今日のお手紙

     

【展示『土と光』寺村光輔さんの器でお届けするスペシャルメニュー】

いよいよ明日から、益子と器と写真の展示『土と光』がスタートします。陶芸家・寺村光輔さんの器(土)と、写真家・小野田陽一さん、デザイナー・アンパサンズによる写真と動画(光)で、栃木県益子町の普段の魅力を伝えます。

加えて、手紙舎 2nd STORYのカフェからは、益子をイメージしたスペシャルメニューをご用意しました。今回のために、寺村光輔さんが用意してくださった器でお届けする、スペシャルプレートです(写真で使用している器は寺村さんの作品ではありません)。

▼ハーブサラダのガレットコンプレ

益子産のそば粉を使ったもっちりとしたクレープ生地に、卵、チーズ、ハムをあわせたガレット。益子の森の景色をイメージしてたっぷりのハーブサラダを添えました。特性ドレッシングの旨味に、どんどん食が進みます。

▼プラムコンポートと自家製バニラアイスのガレット

同じく益子産のそば粉を使ったガレットで、デザートクレープを作りました。旬の果物であるプラムを甘酸っぱく煮たコンポートと、バニラビーンズが香る自家製のバニラアイスをたっぷりのせたデザートです。

さらに、ガレットによくあうフランス・ノルマンディー地方のシードルもご用意しました。『Le Pere Jules』という林檎の発泡酒で、果実酒自然栽培のりんごを40種類以上ブレンドし、天然酵母、無濾過で仕上げたシードルです。まるで林檎をそのままかじったかのような味わいが広がります。期間中店内では、益子の風景映像を流しておりますので、是非、益子を感じながら特別メニューをお楽しみください。

【寺村光輔・小野田陽一・アンパサンズ 展示『土と光』】
会 期:2017年7月19日(水)ー30日(日)
場 所:手紙舎 2nd STORY
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
在廊日:寺村光輔/19・22日 小野田陽一/19・22・30日 アンパサンズ/19・22・23・30日

【展示『土と光』寺村光輔 × 小野田陽一トークショー 7/22(土)】

益子で暮らす陶芸家・寺村光輔さんは、益子の土や“そこにあるもの”と向き合う事を大切にしながら、日々、器を作り続けています。写真家・小野田陽一さんは、そんな寺村さんの陶芸への姿勢と益子の豊かな自然に惹かれ、一年間、彼と益子の風景を撮り続けました。

その日々が一冊の写真集となって、今回の展示開催日同日となる7/19(水)にリリースされます。タイトルはもちろん、『土と光』。小野田さんが光で切り取った益子の四季や、寺村さんの作陶姿が綴じられています。BOOK DESIGNは、アンパサンズ・飛嶋由馬さんです。

展示『土と光』では、こちらの写真集のリリースを記念して、7/22(土)に寺村光輔さんと小野田陽一さんのトークショーを開催いたします。お二人の出会いから、今回の展示や写真集を作るまでの経緯だったり、お互いのものづくりへの姿勢、展示準備の裏話、写真集の制作秘話など、長いお付き合いになるお二人に、カジュアルにお話いただきます。

聞き手にお迎えするのは、80年代から90年代にかけて圧倒的な人気を誇った伝説のファッション雑誌「オリーブ」のライターを経て、現在は雑誌や広告、書籍、ウェブなどの編集・執筆を手掛けられている、編集者・ライターの山村光春さん。実は、寺村さんと小野田さんの出会いのきっかけにもなった方なのだとか。そのお話も、ぜひトークショーで!

◎トークショー
話し手:寺村光輔 × 小野田陽一
聞き手:山村光春(BOOKLUCK 代表)
日 時:7月22日(土)18:30開場/19:00開演
参加費:2,000円(税別)+1DRINK *ドリンク500円

*写真集『土と光』3,800円(税別)をご購入いただいたお客様は、1,000円(税別)+1DRINKでご参加いただけます。

*お申し込みは、7/13(木)12:00〜こちらのサイトで受け付けいたします。寺村光輔 × 小野田陽一 トークショー

-PROFILE-
小野田陽一(おのだよういち)
1982年神奈川県生まれ。2006年立教大学卒業、フォトグラファー泊昭雄氏に師事した後独立。様々な雑誌媒体や広告にて活躍。2016年には個展「SEE」、同タイトルの写真集を刊行。2017年には全店のjournalstandard Furnitureにて写真巡回展「Side Walk of NYC」を開催。
http://yoichionoda.com

寺村光輔(てらむらこうすけ)
1981年東京都生まれ。2004年法政大学経済学部卒業後、陶芸家・若林健吾氏に学び、2008年独立。吉祥寺『mist∞』、水道橋『千鳥』など、個展を中心に活動。益子の土と近隣でとれた灰を使い今の暮らしに必要なうつわを提案する。
http://kousuketeramura.com

