今日のお手紙

     

【CREATORS MARKET at 小器生活空間華山店(台北)】出店作家をご紹介します!(その2)

3月19日(土)と20日(日)の2日間、手紙舎台湾店のある小器生活空間華山店にて『CREATORS MARKET』を開催します! 日本から7組のクリエーターが台北に旅をし、作品の販売やワークショップを行うという今回の企画。

昨日に引き続き、本日はマーケットに参加する2組の作家をご紹介しましょう。

大森木綿子(イラストレーター)

心に浮かんだことや身の回りのものを描いたポストカードの制作をはじめ、書籍、パッケージの挿絵を手がける大森さん。大森さんの代表作品のひとつ細長のポストカードは、模様がたくさん並ぶとその美しさがいっそう際立ちます。今回のイベントでは、そんな風景を演出しながら直接みなさんに販売してくださいます。

【大森木綿子さんから台湾のみなさんへメッセージ】
イベントで台湾のみなさんに見て頂ける事、本当にありがたく思っています。滞在して感じたことを、また作品にできたらいいなと想像しながら、、、今からお会いできる日を楽しみにしています。

古書モダン・クラシック(古本)

生活にまつわる古本や古雑誌を扱う、古書モダン・クラシック。初の海外遠征となる今回のイベントでは、日本のどんな古本が台湾の皆様に手にとっていただけるが、いろいろ考えてセレクトしてくださったそうですよ。古き良きかつての日本が、本や雑誌から台湾のみなさんに伝わりますように。

【古書モダン・クラシックさんから台湾のみなさんへメッセージ】
日本には、素敵な古本屋さんがたくさんあります。ご旅行で日本にお越しの際は、ぜひ古本屋さんへお立ち寄りください。

【CREATORS MARKET】
日時:2016年3月19日(土)〜3月20日(日) 12:00〜21:00
会場:小器生活空間華山店(台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館)
tel: +886 2 2351 1201

【CREATORS MARKET at 小器生活空間華山店(台北)】出店作家をご紹介します!(その1)

3月19日(土)と20日(日)の2日間、手紙舎台湾店のある小器生活空間華山店にて『CREATORS MARKET』を開催します! 日本から7組のクリエーターが台北に旅をし、作品の販売やワークショップを行うという今回の企画。

本日はマーケットに参加する3組の作家をご紹介しましょう

kata kata(テキスタイルデザイナー)

日本の伝統技術「型染め」という技法を使いながら、手ぬぐいや風呂敷の制作をはじめ、プリント生地や紙もの雑貨、器などにデザインを展開し、さまざまな作品を生み出すkata kata。会場では、日本ならではの手ぬぐいの魅力を直接台湾の方々に伝授してくれるそうですよ。

【kata kataさんから台湾のみなさんへメッセージ】
「初めての台湾なのでとても楽しみにしています。2日間のマーケットで沢山の方とお話ししたいと思います。」

Chappo(帽子作家)

シンプルな中にもさりげない個性が光るデザインで、人気を集めるChappoの帽子。台湾では初のお披露目だそうです。Chappoの須田さん自ら、お客様に似合いそうな帽子をアドバイスしてくださいますので、この機会にぜひ手に取って、被ってみて下さいね。

【Chappoさんから台湾のみなさんへメッセージ】
「こんにちは!初めましてChappoの須田と申します。皆さんとお会いできるのを心待ちにしております!」

木下綾乃(イラストレーター)

書籍の発行や雑誌の挿絵、雑貨制作など、さまざまな分野で活躍する木下さん。台湾が大好きで、今回の旅が6回目になるそうです。そんな木下さんの作品が台湾のみなさんにどんな風に見ていただけるのか、ご本人もとっても楽しみにされています。ご本人は20日(日)のみ、会場にいらっしゃいます。

【木下綾乃さんから台湾のみなさんへメッセージ】
「私が台湾が好きなのは、人々があたたかいからです。台湾の方と、作品を通じて交流できる、この機会にとても感謝しています。ぜひ、遊びにきて気軽に話しかけてください。

【CREATORS MARKET】
日時:2016年3月19日(土)〜3月20日(日) 12:00〜21:00
会場:小器生活空間華山店(台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館)
tel: +886 2 2351 1201

【CREATORS MARKET at 小器生活空間華山店(台北)】シルクスクリーン体験ワークショップを開催します!

