今日のお手紙

     

【柴田ケイコ個展「めがねさん」at 手紙舎 2nd STORY 8/9(火)〜21(日)】

ユーモラスに描かれたモチーフ。心を撃ちぬく配色の美しさ。あっと驚く大胆な構図のバランス感。手紙社が愛してやまないイラストレーター・柴田ケイコさんの個展「めがねさん」を2016年8月9日(火)〜21日(日)の期間、開催いたします。

手紙社では2年ぶりとなる今回の個展のテーマは、今作家が一番描きたいもの、めがね。人物だけではなく、「めがねをかけたらどうなるだろう」と柴田さんが思い描いた動物の「めがねさん」も登場します。新作の原画はおよそ20点。めがねをモチーフとしたメモ帳やカードなどの新作雑貨も並びます。

そして、柴田さんにとって初の著書となる絵本『めがねこ』をこの個展で先行発売します! 発行・編集は手紙社です。作家在廊日に絵本を購入された方には、柴田ケイコさんがサインしてくれますよ。

見る者の予想をはるかに超える、柴田さんならではのエネルギーに満ちあふれたイラストレーションの世界をご覧ください。

【TOPIC】
1.新作の原画の展示・販売
めがねをかけた人や動物「めがねさん」をテーマに、柴田さんが描いた新作の原画をおよそ20点展示・販売します。

2.柴田ケイコ初の絵本『めがねこ』発売!
柴田さんにとって初の著書となる絵本『めがねこ』(発行・編集:手紙社)を先行発売。作家在廊日に絵本を購入された方には著者がサインします

3.新作の紙・布雑貨の販売
人気のメモ帳やぽち袋、ロール付箋の新作、めがねカード、めがねTシャツも登場!

4.カフェではスペシャルメニューが登場
期間中、手紙舎 2nd STORYのカフェでは「めがねさん」にあわせたスペシャルメニューをご用意します

【WORKSHOP】
「一輪挿しの絵付けワークショップ」
柴田ケイコさんに習いながら素焼きの陶器に絵付けを行います。ダルマ・動物・人物の3つの陶器の種類から、お一人様ふたつまで選ぶことができます。絵付けができたら、後日釉薬をかけて焼きあがったものを郵送します。

<概要>
日程:8/11(木・祝)・12(金)・13(土)・14(日)
開場:手紙舎 2nd STORY
時間:各日14:00〜/16:00〜の全2回
定員:各回6名(事前予約制)
費用:大人2,200円、小学生1,000円、未就学児800円(税別・ドリンク付き)

★詳細やお申し込み方法は、追ってお知らせいたします

【柴田ケイコ個展「めがねさん」】

日程:2016年8月9日(火)- 21日(日)
休み:8/15(月)※定休日振替
時間:12:00 – 23:00(LO 22:00)
場所:手紙舎 2nd STORY
住所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F
電話:042-426-4383
作家在廊日:8/11(木)12(金)13(土)14(日)
柴田ケイコホームページ:

保存

保存

保存

保存

【アルバイト/パート募集!】編集部・雑貨部で一緒に働いてくれるスタッフを募集します。主婦、歓迎します。

このたび手紙社では、「編集部」と「雑貨部」のアルバイト/パートスタッフを募集いたします。「我こそは」と思って下さった方のご応募をお待ちしています。

【手紙社の仕事とは】
手紙社の仕事は、ひとことで言うと「刺激的」です。言葉を替えれば、とても充実感があり、時にはとてもハードです。手紙社で働くからには、皆さんに「やりがい」を感じて欲しいと願っています。それはつまり、「責任」があることを意味しています。アルバイトやパートスタッフであろうと、大切な仕事を任されることもあります。

おそらく、外から見る手紙社と、中に入ってから見る手紙社は、かなり違うと思います。比較的「ほっこり」しているように見えるであろう手紙社ですが、中は戦場のようです。「良いものを作らなければいけない」という大きなプレッシャーも、常につきまとっています。

そんな中でひととき、感動するような場面が訪れます。自分たちがつくった何かに触れてお客様が喜んでくれたとき、仲間で手をつないでひとつのことを達成したとき、なかなか他では味わえない感動が訪れます。そのひとときのために、みんな頑張っているのかもしれません。

