EVENT INTRODUCTION

イベント紹介

7月2日(金)〜29日(木)

“はんこホリック”吉祥寺編 at 手紙舎吉祥寺店

毎月1日から7日までの1週間だけオープンする、手紙社のオンラインショップ「月刊手紙舎」。手紙社の選りすぐりを集めたこのオンラインショップでは、5月に「はんこホリック」と題し、魅力的なスタンプが勢揃いしました。手帳用の小さなものから、封筒の横でメッセージを伝えるもの、用途を限定したコレクター心をくすぐるものなど、押す側も受け取る側もニマニマしてしまうスタンプばかり!

そんな楽しいスタンプを実際にご覧いただくべく、7/2からの4週間は「はんこホリック」に登場したアイテムを中心に、約20作家による、数え切れないほどの種類が吉祥店にやってきます! すぐに真似できるスタンプを使った作例をご覧いただけるほか、オンラインではすぐに売り切れていたあのアイテムが並んだり、何が出るかお楽しみな2台のスタンプガチャも登場する、”はんこフェスティバル”です!

<作家紹介(50音順)>
*品切れ・完売などにより、取り扱いのない場合もございますので予めご了承ください。

【eric】
引き出しをひっくり返したような小さくて可愛いものにあふれた世界を、消しゴムはんこで表現しているericさん。スタンプはもちろん、オリジナルのインクパッドや、はんこを収納する印箱など、思わず揃えたくなる周辺アイテムも!
https://hellosmallthings.wixsite.com/emstamp

【切手のこびと】
2015年に誕生した、切手と組み合わせて使えるスタンプ「切手のこびと」。こびとたちが切手を布団に見立てて寝てみたり、切手を”よっこいしょ”と荷物のように抱えたりと、絵が苦手な方でもスタンプをポンと押すだけで、物語を添えた手紙の完成です。動物や花々の世界を描いた、アンティーク調のWonderLandシリーズも並びます。
https://kobito.theshop.jp/

【KNOOPWORKS】
可愛すぎず甘すぎない、シンプルな心地良さが魅力の「KNOOPWORKS(クノープワークス)」のスタンプ。仕事にも使える実用的なアイテムが多く、何気ないメモもスタンプをひとつ押すだけで、ハイセンスな代物に早変わり! バリエーション豊富な「手」をモチーフにしたスタンプもたくさん並びます。
https://knoop.stores.jp/

【啓文社印刷】
「記憶に残る印刷物」を合言葉に、神戸の工場で様々な印刷加工を手がけている「啓文社印刷」。紙好き・文具好きを唸らせる数多くのアイテムを誕生させる中、隠れた名品の一つが、活版印刷の包装紙のデザインから生まれたこの動物スタンプ。一つ押しても、森で暮らす動物たちのように数種押しても、大人かわいい世界が広がります。
https://www.k-bunsha.com/

【36(サブロ)】
2004年、吉祥寺にオープンした「36 Sublo(サブロ)」。懐かしさでいっぱいになる「よくできました」スタンプから、スケジュールやTo Doに便利なものなど、文具好きにはたまらないサブロワールドを展開。福田利之さんとコラボされた日付回転印も並びます!
https://sublo.ocnk.net/

【星燈社】
東京都小金井市の緑に囲まれながら、紙ものや布ものなどの日用品を制作する「星燈社(せいとうしゃ)」は、「今に馴染む日本の暮らし」を提案するブランドとして2009年に創業。手描きの風合いが残るタッチで描かれたデザインは、手に取った人を和やかな気持にさせてくれます。今回のフェアではイベントでだけ登場する、人気の「文具スタンプ」「図案スタンプ」ガチャも登場!
http://seitousha.jp

【高旗将雄】
イラストレーターとしてはもちろん、今や木彫り熊作家としても大人気な高旗将雄さん。実は高旗さん、手紙社界隈ではいち早く日付印を手がけられた方でもあります。今回のフェアでは、そんな高旗さんの人気の日付印も並びますので、ご希望の方はお早めに!(お一人様1点とさせていただきます)
https://masaox2006.xxxxxxxx.jp/

【とみこはん】
消しゴムはんこ作家の「とみこはん」。今回は、美味しそうな日付印と、「オムはんこ」が並びます。オムライス、ケチャップ、ピーマン、タコウインナー、ドット、パンダの絵柄の6種類のスタンプが入った「オムはんこ」は、インクの色や、押し方のアレンジで、オムライスが帽子になったり、ウインナーがお花になったり、いろんな遊び方を楽しめます!
https://tomikohan.com/

