今日のお手紙

     

【10/3〜10/31 YURI HIMURO織物展 手紙舎台灣店】

“一本のハサミで表情が変わる自由なテキスタイル”

デザイナー・氷室友里さんの作るテキスタイルは、自由な遊び心に溢れています。織の構造と探究心をくすぐるモチーフが合わさった生地の、“一部の糸”をカットすることで、トリケラトプスの化石が現れたり、ひこうき雲が連なったり、傘には降り注ぐ雨の跡を描くことができます。氷室さんのテキスタイルと一本のハサミがあれば、誰しもが“テキスタイルデザイナー”になれるのです。海外にも積極的に発表し続ける氷室さん、台湾では初となるフェアをどうぞお見逃しなく。

湖で泳ぐ女性の後ろをハサミでカットすると……。

なんと、糸目がまるで泳いだ軌跡のように!

また、10月21日、22日には、オリジナル生地を使ったファブリックボード作りのワークショップも開催。
氷室さんのカットクロスの中から、好きなものを選んでB4サイズ(364×257mm)のファブリックボードを作ります。飛行機柄をカットして思い思いの青空を作ったり、発掘柄をカットして恐竜を出現させたりと、氷室さんご自身に教わりながら貴重なテキスタイルのカット体験もできます! そんな摩訶不思議なファブリックボードをお部屋に飾ったなら、きっと来客の視線も集中。「これ、私が作ったのよ!」なんて自慢もできそうです。

【手紙舎台灣店】YURI HIMURO織物展
秋老虎發威的躁熱天氣,手紙舍要為您帶來一股舒服的涼風。在十月推出日本設計師YURI HIMURO(氷室友里)的創作織品展,作家本人也會在21到22日來到現場,與大家分享創作織品的樂趣。
YURI HIMURO畢業於日本多摩美術大學,曾於芬蘭學習織品藝術和設計,經常以人在自然中生活或工作場景為素材製作。北歐的生活經驗,也讓她的織品有著冬日的景緻。
她利用織品的雙層設計,讓使用者可以用剪刀減去上層的織線,再次創作出專屬自己的織品。
她抱著對於紡織物的愛,細緻地處理表面與內裡的不同花紋、從不同的角度看時,布材會呈現各式樣貌,強調作品的互動感,是YURI HIMURO的特色。
這次也會舉辦WORKSHOP,敬請期待!

【YURI HIMURO織物展 at 手紙舎台灣店】
日期:2017年10月3日(二)~10月31日(二)
地點:小器華山生活空間 台北市八德路一段一號 華山文創園區 中四B館
電話: 02-2351-1201

◎氷室友里ワークショップ ファブリックボードを作ろう!
氷室さんのオリジナルテキスタイルを使用して、B4サイズ(364×257mm)のファブリックボードを作ります。
日期:2017年10月21日(土) 14:00~15:30
2017年10月22日(日)14:00~15:30
地點:小器華山生活空間 台北市八德路一段一號 華山園區 中四b館
參加費用:2800元
申込方法:要予約
E-mail huashan@thexiaoqi.com まで、お名前・メールアドレス・連絡先・参加人数をお送りください。
定員:4名

【手紙舍台灣店】YURI HIMURO氷室友里WORKSHOP 工作坊

10/21、10/22兩天,
將舉辦氷室友里WORKSHOP「雙層布料剪裁創作」!

從氷室小姐的布料中選出喜歡的款式,
做成B4尺寸的無框布畫,以此剪裁創作。
飛機布板剪一剪,剪出蔚藍青空;
考古布板剪一剪,剪出恐龍……
氷室小姐親自教學,帶您體驗難得的雙層布料剪裁創作。
將這樣奇妙有趣的無框布畫裝飾在屋中,
想必能獲得所有人的視線吧~

「這是我自己做的喔!」
能像這樣驕傲地向大家分享自己的成果呢! 

