今日のお手紙

     

【4/1-30 atelier coin 大護慎太郎展 & 4/22 拼貼手工時鐘Work Shop at手紙舎台灣店】

如果說宇宙是「時間」的總集合,那麼「時計」就像是落在地球上一顆顆歷經各種時空交錯的隕石。

2016年末,在東京手紙舍2nd STORY個展,集合了數件手工錶作品,呈現手工時計創作者‑-大護慎太郎–廣闊的幻想空間。2017年4月,在華山小器生活空間的手紙社台灣店的「atelier coin 大護慎太郎展」,也將帶領大家進入大護慎太郎的奇幻時空。

昨年の暮れに、手紙舎 2nd STORYにて開催されたatelier coin 大護慎太郎さんの個展。会場では「時」という宇宙から地球へ落ちてきた「時計」という名の隕石を拾い集めたような、幻想的な空間が繰り広げられていました。

手工時計創作者大護慎太郎,其作品從皮革錶帶的質感、錶面的陳舊刻痕,到字型的敲槌等細微部件,都能經得起時間的考驗,細細品嘗玩味。正如同他的個人品牌「JOIE INFINIE DESIGN」所示,大護慎太郎期望自己的手工錶能時時刻刻帶給大家永無止盡的喜悅。

この度手紙社台湾店では、そんな大護慎太郎さんの世界をご紹介すべく、30数点もの時計作品が並ぶフェアを開催します。

JOIE“喜び”+INFINIE  “終わらない+”DESIGN “創る”=「JOIE INFINIE DESIGN」というブランド名が示す通り、終わらない喜びを創り出している大護さんの作品は、ベルトの革の質感や、文字盤の焼き目、文字枠の鎚目など、どれも使うごとに経年変化を楽しんでいけるものばかりです。

在「atelier coin 大護慎太郎展」期間,大護先生也將於4月21日(六)跨海來到華山小器生活空間與大家共同創作。使用仿古素材,經由想像力創作出獨一無二的拼貼掛鐘。並能與作家交流手錶的照顧方法,以及分享手工錶製作的各式各樣故事,讓大家更能體驗大護慎太郎的手工錶魅力。

そして期間中の4月21日(土)には、大護さんが海を越え、以前より興味があったという台湾へ。店内ではアンティークの取扱説明書などを使ったコラージュ時計のワークショップを開催いたします。それぞれの時計のバックグラウンドストーリーや、お手入れ方法のアドバイスなどを作り手から直接伺うことができたなら、より一層愛着も増しそうです。

atelier coin 大護慎太郎展 at 手紙舎台灣店】
日期:2017年4月1日(六)~4月30日(一)
地點:小器華山生活空間 台北市八德路一段一號 華山園區 中四b館
電話: 02-2351-1201

大護慎太郎 拼貼手工時鐘WORKSHOP
使用附有陳舊感的復古紙材拼貼而成手做壁掛時鐘。(大小約29cm×12cm)
日期:2017年4月22日(六) 14:00~16:00
地點:小器華山生活空間 台北市八德路一段一號 華山園區 中四b館
參加費用:1550元
人數上限:7名,額滿截止。
參加方法:採予約制

4/1(五)11:00起接受email報名,以e-mail收件件時間為優先順序
來信請寄 huashan@thexiaoqi.com
信件主旨請註明:「大護慎太郎workshop預約」
並請提供您的 *真實姓名、*連絡方式、*參加人數及email
報名成功者將會於4/5(三)開始由店鋪人員與您聯繫。

大護慎太郎官方網站: http://www.joieinfiniedesign.com

【atelier coin 大護慎太郎展 at 手紙舎台湾店】
日期:2017年4月1日(土~4月30日(日)
地點:小器華山生活空間 台北市八德路一段一號 華山園區 中四b館
電話: 02-2351-1201

◎大護慎太郎 コラージュ時計WORKSHOP
29cm×12cm程度のエイジング加工された板に、アンティーク取扱説明書などの紙をコラージュして掛け時計を作ります。
日期:2017年4月22日(土) 14:00~16:00
地點:小器華山生活空間 台北市八德路一段一號 華山園區 中四b館
參加費用:1550元
申込方法:要予約
4月1日(土)11:00より受付を開始いたします。(先着順)
E-mail huashan@thexiaoqi.com まで、お名前・メールアドレス・連絡先・参加人数をお送りください。
定員:7名

