ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて 第2回へ今日のお手紙 HOMEへゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて 第4回へ

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

tegamisha

作曲・編曲家、ギタリスト、プロデューサーとして、活躍が目覚ましい伊藤ゴローさん。ソロプロジェクト「MOOSE HILL」やボサノヴァ・デュオ「naomi & goro」としても活動しています。この連載では、ゴローさんにゆかりのあるさまざまなクリエイターの方々をゲストに迎え、“本音トーク”を語っていただきます。

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

今回の対談相手は、原田知世さん。1982年のデビュー以来、『時をかける少女』で映画初主演、近年は映画『サヨナラCOLOR』『紙屋悦子の青春』『しあわせのパン』や、ドラマ出演、ドキュメンタリー番組のナレーションなど幅広く活躍されています。歌手としても、鈴木慶一さんや、トーレ・ヨハンソンさんを迎えてコンスタントにアルバムを発表。高橋幸宏さんらと結成したバンドpupa(ピューパ)としても活動しています。

そして、2014年5月7日(水)に原田知世さんの5年ぶりのニューアルバム『noon moon』がcommmons(エイベックス)よりリリースされます。プロデューサーは前作『eyja』と同じく伊藤ゴローさん。アルバムツアー を控えたお二人が、今回のアルバムが生まれるまでのエピソードや、お互いのことについて言葉を交わしました。2008年以来となる「ゴローの部屋」。アルバムを聴くのがますます待ち遠しくなる豪華な対談をお届けします。

|第3回|ゴローさんの“太い”メロディー|

原田 今回のアルバムを制作するにあたって、ゴローさんが、“太い”メロディーが書きたい、ということをおっしゃっていたんですよね。

ゴロー 知世ちゃん! それ取材のときに結構言ってるけど、俺そんな事言ってたっけ…(笑)。

原田 言いましたよ。しかも極太って…(笑)。

ゴロー そうか…。でも、うーん、なんか違う言い方ないかな…。

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

原田 まあまあ。その言葉を聞いて驚きはしましたが、私はそれがおもしろいと感じたんです。シンプルなんだけれども、一度聴いて印象に残ったり、子どもでも覚えられるメロディー。それがゴローさんの言うところの“太い”メロディーとするならば、私もそういう曲が歌いたい、と思いましたし、自分の中でもちゃんと腑に落ちて、その話を受け止めれたんです。元々on-doc.をやっていたとき、二人だけだから、じゃあ何を歌おうか、となったときにファンの方が好きだと思ってくれてる曲はもちろんのこと、シンプルにしたときに歌のメロディーがすごく大事だ、ということを感じたんですよね。で、今回はon-doc.のように全部削ったときにも成立するような曲でアルバムが1枚できたらおもしろいな、と思ったし、それはつまり、ゴローさんが言っていたメロディーがたくさんあるということかな、と。

ゴロー なるほど、なるほど。確かにああやって二人でやると分かるよね。すごく良い曲だな、と思ってやろうとしても、2人だと音楽として成立しない曲がいくつもあったんだよね。

原田 でもやっぱり良い曲って、本当に何も無くても、下手したら歌だけでも、ちゃんと届く、感じるものがある。ゴローさんからは、毎回いろんなタイプの曲が生まれてきたから、その曲が持っているものはどれもカラーが違うけれど、どれも印象的で、明確にメロディーが分かるというか。私の甥っ子や姪っ子に聴かせると、すぐ覚えたりしてくれて。子どもってやっぱり素直で純粋だし、入ってくるものにはすぐ反応するけど、そうでもないと、するっと流れていくところがあるかと思うんですけど、どの曲も良いねって覚えてくれていたから、これは間違ってないな、と思ってやっていましたね。

ゴロー うん、うん。それはうれしいね。

原田 ゴローさんのソロアルバムとか、naomi & goroのアルバムとか、毎回どれも違う大きな世界観をもってらっしゃいますが、1曲1曲に対してもこんなに引き出しがあるんだという“底力”を感じましたね。私が「匠」で、ゴローさんが「底力」、そして「極太」のメロディー!(笑)

ゴロー 一体何つくってる人たちなんだろう…(笑)。引き出しがあるから…家具職人かな?