【氷室友里 雙層布料剪裁創作 WORKSHOP】
使用氷室小姐原創的特殊布料,
製作約B4大小(364×257mm)的無框布畫。

日期:2017年10月21日(六) 、10月22日(日) 14:00~15:30
地點:小器生活空間 華山店
參加費用:2800元
參加方法:即日起於臉書私訊報名,或寄信至huashan@thexiaoqi.com
來信請註明姓名、聯絡電話、欲參加日期、報名人數,收到回覆即報名成功。

更多介紹➡️https://www.facebook.com/xqhuashan/posts/501698913524073
http://tegamisha.com/69511

有任何問題歡迎來電詢問!

【po-to-bo個展「irodori」 at 手紙舎 2nd STORY 10/31〜11/12】ブローチ作りワークショップを開催します!

陶磁器を使って、華やかで愛らしい作品を手がけているpo-to-bo。10月31日(火)から始まる手紙舎での個展「irodori」では、文字通り“いろ”とりどりの作品をたくさん持ってきてくれるとのこと! さらに11月4日(土)、5日(日)の週末には、ブローチ作りのワークショップも開催します。

動物や植物、食べ物などの数あるpo-to-boの作品の中でも、ひときわ乙女心をくすぐるお花とリボン。今回はこの2種類のモチーフ両方を粘土からかたちづくり、色をつけていきます! 製作したブローチは一度お預かりし、po-to-boの工房で焼成、後日みなさまの元にお届けします。お気に入りの色を施した自分だけのアイテムは、装いに添えるだけでいつもとはちょっと特別な気持ちに。心までカラフルにしてくれるブローチを、ぜひ自らの手でつくってみてくださいね。

【ブローチ作りワークショップ】
日程:11月4日(土)、5日(日)
時間:10:00〜11:00
定員:各回8名
会場:手紙舎2nd STORY(東京都調布市菊野台1-17-5 2F)
参加費:3,800円(税込)
お問い合わせ先:tel.042-444-5367
お申し込み方法:10月16日(月)10時より、こちらのサイトにて受付を開始いたします。
※お花は、赤・青の2色から、リボンは赤・青・黒の3色からお選びいただけます

【po-to-bo個展「irodori」】
会期:2017年10月31日(火)〜 11月12日(日)
※11月6日(月)は定休日
営業時間:12:00〜23:00(22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
作家在廊日 10/31(火)、11/4(土)、5(日)
po-to-bo公式サイト:http://po-to-bo.com/

【九ポ堂の活版印刷ワークショップ「珊瑚の森郵便局のボトルレターをつくろう」】10/21(土)手紙舎鎌倉店

本日より手紙舎鎌倉店で開催している、その名も「鎌倉活版フェア」。このフェアでたくさんの商品を提供してくれている、架空商店街シリーズでお馴染みの“活版プリンター”である九ポ堂が、1日限定のワークショップを行います。テーマは「海」と「郵便」。“鎌倉”と“手紙舎”にちなんで考えていただいたスペシャルな企画、皆様のご参加をお待ちしています。


⬆︎クリックすると大きくなります

【九ポ堂の活版印刷ワークショップ「珊瑚の森郵便局のボトルレターをつくろう」】
九ポ堂の架空商店街「海」シリーズに登場する「珊瑚の森郵便局」が販売するメッセージボトル便を実際に作ってみよう、というワークショップです。お好きな瓶を選び、便箋の罫線を活版印刷機で刷り、切手タグにオリジナル消印スタンプを押していただきます。空想が広がる楽しいワークショップです。ぜひ、ご参加ください!

日時:2017年10月21日(土)11:00~18:00
場所:手紙舎鎌倉店(鎌倉市長谷2-5-41 tel 0467-38-5035)
料金:1000円(予定)
✳︎予約不要、先着順の受付となります

九ポ堂
酒井草平さん(三代目九ポ堂)と酒井葵さんによる、活版クリエイティブユニット。草平さんの祖父・勝郎さんが所持、使っていた印刷機を始め、多くの活版印刷機を用い、極めて空想的で、独創的な世界観の作品を発表し続けている。屋号の由来は、勝郎さんが9ポイントの活字を主に使っていたから。