大護慎太郎HP: http://www.joieinfiniedesign.com

【大森木綿子個展「tsuki to hana」& 2017年曆workshop12/18】at手紙舎台湾店

今年8月〜9月在東京手紙舎 2nd STORY展開個展的大森木棉子。擅長描繪各式季節風景的大森老師,細長型的繪畫明信片已經是手紙舍的代表商品,許多客人都被這特別的作品深深吸引著。

現在,小器華山生活空間的手紙舍台灣店,正舉辦大森木綿子「tsuki to hana」展。無論是明信片、懷紙、活版印刷卡片都將原始的呈現。此外,為手紙舎2nd STORY個展獨家創做的單色原畫也能在這次的展覽中看到。

今年の8月〜9月、手紙舎 2nd STORYにて個展を開催された大森木綿子さん。様々な季節の風景や模様が描かれた少し細長い形の大森さんのポストカードは、いまや手紙舎の看板商品ともいえるほど、ご来店いただく多くの方を魅了しています。

現在手紙舎台湾店では、そんな大森木綿子さんのフェアを開催中。ポストカードや懐紙、活版カードといったアイテムの取り扱いのほか、店内では手紙舎2nd STORYでの個展のために描かれた、黒を基調としたモノクロ・ドローイング作品の原画もご覧いただけます、

12月18日(日),大森木綿子老師將來到小器華山生活空間!與大家共同製作屬於自己的2017年月曆。從各式圖樣的明信片中,能選取合於季節或自己喜歡的款式,製作屬於自己的新年年曆。而且與大森老師同樂的機會更屬難得。活動不需預約,當日就帶著愉快的心情一起來參與吧!

また会期中の12月18日(日)には、大森木綿子さんご本人が台湾店にいらっしゃいます! 当日は大森さんのポストカードとARETHAさんの台紙を使ったカレンダーを作るワークショップを開催。色とりどりのカードの中から、それぞれの季節にあう絵柄を選んで作るあなただけのカレンダー。しかも大森さんとともに楽しめる貴重な機会です。予約不要ですので是非お気軽にご来店ください。


*クリップはウッドピンよりブルドッグクリップに変更の予定です。
*圖中木製的月曆的掛夾,本次活動將更換為鐵製文件夾。

【大森木綿子個展「tsuki to hana」at 手紙舎台灣店】
日期:2016年11月26日(六)〜2016年12月29日(四)
地點:小器華山生活空間 台北市八德路一段一號 華山園區 中四b館
電話: 02-2351-1201

◎ 大森木綿子展–月曆WORKSHOP
日期:2016年12月18日(日)13:00〜17:00
地點:小器華山生活空間 台北市八德路一段一號 華山園區 中四b館
參加費用:590元(月曆卡紙6枚、明信片6枚、附贈鐵夾)
*預定參加人數40名。人數有限,額滿截止。

【大森木綿子フェア「tsuki to hana」at 手紙舎台湾店】
会期:開催中〜2016年12月30日(金)
会場:手紙舎台湾店(小器生活空間華山店内) 台北市八德路一段一號 華山園區 中四b館
tel: +886 2 2351 1201
大森木綿子HP:http://omoriyuko.com

◎ 大森木綿子ポストカードで作る2017カレンダー
日時:2016年12月18日(日)13:00〜17:00
会場:手紙舎台湾店(小器生活空間華山店内) 台北市八德路一段一號 華山園區 中四b館
料金:590元(カレンダー台紙6枚、ポストカード6枚、クリップ込)
*限定40名。予約不要・先着順。準備数終了次第終了となります。

【9/27-10/27 夜長堂展 at 手紙舍 台灣店】

在手紙舍來到台灣之前,去年六月搶先一步來到台北的「手紙舎 pop up shop」裡最受到台灣人歡迎的便是以大正、昭和時期的和服花紋及千代紙圖案所製作的夜長堂各式系列商品。

在那之後過了一年,夜長堂又將來到手紙舍台灣店囉! 這次我們準備了比日本手紙舍更豐富多樣的新商品及人氣商品!

能製作成書套及用於各種包裝的A4包裝紙及人氣的圖案手帕等,各種圖案選擇非常豐富,使人猶豫不決!及充滿日本特色的相案及妖怪圖案的,在大家的眼裡看起來如何呢?

