NEWS & TOPICS

ニュース

2018.12.05

「農園の手紙舎」(東京都立川市)、オープニングスタッフ募集!

2019年1月、手紙社にとって新しいお店が誕生します。手紙社のルーツであり“魂”と言っても良いイベント・もみじ市に、2006年の初回から参加している鈴木農園。無農薬・無化学肥料で野菜を育てる鈴木農園の一角に、かつて、ゼルコバというパン屋さんがありました(現在は山梨県白州町に移転)。そのゼルコバのカフェがあった場所で、手紙社がお店をやらせていただくことになりました。築100年以上経つ蔵の中で、土鍋ご飯と野菜を中心にしたお料理を提供するお店です。

メニュー開発は、こちらも手紙社にとってとても大切な存在である、アンリロの上村真巳シェフ。栃木県が生んだ伝説のフレンチベジタリアンと手紙社、鈴木農園がタッグを組む、我々自身がとてもワクワクしているお店です。是非、新たな歴史の始まりを、一緒に作ってください!

以下に、現役スタッフのインタビューも掲載しています。また、鈴木農園とアンリロとのつながりについて、代表の北島がお手紙(コラム)を書いています。これを読んで何かを感じてくれたみなさまとの出会いを、楽しみにしています。

【現役スタッフの声】
◎カフェチームアルバイトスタッフ・久保田知美の場合


Q01. 手紙社に入社して何年目ですか?
4年目です。

Q02. 手紙社に入社したきっかけ・理由を教えてください
元々、紙モノ雑貨が好きで、最初は手紙舎の雑貨店に通っていて、そのあとにカフェの存在を知り、カフェ巡りも好きなので、カフェも何度か通っているうちに、ここで仕事がしたいと思い始めて、現在に至ります。

Q03. カフェチームでどんな仕事を担当していますか?
2nd STORYに勤務しています。主に早番の時間帯に入り、ランチの仕込み、オープン後はランチの調理、デザートタイム、仕込みをしながら夕方まで勤務しています。

Q04. 手紙社とは、ひとことで言うとどんな会社ですか?
仕掛け絵本。常に新しいことにチャレンジしているので、ページをめくると次はどんな展開が待っているんだろう? というワクワク感に似ているからです。

Q05. 手紙社カフェチームは、ひとことで言うとどんなチームですか?
家族のようなチーム。年齢はバラバラですが、スタッフ同士も仲が良く、信頼し合っているので、共に支え合い、助け合えるとても良いチームだと思います。

Q06. 2nd STORYは、どんな場所ですか?
移動式遊園地。半月に一度のペースで、代わる代わる作家さんの個展が開催されるので、毎回ワクワクします。身近で素敵な作品を見ながら、感じながら、カフェでも作家さんとのコラボメニューが登場するので、毎回違った景色で、作家さんの作品と一体化した空間になるからです。

Q07. カフェの仕事で、楽しいところは?
お客様とお話をしたり、料理を作っている時は楽しいです。

Q08. カフェの仕事で、しんどいところは?
しんどいということはあまり感じた事はないのですが、オープン直後に満席になってしまった時は、ハラハラドキドキしますが、全てのお客様に提供できた時は、とても達成感があります。

Q09. どんな人が、手紙社カフェチームに向いていると思いますか?
ものづくりが好きな人、人と関わるのが好きな人、体力に自信がある人。

Q10. 手紙社で仕事をしている中でいちばん感動した瞬間を教えてください
お客様からの声はやはり感動します。とても美味しかった、良い時間が過ごせた、ありがとうと言われると、とても嬉しく、励みになります。

Q11. これから手紙社でやってみたい仕事は何ですか?
メニュー開発です。

Q12. 手紙社の一員として誇りに思っていることを教えてください
元々自分自身が手紙社のファンだったので、好きな会社で好きな仕事をさせて頂いていることが誇りです。

 

◎カフェチームアルバイトスタッフ・立花陽平の場合

Q01. 手紙社に入社して何年目ですか?
約1年半です。

Q02. 手紙社に入社したきっかけ・理由を教えてください
友達の紹介でつつじヶ丘の本店にはじめて行ったとき、あのゆったりとした空間の居心地の良さに心を奪われました。僕は田舎出身なので周りの街並みがどこか懐かしくも思えて、こんな場所で働いてみたいと思ったのがきっかけですね。