そんな手紙社の仕事をサポートしてくださる仲間を、募集します。

【仕事内容】
1. 編集部
「もみじ市」「東京蚤の市」「布博」「カフェフェス」など、イベントを企画・運営するチームです。出店者から届くたくさんの情報を整理・データ化したり、ウェブにアップしたり、また、イベント当日に向けて作り物を用意したりする仕事をサポートしてくださるスタッフを募集いたします。

2. 雑貨部門
手紙舎2nd STORY、本とコーヒーの雑貨・書店部門の運営、各地でのイベント企画・出店、仕入先/新商品の開拓及び仕入れ、オンラインショップや卸の運用など、物販における全ての業務を行うのが雑貨部門の仕事です。今回は、「店頭業務」「仕入れ業務」「オンライン業務」それぞれで、スタッフを募集いたします。

【応募資格】
・自らの感性や力をもって、仕事を作り出して行きたい方
・一芸に秀でている方(写真が得意、エクセルが使いこなせる、デザインができる、ラッピングが得意、英語がペラペラ、接客には自身がある など)
・週2日以上勤務可能な方
・土日勤務可能な方(雑貨部・店頭業務)
・経験者、未経験者とも歓迎いたします
・男性、女性とも歓迎いたします
・学生、主婦とも歓迎いたします

【勤務地】
●編集部
手紙舎 2nd STORY(調布市菊野台1-17-5)
●雑貨部
手紙舎 2nd STORY(調布市菊野台1-17-5)
本とコーヒー tegamisha(調布市菊野台1-17-5)
八雲台ハウス(東京都調布市八雲台1-37-5)

【応募方法】
以下の項目を明記し、「ご自身の写真」を添付した上で、件名を「編集部部門または雑貨部問スタッフ応募」とし、<recruit[アットマーク]tegamisha.com>まで、メールでご応募ください。書類選考を通った方のみ、応募より1週間以内にご連絡を差し上げます。

【応募必要項目】
1. お名前
2. 生年月日
3. ご住所
4. 電話番号
5. メールアドレス
6. 高校入学以降の学歴
7. 簡単な職歴
8. 配偶者の有無
9. 現在のお住まい状況(例:ひとり暮らし、親元暮らし)
10. 希望の部署(雑貨部の場合は希望の業務内容も)
11. 勤務体系の希望(週何日、どの時間に勤務を希望するか)
12. 手紙社で働きたい理由
13. 得意とすること(一芸に秀でていると思うこと)
14. エクセルとワードをどれくらい使いこなせますか?
15. 将来、なりたいものがあれば書いて下さい
16. 好きな店(雑貨店、カフェ、書店など)
17. 好きな作家
18. ご自身の写真を添付(携帯写真でも可)

【会社概要】
株式会社 手紙社
創業:2008年4月
設立:2012年1月30日
資本金:500万円
従業員数:正社員25名/アルバイト10名
事業内容:飲食店の経営/雑貨店の経営/イベントの企画/書籍の編集・執筆
本社
所在地:東京都調布市西つつじケ丘4-23-35
代表者:北島勲
取締役:渡辺洋子/関根利純

【手紙社がやってくる!at 浦和パルコ vol.2/出品者紹介】紙ものと文具の5日間(7/6〜10)

7/1(金)〜7/10(日)の10日間、手紙舎雑貨店が浦和パルコに出店致します! 出店期間中の7/6(水)〜7/10(日)の5日間のみ開催する「紙ものと文具の5日間」。紙ものをたっぷり集めたこの5日間には、紙もの好きにはたまらない心躍るような商品が、1F 特設会場にずらりと並びます! それでは、出品して下さるみなさまをご紹介します!

水玉好きのデザイナーと縞々好きの文具店店主が二人の目線を通してセレクトと制作を行う「水縞」。水玉や縞々以外にも、オリジナルパターンのポストカードやペーパーなど、カラフルで楽しい紙雑貨を提案しています。人気の相撲取りキャラクター「おはぎやま」の商品や、水縞らしいユニークなアイテムを種類豊富にご用意いたします。

東欧を旅して出会った雑貨やアジ紙を使ったオリジナルステーショナリーなどを扱う「CHARKHA」。オリジナルアイテムの紙ものと、味わいのあるデザインのマッチラベルやチケットなど、異国情緒溢れる商品をご用意いたします。その他にも、手になじむアジ紙ノートや、チェコのワックスペーパーセットなど、つい手に取りたくなってしまうようなCHARKHAならではの商品をお持ちします。