3月19日(土)と20日(日)の2日間、手紙舎台湾店のある小器生活空間華山店にてCREATORS MARKETを開催します! 日本から7組のクリエーターが台北に旅をし、作品の販売やワークショップを行うという今回の企画。

本日ご紹介するのは、レトロ印刷JAMさんによるシルクスクリーン体験ワークショップです。孔版印刷特有のズレやカスレがレトロな風合いを生み出し、クリエイターに人気の印刷会社、レトロ印刷JAM。なんと今月、台湾店をオープンすることになり、さらに活動の場を広げています。そんな彼らが今回のイベントで行うのは、シルクスクリーンでご自身のイラストをその場で印刷できるというワークショップ。昨年8月の「POP-UP 手紙舎 in 台北」の際に、開店前から行列ができるほほど注目を集めたワークショップが、さらにパワーアップしてふたたび台北に登場します。

そんなレトロ印刷JAMさんから、メッセージが届いています。
『誰でも気軽に参加いただけるシルクスクリーンのワークショップを行います。その場で絵を描いて印刷できるこのワークショップ、印刷を楽しんで、手を動かしてものづくりできる空間と、誰でもシルクが好きになっちゃう!くらい楽しい時間を作りたいと思います!』

たくさんのお越しをお待ちしております!

【レトロ印刷JAM シルクスクリーン体験ワークショップ】
自分の好きなデザインやイラストでオリジナルのシルクスクリーン体験(1色刷り)ができます。原稿をその場で描いて製版し、トートバッグとポストカード2枚に印刷します。印刷範囲は 130×130mmです。

日程/3/19(土)、3/20(日)
時間/12:00〜20:00(最終受付)
参加費/500元
持ち物/特になし
参加方法/お申し込み不要。当日の先着順にご案内いたします
※版のお持ち帰りはできません。
※混みあった場合は、お待ちいただく場合があります。

【CREATORS MARKET】
日時:2016年3月19日(土)〜3月20日(日) 12:00〜21:00
会場:小器生活空間華山店(台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館)
tel: +886 2 2351 1201

【CREATORS MARKET at 小器生活空間華山店(台北)】活版印刷のワークショップを開催します!

3月19日(土)と20日(日)の2日間、手紙舎台湾店のある小器生活空間華山店にてCREATORS MARKETを開催します! 日本から7組のクリエーターが台北に旅をし、作品の販売やワークショップを行うという今回の企画。

本日ご紹介するのは、啓文社印刷工業さんによる活版印刷のワークショップです。啓文社印刷工業さんは、兵庫県にある創業66年の歴史ある印刷会社。手紙社のイベントでは、常に多くの人で賑わう、人気のワークショップを台北で行ってくださいます。今回のイベントに合わせ、日本から『テキン』と呼ばれる活版印刷機をはじめ、活字、版、インクを運搬、日本で行う内容と同じスタイルで台湾でワークショップを開きます。

アンティーク版とお好きな活字を組み合わせて、世界で一つだけの活版印刷雑貨を作ろう!
~オリジナル手帳やノートやメモ帳と革のタグやコースター作り~

こちらの動画も是非ご覧 ください。

ノートとメモ帳づくりでは、アンティーク版+活字(文字)+好きな表紙(ノートは3種類、メモ帳は7種類)+本文(罫線、方眼、ドットの組み合わせと用紙違いで100種以上)を使っ て、オリジナルの雑貨を作ることができます。もちろん、ご自分で印刷していただきますよ! タグやコースターは、ヌメ革と蝋引きヌメ革からお選びいただけます。

テキンが動く音、印刷の風合いを、ぜひお楽しみください!

