NEWS & TOPICS

ニュース

2019.07.16

手紙舎紙ものフェア in 豊橋 8/9(金)〜11(日)

手紙社のフェアを初めて豊橋で開催します。愛知県に手紙社が出張するのは、2016年の東海蚤の市以来でしょうか。東海での紙ものフェアは、昨年の三重県「喫茶tayu-tau」さん以来となります。そして、tayu-tauをはじめとしたお店とともに、この地域には、わたしたちが心から愛して止まない作り手がたくさんいます。その中の1人、松本寛司さんは、手紙社草創期から店舗やもみじ市などに卓越した技術とイマジネーションによる木の道具を届けてくれている作り手です。今回、豊橋でのフェアを熱烈に勧めてくれたのが、この松本寛司さん。開催場所は、寛司さんのパートナー・桜子さんが営む花屋「Sakura Hanamise」なのです。

寛司さんと桜子さんは、常に“本当の豊かさ”を意識しながら人生を歩んでいます。食べもの、道具、音楽、自然との交わり。体にも心にも良いものを取り入れながら生活を楽しんでいるように思えます。お店では定期的に地元の作家さんの展示をして、カフェを呼び、自分たちの愛するものを紹介しています。そんなお2人からのオファーが嬉しくないはずがありません。懐の深い松本夫妻とともに開催する豊橋でのフェア。マスキングテープやメモパッド、レターセットなどの紙ものをはじめ、全国の作り手たちとともに制作してきた手紙社オリジナル雑貨を中心にできるだけたくさんの商品をお持ちします。

会期中には、浜松のカフェ・Rachelによる冷やしたレモンケーキとドリンクの販売(9日)、田原のtsunagu cafeによる自家製シロップのかき氷販売(10日)、新城市のCafe 爾今 -にこん-による軽食とドリンクの販売(11日)を日替わりで行います。東海地方のみなさん、この機会にぜひ豊橋まで遊びに来てくださいね。

【手紙舎紙ものフェア in 豊橋】
会期:8/9(金)、10(土)、11(日) *8/20(火)〜28(水)の期間中も一部取り扱いあり
会場:Sakura Hanamise(愛知県豊橋市牛川町字中郷15-1)
TEL:0532-39-5470
OPEN 11:00-18:00