今日のお手紙 HOMEへゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて 次へ

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

tegamisha

作曲・編曲家、ギタリスト、プロデューサーとして、活躍が目覚ましい伊藤ゴローさん。ソロプロジェクト「MOOSE HILL」やボサノヴァ・デュオ「naomi & goro」としても活動しています。この連載では、ゴローさんにゆかりのあるさまざまなクリエイターの方々をゲストに迎え、“本音トーク”を語っていただきます。

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

今回の対談相手は、原田知世さん。1982年のデビュー以来、『時をかける少女』で映画初主演、近年は映画『サヨナラCOLOR』『紙屋悦子の青春』『しあわせのパン』や、ドラマ出演、ドキュメンタリー番組のナレーションなど幅広く活躍されています。歌手としても、鈴木慶一さんや、トーレ・ヨハンソンさんを迎えてコンスタントにアルバムを発表。高橋幸宏さんらと結成したバンドpupa(ピューパ)としても活動しています。

そして、2014年5月7日(水)に原田知世さんの5年ぶりのニューアルバム『noon moon』がcommmons(エイベックス)よりリリースされます。プロデューサーは前作『eyja』と同じく伊藤ゴローさん。アルバムツアー を控えたお二人が、今回のアルバムが生まれるまでのエピソードや、お互いのことについて言葉を交わしました。2008年以来となる「ゴローの部屋」。アルバムを聴くのがますます待ち遠しくなる豪華な対談をお届けします。

|第1回|アルバム制作までの期間|

ゴロー お忙しいなか、ゴローの部屋へお越し頂きありがとうございます。

原田 お招きいただきありがとうございます、原田知世です。

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

ゴロー なんだかこうやって知世ちゃんとあらたまって話すのは、不思議な感じがしますね。

原田 身近で一緒にアルバムを制作していたから、なかなか不思議ですね(笑)。

ゴロー さて、ようやく新しいアルバム『noon moon』が5月7日(水)にリリースとなりますが、前のアルバムの制作を終えてから今作までは、どんな活動をされていましたか? 映画があったりとか…。

原田 そうですね、私、ゴローさんに作ってもらったアルバム『music & me』のすぐ後に「pupa」の活動が始まって、それぞれのツアーがあったり、その次のアルバム『eyja』の制作もあって、音楽でずーっと動いていましたね。その『eyja』の制作やpupaが一段落着いた頃に、映画のお話を頂いて女優のお仕事に少し戻って、音楽を少し休んで。コラボレーションで1曲歌うということはありましたが、音楽のお仕事からは距離を置いた感じでした。その後にはゴローさんとの「on-doc.(オンドク)」が始まりましたよね。

ゴロー そうだね。うん。

原田 on-doc.でゴローさんと久しぶりに二人だけでのツアーをやっていくうちに、次のアルバムを作りたいな、という気持ちが自然と湧いて来て今に至る、という感じかなあ、と。

ゴロー on-doc.を二人でやっているから、過去のアルバムから今回のアルバムまでの月日をそんなに感じないというか、いつも一緒に音楽をやっている感覚があったから、自分の中ではあまり途切れていないというか…。

原田 そうですね、ゴローさんとはその他にもクリスマスソングをやらせていただいたり、『GETZ/GILBERTO+50』で歌わせていただいたり。ちょこちょこ一年を通して会っていて、そのぐらいの関わり方がとても心地よかったし、楽しんでon-doc.も歌えています。構えて音楽をやるのではなくて、音楽をすごく身近に感じるようになったのって、on-doc.以降かもしれません。

ゴロー on-doc.をやりはじめたのっていつだっけ…? 2011年の…冬からかな。知世ちゃんが「歌と朗読のコンサートをやりたい」っていうことで、最初にやったのが、青森県立美術館。それからどれくらいやったんだろ?