原田 曲をもらう度に驚きましたよ。「今回こんな曲なんだ!」って。それが一枚のアルバムになったとき、一つの世界観としてまとまったところがとても素晴らしいな、って。カラーが違うものがあると、きっとあっちいったり、こっちいったりするじゃないですか。あれもこれもしたかった、というところで終わったわけではなくて、それをちゃんと一つのアルバムとして、全体をみてサウンドをまとめて作ってくださったので、一つの“空気感”が流れている気がします。聴いていて心地良いな、って。あっという間に聴き終えてしまう。

ゴロー メロディーが先に出来て、知世ちゃんのアカペラでも聴ける、という曲は最近自分でも一番憧れるというか、すごいな、と思いますよ。単に有名な曲だからアカペラで聴ける、というよりも、アカペラで成立するぐらいメロディーがしっかりしている方が良いな、と思っていて。自分もいろんなタイプの曲を作ってきたけど、ぼんやりした曲というか“薄口”の曲作りもしてみたいな、とか、上手く表現できないけど、メロディーよりも言葉が重要、サウンドが重要、というような曲も作ってみたいと思うことがある。でも、今回のアルバムはやっぱりメロディーに焦点を当てた曲作りが自分がしたい事かな、と思いました。試しに色々曲を作るじゃないですか。それで生き残っていくのはこういうものなんだな、という確認をしたような。それが“太い”っていうことかな…(笑)。

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

ゴロー このアルバム一枚に“トータル感”があるのは、知世ちゃんが歌詞を書いてるから、という気がするけど、どうかな(『レモン』と『名前が知りたい』以外は原田知世さんが歌詞をかいています)。詞を担当する人が1曲1曲違っていたら、全然違うアルバムになるだろうし。そう考えると、やっぱりそれぞれの曲がもつ言葉のイメージが一緒だからかもね。じゃあ、ここで「ゴローの部屋」に来てくれた皆さんのために、知世ちゃんに『noon moon』というタイトルの意味を話してもらおうかな。

原田 そうですね。「月」というのは、自分の書く歌詞にもよく出てくる言葉で、元々私自身も月を見上げることが多くて、好きなこともありましたね。月って満ち欠けがあって、どんどん形が変わっていくんだけれども、でも、いつも会える、いつもそこにいる。私たちが生まれる前からずーっと変わらないものであって、でも、見えている姿は変わっていくもの。それが、アルバムを作るにあたってキーワードになればいいな、と思ったんですね。私自身もこうやって人と出合って、仕事をしていって、いろんな風に変化していくし、でも自分自身変わらない部分もあって。月のイメージと私自身がどこか重なる、重ねて考える部分もあったり。月って女性的なイメージもありますからね。そういったキーワードから今回始めてもいいのかなって、思ったんですね。

そこからゴローさんがいろんな曲を書いて、私も詞を書いて、アルバムもまったく違う曲が並んでいて、1曲1曲が月の満ち欠けにようにも思える。タイトルとしては、響きが良かったり、ぴんとくる言葉にしたかったので、「moon」がつく言葉をみんなですごく探して、最終的に見つかったのが「noon moon」でしたね。たまたま私が書いた詞も『青空の月』という曲になって、月の中でどういう月が好きかと聞かれれば、透けている青空の月が好きなんですね。だから、その言葉が良いな、と。文字にしたときのデザインも良い。アルバム制作の後半で「noon moon」という言葉に落ち着きましたけど、月やその満ち欠けをテーマにしようか、というコンセプトはレコーディングする前から決まっていました。

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

ゴロー レコーディング中もたくさん月の言葉を探したよね? そういえば昼間の月を何て呼ぶんだろう、って。“月”としか言ったことがないな、と。子どもの頃発見したときはびっくりしたけどね。あれが月なんだ、って驚いた。

原田 月ってミステリアスなイメージがあるけど、青空の月は見つけたときうれしいですよね。

ゴロー 確かに。これを機にあの月をみんな「noon moon」って呼んでくれるといいよね!

原田 そうですね、ゴローの部屋をきっかけに後世に伝えていかないと! 昔々あるところに伊藤ゴローさんと原田知世さんという人がおりまして…(笑)。

ゴロー あの月をnoon moonと名付けましたー、みたいな感じにね(笑)。

次へ続きます。

ゴローさんと知世さんからのお知らせ

2014年5月7日(水)、原田知世さんの5年ぶりのオリジナルアルバム『noon moon』が発売されます。プロデューサーに伊藤ゴローさんを迎えて制作したこのアルバムの特設サイトがオープンしています。ぜひご覧ください。

原田知世『noon moon』スペシャルサイト
http://www.commmons.com/noon_moon/

原田知世『noon moon』¥3,000(tax out)
全10曲

noon moon
  • 〜収録曲〜
  • 01 青空の月
  • 02 うたかたの恋
  • 03 Double Rainbow
  • 04 A Moment Of Clarity
  • 05 走る人
  • 06 My Dear
  • 07 LOVE
  • 08 レモン
  • 09 名前が知りたい
  • 10 Brand New Day
    *LOVE:セルフカバー(1997年リリース『I could be free』収録)


手紙舎つつじヶ丘本店・手紙舎 2nd STORY店頭、手紙舎オンラインショップでもご購入いただけます。あわせてご利用ください。
手紙舎オンラインショップ/原田知世『noon moon』



スタイリスト・岡尾美代子さんをお迎えした
前回のゴローの部屋は、こちらよりごらんください。

このページのTopへ
このページの感想を送る
ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて 第2回へ今日のお手紙 HOMEへゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて 第4回へ