福岡県に店舗を持ち、外国の包装紙をメインに取り扱っている「REGARO PAPIRO」。今回はオリジナルペーパーを出品してくれます。「手紙社」での初出品ということで、今回特別にすでに廃盤となっている「黒やぎ白やぎ柄」のペーパーを復活してくださいました!プレゼントの包装にはもちろん、ブックカバーや、額に入れてインテリアのワンポイントとしてもご利用いただけます。じっくり選んで、ぜひお気に入りのペーパーをみつけて下さいね。

使う人の想像力の元となるものづくりを念頭に、シンプルで使い勝手のよい紙文具をつくりだす「印刷加工連」。一見シンプルですが、箔押しされた一筆箋やぽち袋など加工の施された商品も多く、印刷好きにはたまらないポイントがぎゅっとつまっています。ななめリングノートやクリップなど、実際手にすると、ぜひ使ってみたくなるようなステーショナリーをたっぷりとお見せします!

個性的な紙ものや文具に出会える5日間となっております。普段使いにはもちろん、ちょっとしたプレゼントにも最適な商品をご用意してみなさまをお待ちしております。どうぞお楽しみに!

【手紙社がやってくる! at 浦和パルコ vol.2】
期間:7月1日(金)〜7月10日(日)
会場:浦和パルコ (埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1)
営業時間:10:00~21:00
tel:042-426-4564(お問い合わせ先:手紙社)

【ニシワキタダシ個展『しばらくかまない』】「一緒にキャラクターを描きましょう」7/23(土)開催!

食べかけのパンを売る「ねこ」、寝てる間にお腹に寿司を置かれた「わに」、見かけによらずアクロバティックな動きをみせる「おじさん」…。私たちのお腹をじわじわとくすぐる、愛らしくもシュールで、どこかクレバーなセンスをも感じるキャラクターたち。描いているのは、手紙社が敬愛するイラストレーター・ニシワキタダシさんです。

7/12(火)〜7/24(日)の期間、手紙舎 2nd STORYにて開催する、ニシワキタダシさんの個展『しばらくかまない』。先日お知らせした、特別企画「しばらくかまない似顔絵」につづき、第二弾には、ニシワキさんが描かれるキャラクターたちを、より深く知っていただける企画をご用意しました。

題して、「一緒にキャラクターを描きましょう」開催いたします!

ねこ、わに、おじさんほか3つのキャラクターの描き方を大公開! ニシワキさんによる解説のもと、実際に完成するまでの工程を見ながら一緒に描いてみませんか? 最後にお気に入りのキャラクターを描けたら、なんとそちらに、ニシワキさんが “描き足し” をしてくれますよ。

描かれるまでの過程や背景からわかるキャラクターの秘密。知れば知るほどに面白く、描きながらニヤニヤしてしまうこと間違いなしです。キャラクターそれぞれの性格や誕生秘話、描き方のコツなども聞けてしまう貴重な機会を、どうぞお見逃しなく。

◎一緒にキャラクターを描きましょう
日程:7/23(土)
開場:本とコーヒー tegamisha
時間:18:30〜(18:00開場)
定員:35名(事前予約制)
費用:1,800円(税別)+1ドリンクオーダー
持ち物:描きやすい鉛筆やペン、消しゴム
ご予約方法:以下、ご予約フォームよりお申し込みください。
★ご予約受付は、7/1(金)12:00〜、開始いたします。
++ 「一緒にキャラクターを描きましょう」ご予約フォーム ++

【ニシワキタダシ個展『しばらくかまない』】
日程:2016年7月12日(火)- 7月24日(日)
休み:19日(火)※定休日振替
時間:12:00 – 23:00(LO 22:00)
場所:手紙舎 2nd STORY
住所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F
電話:042-426-4383
作家在廊日:12(火)、16日(土)、17日(日)、23日(土)、24(日)
ニシワキタダシHP:

【手紙社がやってくる!at 浦和パルコ vol.2/出品者紹介】バッグと日傘と靴下の5日間(7/1〜5)

7/1(金)〜7/10(日)の10日間、手紙舎雑貨店が浦和パルコに登場します! そのうちの7/1 (金)〜7/5(火)の5日間、1F特設会場にて開催する「バッグと日傘と靴下の5日間」。布ものをたっぷり集めたこのコーナーに出品して下さるブランドは、日本国内にとどまらず、この春より初披露する台湾のブランドも登場。本日は1つ1つのブランドから溢れる魅力を、みなさまにご紹介致します!

