EVENT INTRODUCTION

イベント紹介

11月23日(土祝)18:30〜

マルチ・ポテンシャライトの集い〜器用貧乏と言われ続けた人へ〜 at 菜花 11/23(土祝)

「マルチ・ポテンシャライト」という言葉を聞いたことがありますか? 初めて耳にする方は、まず、下記の質問にYES or No で答えてみてくださいね。

1. 「大人になったら何になりたい?」と言う問いに困ったことがある。
2. 天職が見つからない(天職かもしれないと、いろいろ飛びつきがち)
3. 中途半端で飽きっぽい
4. 何をやっても長続きしない
5.「なりたいもの」を一つに絞れず 困っている。
6. やりたいことを一つだけ選んで、残りをすべて捨ててしまうなんてイヤだ

YESの数が多ければ、多いほど、マルチ・ポテンシャライトの可能性が高いのです。

マルチ・ポテンシャライトとは、マルチ(多くの)+ ポテンシャル(潜在能力を持つ)+ アイト(人)という言葉を結びつけてできた概念。さまざまなことに興味を持ち、クリエイティブに探求する人のこと。アメリカに住むエミリー・ワプニックによって名付けられ、TED(カナダのバンクーバーで行われている、さまざまな識者による、いわば講演会フェスティバル)にて大きな反響を得ました。まずは、その動画を見てみましょう。

↑再生後、フッターにある歯車アイコンをクリックすると、日本語字幕を選べます。

「私のことを話しているんじゃないか?」と思った方、「私の友達のことを言っているみたい」と思った方はいませんか? 救われるような思いを抱いた方もいるかもしれません。

今回のイベントでナビゲーターを務める宮城景花(みやぎけいか)さんは、まさに、「これって、私のことだ!」と思った人。今年9月にオレゴン州ポートランドで行われた、世界初のマルチ・ポテンシャライト・カンファレンスにアジア圏から唯一のメンバーとして参加された方なのです。宮城さん自身も、マルチ・ポテンシャライトという概念を知って、救われた一人。今回の集いでは、先のカンファレンスの報告会と、マルチ・ポテンシャライトとして自身が持っている財産(経験)を今後の活動にどうやって活かしていくかという指標になるワークショップも行います。


↑当日は、エミリー・ワプニックさんの著作にもある、「イキイキした自分でいるために〜自分自身の “なぜ”を掘り下げてみよう」というテーマのワークを行います。

「器用貧乏」という言葉が、日本にはあります。あまり、良い意味では使われませんよね。ひとつのことをプロフェッショナルとして突き詰める人が評価される一方で(それはそれで素晴らしいこと)、その逆の価値観というのは認められないムードがこの世界には広がっている気がします。果たしてそうなのか?

エミリーの動画を観て、この記事を見て、何かを感じてくれた方、みんなで集いませんか? みんなで語らい合いませんか? 当日は、手紙社の名物・ナポリタンを用意して、皆様をお待ちしています。

【マルチ・ポテンシャライトの集い〜器用貧乏と言われ続けた人へ〜 】
開催日:2019年11月23日(土・祝)
開場・受付開始:17:30

開演:18:30
第1部:宮城 景花さんによるお話とワーク(19:30頃まで)
第2部:食事付きの交流会(ナポリタンパーティー!)

参加料:¥3,500 (ドリンクは別途注文)
定員:30名

会場:手紙社 菜花
(東京都調布市下石原2-6-14 ラ・メゾン1階)
お問合せ先:tel.042-444-5367

ご予約方法:こちらのサイトにて受付中!

《ナビゲーター・宮城 景花(みやぎ けいか)》
NPOから大使館まで、多種多様な職場を、さまざまな雇用形態で経験。並行してバンドボーカル、カメラマン、イベント企画なども行う。ひとつのことを掘り下げられず、つぎつぎと興味が移る自分に長い間モヤモヤとした気持ちを抱いていたが、「マルチ・ポテンシャライト」の概念に出会ったことで腑に落ちる。
2019年9月、アメリカ・ポートランドで初めて行われたマルチ・ポテンシャライト・カンファレンスに参加。現在は「器用貧乏と呼ばれ続けた人たち」に向けて、その特性が新しい価値を生むことを伝えながら、心のままに自分らしく過ごしていくためのアイディアを伝えている。