今日のお手紙

     

【表現の学校 in 浦和パルコ「雑貨店の作り方」 7月1日(土) 講師:北島勲】

手紙社がやってくる vol.4 「紙パラダイス!」 at 浦和パルコ】で特別開校する「表現の学校」。7月1日(土)は手紙社代表・北島勲による「雑貨店の作り方」をお届けします。現在東京都調布市にて3店舗、台湾にて1店舗を営む手紙社の、お店づくりの流儀とは? 今回は雑貨店にフォーカスし、培ってきた知識や経験をご紹介しながら、お店づくりに活かせる極意をお伝えしてゆきます。

【表現の学校 in 浦和パルコ 「雑貨店の作り方」】
講師:北島勲
日程:2017年7月1日(土)
時間:10:30~12:45
受講料:5,400円(税込)
定員:8名
参加資格:これから雑貨店を開こうとする方
教室:浦和パルコ 7F特設会場
お問合せ先:042-444-5367
お申し込み方法:6/23(金)の10:30より、こちらのサイトにて受付を開始いたします。

内容:
「手紙舎つつじヶ丘本店」「2nd STORY」「本とコーヒー」「手紙舎台湾店」の4つのお店を経営する手紙社。雑貨店を継続させて行くためにこれまでに私たちが培って来た知識、経験をお話ししながら、これからお店を開く人のために有益な情報を提供出来ればと思います。

内容:
【第1章】
雑貨店の売上と利益
【第2章】
何を売るべきか?
【第3章】
どれくらいの商品を準備するべきか?
【第4章】
店に血を通わす
【第5章】
個展・イベントを企画しよう
【まとめ】
強い雑貨店を作るための7箇条

【補足資料】
◎作家さんとのコンタクトの方法
◎メーカーとのコンタクトの方法
◎仕入れについて(作家さんから仕入れる、メーカーから仕入れる)

北島勲からのメッセージ
「好きなものを集めて売る……ように見える雑貨店ですが、それを継続するためには、感性と忍耐と戦略が必要です。今回の講座では、私たちが体験した実例を交えながら、より具体的なノウハウを提供出来ればと思っています」

北島勲/プロフィール
雑誌『自休自足』『カメラ日和』の創刊編集長を務めた後に独立、2008年4月に「手紙社」を立ち上げる。2009年、カフェ「手紙舎つつじヶ丘本店」をオープン。2013年、カフェと雑貨店を併設した「手紙舎 2nd STORY」をオープン。2015年4月、書店とコーヒーショップを併設した「本とコーヒー」をオープン。同年同月、手紙社として初の雑誌『LETTERS』を創刊。

【手紙社がやってくる vol.4 「紙パラダイス!」 at 浦和パルコ 6/30〜7/10】出店者紹介②

6月30日(金)〜7月10日(月)の11日間、浦和パルコにて開催される「紙パラダイス!」。紙にまつわるさまざまな作り手が週替わりで出店する“紙” マーケットの、第2週・7月8日(土)9日(日)の出店者をお届けします。フォントや紙活字といった印刷のエッセンスをプロダクトに展開するクリエイターやカラフルな紙雑貨のお店など、第2週も見逃せない出店者ばかり。ちょっとビターなデザインから、子どもが喜ぶ絵柄やクラフトも揃うので、大人も子どもも楽しめますよ。

studio brace
{ }をモチーフにしたオリジナルフォントをはじめ、色使いやデザイン、紙の質感に大人のかわいさをにじませる「studio brace」のアイテム。ふだんの持ち物からギフトのラッピングまで、ちょっとした紙づかいをランクアップさせてくれます。オリジナルのスマホケースの受注販売など、とっておきのサービスもお楽しみに。


Q.1 ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします
初めまして。STUDIO BRACEです。
BRACE(ブレース)は中括弧{ }のことです。{ }がモチーフのオリジナルフォント“BRACE FONT”や、手書きのイラストレーションを使ったハンドメイドプロダクトを制作しています。
大人が宝箱に入れておきたくなるようなものづくりを目指して、ひとつひとつ丁寧に手作りしています。

