EVENT INTRODUCTION

イベント紹介

7月25日(水)〜8月5日(日)

苔色工房 田中遼馬 個展 「きこえるいろ」 at 手紙舎 2nd STORY

動物たちがささやく。やわらかな色をまとった動物たちが。
その声に、そっと耳をかたむけて。
あなたの心を踊らせる、優しさの破片がきっと見つかるはず。

 

 

手に取ると心がにっこりと温かくなる器、小さな笑い声や内緒話が今にも聞こえてくるような動物たち。まるで絵本の世界に引き込まれてしまったようなやさしい世界を作り上げている苔色工房 田中遼馬さんの作品が皆様をお出迎えします。

蚤の市では人気の「豆皿・箸置き市」でその愛らしい作品が多くの方を魅了し、食卓を彩っている田中さんの作品。今回は動物たちの作品を主に制作してくれるそう。夏の始まりと同時にきっと皆様を涼しい世界に誘ってくれるはずです。さて、今年の夏はどの動物たちと過ごしましょうか。

 

▪topic 1 動物モチーフの器が並びます
愛らしいけど使いやすい。たくさんの動物たちが描かれた器が並びます。新作も登場します!

▪topic 2 絵つけのワークショップ開催
豆皿や箸置きに、お好きな絵つけをしていただきます。
日時 : 7/28(土) 9:00~11:00

▪topic 3 苔色工房の器を使ったスペシャルメニューをご提供いたします。

 

【苔色工房 田中遼馬 個展 「きこえるいろ」】
2018.7.25(水)- 8.5(日)
※7.30.31は定休

手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台 1-17-5 2F
tel 042-426-4383
open 12:00-23:00(LO22:00)

作家在廊日:7月28日(土)

苔色工房 田中遼馬HP

詳細やワークショプのお申し込み方法は、順次こちらのサイトにてお知らせいたします。

 


 

【苔色工房 田中遼馬さん 豆皿・箸置き絵付けワークショップ】

 

シロクマ六角豆皿

 

六角箸置き

 

眺めると思わず心が温かくなる。動物たちの姿を様々な器に閉じ込めた愛らしい作品を作り出す苔色工房  田中遼馬さん。7月25日(水)から開催される個展『きこえるいろ』では手紙舎 2nd STORYが動物たちの世界に彩られます。

さらに7月28日(土)には、豆皿・箸置きの絵付けワークショップも開催。今回は『豆皿・箸置き市』でも人気の六角豆皿・箸置き(全て紺色のみ)に田中遼馬さんと一緒にお好きな絵付けをしていただくという、身の心も楽しくなる内容でお届けいたします。

まず、半焼きの器に鉛筆で下書きをし、カッターナイフで削っていきます。

描く模様は、その場で田中遼馬さんと相談しても、あらかじめ考えておいてもOK。その工程から、さっそくワクワクしてきますね。出来上がった作品は一度お預かりし、素焼き、釉薬を施し 田中遼馬さんの工房にて焼成後、皆様の元にお届けいたします。出来上がった作品が、皆さんの毎日の食卓を彩る一品になりますように。

 

半焼きの器に鉛筆で下書きをし、線に沿って削っていきます。

 

白く浮かせたい部分をカッターで削っていきます。

 

出来上がりです。

 

【豆皿・箸置き絵付ワークショップ】

日程:7月28日(土)
時間:9:00〜11:00
定員:8名
会場:手紙舎2nd STORY(東京都調布市菊野台1-17-5 2F)
参加費:4,000円(税込)+送料(実費)
お問い合わせ先:tel.042-444-5367
お申し込み方法:7月2日(月)10時より、こちらのサイトにて受付を開始いたします。
※六角豆皿・箸置き(紺色のみ)の制作になります。料金に作品の送料は含まれておりません。

 


 

【苔色工房 田中遼馬『きこえるいろ』を彩る作品たち その1】

 

 

