EVENT INTRODUCTION

イベント紹介

8月15日(水)〜26日(日)

Ren個展「青い扉のさきに」 at 手紙舎 2nd STORY

金鎚ををふるう手の動きに呼応するように
形を成していく金属。
とどめた形が誰かの心に寄り添い
ともに時を歩むことを願う。
モノに生まれる物語を想像する。
そしてまた一打一打に思いがこもる。
さあ、あの青い扉に手をかけて物語の片鱗へと。

 


 

夏も盛りを迎える8月。手紙舎 2nd STORYにて、Ren・中根嶺さんの個展を開催します。昨年のもみじ市に初めて出店し、唯一無二の金工の世界を届けてくれた中根さん。そんな彼が掲げた今回の個展のタイトルは、「青い扉のさきに」。フライヤーにも使われているオブジェは、手紙舎 2nd STORYの扉をイメージし、なんとこの個展のために作ってくれました。扉を開いたその先には、一つひとつ丁寧に叩き上げ形作られた作品たちが、ずらりと並びます。魂の込められた作品の数々に、あなたもきっと感嘆の声をあげることでしょう。
 

▶︎Topic1. 様々な金工作品が集結
オブジェやアクセサリー、カトラリーにランプなど、Renさんの代表作が一堂に会します

▶︎Topic2. 鍛金のワークショップを開催
金属を叩いて、自分だけの作品を作るワークショップを開催します
開催日:8月18日(土)、19日(日)
※詳細は順次こちらのサイトにてお知らせいたします

▶︎Topic3. 個展限定スペシャルメニュー
会期中、手紙舎 2nd STORYのカフェでは、Renさんの作品をイメージした特別メニューをご用意します

※一部の作品は会期終了後のお渡しとなります、あらかじめご了承くださいませ
※リング、バングル、ランプは受注品となります。詳しくはスタッフにお尋ねください

<記事一覧>
▼鍛金のワークショップを開催!
▼動物モチーフの作品をご紹介!
▼暮らしを豊かにする作品たちが揃います
▼個展限定のスペシャルメニューが登場


 

▼鍛金のワークショップを開催!

 

8月15日(水)から始まる、金工作家Ren・中根嶺さんの初となる個展。会期中、会場内の「みどり荘」を使い京都にある中根さんの作業場を再現します。さらに、8月18日(土)、19日(日)の週末には、金属を叩いてマドラーかバターナイフを作るワークショップを開催! 金鎚を打つ場所や回数、力加減によって、まったく異なる表情をみせる金属。それぞれの違いを楽しみながら、自分だけの作品づくりを体験してみてくださいね。

【Ren個展「鍛金ワークショップ」】
日程:8月18日(土)、19日(日)
時間:9:30〜11:00
定員:12名(各回6名)
会場:手紙舎2nd STORY(東京都調布市菊野台1-17-5 2F)
参加費:3,500円(税込)
お問い合わせ先:tel.042-444-5367
お申し込み方法:8月3日(金)の9:30より、こちらのサイトにて受付を開始いたします
※マドラーとバターナイフ、どちらを作るかは当日お選びください


 

▼動物モチーフの作品をご紹介!

 

いよいよ2週間後に迫った、個展「青い扉のさきに」。本日は開催に向けて、Renさんの作品の中から動物をモチーフにしたアイテムをご紹介します。

まずは、フライヤーにも登場した「ヘラジカ」のオブジェ。スッとまっすぐにのびた背中の線と、ゆるやかな曲線を描いた角が対照的です。
 
こちらは、真鍮でできた「シロクマ」。今にも足音が聞こえてきそうなほど、躍動感のある姿をしています。
 
同じく真鍮製の「白鳥」のオブジェは、優雅に飛んでいる姿を表現。羽の一枚一枚まで、細かく作り込まれています。
 
最後にご紹介するのは、クジラのランプ。大海原を泳ぐかのように部屋に漂うクジラが、柔らかな光を放ちます。
 

会場には、こちらで紹介した以外にも様々なオブジェやモビールなどが集います。そこにあるだけで、気持ちを和ませてくれる金工作品をぜひご覧くださいね。


 

▼暮らしを豊かにする作品たちが揃います

 

オブジェやランプなどの飾って楽しむものだけでなく、アクセサリーやカトラリーなど日常的に使用できるものも手がけているRenさん。本日は、そんな作品の一部をお見せします。

こちらは、ローマングラスを使ったピアス。永きにわたって土や砂の中に埋もれ銀化したガラスが、虹のように七色に輝くのが特徴的。銀でできた六角形のフープと、風化したガラスの美しさが見事な調和を見せています。
 
板状の純銀に乾燥させた葉を置き、金鎚で叩いて形を写しとった「Stamp Plant」シリーズ。薄い銀板の上に、一つひとつ異なる植物の表情が表現されています。
 

その他にも、純銀の粒を溶かし合わせた「Pure Silver」シリーズや、金の箔を施した「Boro」シリーズなど、身に纏う人の個性を引き立たせてくれるアクセサリーが多数並びますよ。
 
ボウルやプレートは、大きさや形も様々なものをご用意。用途に合わせて自分にぴったりのものを探してみてくださいね。
 
真鍮と洋白でできたカトラリーも、豊富なラインナップを誇ります。スプーンにフォーク、おたまにバターナイフまで、実生活で役立つのはもちろん、どれも素晴らしい美しさを兼ね備えています。長い間愛用したくなる一品を、ぜひ見つけにいらしてくださいね。
 


 

▼個展限定のスペシャルメニューが登場

 

会期中、手紙舎 2nd STORYのカフェでは、今回の個展に合わせた特別メニューをご用意いたします。Renさんの作品をイメージしたメニューを、展示とともにお楽しみください。

キャラメルムースケーキ オレンジソース(15:00〜)
Renさんの作品の色からイメージした、ほろ苦いキャラメルムースケーキ。ココアスポンジ、チョコレートムース、キャラメルムース、キャラメルクリームの4層のハーモニーを、オレンジのソースと共にご堪能ください。
 

いちじくとレモンのソーダ(12:00〜)
シックな色味とプチッとはじけるいちじくの食感を楽しめる自家製シロップを、ソーダで爽やかに割りました。
 

【Ren個展「青い扉のさきに」】
会期:2018年8月15日(水)〜26日(日)
※8月20日(月)、21日(火)は定休日
営業時間:12:00〜23:00(L.O. 22:00)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
TEL:042-426-4383
作家在廊日:8月16日(木)〜19日(日)
Ren公式HP:http://ren-craftwork.com/