【po-to-bo個展「irodori」 at 手紙舎 2nd STORY 10/31〜11/12】

華やかで愛らしいピンク
風薫る爽やかなグリーン
明るく光り輝く黄色
深い落ち着きをもたらす紺碧

ぽってりとした質感の陶磁器をキャンバスに
広がっていくのは、魔法のような色の世界
po-to-boの作品が、あなたの日々をカラフルに彩ります

pottery(陶器)とporcelain(磁器)を用いてpoetry(詩的)に物を作っていきたい。そんな願いが込められたpo-to-boの作品は、まるで物語の中に迷い込んだかのように美しく、生き生きと輝きます。そんなpo-to-boが、待望の個展を手紙舎にて開催いたします。遠く北の地から届く冬の空気のように澄み渡った美しい作品たちは、心を惹きつけて離さないことでしょう。色とりどりの作品が、あなたを幻想的な世界に誘います。

Topic1.“いろいろ”な陶磁器作品が大集結!
多種多様な模様や色彩が施された、po-to-boの作品が一堂に会します。今回の個展に合わせ、「いろどり」と名付けられた鳥のブローチと豆皿も登場。どうぞお楽しみに!

Topic2.ブローチ作りワークショップ
お花とリボンのブローチを粘土からかたちづくり、色をつけていきます。
開催日:11/4(土)、5(日)
参加費:3,800円
※詳細は手紙社公式サイトにてお知らせします

Topic3.個展限定スペシャルメニュー
会期中、手紙舎 2nd STORYのカフェでは特別メニューをご用意いたします。po-to-boの作品をイメージした、目でも舌でも楽しめるお料理を心ゆくまでご堪能ください。

【po-to-bo個展「irodori」】
会期:2017年10月31日(火)〜 11月12日(日)
※11月6日(月)は定休日
営業時間:12:00〜23:00(22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
作家在廊日 10/31(火)、11/4(土)、5(日)
po-to-bo公式サイト:http://po-to-bo.com/

【表現の学校 特別授業「コーヒードリップ&ゼリー作り教室」10月27日(金)講師:関根利純】

9月26日から始まったコーヒーゼリー総選挙。たくさんの方にお越しいただき、誠にありがとうございます。それぞれの店舗で違うコーヒー豆を使用してゼリーを作っていることにお気づきでしょうか? 奥深いコーヒーの世界を味わっていただきたく、表現の学校でも人気のコーヒー講座が、特別授業「コーヒードリップ&ゼリー作り教室」を開講いたします。手紙舎のコーヒーマスター・関根利純が、イチから丁寧にドリップの方法をお教えいたします。また、ドリップしたコーヒーを使って、ご自宅でも美味しいコーヒーゼリーが作れるコツを伝授します。

【表現の学校 「コーヒードリップ&ゼリー作り教室」】
日程:2017年10月27日(金)
時間:19:15〜21:15
受講料:2,500円(税込)
定員:8名
参加資格:これから珈琲をドリップしたい方、ドリップをし始めている方(初心者向け)
教室:本とコーヒー(東京都調布市菊野台1-17-5 1階)
お問合せ先:tel.042-444-5367
お申し込み方法:10/6(金)19:15〜、こちらのサイトにて受付を開始いたします。

内容:
手紙社が経営する本と珈琲の店、その名も「本とコーヒー tegamisha」。珈琲のドリップからオリジナルブレンドの焙煎まで手がけるマスター関根利純が、ドリップの魅力、煎り方の違い、淹れ方のポイントについてじっくりとお伝えすることで、珈琲のある生活をさらに豊かにするお手伝いをいたします。

◎珈琲の様々な淹れ方について
手紙舎カフェでの淹れ方をお伝えします

◎ドリップに必要な器具について
コーヒーをドリップする時の必要なものを解説します

◎珈琲の違い
豆の新鮮さ
浅煎り/中煎り/深煎りの違い
珈琲の楽しみ方

◎実際の淹れ方
ペーパードリップでの淹れ方
豆を挽く事から始まる作法をみなさまとご一緒に

◎コーヒーゼリーの作り方
浅煎り、深煎り、それぞれのコーヒーゼリー
なにでコーヒーを固めるのか

関根利純からのメッセージ
「自分でドリップしたコーヒーはなんとも愛おしいものです。この講座では、手紙舎でおこなっているドリップの仕方をご案内することで、これから珈琲をドリップしてみたい方、ドリップをしている方が、豊かなコーヒーライフを送る一助になれば、と思っています」

