EVENT INTRODUCTION

イベント紹介

9月30日(日)

永岡 綾『週末でつくる紙文具』〜ロウビキの封筒を作ろう〜 at 本とコーヒーtegamisha

Processed with VSCO with f2 preset

月1回のペースで開催している人気のワークショップ「週末でつくる紙文具」。講師としてお迎えしているのは、イギリスで製本技術を学ばれた編集者であり文具プランナー、そして昨年『週末でつくる紙文具』(グラフィック社)を出版された永岡 綾さんです。

第1回「フランス装コラージュブック」、第2回の「おうち型の蛇腹帖」に続き、第3回目となる今回教えていただくのは「ロウビキ」、いわゆるワックスペーパーの作り方。

普段見慣れている紙も、ロウビキ加工を施せば、また違った風合いが生まれます。今回のワークショップでは、30種以上ある手紙社オリジナルの紙からお好きなものをお選びいただき、封筒を作ってからロウビキをします。ロウの量など一度コツをつかめば、ご自宅でも手軽に加工できるようになるのだとか。

Processed with VSCO with f2 preset

Processed with VSCO with f2 preset

そんな手紙社の紙を使って楽しむワークショップは、毎月テーマを変えて開催中です。フランス装、ハードカバー、糸かがり、ロウ引き、布貼りなど、各回新たな製本の技を習得できます。現在、以下1回〜6回のいずれかを受けた方への上級者コースも検討中ですのでお楽しみに。

第1回 2018年7月29日(日)フランス装ミニコラージュブック
第2回 2018年8月19日(日)おうち型の蛇腹帖
第3回 2018年9月30日(日)ロウ引き封筒
第4回 2018年10月21日(日)布貼りのミニスケッチブック
第5回 11月予定 A5サイズのカルトン
第6回 12月予定 糸かがりのノート

MG_7683b

『週末でつくる紙文具
書く、整理する、保存する- 目的別・30種類のつくり方』

永岡綾(グラフィック社)

– 永岡 綾  PROFILE –
編集者・文具プランナー。イギリスでブックバインディング(製本)を学び、紙を使ったものづくりをはじめる。書籍・雑誌の編集、文具メーカーの商品企画を経て、現在フリーランスとして活動中。趣味は、旅先の蚤の市でヴィンテージペーパーを集めること。著書に『フランス、かわいい紙めぐり』(パイ インターナショナル)、「スクラップホリックの本』『マスキングテープでコラージュ』(エディシォン・ドゥ・パリ)なと。本づくり協会会員。https://www.instagram.com/weekend.bookbinder/

◎『週末でつくる紙文具』ワークショップ
〜ロウビキの封筒を作ろう〜
日時:2018年9月30日(日)①16:15〜17:45(満席) ②18:30〜20:00
会場:本とコーヒーtegamisha
講師:永岡 綾
料金:3500円(ドリンク付、材料費込・税込)
人数:各回約10名
申込み:https://coubic.com/tegamisha/242385 *8/30(木) 12:00より受付開始
問い合わせ:tel 042-440-3477(本とコーヒー)