9月29日,夜長堂的井上タツ子小姐也將來到台灣店。若是見到她請不要害羞的與她打聲招呼吧!

【夜長堂展】at 手紙舍台灣店
日期:2016年9月27日(二)~10月27日(四)(因颱風延後開展)
地點:手紙舍台灣店(小器生活空間華山店内) 
台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館
電話: (02)2351-1201

まだ手紙舎台湾店ができる前の昨年6月、一足お先に台北にて開催された「手紙舎 pop up  shop」。そこで台湾の方たちの人気を博したのが、大正や昭和の着物のや千代紙の図柄を使って現代に新たなアイテムを生む、夜長堂さんでした。

あれから1年。手紙舎台湾店では、改めて1カ月に渡る夜長堂さんのフェアの開催を決定。日本の手紙舎での品揃えと同様、いやそれ以上かも? というほどに、新作ほかたくさんのアイテムをご用意いたしました。

ブックカバーやラッピングなど様々な使い方のできるA4ペーパーや、定番の大判ハンカチは、どれにしようか迷ってしまうほど種類は豊富。またおすもうさんや妖怪などの日本の独特なモチーフが、台湾の方たちの目にはどう映るかも楽しみです。

9月28日には、夜長堂の井上タツ子さんもふらり台湾店を訪れるのだとか。もしもお会いできたなら、気軽にお話など伺ってみてくださいね。

【夜長堂フェア】at 手紙舎台湾店
日時:2016年9月27日(火)〜10月27日(木) 
*台風の影響のため、9/27、28日が臨時休業となりました。何卒ご了承ください。
会場:手紙舎台湾店(小器生活空間華山店内) 台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館
tel: +886 2 2351 1201

【手紙舍台灣店】手紙社 Nishiwaki Tadashi展 (8/26-9/25) 

依舊炎熱的台北,仿佛能夠讓人忘記那炎熱的幽默插畫家Nishiwaki Tadashi先生的展覽,正在【手紙舍台灣店】展出中!

由手紙社主辦的活動「東京蚤の市」的主視覺插畫家Nishiwaki先生的插畫,在每次的蚤の市活動內,Nishiwaki先生的周邊商品都非常受台灣粉絲的喜愛。

因此決定特別在手紙舍台灣店引進許多Nishiwaki先生的周邊商品。這次我們準備了許多人氣的週邊商品,明信片、紙膠帶、信紙組等,
及為了展覽而特別製作的豆皿及捲筒便利貼也一起來到了台灣!

快趁這次的機會來感受Nishiwaki先生充滿幽默風趣的獨特世界吧!

 

【Nishiwaki Tadashi展】at手紙舍台灣店
日期:2016/08/26(五)~2016/09/25日(日)
地點:手紙舎台湾店(小器生活空間華山店内)
小器生活空間華山店 台北市八德路一段1號 華山園區 中四B館
電話: (02) 2351-1201

 

——————————————-

まだまだ暑さの真っ盛り。日本よりももっと熱い国にある「手紙舎台湾店」では、本日よりニシワキタダシさんのフェアを開催中です!

手紙社が主催するイベントでは、東京蚤の市でいつもお客様を楽しませてくれるニシワキさんのイラスト。 実は、台湾にもニシワキさんのファンは多く、その証拠に、蚤の市では毎回、台湾からのお客様にニシワキさんグッズが大人気なのです。

そしてこの度、手紙舎台湾店でもニシワキさんのフェアを行わせていただくことになりました。定番のポストカードやマスキングテープ、レターセットなどはもちろん、先般手紙舎2nd STORYで開催した個展に合わせて製作した豆皿やロールふせんなどもご用意いたします!

台湾の皆さん、この機会にぜひ、ニシワキさんのユーモアたっぷりな世界に触れてくださいね。

【ニシワキタダシフェア】at 手紙舎台湾店
日時:2016年8月26日〜9月25日
会場:手紙舎台湾店(小器生活空間華山店内) 台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館
tel: +886 2 2351 1201

【7/23 在Retro印刷JAM製作第一份的FREE PAPER !
表現の学校 in 台湾 「レトロ印刷JAMで作る!初めてのフリーペーパー」】

手紙舍台灣店於去年十二月開幕,緊接著Retro印刷JAM的絹印工作空間也在台北開幕了!非常有緣分的兩間店即將在台灣共同促成人氣工作坊「在Retro印刷JAM製作第一份的FREE PAPER !」

工作坊不會用到Illustrator和Photoshop等軟體,而是以親自手做的方法來製作FREE PAPER。只要有「想親手做些什麼的」心情就足夠了!第一次嘗試印刷與設計的初心者也能輕鬆的來參與喔!