原田 結構やりましたね…21公演ぐらいですかね。

ゴロー おおー、すごいねー! そんなにやったんだね。しかもコンサートホールとかだけじゃなくて、小さい教会があったり、美術館があったりカフェもあったり…。

原田 旅館も!(笑)

ゴロー そうそう、旅館も。ギャラリーもあったよね。蔵もあった。普段ライブをしないような場所で、お客さんも一番少ないところでは紅茶とお菓子の店・CHATSWORTHの50名かな。たべるとくらしの研究所は80名だったような。知世ちゃんの音楽活動の中で、あんな近い距離で歌ったことないと思うんだけど、どうですか?(笑)

原田 初めてでしたね(笑)。逆にお客さまの方が近すぎてドギマギして…。私がお客さまの立場でもきっとそう思います。でも、すごく顔も見えるし、アットホームな雰囲気はありましたよね。

ゴロー 朗読の時はお客さんがもう息していないんじゃないか、ていうくらい緊張してるお客さんもいて…(笑)。

原田 大体は前半に朗読をやって、後半に歌うのですが、歌の前でリラックスするんですよね。最初は「聞かなきゃ!」というのと「近い!」というので、やっぱり息を殺して聴いてくれていて、それ以降は世間話的なトークもあって、空気が少し和みますよね。

ゴロー うん、うん。でも今までの活動の中であんなに小さなお店であんな距離で、というのはなかったでしょう?

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

原田 うん、ないですね。ないし、ギターと歌だけ、というのも初めてだった。on-doc.はすべての要素を削ぎ落としているから、緊張感もあります。そのはずなのに、ゴローさんと一緒だからか、あまり変な緊張はしていなくて。それが驚きです。

ゴロー 二人のちょっとした呼吸みたいなものもあるからね。朗読のときもそうだけど体調の良いときと悪いときの差は二人きりだからこそ明確に出るよね?

原田 出ます、出ます。それを楽しみながらやれているから、こわいものがないぐらいの経験となっているというか…(笑)。

ゴロー たしかに、本当にいろんなことを経験してますね。

原田 PAも現地の人と「初めまして」から始まるでしょ? それでイスの位置とか、全部やってますよね。

ゴロー 原田知世総合プロデュースだからね、on-doc.は…(笑)。ステージの立ち位置も自分たちで見ます。

原田 お客さまが入ってくる前にいろんな席に座ってみるんですよね。重なっていないか、ちゃんと見えるか、とかね。照明も考えたり。でもそれが、文化祭のようなところもあって…楽しい(笑)。

ゴロー そうそう!

原田 みんなで作っていくような、良くするにはどうしたらいいか、というのをアイデアを入れながらやっているのがon-doc.の面白さ。映画とかアルバムは完成したものを見てもらったり聴いてもらったりするけど、ある意味完成していない状態で、そこも含めて楽しんでもらっているような活動ですね。何より身近に感じてもらうのが一番だと思いますけどね。

ゴロー 場所も違えば、毎回空気も変わるよね。

原田 同じ歌を歌っても全然違って、同じ本を読んでも雰囲気が変わる。ちょうど良いタイミングで踏切や電車の音が入ってきたり。色々そういうこともありましたよね。

ゴロー あったねえ!

原田 そういうのも楽しんでますよね。旅館のときはお座敷でお座布団に座ってましたもんね。カラオケセットがありそうな大宴会場でやったり…(笑)。『noon moon』の制作までに、私たち、少したくましくなったのかもしれませんね。

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

次へ続きます。

ゴローさんと知世さんからのお知らせ

2014年5月7日(水)、原田知世さんの5年ぶりのオリジナルアルバム『noon moon』が発売されます。プロデューサーに伊藤ゴローさんを迎えて制作したこのアルバムの特設サイトがオープンしています。ぜひご覧ください。

原田知世『noon moon』スペシャルサイト
http://www.commmons.com/noon_moon/

原田知世『noon moon』¥3,000(tax out)
全10曲

noon moon
  • 〜収録曲〜
  • 01 青空の月
  • 02 うたかたの恋
  • 03 Double Rainbow
  • 04 A Moment Of Clarity
  • 05 走る人
  • 06 My Dear
  • 07 LOVE
  • 08 レモン
  • 09 名前が知りたい
  • 10 Brand New Day
    *LOVE:セルフカバー(1997年リリース『I could be free』収録)


手紙舎つつじヶ丘本店・手紙舎 2nd STORY店頭、手紙舎オンラインショップでもご購入いただけます。あわせてご利用ください。
手紙舎オンラインショップ/原田知世『noon moon』



スタイリスト・岡尾美代子さんをお迎えした
前回のゴローの部屋は、こちらよりごらんください。

このページのTopへ
このページの感想を送る
今日のお手紙 HOMEへゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて 次へ