Q03. カフェチームでどんな仕事を担当していますか?
本とコーヒーtegamishaに、主に勤務しています。コーヒーを入れたり、焼き菓子を焼いたり、料理をお客様に提供させていただいています。

Q04. 手紙社とは、ひとことで言うとどんな会社ですか?
みなさん新しいイベントや個展、新メニューなどを常に計画していて、とてもクリエイティブな会社だと思います。

Q05. 手紙社カフェチームは、ひとことで言うとどんなチームですか?
優しいチームです。本当にみなさんの心が温かいです。

Q06. 本とコーヒーtegamishaは、どんな場所ですか?
手紙社の焙煎士である関根さんの自家焙煎コーヒーをいちばん美味しく飲める場所です。僕はコーヒーの本当の奥深さをここで知りました。書店にはお気に入りの本が並び、好きな音楽も流れていて、改めて考えると贅沢な空間ですね。

Q07. カフェの仕事で、楽しいところは?
季節の食材や、個展にともなって新しいメニューを提供しているところですね。今まで知らなかった食材や料理にたくさん出会えるので、毎回楽しみです。本とコーヒーでいうと、普段なかなかできないコーヒーの飲み比べができるので最高に楽しいですよ。

Q08. カフェの仕事で、しんどいところは?
しんどいところですか……はじめてのイベントでナポリタンのフライパンを振り続けて翌日筋肉痛になったことですかね(笑)

Q09. どんな人が、手紙社カフェチームに向いていると思いますか?
手紙社のみなさんは本当に素敵で個性豊かな方ばかりですので、手紙社のことが好きであればどんな人でもきっと大丈夫だと思います。

Q10. 手紙社で仕事をしている中でいちばん感動した瞬間を教えてください
やっぱりお客様に喜んでもらえたときが何よりですね。自分が作ったマフィンとコーヒーを、今まで食べてきた中で一番美味しかった。と言ってもらえたときは特に感動しました。

Q11. これから手紙社でやってみたい仕事は何ですか?
最近、書店で販売しているCDの紹介文を書かせていただきました。手紙社で扱っている333DISCSさんのCDはどの作品も素晴らしいので、これからもっとたくさん紹介できたらと思っています。

Q12. 手紙社の一員として誇りに思っていることを教えてください
数多くの作家さんが集う手紙社で働けること、誇りに思います。

 

【募集概要】
職種:新店舗「農園の手紙舎」アルバイト(新店舗オープニングスタッフ)
仕事内容:調理、サービスなど、お店に関わる全ての業務を行っていただきます。鈴木農園の畑に一緒に行って収穫をしたり、作って欲しい野菜をリクエストしたり、そんなこみゆニケーションも大切にしていきたいと考えています。
勤務地:東京都立川市西砂町5丁目6
勤務時間:シフト制
勤務日:週3日以上(アルバイト)
資格:土日、どちらかは勤務できる方。未経験者、学生、主婦の方歓迎します

【応募方法】
以下のルールに基づいて、メールでお送りください。応募より1週間以内にお返事をいたします。書類選考を通った方のみ、面接に進んでいただきますのでご了承ください。

メールの宛先:recruit(アットマーク)tegamisha.com
✳︎(アットマーク)を@に変えて、お送りください
メールの件名:「農園の手紙舎スタッフ応募」としてください
メールの設定:お返事は、いただいたメールにそのまま返信いたします。「@tegamisha.com」からのメールを受けられるような設定をお願いします。

メールの本文:以下の質問に対する回答をお書きください、
01. お名前
02. 生年月日
03. ご住所
04. 電話番号
05. 高校入学以降の学歴
06. 職歴(職務経歴書を別に添付していただく形でも大丈夫です)
07. 現在のお住まい状況(例:ひとり暮らし、親元暮らし)
08. 勤務開始可能日
09. 希望勤務日と勤務時間
10. 手紙社で働きたい理由
11. 手紙社でどんな仕事をしてみたいですか?
12. 将来、なりたいものがあれば書いて下さい
13. 好きなお店
14. 好きな作家(文学系でも、ものづくり系でも)
15. 客観的に見たご自身の長所
16. 客観的に見たご自身の短所
17. 今回の仕事をする上でもっとも活かせそうなご自身の具体的能力
18. 得意な料理
19. ご自身の写真を添付(メールに添付お願いします)

お問い合わせ先:メールの宛先:recruit(アットマーク)tegamisha.com
✳︎(アットマーク)を@に変えて、お送りください
✳︎本件のお問い合わせについてはメールのみで受け付けております