工作坊在Retro印刷JAM店內舉辦,將在現場實際目睹與使用印刷機器具進行製作。完成的FREE PAPER原稿以質感特殊的“孔版印刷”來印製。最後大家互相分享交換FREE PAPER!

曾經有「想要做做看屬於自己的FREE PAPER」的你,務必藉著這次的機會來實現夢想吧!

——-

昨年12月に手紙舎の台湾店が、そして今年3月にはレトロ印刷JAMの印刷工場兼ショップが台北にオープンしました。そんな流れを受け、この度「表現の学校」の一講座「レトロ印刷JAMで作る!初めてのフリーペーパー」が台湾へと進出します!

IllustratorやPhotoshopなどのソフトも使わずに、アナログ手法のみでフリーペーパーを作るこの講座は、「何か形にしてみたい」という気持ちさえあれば大丈夫。印刷・デザイン初心者の方でも安心してご参加いただけます。

印刷をお願いするのは、味わい深く価格も手頃な“孔版印刷”を行っている、レトロ印刷JAMさん。今回はJAMさんのオフィスの一角をお借りして、実際に使う印刷機の横で作業を進められるという貴重な回となります。作成するのはA4片面(2色刷り)の小冊子。参加者同士で刷り上がりを手にする喜びを共有し、また出来上がったフリペを交換し合えるのも、この講座ならではの楽しみです。

「自分でフリぺを作ってみたい」と、一度でも考えたことがあるあなた、この機会にその想いを形にしてみませんか? 台湾の方はもちろん、台湾にお住いの日本人の方も、ぜひご参加ください。

【在Retro印刷JAM製作第一份的FREE PAPER !in 台灣】
講師:城田波穂 (附翻譯)
日期:2016年7月23日(六)
時間:14:00~17:30
受講料:1200 NT$(含Retro印刷的印刷樣本、50份FREE PAPER印刷費)
定員:10人
參加對象:想做做看FREE PAPER、對retro印刷有興趣者(無印刷相關經驗者)
教室:RETRO印刷jam(台北市大同區延平北路一段69巷5號1.2樓)
http://jamtaiwan.com
https://www.facebook.com/retroinsatsujam.taiwan/timeline
聯絡信箱:books[at]tegamisha.com *at = @
參加方法:7月11日(一)12:00~開始,由此處申請。將在五天之內回覆mail。
*【表現の学校 in 台湾 「在Retro印刷JAM製作第一份的FREE PAPER !」】工作坊參加人數已滿。謝謝大家的踴躍報名。*將會在五天以內回信給參加的大家,請稍作等待謝謝。

【工作坊內容】

14:00~介紹
<關於FREE PAPER的印刷・設計・製本>
<關於FREE PAPER的主題構成>

15:00~實作
<來畫草稿吧!>
<完成原稿!>

17:00~印刷!
將在大家面前直接印刷!
完成後舉行交換小活動!

講師:城田波穂的話
「把白紙填滿自己喜歡的圖案時的快樂是特別的!面對著白紙不知道該畫些什麼時有點害怕的心情也是正常的。這個講座將帶大家拋開那些害怕的情緖,去感受創作和印刷的快樂!」

城田波穂/profile
經歷:以高中生為對象的生活情報誌(5年)、以OL為對象的女性情報誌(5年)、歌手藝人FANS CLUB會報&場刊(10年)、各種不同形式的紙本媒體編輯者。
2015年「書籍和咖啡tegamisha」開幕契機進入了手紙社。不只侷限於書籍,只要是任何的紙本印刷物,連零食的小介紹及說明書都認真閱讀渡過每一天。