Q.2 当日はどんなブースで楽しませてくれますか?
ラッピングに使えるペーパーバッグやシール、遊び心たっぷりの紙製の定規など、さまざまな紙ものをご用意してお待ちしております。また、スマホケースの受注販売も行う予定です。

Q.3 今回ご用意いただく商品の中から、特にお勧めの商品とその活用方法を教えてください。
ペーパールーラーはちょっと他にはない、遊び心たっぷりのおすすめアイテムです。
金・銀・白などのペンでメッセージを書き込んでプレゼントに添えたり、インテリアや小物の撮影に使ったりと、アイデア次第でいろいろな使い方ができるこの商品。栞として使うとさりげないお洒落を演出してくれます。

Paper parade printing
より気軽に活版印刷の技術にふれられるようにと考案された紙製の活字「紙活字®」。Paper parade printingでは、それらを使ったプロダクトの販売、自宅でも活版印刷を楽しめるキットなど、印刷好きにはたまらないラインアップでやってきてくれます。紙活字®を使った活版印刷の実演もあるので、どんなふうに印刷されるか、間近に見られるチャンスです。

Q.1 ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします
紙活字®という紙製の新しい形の活字を制作しています。
紙で、紙に、印刷する、ということを通して、活版印刷の面白さや活版印刷の技術を、だれでも気軽に楽しんで貰いたい。そんな思いから、インキメーカーや家具屋さんとコラボレーションして紙活字®専用キット、Paper Parade Print Kitを発売しました。

Q.2 当日はどんなブースで楽しませてくれますか?
当日は紙活字®がどんなものか実演しますのでぜひ足見に来てください。
もし気に入ったらキットをお家に迎え入れて活版印刷がすぐそばにある生活を楽しんでください。

Q.3 今回ご用意いただく商品の中から、特にお勧めの商品とその活用方法を教えてください。
紙活字®で制作したカードケースをもっていきます。
これは紙活字®のキットが出来上がるまえに手紙社主催の「表現の学校」で考えられたものです。
最初の登場したころよりもシンプルな構造になって色のバリエーションも増えました。
いまではお店やカフェのノベルティとして限定生産されたりしています。

あべゆい
一枚の紙が、折り方ひとつでさまざまな立体へと変身する楽しさ。カラフルで愛らしい折り紙を作るあべゆいさんが、自ら折り紙教室を開催してくれます。大人も子どもも一緒になて、紙の表現の豊かさを体感してみてくださいね。

Q.1 ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします
ゆるゆると おりがみのようなものを つくっています。
おとなも こどもも みんなでたのしめるものをめざしています。

Q.2 当日はどんなブースで楽しませてくれますか?
おりがみ教室 を します!
おじかんありましたら ぜひぜひどうぞ。

Q3今回ご用意いただく商品の中から、特にお勧めの商品とその活用方法を教えてください。
おうちセット
さいごに屋根とおうちがくっつくときがたのしいです。
つくったあとは、並べて飾ったり、中にものをいれたりできます。

AIUEO
6人のデザイナーが作る、カラフルでちょっとゆるい紙雑貨を展開する京都発ブランド。サイズも形も豊富なふせんは、仕事のメモや家庭の連絡などに、クスッと笑えるユーモアをプラスできるアイテム。見ているだけで楽しい多彩な色とデザインは、きっとお気に入りが見つかります。



Q.1 ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします
こんにちは!京都発の雑貨ブランド AIUEOです。
「ハッピーをあなたから」をモットーに、わくわくする気持ちを大切にプレゼントしたくなる雑貨をつくっています。
6人のデザイナーが作る オリジナルの雑貨たちはどれもカラフルで、どこか不思議で、とっても個性的。
宝探しのように、ぜひお気に入りを見つけに来てください!
埼玉での出店は今回が初めてなので、とても楽しみです☆