山村光春(やまむらみつはる)
編集者・ライター。1970年大阪生まれ。BOOKLUCK代表。雑誌「オリーブ」のライターを経て、現在は雑誌や広告、書籍、ウェブなどの編集・執筆をはじめ、講座やイベント、ワークショップなども数多く手掛ける。
2013年よりリフレクソロジーの勉強を開始。2015年より東京と長野の両方に拠点を持ち、これからのよりよい暮らしを模索しながら活動。著書に「眺めのいいカフェ」(アスペクト)、編著として「MY STANDARD — 大人の自分定番」(主婦と生活社)など多数。
http://bookluck.jp/

Photograph | Yoichi Onoda

【寺村光輔・小野田陽一・アンパサンズ 展示『土と光』】
会 期:2017年7月19日(水)ー30日(日)
場 所:手紙舎 2nd STORY
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
在廊日:寺村光輔/19・22日 小野田陽一/19・22・30日 アンパサンズ/19・22・23・30日

【第2回 手紙社 製本教室 〜展示『土と光』特別バージョン 〜7/23(日)】

先日開講したばかりの手紙社 製本教室。第一回目では、ブロックメモでつくるハードカバー製本を体験いただきました。

第二回目となる今回は、なんと、7/19(水)から手紙舎 2nd STORYで開催する展示『土と光』とのコラボレーションによる、特別バージョンでお届けします。三つ目とじ製本と、箔押しを体験いただくノート作りです。デザイナー・アンパサンズのお二人が美篶堂さんの大ファンということもあって、第二回目にして、こんな貴重な回が実現しました。

中表紙に写真家・小野田陽一さん撮影の益子の風景写真を挟んだり、表紙にはアンパサンズによるオリジナルデザインの箔押しをしていただきます。

Photograph | Yoichi Onoda

Photograph | Yoichi Onoda

前回同様、講師としてお迎えするのは、製本技術の高さで知られる美篶堂さんと、美篶堂ほか本に関わる方達が手製本の魅力を伝えるべく活動を行う本づくり協会。本物の技術を学びながら、世界で一冊の、特別なノートを作りませんか?

◎三つ目とじ製本+箔押し体験 〜展示『土と光』特別バージョン〜
日 時:7月23日(日)13:00〜
会 場:展示室トロワ(手紙舎 2nd STORY 3F)
料 金:4,200円+1DRINK(税別・材料費込)*ドリンク代500円

*お申し込みは、こちらのサイトで受付しております。第二回 手紙社製本教室

【寺村光輔・小野田陽一・アンパサンズ 展示『土と光』】
会 期:2017年7月19日(水)ー30日(日)
場 所:手紙舎 2nd STORY
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
在廊日:寺村光輔/19・22日 小野田陽一/19・22・30日 アンパサンズ/19・22・23・30日

【寺村光輔・小野田陽一・アンパサンズ展示『土と光』】いろのみ SPECIAL LIVE 7/30(日)

7/19(水)〜30日(日)に開催する、陶芸家・寺村光輔さん、写真家・小野田陽一さん、デザイナー・アンパサンズによる展示『土と光』では、寺村さんによる器(土)と、小野田さん・アンパサンズによる写真と動画(光)で、自然豊かな益子の魅力を伝えます。さらに、展示最終日には、ここに「音」が加わり、一夜限りのSPECIAL LIVEを開催します。

まずはこちらの動画をご覧ください(ぜひ、フルスクリーンでどうぞ)。

こちらの動画は、小野田さんとアンパサンズのお二人が1年かけて撮り続けた、益子の日常の一部分です。バックに流れている音楽を制作・演奏しているのが、今回LIVEをしてくださる、柳平淳哉さん(Piano)と磯部優さん(Laptop, Lute)によるユニット「いろのみ」。「季節のさまざまな色の実を鳴らす」ことをコンセプトに活動し、写真、映像、ショートフィルム、 コンテンポラリーダンスなど、 様々なアートに関わる音楽制作をされています。この映像には「雨森」という楽曲を選曲してくださったのですが、まるで益子の木々や水そのものから音が溢れてきたのではと思うほど映像に溶け込んでいて、息を呑みました。

当日は、小野田さんとアンパサンズの2人が映す美しい益子の風景動画とともに、いろのみさんの演奏をお届けします。益子の四季が奏でる“色の実”を、どうぞお楽しみに。

〜いろのみのお二人からのメッセージ〜
益子は僕たちにとっても大切な場所です。益子の豊かな自然や人々の出会いの中で、いろのみの音は育まれてきました。「土と光」。寺村君の創る器の質感と、小野田さんとアンパサンズのお二人が紡ぎ上げた益子の風景の中で、音を通じて少しでも益子の空気を感じて頂けたら幸いです。