——-

【レトロ印刷JAMで作る!初めてのフリーペーパー in 台湾】
講師:城田波穂 (通訳有)
日程:2016年7月23日(土)
時間:14:00~17:30
受講料:1200 NT$(税込/レトロ印刷印刷見本、50枚のフリーペーパー印刷代含む)
定員:10名
受講対象者:フリーペーパーを作成してみたい方、レトロ印刷に興味のある方(印刷経験ゼロ、印刷初心者の方)
教室:RETRO印刷jam(台北市大同區延平北路一段69巷5號1.2樓)
http://jamtaiwan.com
https://www.facebook.com/retroinsatsujam.taiwan/timeline
お問合せ先:books[at]tegamisha.com *atを@に変えてお送りください。
お申し込み方法:7月11日(月)12:00より、こちらのフォームにてお申込み受付を開始いたします。お申込みいただいた方には、5日以内にメールにてご連絡を差し上げます。
定員に達したため受付を終了いたしました。ありがとうございました。
*申し込み頂いた方には5日以内に返信させていただきます。

【講座内容】

14:00〜講義
<フリペの印刷・デザイン・製本について>
・ レトロ印刷とは?
(「コピー機」「オフセット印刷」「孔版印刷機」その違いと価格について)
・ レトロ印刷で使える紙・インクの種類、製本方法
・ デザイン方法について(アナログ・デジタル、1色・多色、トンボ・フチあり)
・ アナログ素材と印刷の関係(写真、スタンプ、鉛筆、ペンetc.素材の違いによる印刷のおもしろさ)
<フリペのテーマと構成について>
・ テーマは無限! 十人十色のフリーペーパー
・ あなたならではのテーマを決めよう
・ 台割(ページ構成)の大切さ

15:00〜実践
<ラフを書いてみよう!>
テーマと台割が決まったら、用紙、製本方法を決定し、ラフを作成
(テーマは各自自由ですが、臆せず手を動かしていただくためにも、いくつかの構成案もご用意します)
<版下を完成させよう!>
用紙と印刷色とを決定し、各自手を動かしながら、入稿原稿を完成させます。
(素材は手書き文字、出力文字、写真コラージュ、イラストなど自由です。手紙社にあるスタンプやマスキングテープなどもお貸出しします)

17:00〜印刷!
実際に印刷をご覧いただきます。
刷り上がったフリーペーパーをお渡しし、交換会を行います。

◼講師:城田波穂からのメッセージ
「真っ白な紙を自分で好きに埋めて形にする楽しさは格別です。ただ白い紙を前に立ちすくむ気持ちも十分わかります。この講座でフリーペーパーの言葉が持つハードルが下がり、編集って楽しい!印刷って楽しい!と感じていただければと思います」

◼城田波穂/プロフィール
高校生を対象とした生活情報誌(5年間)、OLを対象とした女性情報誌(5年間)、アーティストのファンクラブ会報&ツアーパンフ(10年間)と、様々なスタイルの紙媒体の編集に携わる。2015年「本とコーヒー tegamisha」のオープンをきっかけに手紙社へ入社。書籍のみならず、紙に印刷されたものならばフリーペーパーはもちろん、菓子折りに入ったしおりや取説までも熟読する日々。

【福田利之展】at 手紙舍台灣店/【福田利之展】at 手紙舎台湾店 (6/21〜7/21)

活躍在日本第一線的插畫家福田利之先生,作品豐富多樣,包含書籍裝幀、CD封面、雜誌等插圖設計;書籍及繪本的出版,也和品牌合作推出周邊商品。
而近期讓這樣充滿創作力的福田先生非常著迷的國家,就是芬蘭。六年前第一次拜訪芬蘭後,福田先生在當地舉辦了個展,和當地許多的創作者有了交集,而彼此之間的火花與氛圍也越來越吸引著福田先生。

在今年五月出版了新書『福田利之といくフィンランド – 仕事すること 遊ぶこと-』(玄光社)。以新書出版為契機,在芬蘭製作了許多的原創商品。而這次「福田利之展」將全新的原創商品、與織品品牌「十布」的合作商品、以及在日本最受到歡迎的明信片及珍貴的原畫將呈現給台灣的大家。

這次登場的新商品中,有在芬蘭的家庭生活中必備的海綿餐巾及以芬蘭的森林為主題所描繪的馬克杯,並特別製作了芬蘭國旗的藍、白兩種顏色。

同時也帶來了許多的原畫和明信片。福田先生在作畫時的技法非常獨特,首先在畫布上貼上衛生紙,再用壓克力顏料繪製,之後撒上即溶咖啡粉和塗上保護顏料。完成的畫作留在畫面上的咖啡粉和衛生紙的凹凸層次,留下了特殊的老味道及立體感。