Q.2 当日はどんなブースで楽しませてくれますか?
個性あふれる雑貨の中からカードやレターセット、ステーショナリーを中心に様々な「紙もの」を集めました!
マスキングテープやシールなど「紙もの」と組み合わせて使えるアイテムもたくさんご用意しています。
その他にもペーパーアクセサリーやガーランド、直営店限定アイテムなどもりもり持っていくので、どうぞお楽しみに☆
そして、今回は京都からショップスタッフとデザイナーが参加します。
ふだんの直営店をぎゅっと持っていくので、ショップバッグやお店飾りなど、商品以外にもご注目ください。

Q3今回ご用意いただく商品の中から、特にお勧めの商品とその活用方法を教えてください。
<AIUEO FUSEN>
AIUEOのキャラクターたちが付箋になりました!
色んなタイプがあり、用途やシーンによって使い分けができます。
手帳やノートに貼ったり、机の上に立たせたり、いろいろなところに登場させてください。
毎日がちょっと楽しくなるかも♪

第1週、2週ともに個性的な出店者揃いの“紙” マーケット。どちらに行こうか悩んでしまうなら、2週続けて楽しんでみても? 気になる出店者をぜひチェックしておいてくださいね。

【手紙社がやってくる! at 浦和パルコ vol.4】
期間:6月30日(金)〜7月10日(月)
会場:浦和パルコ (埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1)
1Fエスカレーター前特設会場
tel:048-611-8000
営業時間:10:00〜21:00
浦和パルコHP_●

大井競馬場にて「真夏の東京蚤の市」を開催いたします! 8/19(土)〜20(日)

2012年、東京蚤の市。2014年、関西蚤の市。2016年、東海蚤の市。そして、2017年、今年も新しい蚤の市プロジェクトが始動いたしました! その名も「真夏の東京蚤の市」。

夏を最高に楽しむための祭典を、東京ベイサイドに輝く大井競馬場で開催いたします! もちろん、この巨大な会場で手紙社がイベントを開催するのは初めてのこと。夏バテを吹き飛ばす美味しいフードの数々。乾いた喉をしゅわしゅわと潤す冷たいドリンクの数々。そして、会場に爽やかな風を運び、また、熱気渦巻かせるミュージックライブの数々。これまでの東京蚤の市を凌ぐエンターテイメントの波が押し寄せます。

今回注目すべきは目白押しの新エリア! 気鋭の陶器作家が集まる「東京陶器市」。焼菓子の新機軸を打ち立てる「東京焼菓子市」。いくつあっても欲しくなる「リュックサック・バザール」。作家ものをはじめ全国から手ぬぐいが集結する「東京手ぬぐい市」。他にも、選りすぐりのビールと炭酸飲料を集めた「シュワシュワ・ガーデン」、そして「東京北欧市」も夏の装いでみなさんをお出迎え!

夏をとことん楽しみつくす2日間。普段の東京蚤の市とは少々趣きも開催時間も変わります。夜祭り気分も味わえる真夏の東京蚤の市にどうぞご期待ください!

【真夏の東京蚤の市】
開催日:2017年8月19日(土)・20日(日)
開催時間:19日 12:00〜20:00、20日 11:30〜19:00
会場:大井競馬場
東京都品川区勝島2-1-2(東京モノレール「大井競馬場前」駅より徒歩2分、京浜急行「立会川」駅より徒歩12分)
入場料:600円(小学生以下無料)
後援:品川区

※「真夏の東京蚤の市」公式サイトは6月下旬公開予定
東京蚤の市公式サイト:http://tokyonominoichi.com/

【中村風鈴店 ノスタルジック手紙舎音色めぐり atつつじヶ丘本店】スペシャルメニューご紹介!!