まずはバッグをご紹介。ブタの鼻のマークが特徴の台湾ブランド「蘑菇 Mogu(モグ)」。手紙社としても初めての取り扱いですが、手紙舎2nd STORYでも店頭に並べるとあっというまに商品が少なくなってしまう程、人気を博しています! 14オンスの帆布を使用したバッグは、堅すぎず、使いこむほど肌になじみます。シンプルなデザインとポップなカラーなので、老若男女問わずお使いいただける事間違い無し。日本ではまだあまり紹介されていないのですが、これから注目が高まるであろうブランドです。

代官山初のファブリックブランドで、日本の伝統的な美意識を現代に表現し、人々の生活に提案している「cocca」。今回は日傘を中心に様々な商品を展開してくださいます! 夏の日差しにも負けないカラフルな日傘を持って出掛ければ、夏も元気に過ごせそうですね。日傘以外にも、雨傘やポンチョ、生地のセットなど、たくさんの布ものがみなさまをお待ちしております!

靴下では、3つのブランドが登場します! 1つめは、手紙社が台湾で恋に落ちた、ポップで美しく、グッドデザインな靴下ブランド「+10 ten more socks(テン・モア・ソックス)」。一つ一つに個性的な名前がつけられている所もポイントです。

2つめは、心地いい履き心地におもわずうっとりしてしまう、日常にそっと彩りを添えてくれる「French bull」。履く人を魅了する肌触りのよさを、ぜひ店頭でお手に取って感じてみて下さい!

3つめは、シンプルでナチュラルな靴下で、どんな洋服にも合わせやすいデザインが豊富な「hacu」。ワンピースやスカートにはもちろん、くるぶし丈のパンツからちらりと見せても素敵です。

布ものといってもその商品は様々です。「こんなものが欲しかった!」。そんな出会いが訪れるよう、魅力的なアイテムを取り揃える予定です。夏を元気に乗り切るためのたくさんの布雑貨をご用意して、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

【手紙社がやってくる! at 浦和パルコ vol.2】
期間:7月1日(金)〜7月10日(日)
会場:浦和パルコ (埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1)
営業時間:10:00~21:00
tel:042-426-4564(お問い合わせ先:手紙社)

【表現の学校「フードコーディネーターになりたい人のために/全2回」7月11日(月)・18日(月・祝)講師:wato(wato kitchen)】

食に関するあらゆることをプロデュースする食の専門家・フードコーディネーター。企業の新商品や店舗のメニュー開発、テレビや雑誌などメディアへの出演、撮影時の料理制作やスタイリングなど、その業務内容は多岐に渡ります。本講座では手紙社のイベントへのご出店でもおなじみ、フードコーディネーターとして各方面で活躍されるwato(wato kitchen)さんを講師にお迎えし、具体的な仕事の内容や、お仕事をする上で心掛けていることをご紹介いただきます。いつも笑顔の絶えることのないwatoさんによる“食”で人を笑顔にする秘訣、ここにあります。

【表現の学校「フードコーディネーターになりたい人のために/全2回」】
講師:wato(wato kitchen)
日程:1限目:2016年7月11日(月)、2限目:2016年7月18日(月・祝)
時間:1限目:19:00〜21:00、2限目:14:00〜17:00
受講料:10,800円(税込/別途1ドリンクをご注文いただきます)
定員:12名
受講対象者:フードコーディネーターを目指している方、興味のある方
教室:1限目:手紙舎つつじヶ丘本店(東京都調布市西つつじヶ丘4-23-35 神代団地商店街)、2限目:アトリエ wato kitchen(東京都調布市菊野台1-17-5 402号室/手紙舎2nd STORY上)
お問合せ先:tel.042-444-5367
お申し込み方法:6月29日(水)正午より、こちらのフォームにてお申込み受付を開始いたします。お申込みいただいた方には、3日以内にメールにてご連絡を差し上げます

内容:
【1限目】講義編

・フードコーディネーターとはどんな仕事?
企業の新商品や店舗のメニュー開発、テレビや雑誌などのメディアへの出演、書籍の執筆、撮影時の料理制作やスタイリング、イベントへの出店、ケータリング。フードコーディネーターの業務は、ざっくりとリストアップしただけでもこんなにも多種多様です。watoさんが今まで手掛けてきた実例をご紹介しながら、watoさん流にフードコーディネーターの仕事を解説していただきます。

