EVENT INTRODUCTION

イベント紹介

9月18日(水)〜10月6日(日)/9月21日(土)

大橋知沙『京都のいいとこ。』出版記念フェア
& トーク「京都の“ここだけの”いいとこ、教えます」
at 本とコーヒーtegamisha

朝日新聞デジタル&TRAVELにて連載中の「京都ゆるり休日さんぽ」。京都に暮らす編集者でありライターの大橋知沙さんが、通勤中や昼休み中に読んだ方にも「京都を旅した気分になれた」と感じてもらえたらと願いながら、毎週金曜に更新し続けているWEBコラムです。

連載開始から4年となる今年6月、そのWEB連載が『京都のいいとこ。本当に訪ねたい店・人・景色』(朝日新聞出版)として書籍化されました。約90件の“京都のいいとこ”が紹介された同書からは、店主の人生や、街の色気、朝ごはんの白米の香り、木漏れ日の温かさ…と「ガイドブック」という言葉では表しきれない、京都に流れる時間が綴られています。

そして著者の大橋知沙さんは、実は我々手紙社の立ち上げの時から「ひとり京都支部」としても活動してくれているメンバー。そんな縁もあり、これからの季節に憧れの増す「京都」を少しでも近くに感じられたらと、本とコーヒーtegamishaにて同書の出版記念フェアを開催することとなりました。

期間中の店内では、同書にも掲載された大橋さんお勧めのセレクト雑貨が並びます。辻和金網からは、大橋さんも毎朝トーストを焼くなど普段使いされている「手付き焼き網」が。そのほか無垢の木の家具や雑貨を手がける木印の「マグネットボード」、古民家でレザーアイテムを手作りしている革工房Rimの「かごバッグ」、古い日本の美しい日用品を扱う古道具ツキヒホシさんの豆皿や小皿などが届く予定です。

 

また9月21日(土)正午すぎからは、和の素材に果物やナッツ、ハーブなどを組み合わせた創作餡菓子を手がける京都 梅園より、特別に「あんの花束」「あんがさね」ほか人気のお菓子が期間限定で店頭に。創業当時からの無添加を守りつつ、見た目にも楽しい京都のお菓子を、この機会にぜひ味わってみませんか。

 

さらに9月21日(土)には、大橋知沙さんを京都からお招きし、長年の付き合いである手紙社代表の北島 勲が聞き手となるトークイベントを開催。お気に入りのお店や、職人・作り手との出会い、自身が生活する築80年の家の暮らしぶりなど、東京から京都に移住し9年が経った今改めて感じる京都の魅力について伺います。気心の知れた2人のトークからは、ここだけの手紙社裏話も飛び出すかもしれません。お楽しみに。

 

2019年6月7日発売
『京都のいいとこ。本当に訪ねたい店・人・景色』
(大橋知沙/朝日新聞出版)

 

大橋知沙 -PROFILE-
編集者・ライター。東京でインテリア・ライフスタイル系の編集者を経て、2010年京都に移住。京都のガイドブックやWEB、ライフスタイル誌などを中心に取材・執筆を手がける。主な編集・執筆に『京都手みやげと贈り物カタログ』(朝日新聞出版)『活版印刷の本』(グラフィック社)『LETTERS』(手紙社)など。

 

◎大橋知沙『京都のいいとこ。』出版記念トーク
「京都の“ここだけの”いいとこ、教えます」

日程:2019年9月21日(土)11:00〜12:30
会場:本とコーヒーtegamisha(調布市菊野台1-17-5-1F)
出演:大橋知沙
聞き手:北島 勲(手紙社)
参加費:2,000円+1drink(500円)*税込
申込み:8/31(土)12:00より以下サイトにて受付開始
https://coubic.com/tegamisha/620937
問い合わせ:tel 042-440-3477(本とコーヒー)

 

◎大橋知沙『京都のいいとこ。』フェア at 本とコーヒーtegamisha
会期:2019年9月18日(水)〜10月6日(日)
営業時間:11:00~20:00/カフェ〜18:00(17:30LO)
*イベント開催により営業時間が変更する場合もあります。
会場:本とコーヒーtegamisha(東京都調布市菊野台1-17-5 1F)
tel.:042-440-3477