いよいよ来週火曜日より一週間、つつじヶ丘本店が風鈴の音色で埋め尽くされます。店内はいつもの雰囲気と一変し、それに輪をかけるようにスペシャルメニューが登場いたします。つつじヶ丘本店と京都 中村風鈴店のコラボレーションを心ゆくまでお楽しみください。


 
 
◎夏空のハーブティーソーダ ¥550
風鈴が似合う青い空をイメージして、バタフライピーという自然の青色のハーブティーをソーダで割りました。レモングラスとミント、レモンのシロップを混ぜてお召し上がりください。風鈴を揺らす風のように、爽快でしゅわっとした味わいです。シロップを加えると、しだいにほんのりと夕暮れの色に変わりますのでゆっくりとお召し上がりください。どこか懐かしい味がするドリンクです。
 
 

 
 
◎抹茶とグレープフルーツの音色パフェ ¥700
中村風鈴店のおふたりが織りなす真面目ながらもユーモアたっぷりの世界観をデザートで味わっていただきたくて、抹茶とグレープフルーツのふたつの食材でパフェを作りました。おふたりの活動の地である京都といえば、抹茶。爽やかで少しの苦味があるグレープフルーツと合わせることで、抹茶という和の味に、新鮮な初夏の印象が加わります。つるんとしたゼリー、ひんやりアイス、さくさくのクッキーが合わさり、ひとくちひとくち違った味が楽しめますよ。

四角い団地のその一角にある、つつじヶ丘本店。この場所はいつも、木々が揺れる音や子供達の声、鳥たちのさえずりや人々の行き交う風景であふれています。
店内から覗く青空は、わくわくするようなどこか懐かしいような、ノスタルジックな気持ちにさせてくれる風景です。絶品のランチとともに、スペシャルメニューで梅雨を吹き飛ばしてみませんか。
 

 
 
<つつじヶ丘本店ランチメニュー> ※ラストオーダー17:30になります。
・水無月の手紙舎定食
メカジキと夏野菜のオーブン焼き オリーブのソース
コーンごはん
季節野菜のお惣菜 2種
グリーンサラダ

・水無月の手紙舎プレート
ひき肉とタコ、夏野菜のラグー ヴェトナム風
コーンごはん
季節野菜のお惣菜 2種
グリーンサラダ

会期:2017.6.20(火)~6.25(日)
場所:手紙舎 つつじヶ丘本店

東京都調布市西つつじヶ丘4-23-35 101
tel 042-444-5331
時間:11:00~18:00
作家在廊日:6/24(土)、 25(日)
風鈴売り歩き時間:
6/24(土)11時〜14時 つつじヶ丘本店 15時〜18時 本とコーヒー前
6/25(日)11時〜14時 本とコーヒー前 15時〜18時 つつじヶ丘本店
※陶芸家 中田誠さんの在廊は6/25(日)のみになります。
中田誠HP◆藤村洋介twitter◆

【ナガキパーマ×椿本涅子『知ってる? あいつの名前』出版記念 TALK & LIVE PAINT 7/1 at 本とコーヒー】

みかんの房に張り付く白い筋、フランクフルトに付くケチャップとマスタードが同時に出るアレ、ヒールで歩くのは要注意な道端の網……

その一つひとつにだって正式な名前があるんです。知らなくても不便ではないけれど言われてみるとちょっと気になる、そんな物たちの名前を紹介する『知ってる? アイツの名前 〜最近何だか気になるの〜』キーステージ21)。日常の中で気になったものにライター・椿本涅子(つばきもとねこ)さんが文章を書き、イラストレーター・ナガキパーマさんが挿絵を添えました。


椿本涅子さんならではの目線で綴られたユーモラスな説明文と、ナガキパーマさんのユニークなイラストに思わずクスッと笑いがこみあげ、電車で読むのは要注意! そんなお二人の処女作となる同書の出版を記念して、本とコーヒーではトーク&ライブペイントのイベントを開催いたします。

出会って間もないとは思えないほど気の合う二人に、本書ができるまでの制作秘話や、数多くの雑貨を制作・販売するナガキパーマさんの活動など興味深いお話を伺います。ライブペイントでは、ナガキパーマさんがトークの中であがったワードやお客様のリクエストに応えその場でイラストに! 終演後にはその原画の販売とサイン会も行います。その他にもお得な情報や楽しい企画をご用意しています。随時SNSでお知らせしますのでチェックしてくださいね。

