EVENT INTRODUCTION

イベント紹介

4月28日(水)〜5月16日(日)

アクセサリーマルシェ at 手紙舎 2nd STORY

若葉薫る、新緑の季節。衣替えに合わせて、装いに合わせたアクセサリーを迎えてみてはいかがでしょうか? 手紙舎 2nd STORYでは、4月28日(水)〜5月16日(日)の期間、『アクセサリーマルシェ』と題して、作家もののブローチや耳飾りなどを集めたフェアを行います。刺繍や編み、羊毛や和紙で一つひとつ作られた花々や、手元できらっと輝く指環。お気に入りのアクセサリーを身につけるだけで、少し特別な1日を過ごせそうです。ゴールデンウィークのお買い物に、母の日のギフトに、ぜひご覧ください。
 
▷line up
kissmi wakisaka(和紙花)
Cotoha(刺繍)
cotoyo matsue(レース編み)
harishigoto(刺繍)
feltico(羊毛花・手染め布花)
poritorie(刺繍)
mitome tsukasa(鋳金)
…and more!
 
【アクセサリーマルシェ at 手紙舎 2nd STORY】
会期:2021年4月28日(水)-5月16日(日)
定休日:5月6日(木)、7日(金)、10日(日)、11日(月)
時間:12:00-18:00(17:30 カフェL.O.)
場所:手紙舎 2nd STORY
住所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
 
*状況により、開催期間・内容が変更となる場合がございます。その場合は当ページにてご案内いたします。
 
 

出品作家のご紹介

 
kissmi wakisaka

和紙を用いてアクセサリーを作られる、kissmi wakisakaさん。ライラックやラベンダー、野ばらなどをモチーフにしたアクセサリーは、軽く繊細な反面しっかりとした作りで、1日つけていても大丈夫。コサージュや耳飾り、バレッタなどご覧いただけます。
web site
instagram
 

Cotoha


糸刺繍にオートクチュール刺繍を組み合わせ、独自の世界観を作り出すCotohaさん。フクロウにウサギ、ハリネズミなどさまざまな動物の息を感じることができる作品は、何気ない日の装いにも、ちょっとおめかししたい日の装いにも、しっくりと馴染む不思議な魅力を持っています。
web site
instagram
 

cotoyo matsue


一針一針、どこまでも繊細に編まれた可憐な花々。cotoyo matsueさんの紡ぐアクセサリーのもつどこかノスタルジックな雰囲気は、白詰草で花冠を編んでいた少女の頃を思い出させるようです。春色のアクセサリーを届けてくださいます。
web site
instagram
 

harishigoto


シルバーやネイビーなど、澄んだ星空のような色合いを基調とし、アクセサリーを制作するharishigotoさん。ぷっくりと立体感のあるアクセサリーは、シンプルながらも抜群の存在感。桜の景色と雨雪が入り混じる風景をイメージした新作も登場します。
web site
instagram
 

feltico


羊毛と手染め布花で植物のアクセサリーを作られているfeltico・麻生順子さん。5月にぴったりのスズランのブローチやピアス、人気のシロツメクサのアクセサリーが届きました。鮮やかなラナンキュラスやリースのブローチは、胸元はもちろん帽子や鞄を彩っても素敵なアイテムです。
web site
instagram
 

poritorie

リボン刺繍を中心に、クラシカルな雰囲気のアクセサリーを制作するporitorieさん。耳元を華やかに彩るマーガレットのピアス・イヤリングは、使いやすいニュアンスカラーで登場。新作のバレッタは小ぶりで、アップにもダウンにも使いやすいアイテムです。
web site
instagram
 

mitome tsukasa


葉脈や水面の泡のような繊細な透かしが特徴的な、mitome tsukasaさんの鋳金アクセサリー。今回は、マスクをしていても快適な、小ぶりな耳飾りも多くご用意いただきました。「星の環」シリーズのリングは、重ね付けをぜひお楽しみください。