関根利純/プロフィール
群馬県出身の元会社員。仙川での第1回もみじ市からスタッフとして従事したのち、2012年に手紙社に参加。以降は「珈琲道」へ一直線。日々ドリップを続け、並行して焙煎の修行も開始。2015年「本とコーヒー tegamisha」のオープンにあわせ、念願の焙煎機を導入。「直火」の焙煎への愛から日々作業に明け暮れた結果、手紙社にとって初となるブレンド珈琲3種を完成させる。

【10/17-10/29 『I Love Youの訳し方』ジュリエット・スミス原画展 & 10/29トークイベント at 本とコーヒーtegamisha】

<月が綺麗ですね>

夏目漱石が「I Love You」をそう訳したのは有名な話ですが、5年前頃でしょうか、「世界は言葉でできている(フジテレビ)」という「偉人が遺した名言を越えよう」というテーマで放映されていた深夜のテレビ番組がありました。そのなかで漱石を超える「I Love You」の訳し方として、スカパラの谷中 敦さんが回答した作品(あえて作品と呼びたいと思います)が

<もうあとに戻れないな>

だったのが今も忘れられず、思い出してはドキドキしてしまいます。

直訳すれば「愛してる」なのでしょうが、日本人にとってはそれよりももっと「I Love You」に感じる言葉があると『I Love Youの訳し方』(雷鳥社)は証明しています。100人の作家による100通りの愛の表現をまとめた同書は、昨年末に発売されたばかりにもかかわらず、すでに8刷。ゲーテやシェイクスピアなど世界の偉人から、宮沢賢治、川端康成、中原中也といった日本の文豪、また谷川俊太郎、吉本ばなな、小川洋子など現代の作家まで、100の愛の言葉が並びます。

そして印象的なこの本の装画を手がけたのが、ジュリエット・スミスさん。本とコーヒーでは、同書に掲載された作品のほか、シンプルな線の中に切なさを秘めたジュリエットさんの原画の展示販売を行うこととなりました。期間中にはジュリエットさんの雑貨も並ぶ予定です。

最終日となる10月29日には、著者・望月竜馬さんとジュリエット・スミスさんによるトークイベントも開催。本の製作裏話や、最近見つけた「I Love You」について語っていただきます。

あなたにとっての「I Love You」とは? 時にはお酒を飲みながら、ロマンチックな夜を過ごしてみるのも良いかもしれません。

『I Love Youの訳し方』望月竜馬 (著)、ジュリエット・スミス (イラスト)/雷鳥社(1200円 税別)

- 望月竜馬 PROFILE -
編集者・ライター・ロマンチスト。大分県出身。情熱と少しの手荷物を持って22歳で上京する。幼い頃のいちばん落ち着く場所は図書館。今は薄暗い酒場。

- ジュリエット・スミス PROFILE -
東京在住のアーティスト。イラスト絵画を中心に、愛する喜びをテーマにした作品を描く。シンプルな線の絵に、自身で紡いだ詩を添えた形でTwitterに掲載。
◎Twitter https://twitter.com/juliet_smyth
◎Instagram https://www.instagram.com/julietsmyth_art/

 

【TALK EVENT】
『I Love Youの訳し方』にときめく会
編集者であり著者の望月竜馬さんと、イラストレーター ジュリエット・スミスさんという、なかなか表に出ない二人による貴重なトーク。1部では書籍『I Love Youの訳し方』が生まれた背景を、2部では載せられなかった「I Love You」や、著者や参加者の「I Love You」について語ります。お客様にとっての「I Love You」話も大歓迎です。