・どんな道具を使っている?
包丁やまな板など、調理に欠かせない道具はもちろんのこと、食器、カトラリー、テーブルクロス、花器など、見た目を華やかにするための小物もコーディネートの大事な要素。チョイスの基準と、具体的な演出のポイントをお伝えしてゆきます。

・フードコーディネーターに必要な力って?
「ベーシックな力とともに、柔軟性が大事」と話すwatoさん。一つの仕事のご縁がご縁を呼び、たくさんのプロジェクトからお声が掛かり続けるのは、watoさんらしい細やかな心配りがあってこそ。お仕事でのエピソードを交えながら、フードコーディネーターに求められる力をお話しします。

【2限目】実践編

・フードコーディネートしてみよう 1限目終了後に課題を出しますので、1人1品を作ってお持ちいただきます。作っていただくメニューはみなさん同じものですが、ターゲットや季節などのシチュエーションは、それぞれ自由に考えてみてください。その条件に適した食器、カトラリー、テーブルクロスもご用意いただき、実際に盛り付けてみましょう。最後に、watoさんからお一人ずつアドバイスをしていただきます。

watoさんからのメッセージ
「こんにちは。講師をさせていただくことになりましたwatoです。フードコーディネーターへの道のりや仕事内容は本当に様々なので、私の話が全てではありませんが、こういう例もあるんだなぁと参考に、そして何かのきっかけになれば嬉しいです。食に興味のあるみなさんと過ごす2日間を、楽しみにしています」

wato/プロフィール
岩手県生まれ。フードコーディネーター・管理栄養士・イラストレーターの3足のわらじを履く。「wato kitchen」という名前で、手紙社が主催するイベントへの出店や、パーティーへのケータリングを行うほか、『リトルギフト』(サンクチュアリ出版)や『春夏秋冬ごはん帖』(ヴィレッジブックス)など、書籍の執筆も行っている。
http://blog.watokitchen.com

【表現の学校「おいしく食べて健康になる、野菜の料理教室」7月4日(月)・19日(火)講師:上村真巳(アンリロ)】

「鹿沼のあの小さな路地に、あれほどの素晴らしいレストランがあるのは奇跡である」

手紙社の代表である北島にそう言わしめた“伝説のフレンチベジタリアン”アンリロ。野菜が主役となり、供される独創的な料理の数々は、極めて美味しく、極めて美しいのです。この、極めて素晴らしいレストランを創り出したのが、オーナーシェフである上村真巳さんです。

そんな上村シェフを招いての表現の学校は、野菜のおいしさを引き出す、唯一無二の料理教室。マクロビオティックを基本とした身体にやさしい調理法で、おいしく、そして美しい食卓の作り方を教えてくださいます。今回は初夏をイメージした、どちらもお店では定番メニューとなる全4品をご教授くださいます。

神の手を持つ男、上村真巳による東京での貴重な貴重な講座。ぜひこの機会をお見逃し無く。

【表現の学校「おいしく食べて健康になる、野菜の料理教室」】

講師:上村真巳(アンリロ)
日程:
①2016年7月4日(月)
②2016年7月19日(火)
時間:19:00〜22:00
※作業の進捗状況によって、時間が延びる可能性あり
受講料(材料費込み):6,000円(税込/別途1ドリンクをご注文いただきます)
定員:10名
受講対象者:ご家庭で旬の野菜をおいしく食べる料理法を学びたい方
教室:手紙舎つつじヶ丘本店(東京都調布市西つつじヶ丘4-23-35 神代団地商店街)
持ち物:エプロン、三角巾
お問合せ先:tel.042-444-5367
お申し込み方法:6月27日(月)正午より、こちらのフォームにてお申込み受付を開始いたします。お申込みいただいた方には、3日以内にメールにてご連絡を差し上げます

内容:
旬のお野菜をおいしく食べる料理法をお伝えします。今回は初夏に合わせたメニュー4品(トマトと蜂蜜のジュレ、ベジボロネーズ、ベジカルボナーラ、ベリーベリーブリュレ)を作ります。まずはお手本としてデモンストレーションを行い、すこしばかりの作業と盛り付けを行っていだたいたのち、じっさいに召し上がっていただきます。

