SCHOOL OF EXPRESSION

表現の学校

2020.03.10

Zoomによるオンライン講座「表現の学校」開講(3/18)

この度、初の試みとしてZoomによるオンライン講座「表現の学校」を開講することといたしました。いつもはひとつのテーブルを囲んで、皆さまにお話をさせていただくのですが、今回はオンライン上での講座となります。講師と受講者のみなさんが画面上で対面し、資料を見ながら進めさせていただきます。自宅やオフィスにいながらにして受けることができる今回の講座に、是非ご参加ください。

【1限目 「手紙社のイベントの作り方」】

手紙社が主催するイベントは、一体どのようにして生まれ、運営されているのか。企画の組み立て方、スケジュールの組み方や予算設定、出店者集め、プロモーション方法、お客様を楽しませるための会場作りの工夫など、「手紙社のイベントの作り方」の秘密を余すことなくお教えします。イベントの企画を考えている方はもちろん、手紙社の裏側を覗いてみたいという方も大歓迎です。

内容:
・プロローグ:手紙社のイベントとは?
・第1章:イベントのコンテンツ
・第2章:イベントの運営
・第3章:SNSを活用した効果的なプロモーションの方法

日時:3月18日(水)10:00〜12:00
参加費:3,850円(税込)
定員:8名
講師:北島 勲(手紙社代表)
お申込み方法:3/13(金)14:00〜こちらのサイトにて受付を開始いたします。
お支払い方法:クレジットカードによる事前決済とさせていただきます。
<講師:北島勲 プロフィール>
群馬県出身の編集者。雑誌『LiVES』『自休自足』『カメラ日和』の創刊編集長を務めた後に独立、2008年4月に「手紙社」を立ち上げる。イベントのプロデュース、店舗の運営、メディアの立ち上げなど、多岐に渡るプロジェクトを“編集”し続けている。2020年3月、美術出版社より『手紙社のイベントの作り方』を発売予定。

【2限目 「紙もの雑貨の作り方」】

手紙社の看板商品のひとつ、紙もの雑貨。その多くが、手紙社とクリエイターがタッグを組んだオリジナルのアイテムです。今回の講座では、手紙社の雑貨部門の責任者である渡辺洋子が、紙もの雑貨を作るうえで重要になるポイントを解説。制作の流れをはじめ、店頭で扱う商品の売れ筋商品の人気の理由や特徴など、より具体的な内容を盛り込んでお届けいたします。

内容:
「紙もの雑貨を作るために必要不可欠で“リアルな”知識」と「いま、売れているアイテム最新情報」
・手紙社が「仕入れ」だけでなく「自社製品」を制作することになったのはなぜか?
・クリエイターのセレクトはどうしているか?
・1つの商品ができるまでの流れは?
・1度にどれくらい制作すれば採算が取れるのか?
・発注先はどうしてる?
・価格の付け方
・売れ筋アイテム最新情報

日時:3月18日(水)14:00〜16:00
参加費:3,850円(税込)
定員:8名
講師:渡辺洋子(手紙社雑貨部門)
お申込み方法:3/13(金)14:00〜こちらのサイトにて受付を開始いたします。
お支払い方法:クレジットカードによる事前決済とさせていただきます。

<講師:渡辺洋子 プロフィール>
大手通信会社の宣伝担当者を経てフランスへ。ブルゴーニュ地方の画家の家に住み込み、半年間ガーデナーとして庭仕事に明け暮れる。帰国後、フランスでの経験を生かし、雑誌『マイガーデン』編集部に勤務。副編集長を務める。2008年4月、北島勲とともに「手紙社」を立ち上げる。手紙社では雑貨部門の責任者を務める。

 

【講座方法について】
「Zoom」というアプリケーションを使用します。
https://zoom.us/
●事前にZoomのダウンロード&登録をお願いします。
●スマートフォンでも参加は可能ですが、資料と講師(+参加者)の画像を同一画面に映しながらの講座になりますので、見にくい場合がございます。PCでの参加をお勧めします。
●参加方法は、お申し込み者さまに改めて詳細をご連絡いたします。