日時:2017年10月29日(日)19:00開演 20:30終演予定
出演:望月竜馬、ジュリエット・スミス / 聞き手:平野さりあ(雷鳥社)
料金:2000円(税込)+1drink
会場:本とコーヒーtegamisha(東京都調布市菊野台1-17-5 1階)
予約:10/5(木)19:00より以下サイトにて受付開始
https://coubic.com/tegamisha/325377

 

◎ 『I Love Youの訳し方』ジュリエット・スミス原画展
会期:2017年10月17日(火)〜10月29日(日)
会場:本とコーヒー tegamisha(東京都調布市菊野台1-17-5 1階)
営業時間:12:00〜20:00(土日祝 8:00〜)
定休日:月曜日

【『岳泉会のよくばり温泉マウンテン』出版記念フェア at 本とコーヒー 10/17-29】

イラストレーターであり、出版と雑貨のレーベルHIGASHI ALPSを主宰する落合恵さん、イラストレーターの木下綾乃さん、料理創作ユニットGomaの中村亮子さん、ソフトウェアエンジニアの元永二朗さんの4人が山と温泉を愉しむために結成した「岳泉会」。そんな岳泉会のメンバーが見た美しい風景や美味しいお弁当、心安らぐ山小屋などを紹介している『岳泉会のよくばり温泉マウンテン』(パイ インターナショナル)。この度本とコーヒーでは、山登りや温泉のベストシーズンであるこの秋に、同書の出版記念フェアを開催することが決定しました。紅葉の秋田駒ヶ岳と乳頭温泉、日本で一番高い野天風呂、全てが白に包まれる冬の八ヶ岳などの山々の魅力を、個性あふれるメンバーがそれぞれの目線で伝えてくれます。どこからか楽しそうな4人の声が聞こえてきそうな登山案内に、山に登りたい気持ちが急上昇!

フェア期間中は、書籍の表紙にもなっているワッペンや、オリジナルの手ぬぐいにTシャツ、本とコーヒーでのイベント開催に合わせて作成された缶バッチなどの雑貨が店頭に並びます。また、落合恵さんや木下綾乃さんが個人で手がけるオリジナル山雑貨も数多く並び、店頭は山一色……!

出版を記念したイベントでは、岳泉会の落合恵さん、木下綾乃さん、中村亮子さん、同書を編集された柳澤智子さんをお招きしたトークや、木下綾乃さんに教わるペナントのワークショップも開催します。

この本との出会いが、頂上まで登ることだけが山の愉しみではないことを教えてくれることでしょう。

<岳泉会MEMBER PROFILE>
- 落合恵 -
尾瀬の山小屋・温泉小屋のロゴやグッズも手掛けている。イラストレーター。著書に『レコード買いに』『山へいくつもりじゃなかった』(共にミルブックス)など。出版と雑貨の個人レーベルHIGASHI ALPSも主宰している。

- 木下綾乃 -
岳泉会会長で、会の名付け親。イラストレーター。体力はないけれど、山行ルートや温泉宿を探すことが得意。手紙社とも縁が深く10月開催の「もみじ市」にも参加。ポストカードやマグカップなどの雑貨、LINEスタンプなども手がけている。

- 中村亮子 -
岳泉会では山おやつ作りを担当。料理創作ユニットGOMAとして、食や子どもをテーマに執筆や雑貨製作、ワークショップ等のイベントなど幅広く活動している。

- 元永二朗 -
写真と記録を担当し、岳泉会では黒一点の年長者。本業はソフトウェアエンジニアとしてフリーランスに活動している。

【TALK EVENT】
『岳泉会の愉しい山歩き』
岳泉会の皆さんが見た美しい山の風景や、日常では味わうことのできない山小屋での生活を写真とともにご紹介。皆さんが恋焦がれる山の魅力を存分にお伺いします。また、岳泉会の皆さんが選ぶ季節に合わせた登山ファッションや、実際に使っている山道具の使い方レクチャーなど、内容盛りだくさん。登山に興味はあるけれど最初の一歩が踏み出せないという方から、初心者でも行ける山小屋や季節ごとのおすすめな山が知りたいという方まで、より深い山の愉しみを知りにぜひご参加ください。