また開催1週間前からはナガキパーマさんの雑貨販売も。なんとTwitterフォロワー数5000人以上と人気急上昇中のナガキさん。各地でイベントなども行う精力的な彼女の作品は見ればみるほどに愛おしく、連れて帰りたくなること請け合いです。お楽しみに。

椿本涅子 PROFILE

SE兼現役大学生。経営学と英語と日本文化を勉強中。猫好きが高じ、自身が猫になるためにと書き始めたブログ「猫になりたい」の軽快な文章が出版社の目に止まり、書籍の執筆を依頼される。
Twitter→

 

ナガキパーマ PROFILE

イラストレーター。オリジナル商品を制作しネットショップおよび全国各地の雑貨店、展示会などで販売。仙台にてセレクトショップ「パーマネント」を運営中。LINEスタンプも人気で、Twitterのフォロワーは5000人超。
オフィシャルサイト→⚫︎

 
【ナガキパーマ × 椿本涅子出版記念  TALK & LIVE PAINT】
日時:2017年7月1日(土)19:15開場/19:30開演
* 雑貨販売:6月27日(火)〜7月2日(日)
会場:本とコーヒーtegamisha
料金:1500円+1drink(税込)
申込み:こちらのサイトにて受付中です。
問い合わせ:tel 042-440-3477(本とコーヒーtegamisha)

【手紙社がやってくる vol.4 「紙パラダイス!」 at 浦和パルコ 6/30〜7/9】出店者紹介①

6月30日(金)〜7月10日(月)の11日間、浦和パルコにて開催される「紙パラダイス!」。期間限定ショップと合わせて、週末ごとに個性豊かな出店者が、熱く、厚く、紙の魅力を伝える“紙” マーケットが開催されます。まずは第1週・7月1日(土)2日(日)の出店者たちをご紹介。紙の質感や特性から、ちょっとマニアックな印刷・加工のテクニックまで、ものづくりのアイデアがぎっしり詰まった紙アイテムに、ぜひその手でふれてみてください。

福永紙工
デザイナーの新鮮なアイデアを、町工場の確かな技術で形する創業55年の印刷・加工会社。どちらか一方では決して成り立たないものづくりの現場において、クリエイティブな課題にワクワクして取り組んでくれる姿勢に、多くのデザイナーが信頼を寄せています。一見紙とは思えないほどの立体感や曲面を獲得した、新しい紙の魅力に出合えるはずです。

Q1 ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします
東京多摩の立川市で創業して55年。印刷から加工まで一貫して製造できる工場です。2006年から「かみの工作所」プロジェクトを立ち上げ、デザイナーと一緒に工場の技術を活かしたオリジナル製品の製造と販売をしています。

Q2 当日はどんなブースで楽しませてくれますか?
立川の町工場の技術とデザイナーのアイディアから生まれたユニークな紙製品の数々をお持ちします。
夏にぴったりな涼しげな製品や楽しくあそべるペーパーゲームなど、盛りだくさんでお届けします。

Q3 今回ご用意いただく商品の中から、特にお勧めの商品とその活用方法を教えてください。
動物の頭からしっぽまでのフォルムを紙でリアルに追求したペーパーモデルキット「TOP TO TAIL」がおすすめです。
ほどよい難易度のキットなので大人も子供も夢中になって楽します。組み上がった姿は今にも動き出しそうな雰囲気。お部屋に飾ってください!