上村真巳さんからのメッセージ
「お野菜だけでもとっても素敵な食卓を彩れて健康になれる、そんなプレゼンテーションをお伝えします」

上村真巳/プロフィール
1977年栃木県真岡市生まれ。宇都宮短期大学附属高等学校調理科卒、東京広尾レストランひらまつ入社、益子穀物菜食JAMU LOUNGE入社。28歳で独立、鹿沼市フレンチベジタリアン「アンリロ」31歳でビストロ「ルペリカンルージュ」オープン。2009年より母校にて調理科洋食講師。ウエディングユニットour story wedding代表。子育てlifeをあとおしするブランコ代表。フレンチベジタリアン料理教室、ビストロ料理教室、ケータリング、グランピングなどを手掛ける。

【手紙社がやってくる!at 浦和パルコ vol.2/ワークショップ紹介】レトロ印刷JAM「シルクスクリーンワークショップ」(7/7〜8)

レトロな風合いの仕上がりで、クリエイターたちから絶大な人気を集める印刷会社・レトロ印刷JAM。手紙社の様々なイベントでワークショップを行ってくださり、その周りはいつもたくさんの人たちで賑わっています。今月、大阪で行われた「印刷工場ピクニック」でも大人気だったワークショップを、今回浦和パルコでも開催してくださいます!

今回のワークショップは、みなさまに原稿を描いていただき、その場で印刷する「シルクスクリーンワークショップ」です! レトロ印刷JAMの新しいシルクスクリーンキット「SURIMACCA」を使って、ポストカードやTシャツ、バッグなど、様々なものにオリジナルの図案を印刷する事ができます。その場で、シルクスクリーンの版作りから印刷までの一連の流れを体験していただきます!

基本的には予約不要で当日ご参加いただけますが、今回特別に1時間毎に4名の事前予約を受け付けます! この機会にあなただけのオリジナル図案を使って、あなただけのアイテムを作ってみませんか?

【シルクスクリーンワークショップ】
日時:7/7(木)~8(金)
12:00〜20:00

事前予約枠
①12:00~13:00
②13:00~14:00
③14:00~15:00
④15:00~16:00
⑤16:00~17:00
⑥17:00~18:00
⑦18:00~19:00
⑧19:00~20:00

事前予約:各回4名様

対象:小学生以上(お子様は保護者様と一緒にご参加ください)

持ち物:刷りたい素材があればお持ちください
(最大3つまで。インクの性質上、白や生成りなど薄い色の生地がおすすめです)
※スペースに限りがあるので、大きい布などはご遠慮ください。

参加方法:事前予約および当日受付(当日受付が基本ですが、事前予約を特別に各回4名様まで受付ます。ご予約いただけなかったお客様もぜひ当日会場までお越し下さいませ)

お申し込み方法:6/24(金)正午より受付を開始いたします。こちらのお申し込みフォームに必要事項を入力し送信して下さい。3日以内にご確認メールを差し上げます。

参加費:印刷サイズによって異なります。
XSサイズ(印刷範囲80×80mmまで)…¥926
Sサイズ(印刷範囲200×200mmまで)…¥1389
Mサイズ(印刷範囲200×290mmまで)…¥1852
※価格はすべて税抜です
※印刷サイズによって費用が異なります
※参加費は当日お支払いいただきます
※1色刷りになります
※ポストカード、トートバッグ・巾着・Tシャツなどの素材は、当日ご購入いただけます(別途料金が必要です)。

注意事項:インクを使うワークショップなので、汚れても良い服装でお越しください。

【手紙社がやってくる! at 浦和パルコ vol.2】
期間:7月1日(金)〜7月10日(日) 
会場:浦和パルコ (埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1)
営業時間:10:00~21:00
tel:042-426-4564(お問い合わせ先:手紙社)

【手紙社がやってくる!at 浦和パルコ vol.2】ワクワクをたっぷり詰め込んだ、手紙舎雑貨店が登場!(7/1〜10)

7月1日から10日間にわたり、手紙舎の雑貨店と手紙社がセレクトしたグッズの販売やワークショップを開催する、「手紙社がやってくる!at 浦和パルコ vol.2」。本日は手紙舎雑貨店で販売する、さまざまなアイテムを紹介します! 前回の浦和パルコへの出店から半年、商品もますますパワーアップしている手紙舎雑貨店では、我々の敬愛するクリエイター達の作品や手紙社のオリジナルアイテムなど、みなさまの日常を彩るアイテムをたっぷりご用意致します!