日程/3/19(土)、3/20(日)
時間/12:00〜、13:00〜、14:00〜、15:00〜、16:00〜、17:00〜、18:00〜、19:00〜
定員/各回10名
参加費/ノート 780元、メモ帳 580元、革コースター 660元、革タグ(大) 660元、革タグ(小) 600元
持ち物/特になし
参加方法/事前のご予約者を優先とさせていただきます。3/10(木)11時より受付を開始いたします。
件名に「啓文社ワークショップ予約」と明記の上、①お名前、②電話番号、③希望日(A.3/19 B.3/20 C.どちらでも)、④希望のお時間(A.12:00-16:00の回を希望 / B.17:00-19:00の回を希望 C.どちらでも)を記入し、以下のアドレスまでお送りください。
小器生活空間華山店 huashan[at]thexiaoqi.com(日本語可)
お申し込み結果/3/14(月)より、順次お返事いたします。

【CREATORS MARKET】
日時:2016年3月19日(土)〜3月20日(日) 12:00〜21:00
会場:小器生活空間華山店(台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館)
tel: +886 2 2351 1201

『CREATORS MARKET』を台北で開催します!(3/19~20)

このたび手紙舎台湾店にて、初の試みとなるイベント『CREATORS MARKET』を開催します! 手紙社の雑貨店やイベントなどで人気を集めるイラストレーターや手仕事の作家、印刷会社など総勢7組が台北に集結。2日間だけのマーケットを開きます。なかには、台湾で初披露となるクリエイターも。作家さん自ら作品を販売するほか、ワークショップも開催します。第一線で活躍する日本のクリエイターたちと、台湾のお客様が直接ふれあう貴重な機会。台湾にお住まいの方、台北に旅行中の方、ぜひ足を運んでみませんか?

【参加作家】
[Market]
大森木綿子(イラストレーター)
kata kata(テキスタイルデザイナー)
木下綾乃(イラストレーター)
古書モダン・クラシック(古本)
Chappo(帽子作家)

[Workshop]
啓文社印刷工業(活版印刷ワークショップ)
アンティーク版とお好きな活字を組み合わせて、世界で一つだけの活版印刷雑貨を作ることができます。お好きな絵柄や文字を印刷し、その場で手帳やノート、革もタグやコースターを制作していただきます(予約者優先)

レトロ印刷JAM(シルクスクリーン印刷ワークショップ)
みなさんがその場で描いたイラストで版を作り、その場でトートバッグに印刷していただきます。あなただけの特別なバッグを作ってみませんか?(予約不要)

また、手紙舎の常設ショップもさらに商品を充実してお届けします。詳細はこちらのサイトにて順次ご紹介してまいります。たくさんのお越しを、お待ちしております。

【CREATORS MARKET】
日時:2016年3月19日(土)〜3月20日(日) 12:00〜21:00
会場:小器生活空間華山店(台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館)
tel: +886 2 2351 1201

手紙舎台湾店、12月19日(土)にオープンしました!


先日お伝えしました手紙舎台湾店が、12月19日(土)にオープンいたしました!

ちょうど1週間程前にディスプレイに行った時には 「ほんとうにオープンできるのだろうか?」と心配になるくらいの状況で、その後、直前の追加工事もありましたが、先週末に無事にスタートを切ることができました。小器さ んの新店舗の一画にある手紙舎は、台湾国内で集めていただいた古道具を使いながら、日本の店がそのまま移動したかような佇まいで、お客様をお迎えします。

今後は、さまざまな展示やイベントなども行って行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

店内の様子は小器さんのfacebookでご紹介されていますので、ぜひそちらもご覧ください。

【手紙舎台湾店】
場所:小器生活空間華山店 内
住所:台北市八德路ㄧ段ㄧ號 華山園區 中四b館
電話番号:+886-02-2351-1201
営業時間:12:00-21:00(無休)

いよいよ本格稼働。手紙舎台湾店、スタートします!