◎株式会社 シイング
美濃和紙で有名な岐阜県美濃市で、ポチ袋やラッピング資材などさまざまなプロダクトを展開する老舗。柔らかな風合いと、丈夫で繊維質の強い和紙の特性を生かしたものづくりで、相手に気持ちを伝えるお手伝いをしてくれます。さまざまな愛らしいモチーフやクスッと笑えるひと言など、紙にあしらわれた小さな微笑みを感じてみてください。

Q1 ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします
紙を考える会社という意味がある「シイング」と言います。岐阜の紙の産地・美濃にて細々と秘かにもうすぐ150周年を迎える紙屋です。

Q2 当日はどんなブースで楽しませてくれますか?
紙の面白さが詰まったブースになればと考えてます。

Q3 今回ご用意いただく商品の中から、特にお勧めの商品とその活用方法を教えてください。
「紙のこより」という商品です。着物の反物に値札をつける際に使う「こより」という技術を使ったラッピング商材です。

◎Tokyo Pear
自ら活版印刷機を操作し、オリジナルのデザインを美しい色と凹凸で表現する活版印刷ユニット。シアトルで出合ったレタープレスにインスパイアされて生まれたデザインの数々は、どこか海外のグリーティングカードのような自由さに満ちています。一色ずつ調合されたインキの色や、版ごとに浮き上がらせたり凹ませたりを使い分けたディテールにも、ぜひご注目ください。

Q1 ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします
シアトルでレタープレス(活版印刷)に出会い、2008年から活動しています。普段は、オリジナルデザインのペーパーアイテム制作の他、名刺、結婚式招待状などのカスタムオーダーを承っています。

Q2 当日はどんなブースで楽しませてくれますか?
ハイデルベルグのプラテン機という古い印刷機で制作したカードやタグ、ラッピングペーパーなど、様々な紙ものを用意してお待ちしております!

Q3 今回ご用意いただく商品の中から、特にお勧めの商品とその活用方法を教えてください。
ヨットやアイスクリーム、クジラやひまわりのポストカードを制作しました。この夏、日頃お世話になっている方や友人へ暑中見舞いを是非送ってみてはいかがでしょうか。

ものづくりの現場に携わる出店者から手渡しで受け取る紙たちには、紙の種類や印刷技術など、語り尽くせないほどエピソードがあるはず。直感で「かわいい!」と感じるものに出合ったら、どうやって作られているのか、ぜひ聞いてみてくださいね。

【手紙社がやってくる! at 浦和パルコ vol.4】
期間:6月30日(金)〜7月10日(月)
会場:浦和パルコ (埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1)
1Fエスカレーター前特設会場
tel:048-611-8000
営業時間:10:00〜21:00
浦和パルコHP_●

【表現の学校「おいしい紅茶の入れ方〜アイスティー編〜」7月8日(土)講師:伊藤葉子】

カランと響く氷の音が、耳に心地よく感じるようになりました。冷たいドリンクを飲むことが増えるこれからの季節、せっかくなら自分でおいしいアイスティーを入れてみませんか? もととなるホットティーの入れ方から教えるので、初めての方でも気軽にお楽しみいただけますよ。味はもちろん、見た目も爽やかなアイスティーを、ぜひご家庭でも満喫してみてくださいね。

【表現の学校 「おいしい紅茶の入れ方〜アイスティー編〜」】
講師:伊藤葉子
日程:2017年7月8日(土)
時間:14:00〜15:30
受講料:4,000円(税込)
定員:8名
参加資格:紅茶の基礎を学びたい方、おいしい入れ方を知りたい方(初心者向け)
教室:手紙社西調布基地 EDITORS
(東京都調布市下石原2-6-14 ラ・メゾン2階)
お問合せ先:tel.042-444-5367
お申し込み方法:6/17(土)の14:00より、こちらのサイトにて受付を開始いたします。

内容:まずは、紅茶の種類や産地などの基礎知識についてお話します。紅茶のおいしい入れ方の基本「英国式ゴールデンルール」を覚えて、実際に挑戦してみましょう。コツさえつかめば、誰でもとびっきりの一杯を入れることができますよ。紅茶と相性抜群のお菓子もご用意しますので、最高のマリアージュを味わいながら学びましょう!