今月7月25日(水)から始まる苔色工房  田中遼馬さん個展『きこえるいろ』。今回は会期を様々な色に彩る作品たちをご紹介いたします。

まずは豆皿や箸置き。定番のシロクマ、ペンギン、今年5月に登場した軽やかにぴょーんと跳ね出す元気なウサギやトコトコ歩くクールなキツネも並びます。小さいながらも一つひとつの動物たちが今にも動き出しそうな躍動感にあふれています。目や鼻などが一切描かれていないのに、なぜか優しい表情が見えてきてしまう。一度手に取ると、いつまでも見続けていたい不思議な動物たち。ぜひ会場で動物たちの「きこえるいろ」を感じてみませんか。

 

たくさんの豆皿や箸置きたち。ヘタがちょこんと可愛らしい洋ナシの箸置きも登場します。

 

長八角皿。おかずやスイーツの隣にシロクマやペンギンが見え隠れ。思わず笑みがこぼれてしまいそうです。夏の始まりに似合う涼しげな器です。

 

普段、なかなか登場しないマグカップも並ぶ予定です。お仕事やリラックス時のお供に、、優しい気持ちになれるかもしれません。

 


 

【苔色工房 田中遼馬『きこえるいろ』を彩る作品たち その2】

 

今月7月25日(水)から始まる苔色工房  田中遼馬さん個展『きこえるいろ』。皆様の心を躍らせる作品は、まだまだたくさんございます。今回の展示は動物たちの器がメインですが、実はそれ以外にも魅力的な作品があるのです。

好きなお客様も多い淡い紺色の「街柄」のカップや田中遼馬さんが大学陶芸部時代から制作しているという、多くの方に長く愛されている洋ナシの器も登場します。

動物の器ではシロクマ、ペンギンが優しくたたずむ姿や、ウサギ、キツネのお散歩姿が愛らしい長八角皿。器の縁でのんびりお休みしている動物たちに思わず心が温かくなる八角皿。中央にスイーツをのせたら誰もが思わず微笑んでしまう丸皿。

お食事するのも、お料理を盛り付けるのもワクワクしてしまう。そんな私達の色にも染まってくれる不思議な器たち。ぜひ皆様の食卓にお迎えしてみませんか。

 

温かな家族の団欒を想像させる街柄のカップ。使っていくうちに自然と心が優しくなれそう。

 

 

入れ子の姿も美しい洋ナシの器。一番大きいサイズでカレーライスはいかが。

 

長八角皿、八角皿、豆皿たち。何を盛り付けても食卓には明るい声が広がります。

 

どんなお食事も選ばない洋ナシの器、八角皿。

 

 

草むらをかき分けお出かけ中のウサギとキツネ、涼しげなシロクマとペンギンの長八角皿。

 

トコトコ、ぴょーん。見ていると心が優しくなりそうな丸皿。

 


 

スペシャルメニューのご紹介

 

会期中、手紙舎 2nd STORYのカフェではフェアに合わせたスペシャルメニューを2品ご用意いたします。どちらも一口目から動物たちのいる涼しい世界へ誘ってくれるはず。どうぞお楽しみに!

 

『ベリーとレモン&クリームチーズのアイスケーキ』

※15時からのご提供です。

シロクマやペンギンが暮らしてる北極と南極には、暑さを吹き飛ばす甘〜い涼やかなアイスケーキの氷山が! レモンとベリーの酸味とクリームチーズのコクの深さが程よくマッチした、夏にぴったりのデザートです。レモンピールの香りが口の中に広がり、冷たさの後にやってくる爽やかな酸味に思わずスプーンが止まらなくなります。クリーミーなアイスとザクザクのビスケットの土台。口に入れるたびに、違った味わいが楽しめます。(ペンギンの器でのご提供もございます。)

 

シロクマが雪のボールを鼻先でポーンと、楽しそうな姿に心もお腹も満足できそう。

 

『シトラスとハーブのソーダ』

※12時からのご提供になります。

たっぷりの緑豊かなフレッシュハーブと爽やかな柑橘で涼やかな風味に。ひと口吸い込めば、ライムの香りが口いっぱいに広がります。ウサギやキツネが大好きな森には白いお花が見え隠れ。目も心も癒されるシュワっと爽やかなドリンクです。