EVENT INTRODUCTION

イベント紹介

2月16日(日)

『flowerobje greenspot ミモザアカシアのリース作り』 at 農園の手紙舎

 

厳しい寒さの冬が過ぎ、少しずつ暖かくなるころに咲きはじめるミモザアカシア。鮮やかな黄色の、丸くふわふわとした小さな花が木々いっぱいに咲いているのを見ると、春の訪れを感じてウキウキしますよね。今回はそんなミモザアカシアを使ったリース作りのワークショップを、歴史ある蔵を使用した、農園の手紙舎にて行います。

ミモザアカシアとユーカリなどのハーブを組み合わせて仕立てるリースは、作りたての時期はフレッシュな黄色が春らしくて可愛らしく、また月日を重ねていくとドライフラワーへと姿を変え、そのアンティークカラーも魅力的です。長く楽しめるミモザアカシアのリースはお部屋のアクセントや大切な方への贈り物としてもぴったりです。お帰りの際には農園の手紙舎特製の焼き菓子のお土産もご用意しております。出来上がったリースを眺めながら、是非、お召し上がりください。

 

《講師》
佐々木くみこ(flowerobje greenspot
子供の頃から花屋を志す。ガラスケースに入っていたり、価格が見えづらく買い物しづらい花屋に疑問を持ち、かつては日本で一番大きな花屋であった「日比谷花壇」で修行をしたのち、地元の茨城県水戸市で開業。花屋が好きというより、花が好き。植物が好き。各地のイベントに出店しワークショップなどを開催。
グリーンスポットデザインラボ主催
フワラー装飾技能検定1級取得

 

◆『flowerobje greenspot ミモザアカシアのリース作り』 at 農園の手紙舎
日時:2020年2月16日(日)14:00~16:00(受付13:30~)
会場:農園の手紙舎(東京都立川市西砂町5-6-2 鈴木農園内)
定員:10名(お子様連れも可)
参加費:税込¥6,000(材料代・焼き菓子のお土産代を含みます)
持ち物:エプロン、手拭き用ふきん1枚
お問い合わせ先:tel 042-444-0660
お申込方法:こちらのサイトからお願い致します。

※リースの直径は約25〜28㎝です(花材により大きさは前後します)。
※花材が引っかかりやすいので、服装にはご注意ください。また、手が汚れてしまったり、ネイルなどが傷つく場合もございますのであらかじめご了承ください(ゴム手袋をご用意しておりますので、ご心配の方はそちらをご利用ください)。
※材料準備の都合上、お申込後のキャンセルはご遠慮くださいますようお願いいたします。万一キャンセルされる場合は、前日までにご連絡をお願いいたします。当日キャンセルされた場合は、¥4,500のお支払いをお願いいたします。