講座の流れ:
◎紅茶について
・紅茶の種類
・産地とその特徴
・「英国式ゴールデンルール」について
・アイスティーの美味しい入れかた「オンザロック方式」について

◎アイスティーの基本
・日常で気軽に召しあがれるティーバックを使い、みなさんでおいしい紅茶を入れます
・その後、「オンザロック方式」でアイスティーを作りましょう

◎一工夫した紅茶の楽しみ方
・オリジナルの風味と美しさが味わえる、セパレートティーを入れてみましょう
・今回は、ミルクやフルーツジュースを使ったセパレートティーを作ります

伊藤葉子さんからのメッセージ:
おいしい紅茶の入れ方について、お菓子も楽しみながらちょっとしたコツをお話しします。紅茶の魅力を再発見して、気軽においしい紅茶を楽しみましょう。

伊藤葉子/プロフィール:
音楽レーベル・333DISCS(サンサンサン・ディスクス)のオーナー。「毎日の生活にとけ込むような、気持ちのいい音楽を」を理念として、2000年に活動をスタート。伊藤ゴローtico moonnaomi & goroのアルバム制作・マネジメントを行う。2008年からは坂本龍一氏のレーベルcommmonsでもアルバムを共同で制作。近年は女優で歌手の原田知世のアルバムやツアー制作も担当している。手紙社の北島勲とは、2007年に「カフェと音楽と、」で初めてコラボレーション、その後「もみじ市」をテーマにしたCD「旅と音楽と、(2008年)」「FLOWER(2017年)」を制作。またカフェと音楽のイベント「カフェ&ミュージックフェスティバル(2011年)」「森のカフェフェス(2012年〜)」を共催する。日本紅茶協会認定ティーアドバイザー。

【石川隆児個展 “1000” 】いよいよ明日からスタートです!

いよいよ明日より始まる器作家・石川隆児さんの個展“1000”。搬入中の手紙舎 2nd STORYには溢れんばかりの器で埋め尽くされています。明日の会期に先駆け、店内の様子と器のご紹介をいたします。

【マグカップ】

マグカップは定番のものに加え、細身のもの、片口のものなどバラエティに富んだラインナップです。持ち手のないカップも多数ご用意いただいていますよ。

【カフェオレボウル】

内側に銀彩を施したシリーズは石川さんの作品の特徴の一つです。「カフェオレボウル」の名の通り、暖かい飲み物はもちろんのこと、ヨーグルトやデザートなどの盛り付けにもおすすめです。

【正方八角皿・長方八角皿】

エッジの効いた造形が美しい八角皿です。

【八角リム皿】

ヨーロッパのアンティークの器からヒントを得たというリム皿。シャープな余白が美しい。

これ以外にもあらゆる種類の器をご用意いただいています。“1000”の器を携えての石川隆児さんのステージをどうかお見逃しなく!

【ご来店いただくお客様へ】
※以下の商品は各種類・お1人さま2点までとさせていただきます。予めご了承ください。
正方八角皿白、正方八角皿黒、長方八角皿白、八角リム皿白、八角リム皿黒

【石川隆児個展 “1000” 】
会期:2017年6月13日(火)~6月25日(日) ※定休日:6月19日(月)
時間:12:00~23:00 (22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
TEL_042-426-4383

作家在廊日:6/13(火)・17(土)・18(日)・24(土)・25(日)
石川隆児 Instagram 

【海辺のライフスタイル展 at 手紙舎 2nd STORY】曽我部恵一 Blue Live


7月4日(火)~7月17日(月・祝)の期間、手紙舎 2nd STORYにて開催する「海辺のライフスタイル展」。会期の折り返しとなる7月11日(火)には、素敵なゲストが登場します!