日時:2017年10月22日(日)開演19:30  終演予定21:00
出演:落合恵/木下綾乃/中村亮子/柳澤智子(編集)
料金:1500円(税込)+1drink
会場:本とコーヒーtegamisha(東京都調布市菊野台1-17-5 1階)
予約:10/4(水)13:00より以下サイトにて受付開始
https://coubic.com/tegamisha/141451

【WORKSHOP】
木下綾乃ワークショップ『山のおとも“ペナント”作り』

元々、自分の所属を表す“ペナント”ですが、テントなどの目印としてだけでなくインテリアにもおすすめ。今回、手紙社とも縁の深い岳泉会会長の木下さんが、フェルトと木の枝を使ったペナント作りを教えてくれます。

日時:2017年10月28日(土)19:00〜
講師:木下綾乃
料金:2000円(材料費・税込)+1drink
会場:本とコーヒーtegamisha(東京都調布市菊野台1-17-5 1階)
予約:10/4(水)13:00より以下サイトにて受付開始
https://coubic.com/tegamisha/347186

◎『岳泉会のよくばり温泉マウンテン』出版記念フェア
会期:2017年10月17日(火)〜10月29日(日)
会場:本とコーヒー tegamisha(東京都調布市菊野台1-17-5 1階)
営業時間:12:00〜20:00(土日祝 8:00〜)
定休日:月曜日

【石川隆児 器展】10/26(木)〜11/13(月)@手紙舎鎌倉店

黒、白、銀彩。モノトーンの色の世界に加え、ひとつ一つのデザインも決して装飾することなく、いたってシンプル。だからこそ、ごまかしがきかない。そうして出来上がった器は、それそのものだけでも美しく、料理を盛り付ければ、素材の色や形を際立たせる名脇役にもなる。『絵になる器』とは、このことなのだろう。

この夏、手紙舎2nd STORY行った個展では、1000の器を用意し、美しさだけでなく迫力も見せてくれた。

そしてこのたび、陶芸家・石川隆児の器が、いざ、鎌倉へ。

●石川隆児さんの器でデザートをどうぞ
展示期間中、手紙舎のカフェがご用意したデザートを石川隆児さんの器でご提供いたします。実際に盛り付けられた器の姿を、ぜひご覧ください。

*お買い求めは、お一人様8点までとさせていただきます。また、八角皿は、お一人様2点までとさせていただきますこと、あらかじめご了承願います。

【石川隆児 器展】
会期:2017年10月26日(木)〜11月13日(月)
会場:手紙舎鎌倉店(神奈川県鎌倉市長谷2-5-41)
営業時間:11:00〜18:00
定休日:毎週火・水曜日

作家在廊日:10/26(木)29(日)
石川隆児 Instagram 

【鎌倉活版フェア】10/5(木)〜10/23(月)@手紙舎鎌倉店 

オールドスタイルの印刷方式ながら、だからこその手触り感(デコボコ感)や、インクの乗り・かすれ感が魅力的な活版印刷。たとえばアメリカ西海岸には、活版印刷機を自前で持ち、自分たちの手でデザインと印刷をする人たちが、かなりの数います。そして日本でも、この「活版プリンター」と呼べるような活動をしている人たちが増えています。

「鎌倉活版フェア」では、彼ら日本の活版プリンターの作品(商品)を中心に並べ、今の日本の活版印刷の最前線をお見せできればと思います。期間中にはワークショップも行いますので(活版印刷機を間近で見るチャンスでもあります!)、ぜひご参加くださいね。

