EVENT INTRODUCTION

イベント紹介

2月16日(日)

永岡 綾『週末でつくる紙文具』ワークショップ
<上級編>三つ目綴じのスクラップブック

月1回のペースで定期開催しているワークショップ「週末でつくる紙文具」。講師としてお迎えしているのは、イギリスで製本技術を学ばれた編集者であり文具プランナー、そして『週末でつくる紙文具』(グラフィック社)の著者でもある永岡 綾さんです。

2017年12月から始まった手紙社の紙を使って楽しむこのワークショップでは、毎月テーマを変え、フランス装、ハードカバー、糸かがり、ロウ引き、布貼り、和とじなど、さまざまな製本技術を学んできました。開講から2年以上が経ち、のべ名約300名ほどの皆さんに紙文具作りを楽しんでいただいたこのタイミングで、再び「上級者向け」ワークショップを開催することが決定しました。たっぷり5時間(!)かけて取り組むため、開催場所を本とコーヒー4FのWork Studioに移し、様々な技法を詰め込んだ達成感の高い紙文具作りをお楽しみいただきたいと思います。

今回教えていただくのは「三つ目綴じのスクラップブック」。背つぎのハードカバー、三つ目綴じ、ハトメつけなど、これまでのワークショップで体験したテクニックを組み合わせたこのスクラップブックは、本文300ページ以上とボリュームもたっぷり。背に直接本文を糸でかがりつけるので、背表紙に見える縫い目もまたデザインのポイントになるという、ユニークな仕様です。

背のブッククロスは10種、表紙の手紙社オリジナルペーパーは約40種、そして本文の紙は5種からそれぞれお好きなものお選びいただけるので、組み合わせを楽みながら、あなただけの特別なスクラップブックが完成させてくださいね。

 

 

<前回開催した上級者編では、様々な組み合わせの作品が完成!>

MG_8962-1024x6831

<手紙社オリジナルペーパーの一例>

なお今回の「上級者編」は、過去1回以上『週末でつくる紙文具』ワークショップを受けられている方、もしくは初めての方でも手先に自信のある方であればご受講いただけます。

紙文具作りに初めて挑戦してみたいという方には、毎月開催している以下クラスのご受講をおすすめしていますのでこちらもぜひご参加ください。(詳細はまた追ってお知らせいたします)

〜『週末でつくる紙文具』スケジュール〜
第1回 2020年3月予定  コプティック装のノート*新作
第2回 2019年4月予定  ハードカバーの文庫本 *新作
第3回 2019年5月予定     和とじ帖
第4回 2019年6月予定     星のオーナメントブック *新作
第5回 2019年7月予定  フランス装のミニコラージュブック
第6回 2019年8月予定 ドイツ装のノート

MG_66161

『週末でつくる紙文具
書く、整理する、保存する- 目的別・30種類のつくり方』

永岡綾(グラフィック社)

– 永岡 綾  PROFILE –
編集者・文具プランナー。イギリスでブックバインディング(製本)を学び、紙を使ったものづくりをはじめる。書籍・雑誌の編集、文具メーカーの商品企画を経て、現在フリーランスとして活動中。趣味は、旅先の蚤の市でヴィンテージペーパーを集めること。著書に『フランス、かわいい紙めぐり』(パイ インターナショナル)、『スクラップホリックの本』『マスキングテープでコラージュ』(エディシォン・ドゥ・パリ)なと。本づくり協会会員。https://www.instagram.com/weekend.bookbinder/


◎『週末でつくる紙文具』ワークショップ<上級編>
〜三つ目綴じのスクラップブックづくり〜

[日時]2020年2月16日(日)13:00-18:00
*30分のお茶休憩を挟みます。
*終了時間は多少前後する場合がございます。
[会場]手紙社 Work Studio(東京都調布市菊野台1-17-5-402)
*本とコーヒーtegamishaの建物の4Fです
[講師]永岡 綾
[人数]約10名
[料金]6,800円(材料費・ドリンク代込、税込)
[申込み]https://coubic.com/tegamisha/515210
※2020年1月17日(金)12:00より受付開始
※事前決済後の、お客様のご都合によるキャンセルならびに返金は承っておりませんので予めご了承ください。
[問い合わせ]tel 042-440-3477(本とコーヒー)