まずはこちらをご覧ください。
http://tegamisha.com/15035

2012年8月3日の「今日のお手紙」です。タイトルは「そうだ、台湾、行こう?」。その日、facebookページを「いいね!」してくれていた人は2,529人で、そのうちの約1割が台湾からのお客様だと気付いた日のお手紙です。そして、叶うかどうかまったく見えていない「台湾で何かを!」という「ナイスなアイデア」にワクワクし、台湾への思いが強くなった記念すべき日でもありました。

それからおよそ3年が経った今年の6月、台北にある雑貨店、小器さんのギャラリーでPOP-UP SHOPをやらせていただく、ということが実現しました。手紙社にとって初の海外進出は、私たちの予想以上に台湾のお客様が歓迎してくださり、さらに次のステップに進むことが叶ったのです。

2015年12月16日、手紙舎台湾店がスタートします! 場所は
華山1914という施設内にできる小器さんの新店舗の中の一角で、shop in shopという形でのオープンとなります。

華山1914とは、1914年に建てられた大きな酒造工場をリノベーションし、大小さまざまなイベント会場やカフェ、ショップなどが集結した、台北でもっとも注目されているエリアのひとつ。そこに、小器さんがカフェと雑貨店をひとつにしたショップをオープンすることになり、一緒にやらないかと手紙社にお声がけをいただいたのです。

この、新しいチャレンジ手紙舎台湾店では、日本でのショップと同じように手紙社が敬愛する作家の作品をご紹介してまいります。また、作家による展示やワークショップも定期的に行って行きたいと思っております。

台湾のみなさん、これからどうぞよろしくお願いいたします。そして、日本のみなさん、台湾に行かれる際には、ぜひお立ち寄りください。

写真は、つい2日前の現地の様子。私たちスタッフは、日曜日から台北に向かい、ディスプレイを行ってまいります。現場ではギリギリまで工事を進めている模様。店内の様子は、来週改めてご紹介いたしますので、どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。私たちもいま、ワクワクしています!

【POP-UP TEGAMISHA in TAIPEI】 陶芸家・小谷田潤さんの展示( 8/1~13)と、イラストレーター高旗将雄さんのワークショップ(8/1~2)開催!


6月20日より、台北にあるギャラリー・小器藝廊 xiaoqi +gにて開催中の『POP-UP TEGAMISHA in TAIPEI』。スタートからおよそ1ヶ月が経ちますが、たくさんの紙もの好き、雑貨好きに方々にお越しいただいています。こちらの想像以上に多くのお客様にお越しいただき、品薄になっているアイテムも出て来ておりましたので、先日、追加商品を発送いたしました。すでに売り切れの商品の追加だけでなく、新たなクリエイターによる作品もお送りしておりますので、引き続き、足をお運びいただけると嬉しいです。


そして、8月1日からは、ギャラリーの一画にて陶芸家・小谷田潤さんの展示を行います。小谷田さんは、手紙社ともっともお付き合いの長い作家のひとりで、いまや展示を行うと早々と商品が売れて行くほどの人気があります。小谷田さんの器の魅力は、シンプルながらも丸みを帯びた愛嬌のあるデザインと、「多くの方に手に持って欲しい」という思いから生まれる、使いやすさに配慮した厚みや形にあるように思います。手紙舎のカフェでも長く愛用させていただいています。

そんな小谷田さんの器をたっぷりとご用意し、台湾のみなさんへご紹介します。ぜひ、実際に手に取って、その感触を味わって下さいね。8/1(土)は小谷田さんが在廊します。


また、小谷田さんの展示を盛り上げるために、イラストレーター・高旗将雄さんがワークショップを行ってくださいます。高旗さんがお得意とする、シルクスクリーンのワークショップです。小谷田さんのポットでお茶を楽しんでいるクマ。このチャーミングなイラストを、肩掛けサイズのトートバッグか巾着にプリントしていただきます。予約は不要。当日の先着順にて受け付けます。ぜひ、ご参加くださいね。

●陶芸家・小谷田潤展
期間:8月1日(土)  〜13日(木)

●イラストレーター・高旗将雄「シルクスクリーンワークショップ」
期間:8月1日(土)  〜2日(日)
参加方法:予約不要。直接ギャラリーにお越しください。材料がなくなり次第終了とさせていただきます。

『POP-UP 手紙舎 in 台北』
期間:6月20日(土)〜8月30日(土) *不定休
営業時間:12:00~20:00
会場:小器藝廊 xiaoqi +g(台北市大同區赤峰街17巷4號)
TEL:02 2559 9260
https://www.facebook.com/xiaoqiplusg