【鎌倉活版フェア出品者紹介】
AUI-AO Design

鎌倉にほど近い大磯町の小さなデザイン事務所が手がけるのは、昔懐かしいデザインや身近なモチーフを元に、活版印刷で作り上げた紙プロダクト。

大枝活版室

大阪の守口市にある小さな活版印刷所。ひとつひとつ丁寧に印刷され、パッケージングされたレターセットは、大切な人に手紙を認めるときに使って欲しい逸品です。

九ポ堂

たった1枚のポストカードが物語の世界に誘います。代表作でもある「架空の商店街」シリーズなど“少し不思議な”紙雑貨が、九ポ堂の真骨頂です。

knoten

手キンと呼ばれる手動の活版印刷機で、星座や植物などロマンティックな絵柄をプリント。屋号の「クノーテン」はドイツ語で「むすびめ」という意味。

つるぎ堂

“やさしい動物”をデザインさせたら、つるぎ堂の右に出る者なし! 思わず「クスリ」と笑ってしまう“かわいおかしい”世界へようこそ!

緑青社

つるぎ堂の多田陽平氏とknotenの岡城直子氏による活版プロジェクト。デザイナーやイラストレーターとコラボレーションし、様々な活版印刷物を制作。

Tokyo Pear

シアトルで出会ったレタープレス(活版印刷)に魅せられ、ドイツ製の古い活版印刷機を自ら動かし、オリジナルの図案を印刷した作品を手がけています。美しい凸凹感の表現は、活版印刷ならでは!

和紙田大学

日本の伝統工業である和紙に、思わず脱力してしまうユーモアやシュールなセンスを添えて、ぽち袋などのプロダクトに仕立てる、その名も和紙田大学(わしだだいがく)。大阪の和紙問屋が展開するブランドです。おもろいな〜

手紙社の活版印刷

手紙社もこれまで、多くのクリエイターと一緒に活版印刷プロダクトを制作しています。作家名を知りたい時は、お気軽にスタッフに声をかけてくださいね。

【鎌倉活版フェア・ワークショップのご紹介】
1.九ポ堂の活版印刷ワークショップ「海の郵便局のボトルレターをつくろう」
日時:10月21日(土)11:00〜18:00
参加費:1000円(予定)
内容:九ポ堂の架空商店街「海」シリーズに登場する、海の中の郵便局が販売する「メッセージボトル便」を実際に作ってみよう、というワークショップです。
✳︎詳細は後日、このサイトで発表いたします

2.緑青社の活版印刷ワークショップ「好きな絵柄で切手シールを作ろう」
日時:10月22日(日)11:00〜18:00
参加費:1000円(予定)
内容:緑青社の看板商品である「切手シール」シリーズ。今回は特別に自分の好きな絵柄を8種類選び、その場で“手キン”を使い印刷できます。
✳︎詳細は後日、このサイトで発表いたします

高旗将雄の「ブローチぬります!」10/1(日)@手紙舎鎌倉店

手紙舎鎌倉店のオープン記念として開催中の高旗将雄さんのシルクスクリーン展。フィナーレ前日の10月1日(日)に、高旗さんが特別プログラムを行ってくれることになりました。

高旗グッズのラインナップの中で欠かせないブローチ。それを、あなたの希望に合わせて高旗さんが絵付けをします。本邦初の企画。もしかしたら最初で最後のチャンスかも!? この機会をお見逃しなく。


⬆︎クリックすると大きくなります

【高旗将雄の「ブローチぬります!」】
日時:2017年10月1日(日) 11:00〜18:00
料金:2000円(税別)
参加方法:当日、先着順の受付となります
✳︎高旗さんが作った4種類のブローチの中からひとつ選んでいただきます
✳︎オーダーシートにご希望の色やモチーフなどを記入していただき、それに合わせて高旗さんが絵付けをします
✳︎お申し込み状況によっては、お待たせしてしまう場合がございます。鎌倉散歩をお楽しみいただきながら、お待ち頂けましたら幸いです

【手紙舎鎌倉店オープン記念展示】
「こんにちは鎌倉。〜高旗将雄シルクスクリーン展〜」
会期:2017年9月1日(金)〜10月2日(月)
会場:手紙舎鎌倉店(神奈川県鎌倉市長谷2-5-41)
営業時間:11:00〜18:00
定休日:毎週火・水曜日
✳︎この展示のために高旗さんが描いた新作イラストレーションの展示・販売、新作紙ものやブローチの販売もいたします

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008