福田先生花費時間和心力而完成的一張張畫作即將來到台灣,請務必親自來感受它們特有的魅力。

【福田利之展】at 手紙舍台灣店
日期:2016年6月21日(二)~7月21日(四)
地點:手紙舍台灣店(小器生活空間華山店内) 
台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館
電話: (02) 2351-1201
福田利之 website:http://www.to-fukuda.com/

書籍の装幀やCDジャケット、雑誌などでの挿画を始め、ブランドとコラボレーションしたグッズの展開や書籍や絵本の出版など、日本国内で第一線で活躍するイラストレーターのひとり、福田利之さん。 そんな福田さんが近頃夢中になっている国があります。それは、フィンランド。6年前に初めて訪れて以来、その後現地での個展開催や、クリエーターたちとのつながりを経て、どこか通じ合うその空気感にどんどんと引き込まれていきます。そして今年5月には、新著書『福田利之といくフィンランド – 仕事すること 遊ぶこと-』(玄光社)を執筆しました。それをきっかけに、フィンランドでリネンの布を制作したり、フィンランドをモチーフにしたグッズを制作するなど、様々なグッズ展開を行っています。今回の「福田利之展」では、その際に生み出された新アイテムを始め、福田さんが手がけるテキスタイルブランド「十布」のコラボ商品や人気のポストカード、さらには貴重な原画も合わせて、台湾の皆さんにお披露目いたします。

福田さんは原画を描く際、まずはキャンバスにティッシュペーパーを貼り付け、その上にアクリル絵の具を使って絵を描いていきます。さらにその後、インスタントコーヒーを混ぜ合わせたニスを塗って完成させるという特殊な技法を用いています。表面に残ったコーヒーの粒とティッシュペーパーの凹凸が、古い味わいと立体感を生み出しているのです。

単に、絵を描くだけでなく、このような手間と時間をかけて生み出される1枚1枚の作品。ぜひ間近でご覧になってみてくださいね。

【福田利之展】at 手紙舎台湾店
日時:2016年6月21日(火)〜7月21日(木)
会場:手紙舎台湾店(小器生活空間華山店内) 台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館
tel: +886 2 2351 1201
福田利之 website:http://www.to-fukuda.com/

【naniIRO Textile展覽會】at 手紙舍台灣店/【naniIRO Textileフェア】at 手紙舎台湾店 (5/21〜6/19)

台北五月的悶熱,仿佛能感受到日本的夏天。以爽朗輕快的配色和手感極佳的布料紡織品牌「nani IRO Textile展覽會」將在手紙舍台灣店舉辦。

「nani IRO Textile」是由水彩畫家兼織品設計師的伊藤尚美小姐所創立的品牌。就像是直接描繪在布料上的感覺,輕而淡的美。在日本受到各年齡層的女性廣大的喜愛,更是在世界中十五個以上的國家展開。

品牌創立至今,今年三月迎接創立十五週年的同時,出版了第一本著作『詩を描く Poetry Textile』。書中介紹了生活在日本三重縣伊賀市的伊藤小姐在這一年之中創作和生活趣事,以充滿詩意的日記形式呈現給大家。

在這次的展覽會之中,除了有書籍的介紹、以及由今年春季的新布料所製作而成的亞麻手帕、布包、化妝包和觸感極佳的紗布手帕等等的原創商品帶給大家。

「nani IRO」是由夏威夷語組合而成的名稱。「nani」代表著的美麗;「IRO」代表着顏色和調和。「Lei nani – For beautiful corolla」,是夏威夷語中的“美麗的花冠”之意所命名的圖案,伊藤小姐說「由手作的布料而誕生的花冠希望能傳遞給那個人」。

由兩層紗布製作的100%棉質的超人氣紗手絹手帕,使用後越來越柔軟舒適,是最適合拿隨身攜帶的大小。每一個手帕的圖案都有些不一樣,歡迎慢慢地挑選喜歡的圖案喔。

另外由nani IRO的世界觀而誕生的亞麻製品牌「SUMAU linen」的餐巾布,平滑的觸感和美麗的配色將療癒這個炙熱的夏天,帶來一陣清爽的風。

歡迎大家來手紙舍台灣店感受nani IRO的美好。

【naniIRO Textile展覽會】at 手紙舍台灣店
日期:2016年5月21日(六)~6月19日(日)
會場:手紙舍台灣店(小器生活空間華山店内)
台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館
電話: 02 2351 1201
naniIRO website:http://naniiro.jp