【POP-UP 手紙舎 in 台北】「norioはんこ店」がやってきます! 7/11(土)・12(日)


いつでも、どこででも旅するように現れては訪れる人を笑顔にする、はんこ作家・norioさんが台北にやってきます! お客様のご要望を聞き、その場で下書きをし、お客様に図案をご確認、そしてその場で彫り始め、完成させて、スタンプの押し方の指導をして終了。その間およそ40分。norioさんとお客様が楽しそうにお話をする様子、そして、完成したはんこを押した瞬間のお客様の驚きの声と嬉しそうな顔。norioさんとお客様の間には、終始幸せそうな空気が漂っています。「台湾の皆様にお会いできる事を楽しみにしております。どうぞよろしくお願い致します。」

【出張「norioはんこ店」】
概要/
お客様とお話をしながら図案を決め、はんこを制作致します。ご自身やご家族のお顔、お仕事に関する物や文字、動物等、お好きなモチーフをお伝え下さい。norioさんがその場で図案を描き40分ではんこを制作致します。

開催日時/7/11(土)・7/12(日)
①12:00 ②12:40 ③13:20 ④14:00 ⑤14:40 ⑥16:20 ⑦17:00 ⑧17:40 ⑨18:20
*お一人様40分

定員/各回1名様
参加費/
はんこ大  1000元 はんこ中   800元 はんこ小   600元

お申し込み方法/お申し込み名、メールアドレス、お電話番号、土曜か日曜のどちらがご希望かを明記のうえ、plusg[@マーク]thexiaoqi.comまでメールでお申し込みください。追ってご連絡差し上げます。

プロフィール/norio
1981年生まれ。京都精華大学にて日本画を学ぶ。
2005年より日本各地の雑貨店やカフェをまわり
はんこ制作を開始。

『POP-UP 手紙舎 in 台北』
期間:6月20日(土)〜8月30日(土) *不定休
営業時間:12:00~20:00
会場:小器藝廊 xiaoqi +g(台北市大同區赤峰街17巷4號)
TEL:02 2559 9260
https://www.facebook.com/xiaoqiplusg

『POP-UP 手紙舎 in 台北』の様子

本日より始まりました、 『POP-UP 手紙舎 in 台北』の会場の様子をお届けします。

入口をはいってすぐの棚には、手紙舎を象徴するような作家さんの紙ものが並んでします。

チャルカさんや36さんの商品も持って来ましたよ。

台湾でも人気が爆発しそうな柴田ケイコさんのコーナー。

夜長堂のコーナーもあります。“妖怪もの”が台湾の方々にどのように評価されるかが楽しみであります。

『LETTERS』の表紙も描いてくれた小池ふみさんの原画を展示・販売しています。

点と線模様製作所さんのコーナー。北の国から南の国へ!

布博でおなじみの作家さんや、手紙社オリジナルテキスタイルのハンカチコーナー。

こちらは手紙社オリジナル商品コーナー。もちろん『LETTERS』も。

クラフトコーナー。

一針さんのバッグも持って来ました。

おなじみ、缶バッジコーナーも。今回のフライヤー(柴田ケイコさんのイラスト)のビジュアルを使って、缶バッジをお作りいただけます(有料)。

いちばん奥にはレトロ印刷JAMさんのシルクスクリーンワークショップコーナーが。もちろんJAMのスタッフの方もお見えになっています。

こちらは、今回のために製作した、活版印刷カード。イラストは柴田ケイコさんです。すでに話題になっているとか…

今回の会場となっている小器さんのお店が全部で5軒、近くにあります。5つのお店を巡るスタンプラリーも、ぜひ楽しんで下さいね。

『POP-UP 手紙舎 in 台北』

期間:6月20日(土)〜8月30日(土) *不定休
営業時間:12:00~20:00
会場:小器藝廊 xiaoqi +g(台北市大同區赤峰街17巷4號)
TEL:02 2559 9260
https://www.facebook.com/xiaoqiplusg

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008