「海辺のライフスタイル展」のきっかけとなったumieさんとは10年以上のお付き合いという、曽我部恵一さん。昨年もお店の15周年を記念してumieさんでソロライブが行われたそうです。今回は、手紙舎 2nd STORYが一夜限りのライブ会場となります。海にまつわる展示に囲まれながら、アコースティックで奏でられる音楽をどうぞお楽しみください。

当日は通常のカフェメニューではなく、ライブと共にお楽しみいただける特別なお食事やお飲みものをご用意いたします。梅雨の暑さからひととき逃れて、ドリンク片手に爽やかなギターの音色と歌声に浸ってみてはいかがでしょうか。


【曽我部恵一 Blue Live】

日程:2017年7月11日(火)
開場:18:00
開演:19:00(終演:20:30)
定員:80名
料金:3,000円(税込)※ワンドリンクオーダー制
会場:手紙舎 2nd STORY(東京都調布市菊野台1-17-5 2F)
tel.:042-426-4383
お申込み方法:定員に達しましたのでお申し込み受付を終了いたしました。以降のお申し込みはキャンセル待ちとなります。当日券のご用意はございませんので予めご了承ください。詳しくはこちらをご覧ください。

曽我部恵一(そかべけいいち)
香川県出身。
1994年、サニーデイ・サービスのボーカリスト/ギタリストとしてメジャーデビュー。2001年よりソロとしての活動をスタート。
最新作は3/15発売のサニーデイ・サービス EP『桜 super love』。2017年8月27日にサニーデイ・サービス19年ぶりの日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブ<サニーデイ・サービス サマーライブ 2017>の開催が決定している。

web site→

YouTube Preview Image

【海辺のライフスタイル展】
会 期:2017/7/4(火) – 7/17(月・祝)※定休日:7/10(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F

cafe umie HP→
FaceBook→

【中村風鈴店 ノスタルジック手紙舎音色めぐり atつつじヶ丘本店】風鈴に必要なアイテムと創作への思い

中村風鈴店ではおなじみの乳母車にパラソル。今年で11年目になるユニットといつも寄り添っている乳母車。今ではお二人の活動にこの乳母車は必要不可欠となっていますが、初めの出会いは偶然、滋賀県のカフェから無償で譲っていただいたところから始まったそう。当初は何年も奥にしまわれていたせいか全体がひどく真っ黒に汚れていたのですが、丁寧に拭き取り現在の姿になりました。以来、毎年のメンテナンスを欠かさずに行うことで今の姿を保ち続けています。通称『パラ車』と呼ばれ、風鈴と共に人気者となっています。

鈴は陶芸家 中田誠さんがろくろを回しながら一つ一つ丁寧に制作しており、同じ音色はありません。その中でも人気の富士山型はチリンチリンと高い音色。楕円を半分にしたようなコロンとした型はリーンと空気の間を通り抜けるような含みのある音色を響かせます。お客様のなかには同じ型でも去年と違う音色を求めて、毎年購入されている方もいらっしゃるそうです。

木版画家 藤村洋介さんが作り出す短冊。日々の暮らしの中にコソッと隠れている面白いモチーフを大真面目に作品として作り出しています。こちらの人気柄はフラミンゴモチーフだそう。藤村さんの他の人にはない想像力の豊かさが様々な短冊を作り上げ、鈴を盛り立てています。

当初は、お二人の間でテーマを決めて創作活動をしていたそうです。例えば、これまでのテーマには「レトロ」「鳥」「模様紋様」「いかに女子に可愛いと言わせるか!」などがあったそう。 ただし近年は、テーマを決めると自由に創作できないとの理由から、お二人それぞれが思うままに制作をされているそうです。ところが先日、中田さんの口から「今年のテーマは『山』」との報告がありました! これは、いつもの年とは違う予感がしてなりません。ぜひ実際に作品をご覧になって見ませんか。

【中村風鈴店ノスタルジック調布音色めぐり】
会期:2017.6.20(火)~6.25(日)
場所:手紙舎 つつじヶ丘本店
東京都調布市西つつじヶ丘4-23-35 101
tel 042-444-5331
時間:11:00~18:00
作家在廊日:6/24(土)、 25(日)
※陶芸家 中田誠さんの在廊は6/25(日)のみになります。
中田誠HP藤村洋介twitter

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008