———————————————-

日本の「夏」を感じさせるような暑さが訪れる、台北の5月。手紙舎台湾店では、爽やかな彩りと肌触りとお届けする「nani IRO Textileフェア」を行います。

この3月に初めての著書となる『詩を描く Poetry Textile』を発売され、手紙舎2nd STORYでもフェアを行わせていただいたばかり。テキスタイルデザイナーの伊藤尚美さんが描く、水彩画の淡く美しく、洗練された模様のテキスタイルは、その選ばれた素材の心地よさもあり、幅広い世代の女性たちから人気を集めました。

こちらのフェアを、手紙舎台湾店でも行います。今回のフェアでは、書籍のご紹介をはじめ、この春に発売されたばかりの新作テキスタイルによる、リネンのハンカチやバッグやポーチ、肌触りが心地よいガーゼハンカチの新柄などをご紹介します。

人気の大判ガーゼハンカチは Wガーゼで綿100%のやわらかさ。使うごとにさらに優しい肌触りになり、汗を拭うのにちょうどよいハンカチです。同じ模様でも断裁の箇所によって柄の様子が変わるので、一枚ずつ広げながらお好きな柄を選んで下さいね。

また、nani IROの世界から生まれたリネンのブランド「SUMAU linen」のクロスは、並んでいるだけで、気持ちのいい風が吹いているかのよう。滑らかな手触りと美しい色合いは、暑い夏に癒しを与えてくれることでしょう。

nani IROテキスタイルの心地よさを感じに、ぜひ手紙舎台湾店にお越しください。

【naniIRO Textileフェア】at 手紙舎台湾店
日時:2016年5月21日(土)〜6月19日(日)
会場:手紙舎台湾店(小器生活空間華山店内) 台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館
tel: +886 2 2351 1201
naniIRO website:http://naniiro.jp/

【高旗将雄 展覽『瓶與罐』】at 手紙舍台灣店

 


今年二月在日本手紙舎2nd STORY所舉辦的插畫家高旗將雄 「瓶與罐」展覽,即將來到台灣! ※日本語ページは、こちら

這個展覽描繪了我們身邊各式各樣的瓶瓶罐罐,儘管是平常司空見慣的東西,在高旗先生的筆下轉化成插畫後,讓人又重新發現這些瓶罐的設計是多麼地可愛。高旗先生用愛去描繪的這些瓶罐,看起來就像是第一次面對相機鏡頭的孩子們一樣,帶著有點靦腆又難耐興奮之情的樣子佇立在畫中。

其中之一的瓶子就是這個。大家有看過嗎?

沒錯,就是這個在台灣無人不曉的啤酒瓶!

高旗先生在台灣之旅的途中不經意的描繪在紙上的瓶酒瓶,成為了舉辦這次個展 「瓶與罐」展覽的契機。因此我們當然要在最有緣的台灣舉辦這次的展覽。4/23(六)開始,將在手紙舎台灣店(小器生活空間華山店内)展開。內容也將會更加豐富,敬請期待!

◎原畫展示販售
高旗先生為了這次台灣的展覽特別描繪的作品,加上在日本所展出的作品共20點的原畫將進行展示販售!若有喜歡的作品要搶要快喔!

◎新商品登場!
配合這次的展覽特別製作的新商品將在手紙舍台灣店搶先販售!

◎WORKSHOP
【高旗将雄原創日本手拭巾絹印體驗活動】
在日本手紙舎2nd STORY非常有人氣的工作坊!選擇自己喜歡的圖案和顏色,製作專屬於你的日本手拭巾吧!
日期:4/23(六)、4/24(日)12:00~21:00
時間:12:30~不需預約現場報名

4/23(六)、4/24(日)高旗先生本人將會親自到現場喔!

插畫家高旗將雄,他旺盛的好奇心與感性,將帶給大家什麼樣的感動與收穫呢?歡迎一起來體驗喔!