【ネクタイ】
北海道を拠点に活動する、のりおさんとあさみさんによるイラストレーターユニット「ネクタイ」。日々の生活の中で目にする様々なものたちを小さなはんこにした「いろいろはんこ」は、現在数え切れないほどの種類が存在。その中から、今回はなんと約100種類も登場します! 1つ2つ、3つ4つ…と集めたくなってしまいますね。
https://necktie-illustration.stores.jp/

【hase】
デザインやイラストなどの枠にとらわれず、紙にまつわるあらゆることを手がける「hase」。文字や線を絵や記号のように描くのが得意で、それらの作品は、オリジナルのスタンプにも展開。布やプラスチックにも押せるスタンプインクを使い、無機質になりがちなビニール袋などに押して中身との重なりを楽しむのもお勧めとのこと。
http://hasenokutsuhomepage.com/

【プロペラスタジオ】
神戸の旧居留地を拠点に活動する「プロペラスタジオ」。2004年にオープンした直営店”Hütte”のために立ち上げた紙ブランド”Hütte paper works”では、四季折々の草花をモチーフに、繊細で清々如くデザインされた紙雑貨などを制作されています。今回は、季節の草花をモチーフにしたボタニカルスタンプや、シンプルラインが美しいメッセージスタンプなど、瀟洒なデザインのアイテムが並びます。
WebSite:https://huttepaperworks.shop/

【+lab】
思わず「うふっ」と微笑んでしまうような文具をデザインする「+lab(プラスラボ®)」。「インクボトルはんこ」は、万年筆やガラスペンなどで使うインクのボトルをイメージして線画でデザインした、インクのコレクションを記録することを想定して考えたスタンプ。 インクコレクターのみならず、手づくりジャムなど瓶詰めのラベルノートにもお勧めです。
https://www.yamazakura.co.jp/lab

【水縞】
「水縞(みずしま)」は2006年に吉祥寺で産声を上げた、水玉好きのデザイナーと縞々好きの文房具店店主による文房具ブランド。透明のアクリル台にスタンプパーツを自由に貼り付けて、無数の模様を生み出すことができる「自在ハンコ」は、まさに文具好きの心を掴んだ水縞のヒット商品。気軽にオリジナルデザインが出来上がる夢のハンコで、包装紙やも作れます!
Web Site:https://mzsm.jp/

【手紙社】
升ノ内朝子さん、柴田ケイコさん、布川愛子さん、浅野みどりさん、KIYATAさん、しゅんしゅんさん、茂苅恵さん、Subikiawaさん、楓真知子さん、YUNOSUKEさんと、手紙社が「スタンプになったら楽しいな」と思う作家さんと作ってきたアイテムがずらり。今年6月に誕生した、自分だけのオリジナル看板が作れる升ノ内朝子さんの「レトロ看板」スタンプは、ガチャマシーンで登場! お名前スタンプとしてもお勧めです。

【手紙舎 吉祥寺店】
期間:2020年9月17日(木)〜2022年2月28日(月) 
場所:吉祥寺パルコ2F (東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1)
tel:050-5874-2228
営業時間:10:00〜20:00
吉祥寺パルコ_

<手紙舎 吉祥寺店フェアスケジュール 2020-2021>
【第1弾】9/17(木)〜10/13(火) 高旗将雄フェア<終了>
【第2弾】10/14(水)〜11/10(火) イイダ傘店フェア<終了>
【第3弾】11/11(水)〜11/24(火)ひだまり商店・co+fe・note: フェア<終了>
【第4弾】11/25(水)〜12/15(火) 松野屋フェア<終了>
【第5弾】12/16(水)〜1/5(火) fuji-galleryフェア<終了>
【第6弾】1/6(水)〜1/26(火) 小谷田潤フェア<終了>
【第7弾】1/27(水)〜2/21(日) 灯りと紅茶、ときどき焼き菓子フェア<終了>
【第8弾】2/22(月)〜3/18(木) 春に色めく花とブローチフェア<終了>
【第9弾】3/19(金)〜4/8(木) ソメヤスズキ「2TONE吾妻袋」フェア <終了>
     3/19(金)〜4/8(木) 水谷和音フェア<終了>
【第10弾】4/9(金)〜24(土)、5/14(金)・15(土) 鈴木七重『ゆるめる 温める 巡らせる』出版記念 チムグスイフェア<終了>
     4/9(金)〜24(土)、5/14(金)・15(土) toki no niwa「100年使えるフライパン」フェア<終了>
【第11弾】5/16(日)〜6/10(木) 甲斐みのり・難波里奈「大人の愛されカプセルトイ」フェア<終了>
【第12弾】6/11(金)〜7/1(木) 堀川 波『籐で作るカゴバッグ、かご雑貨』出版記念フェア
【第13弾】7/2(金)〜7/29(木) はんこホリック 吉祥寺編