tegamisha

「シンプルでナチュラルな暮らしをしたい」という女性たちの心を、
これまでは存在しなかった、ファッションという切り口で
いち早く雑誌という形にした『ナチュリラ』。
昨年10月の創刊以降、ナチュラルなおしゃれを楽しみたい女性たちのなかで人気を博し、話題となっています。
今人気のあの雑誌は、どんな人が、どのように作っているのでしょうか?
そこで、自身も「ユルリナ」というリトルプレスを制作し、
本づくりの現場に興味津々のshachiさんが、
「今日のお手紙」特派員として、
『ナチュリラ』編集部チーフの大塚美夏さんを訪ねました。
制作の裏側や大塚さんのプライベートまで、
『ナチュリラ』読者必見!のインタビューです。

|第5回|大人のナチュラルを目指して|

お手紙 『ナチュリラ』を創刊してから、今では「ナチュリラスタイル」というものが確立してきているように思います。大塚さんが考える「ナチュリラスタイル」はどんなものですか?

大塚 そうですね。『ナチュリラ』では割とスタンダードで、あくまでも大人のナチュラルを目指したいと思っています。全身だらしない感じとか、いわゆる“ママさん”風といったスタイルはこの本ではやらないと決めています。大人が普段、“ちょっとおしゃれで心地よくいるために選ぶ服”ということで、老舗やスタンダードなブランドのものだったり、かごバッグはやっぱりはずせないなとか、レペットいいよねとか、そういう定番アイテムを中心に提案したいと思っています。

お手紙 かごバッグにレペット…! まさにナチュラルスタイルが好きな方には定番のアイテムですね。

大塚 定番アイテムの組み合わせ次第で、なんとなくナチュラル風な着こなしにはなると思うんですが、そこから一歩上のおしゃれを楽しみたい!と思っている人が多いと思います。では、それを具体的にどうするのか、ということを提案していけたらと。たとえば、みなさんが持っているボーダーのカットソー。ジーンズとの組み合わせはよくある着こなしだと思うのですが、ここにカーキのミリタリー風のコートを持ってきたり、ハードなテイストの靴を持ってくることで素敵な着こなしになりますよね。ほんのちょっとのランクアップおしゃれを、誌面で提案していきたいと思っています。

お手紙 『ナチュリラ』が成功されたことによって、これからナチュラル系のファッション誌が次々と増えてくると思いますが…。

大塚 そうですね。他誌のことを気にしていても仕方がないですが、市場の活性化につながるのなら、それはそれでいいのかなと思います。でも、このジャンルでは一番初めに立ち上げた雑誌ということで、コンセプト的にはすごくしっかりしていると思うんです。何かの真似じゃないし、そこが揺るがなければ大丈夫かなと。常に読者のほうを向いて、1ページいくらで買ってもらっているという意識を持って作っています。自分が買う立場だったら、「このページ、いらないんだけど…」という雑誌はいやなので、「全ページ通しておもしろかった!」と思える本を作りたいと思っています。

お手紙 さて。『ナチュリラ』発行のきっかけは昨年の「花市」だったとお聞きしましたが、今年も4月26、27日に東京・狛江市の泉龍寺で「花市」が開かれます。なんと、26日には大塚さんが『ナチュリラ』のファッションスナップ隊として来ていただけるそうですね!

大塚 はい! 私も昨年の「花市」や「もみじ市」に出かけてみて、本当におしゃれなお客さんが多いな、と思ったんです。そこでぜひ、9月発売予定の『ナチュリラ vol.3』でみなさんの着こなしをご紹介させていただけたらと…。私も『ナチュリラ』の名に恥じないようにおしゃれしていきますので(笑)、当日はぜひ、撮影させていただけたらうれしく思います。

お手紙 おしゃれなお客さんにお話を伺うのは、とても楽しそうですね。

大塚 学生の頃も、クラスの中に必ずおしゃれな女の子っていたじゃないですか? いつもその子のことが気になっていて、たまに「その洋服、どこで買ってるの?」なんて聞いたりしていたんです。おしゃれな人の持ち物や着こなしって気になりませんか? 街に出ても、やっぱりおしゃれな人に目がいってしまうんです。

お手紙 おしゃれな友達や街中を歩くおしゃれさんが、一番身近なファッションの参考になりますもんね。

大塚 そうなんですよ。だからといって、そういう人をジロジロ見るわけにはいかないし、捕まえて「これ、どこの洋服?」なんて聞くことはできないので(笑)。それだったら、この本で見せてあげよう、という思いもあります。26日の花市では、どんなおしゃれさんに出会えるのかとても楽しみです。

お手紙 最後に、今日お話を聞いていて思ったんですが、大塚さんは本当に全身全霊で本づくりをしていらっしゃるのですね。

大塚 はい。さすがに、毎回校了したときはヘロヘロですけどね…(笑)。とにかく、本づくりが好きなんですよ。

お手紙 今日はお忙しい中、本当にありがとうございました!

大塚 こちらこそ、ありがとうございました。

HOMEにもどる

聞き手●shachi
小さくてハッピーなリトルプレス「ユルリナ」を気まぐれで発行する、ファッションとおいしいモノが大好きな自称"乙女"。まもなく完成予定の最新号「ユルリナ05」の制作の裏側を綴った「ユルリナとわたし」が、来週より本サイトにて連載スタート!

「ナチュリラ」編集部・大塚美夏さんからのお知らせ

[ナチュリラ編集部、花市へ]


大塚さん率いる『ナチュリラ』の「ファッションスナップ 隊」が花市にやってきます!
花市で出会ったおしゃれさんたちを、「ファッションスナップ 隊」が撮影し、『ナチュリラ vol.3』でご紹介させていただきます。ぜひ、おしゃれして来てくださいね。

撮影日:4月26日(土)
*雨天で中止の場合は27日(日)に延期
掲載号:『ナチュリラ vol.3』(9月中旬発売予定)


[ 最新号のお知らせ ]

ナチュリラvol.2

¥980
主婦と生活社

CONTENTS
  • テイスト別ナチュラル!大人気おしゃれさんの3か月コーディネート
  • 海辺で暮らす服
  • 布バッグとかごバッグ
  • ぺたんこ靴でつくる大人ナチュラルな足元お手本帖   ほか

※ 詳細は、主婦と生活社ホームページをご覧ください。

このページのTopへ
このページの感想を送る