+1drink *パーツの追加は別料金になります。
申し込み:①は7/8(土)14:00〜、②は7/9(日)14:00〜、こちらのサイトにて受付を開始いたします。

2.SHEEP「夏のボタニカルソイキャンドル」
天然素材100%のソイキャンドルを作ります。彩りとして、花屋さんで捨てられてしまうはずの花を飾り付けます。虫除け効果もあると言われているいくつかの精油のなかから、お好きなものをお選びください。
日程:7/30(日)
時間:①11:00〜 ②14:00〜
定員:各回10名
料金:4,500円(税別)+1drink
申し込み:①は7/16(日)11:00〜、②は7/16(日)14:00〜、こちらのサイトにて受付を開始いたします。

3.la feuille ラフイユ「植物のモビール」
木の根を使った植物のモビールを作ります。普段は地中にある木の根が、空中で気流に乗って自由に動く作品になります。金具の組み合わせによって、様々な動きを見せます。浮かび上がる影もお楽しみください。
日時:①8/5(土)11:00〜 ②8/5(土)14:00〜 ③8/6(日)11:00〜 ④8/6(日)14:00〜
定員:各回10名
料金:4,500円(税別)+1drink
申し込み:①は7/22(土)11:00〜、②7/22(土)は14:00〜、③7/23(日)は11:00〜、④7/23(日)は14:00〜、こちらのサイトにて受付を開始いたします。

【SHEEP/la feuille/Lille og Stor「a summer outing 夏のおでかけ」at soel 】
会 期:2017/7/19(水) – 8/6(日)※月曜は定休日
時 間:11:00 – 18:00
場 所:soel(ソエル)
住 所:東京都調布市下石原2-6-14 2階 
tel. :042-444-5572

【寺村光輔・小野田陽一・アンパサンズ展示『土と光』】いろのみ SPECIAL LIVE 7/30(日)

7/19(水)〜30日(日)に開催する、陶芸家・寺村光輔さん、写真家・小野田陽一さん、デザイナー・アンパサンズによる展示『土と光』では、寺村さんによる器(土)と、小野田さん・アンパサンズによる写真と動画(光)で、自然豊かな益子の魅力を伝えます。さらに、展示最終日には、ここに「音」が加わり、一夜限りのSPECIAL LIVEを開催します。

まずはこちらの動画をご覧ください(ぜひ、フルスクリーンでどうぞ)。

こちらの動画は、小野田さんとアンパサンズのお二人が1年かけて撮り続けた、益子の日常の一部分です。バックに流れている音楽を制作・演奏しているのが、今回LIVEをしてくださる、柳平淳哉さん(Piano)と磯部優さん(Laptop, Lute)によるユニット「いろのみ」。「季節のさまざまな色の実を鳴らす」ことをコンセプトに活動し、写真、映像、ショートフィルム、 コンテンポラリーダンスなど、 様々なアートに関わる音楽制作をされています。この映像には「雨森」という楽曲を選曲してくださったのですが、まるで益子の木々や水そのものから音が溢れてきたのではと思うほど映像に溶け込んでいて、息を呑みました。

当日は、小野田さんとアンパサンズの2人が映す美しい益子の風景動画とともに、いろのみさんの演奏をお届けします。益子の四季が奏でる“色の実”を、どうぞお楽しみに。

〜いろのみのお二人からのメッセージ〜
益子は僕たちにとっても大切な場所です。益子の豊かな自然や人々の出会いの中で、いろのみの音は育まれてきました。「土と光」。寺村君の創る器の質感と、小野田さんとアンパサンズのお二人が紡ぎ上げた益子の風景の中で、音を通じて少しでも益子の空気を感じて頂けたら幸いです。

-PROFILE-

いろのみ
柳平淳哉(Piano)と磯部優(Laptop, Lute)によるユニット。
ピアノとリュート、そして有機的なエレクトロニクスによって「季節のさまざまな色の実を鳴らす」ことをコンセプトに活動する。
これまでにKITCHEN. LABEL、STARNET MUZIK、涼音堂茶舗より計6枚のアルバムをリリース。2015年12月には中島ノブユキ、沢田穣治、haruka nakamura、Aspidistrafly をはじめとする様々なコラボレーターを迎えた7thアルバム「虹」をKITCHEN. LABELよりリリースした。

◎いろのみ SPECIAL LIVE
日 時:7月30日(日)18:30開場/19:00開演-20:00終演
会 場:手紙舎 2nd STORY
チケット代:2,500円(税別)+1DRINK

*チケットのお申し込みは、こちらのサイトで受付中です。いろのみLIVE

【寺村光輔・小野田陽一・アンパサンズ 展示『土と光』】
会 期:2017年7月19日(水)ー30日(日)
場 所:手紙舎 2nd STORY
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
在廊日:寺村光輔/19・22日 小野田陽一/19・22・30日 アンパサンズ/19・22・23・30日

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008