【高旗将雄 展覽『瓶與罐』】at 手紙舎台灣店
日期:2016年4月23日(六)~5月19日(四)
地點:手紙舎台灣店(小器生活空間華山店内
台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館
tel: 02 2351 1201
高旗将雄HP:http://masaox2006.xxxxxxxx.jp/

【高旗将雄 展示『瓶と缶』】at 手紙舎台湾店

2月に手紙舎 2nd STORYにて開催された、イラストレーター・高旗将雄さんの個展『瓶と缶』。この個展で彼が描いたのは、私たちの身近にあった様々な瓶と缶でした。普段見慣れているはずのものも、こうしてイラストで見てみると、愛らしいデザインであったことに、改めて気づかされます。高旗さんの愛情を受けながら描かれた瓶や缶は、まるで、はじめてカメラを向けられた子どものように、照れながらも嬉しそうに佇んでいるように見えます。

そのうちのひとつが、こちらの瓶。見たことありませんか?

台湾では知らない人はいない、とあるビール瓶。なにを隠そう、高旗さんが台湾を旅する最中、ふと、スケッチブックに描いたこのビール瓶こそが、『瓶と缶』というテーマの個展開催につながるきっかけとなったのです。

そんな縁ある台湾で、この展示を開催しないわけにはいきません。4/23(土)より、手紙舎台湾店のある小器生活空間華山店にて、イラストレーター・高旗将雄さんの展示『瓶と缶』を開催します! もちろん、内容もパワーアップしてお届けしますよ。

◎原画の展示販売
手紙舎 2nd STORYで展示された原画に加え、なんと、今回のために描きおろされた原画が加わり、およそ20点のイラストの展示販売を行います! お気に入りを見つけたらお早めに。

◎NEWアイテムが登場!
この展示に合わせて制作される新アイテムを、手紙舎台湾店にて先行販売いたします!

◎WORKSHOP
【シルクスクリーンで刷る、高旗将雄オリジナルてぬぐい】
手紙舎 2nd STORYでも好評だったシルクスクリーンで刷る、てぬぐい作りのワークショップです。パターンや色などを選びながら、お好きな一枚を作りましょう!
日程:4月23日(土)、24日(日)
時間:12:30〜随時受付(予約不要) ※材料がなくなり次第終了とさせていただきます。

4/23(土)、24(日)の2日間は、高旗さんも在廊されますよ。

イラストレーター・高旗将雄。彼の旺盛な好奇心と感性の引き出しから、何が飛び出すのか! 是非、その目でご覧ください。皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

【高旗将雄 展示『瓶と缶』】at 手紙舎台湾店
日時:2016年4月23日(土)〜5月19日(木)
会場:手紙舎台湾店(小器生活空間華山店内) 台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館
tel: +886 2 2351 1201
高旗将雄HP:http://masaox2006.xxxxxxxx.jp/

【CREATORS MARKET at 小器生活空間華山店(台北)】出店作家をご紹介します!(その2)

3月19日(土)と20日(日)の2日間、手紙舎台湾店のある小器生活空間華山店にて『CREATORS MARKET』を開催します! 日本から7組のクリエーターが台北に旅をし、作品の販売やワークショップを行うという今回の企画。

昨日に引き続き、本日はマーケットに参加する2組の作家をご紹介しましょう。

大森木綿子(イラストレーター)

心に浮かんだことや身の回りのものを描いたポストカードの制作をはじめ、書籍、パッケージの挿絵を手がける大森さん。大森さんの代表作品のひとつ細長のポストカードは、模様がたくさん並ぶとその美しさがいっそう際立ちます。今回のイベントでは、そんな風景を演出しながら直接みなさんに販売してくださいます。

【大森木綿子さんから台湾のみなさんへメッセージ】
イベントで台湾のみなさんに見て頂ける事、本当にありがたく思っています。滞在して感じたことを、また作品にできたらいいなと想像しながら、、、今からお会いできる日を楽しみにしています。

古書モダン・クラシック(古本)

生活にまつわる古本や古雑誌を扱う、古書モダン・クラシック。初の海外遠征となる今回のイベントでは、日本のどんな古本が台湾の皆様に手にとっていただけるが、いろいろ考えてセレクトしてくださったそうですよ。古き良きかつての日本が、本や雑誌から台湾のみなさんに伝わりますように。

【古書モダン・クラシックさんから台湾のみなさんへメッセージ】
日本には、素敵な古本屋さんがたくさんあります。ご旅行で日本にお越しの際は、ぜひ古本屋さんへお立ち寄りください。

【CREATORS MARKET】
日時:2016年3月19日(土)〜3月20日(日) 12:00〜21:00
会場:小器生活空間華山店(台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館)
tel: +886 2 2351 1201

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008