-PROFILE-

いろのみ
柳平淳哉(Piano)と磯部優(Laptop, Lute)によるユニット。
ピアノとリュート、そして有機的なエレクトロニクスによって「季節のさまざまな色の実を鳴らす」ことをコンセプトに活動する。
これまでにKITCHEN. LABEL、STARNET MUZIK、涼音堂茶舗より計6枚のアルバムをリリース。2015年12月には中島ノブユキ、沢田穣治、haruka nakamura、Aspidistrafly をはじめとする様々なコラボレーターを迎えた7thアルバム「虹」をKITCHEN. LABELよりリリースした。

◎いろのみ SPECIAL LIVE
日 時:7月30日(日)18:30開場/19:00開演-20:00終演
会 場:手紙舎 2nd STORY
チケット代:2,500円(税別)+1DRINK

*チケットのお申し込みは、こちらのサイトで受付中です。いろのみLIVE

【寺村光輔・小野田陽一・アンパサンズ 展示『土と光』】
会 期:2017年7月19日(水)ー30日(日)
場 所:手紙舎 2nd STORY
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
在廊日:寺村光輔/19・22日 小野田陽一/19・22・30日 アンパサンズ/19・22・23・30日

【寺村光輔・小野田陽一・アンパサンズ展示『土と光』 at 手紙舎 2nd STORY 7/19〜30】

栃木県益子町。民芸陶器として名高い益子焼をはじめ、古くから陶芸の産地として栄えてきたこの町は、毎年大きな陶器市が開催されるなど、陶芸・民芸好きの人々に長く愛されてきました。しかし、益子の魅力はそれだけにとどまらないようです。

7/19(水)〜30(日)、手紙舎 2nd STORYにて、陶芸家・寺村光輔さん、写真家・小野田陽一さん、デザイナー・アンパサンズによる展示『土と光』を開催します。

益子で暮らす陶芸家・寺村光輔さんは、その土地の土と向き合うことを大切にしながら、毎日の生活に馴染む器を作り続けています。写真家・小野田陽一さんは、雑誌・広告媒体での活躍をはじめ、手紙社の様々なイベントのDMのビジュアル撮影をご担当いただくなど、私たちが絶大な信頼を寄せるフォトグラファーの一人。小野田さんは、寺村さんの陶芸への姿勢と益子の豊かな自然に惹かれ、一年間、彼と益子の風景を撮り続けました。その日々を通して見えた益子の普段の風景を、一方は土(器)で、一方は光(写真)で伝えます。さらに、アンパサンズの2人は『デザイン』というスパイスで、動画や会場演出などを使いながら益子の風景を魅せてくれます。息の合ったトライアングルが作り出す展示『土と光』を、どうぞお楽しみに。

◎益子と器と写真の展示
アンパサンズが編集する益子の風景動画が流れる空間で、寺村光輔さんの器と、小野田陽一さん写真を展示販売いたします。今回の展示に向けて、様々なコラボレート作品も登場予定!

◎Special Food Menu
手紙舎のカフェでは、寺村光輔さんの器で提供する、スペシャルプレートが登場。

【EVENT】
●トークショー

話し手:寺村光輔 × 小野田陽一
聞き手:山村光春(BOOKLUCK 代表)
日 時:7月22日(土)18:30開場/19:00開演

●美篶堂 製本ワークショップ
製本技術の高さで知られる美篶堂さんを講師にお招きして、三つ目綴じ製本のワークショップを開催します。表紙にアンパサンズデザインの箔押しや小野田陽一さんの写真をお選びいただける特別バージョンです。
日 時:7月23日(日)13:00〜
参加費:4,200円+1DRINK

●SPECIAL LIVE
アーティスト:いろのみ
柳平淳哉と磯部優によるユニット「いろのみ」のLIVEを開催。ピアノとアコースティックギターに繊細な電子音響を重ね、独自の表現を追求する彼ら。益子の美しい映像と共にお届けします。
日 時:7月30日(日)18:30開場/19:00開演
チケット代:2,500円+1DRINK

※詳細やお申込み方法は、後日、当サイトにてお知らせ致します。

【寺村光輔・小野田陽一・アンパサンズ 展示『土と光』】
会 期:2017年7月19日(水)ー30日(日)
場 所:手紙舎 2nd STORY
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
在廊日:寺村光輔/19・22日 小野田陽一/19・22・30日 アンパサンズ/19・22・23・30日

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008