tegamisha


花市をはじめ、さまざまなイベントに参加しては、
みるみるうちに売り切れてしまう、
人気のパンを焼くユニット、cimai。
彼女たちが、いよいよ6月にお店を開くという噂を聞きつけました。
資金集め、借りた古い物件の良いところと問題点、
内装・外装工事や器具探しなど、
cimaiのふたりがパン屋を開くまでの奮闘記をリアルタイムで綴ります。

|第3回|ある物件との運命の出会い。だがしかし…|

今回は、私たちが物件に行き着いたまでのお話をしましょう。

以前から、雑居ビルみたいなコンクリートの四角い箱や倉庫、鉄工場のような感じが好きで、住まいの近くにそんな物件がないかな、と探していました。欲をいえば、その近くに大きな木があったりして、自然を感じることができたらいいな、と思い描いていました。

でも、埼玉県幸手市のあたりは、田んぼや畑に囲まれた郊外の住宅街という土地柄、そのような物件は見あたらず、まれにあっても、補修するのに相当なお金がかかりそうな物件ばかりでした。

車通勤の私は、いつも通る道沿いに、一軒の気になる建物がありました。国道から一本はずれた場所ですが、車通りの多い通りに面していて、コンクリートではなかったけれど、古くて趣があり、見た目はまさに、四角い箱でした。その2階建ての建物は、いつもシャッターが閉まっていて、使っている様子はありませんでした。

ある日、いつものように建物の前を通りかかると、珍しくシャッターが開いていました。私はとっさに車を止めて、中をのぞいてみたのです。するとそこはやはりガランとした使われていない物件で、シンクや大きな冷蔵庫と冷凍庫があり、壁と床はタイル貼りでした。「以前、ここは何か飲食に関する商売をやっていたのだろう」という形跡が残っていました。現在は、誰かに貸している様子はまったくなかったのですが、「きっと家賃が高いだろうな」と思うほど、中は広い空間でした。その時は、周りに人もいなかったので、とりあえず私はその場を後にしました。

次の日、気になってまたこの建物の前を通りかかると、なんとその建物には「テナント募集」の紙が貼ってあったのです! ドキドキしながら私は、その場ですぐに電話をしてみました。気になる家賃を聞いてみると、私たちの予算にピッタリ! 運命を感じた私は、「ここに決めた!」と思ったのです。その後、姉に見せると、姉もこの物件を気に入ってくれました。

その頃、困ったことが起きました。当初、パン屋をはじめることをに賛成してくれていた両親が、反対してきたのです。父は、製麺会社に勤務している仕事がら、小麦が高騰するということをマスコミが知る前から知っていて、業界つながりでスーパーマーケットなどのパン屋事情も知っていたので、私たちが事業を始めるのは、「かなり危ない橋を渡るからやめろ!」と言い出しました。

この言葉はかなりこたえました。毎晩父から連絡があり、今は時期じゃないんじゃないか? ぜったい失敗する! そんな話ばかり聞かされ、自分たちはなんでパン屋をやろうとしてるんだろう? やったとしても失敗するならここでやめようかな? とまで思いました。でも親の言うとおりに時期をずらしたところで10年後、20年後、小麦の価格は下がるのか? と考えたら下がらない可能性の方が高いのではないかと思いました。

それに、ここでやめて後悔しないのか? という風に自問すると、「絶対に後悔する」と思ったので、そのときから迷いを捨てました。親の助言も参考程度に聞き、何を言われても気持ちが変わらないようになるまでは、両親にはできる限り会わないようにしました。毎日店でパンを焼いているイメージをし、店はどんな感じにして、こんなパンを焼いて…。そう考えているうちに、次第に不安よりも楽しい気持ちでいっぱいになりました。

その頃には、両親は何も言わなくなりました。頑固な私にあきらめたのかもしれません。でも、今考えると、あのとき両親の助言があったから、いろんなことを考えることができ、自分たちのお店を持つ気持ちをさらに固めることができたのではないかと思います。

結局、物件を見つけてから6カ月後、ついに私たちは借りることを決意したのです。

次回は、開業を指導してくれた、あるおじさんとの出会いのお話。


cimaiさんからのお知らせ

[cimaiのお店がオープンしました!]

cimai
埼玉県幸手市大字幸手2058-12
TEL:0480-44-2576
東武鉄道日光線幸手駅下車徒歩20分
営業日/火曜日〜金曜日
営業時間/12:00〜18:00
*営業日、営業時間は変更する場合があります。
お問い合わせの上、お越しください。

[パンの販売を行っています]

cafe la famille
茨城県結城市結城911-4
TEL:0296-21-3559
*毎週土曜日に販売


このページのTopへ
このページの感想を送る