紙雑貨では、気持ちを伝えるレターセットやメッセージカード。包装紙やブックカバーに活用いただけるペーパーは、B4、A3などサイズも種類も豊富に揃えております! オリジナルのタグは、プレゼントにそっと添えてもよし、本に挿んでしおりとしてもお使いいただけます。

お土産やプレゼントにもぴったりな瓶詰めやお菓子など、味はもちろん、デザインもGOODな食料品をたっぷりお持ちいたします! 今回浦和パルコには、手紙舎2nd STORYで3月から取り扱いを始めたお酒もご用意してお待ちしております。

また、前回好評だった手芸商品では、テキスタイルの量り売りを致します! 生地は50cmから10cm単位で販売しますので、好みの生地に出会えたら、お洋服や布小物づくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

手紙舎2nd STORYでも人気の高い、アクセサリ—やクラフトの商品もお持ちします! 写真は泥染作家・トモタケさんブローチです。泥染の優しい色合いとふくろうやお花などのモチーフが魅力的ですね。この他にも、ブローチや耳飾りなどのアクセサリ—や、木工、陶器の器など、様々な手仕事作品をご用意いたします。

手紙社の本屋「本とコーヒー」からは、人気の高い書籍をセレクトしてお持ちします。思わず手を動かしたくなってしまう、ものづくり心をくすぐるような本や、絵本をたっぷりご用意いたします。


また、今回はお客様へのプレゼントをご用意致しました。メインビジュアルを描いて下さった升ノ内朝子さんデザインのトートバッグです! メインビジュアルにも描かれている、布を持つ女性と猫が印刷されており、シンプルなデザインは普段使いにもぴったりです。こちらのバッグはコットン素材で、ちょうどA4サイズが入る大きさとなっております。3000円以上お買い上げのお客様、先着800名様へのお渡しとなっております。浦和パルコでのみゲットできる、貴重なプレゼントとなっておりますので、どうぞお見逃しなく!

今回紹介した商品の他にも、普段手紙舎で扱っている商品をたっぷりお持ちします! みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

【手紙社がやってくる! at 浦和パルコ vol.2】
期間:7月1日(金)〜7月10日(日)
会場:浦和パルコ (埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1)
営業時間:10:00~21:00
tel:042-426-4564(お問い合わせ先:手紙社)

【HANON展】展示室トロワにちいさな洋服の世界が広がります(6/22-26)

今年出版された書籍『DOLL SEWING BOOK 「HANON」』(ホビージャパン)が好評なHANONさんの個展が、3階の展示室トロワにて本日より始まりました。世界からも注目されているHANONさんによる、5日間限定・東京初の貴重な個展。会場では、同書に掲載されているドールアウトフィットの展示のほか、限定数の完成品やキットの販売も行われます。

展示室トロワの扉を開けるとそこに広がるのは、自然の中にポツンと現れたアトリエのような、ちいさな洋服の世界。フランスで買い付けた希少なアンティークのレースを使用したり、草木染めを施したりと、細部までに愛情溢れるHANONさんの作品は、ドール好きの方はもちろんのこと、とにかく小さいものが好きな方や、ファッションに興味のある方にも十分に楽しんで頂けそうです。

ドールに使う洋服の生地には、普段からオリジナルのテキスタイルを制作されているというHANONさん。今回の個展では、手紙社をイメージして、ごく小さな手書き文字とハートをちりばめたテキスタイル「Dear」を制作くださいました。会場には、この生地を使ったワンピースやソックスのキットも並びます。

こちらは書籍掲載のキャミソールワンピースに、ビンテージレースを使用し、裾をグラデーションになるよう草木染めを重ねたスペシャルな「ビジュードレス」。眺めているだけでもため息が漏れてしまうほどに美しいこのドレスほか、5種類の洋服が会場にて受注販売されます。

普段は大阪にて制作活動をされているHANONさんですが、本個展会場の奥には、出張アトリエさながらに、実際に使用されているミシンが置かれています。「25日以外の会期中はほぼ在廊予定なので、ミシンを踏んでいることもあるかも」とHANONさん。細やかな作品が生まれるその瞬間を見ることができるかもしれません。
また書籍にはサインもくださるとのこと。作品について、書籍についてなど、この機会に是非直接お話を伺ってみてくださいね。

DOLL SEWING BOOK 「HANON」
2014年3月24日発売 出版社: ホビージャパン
価格:1800円(税抜)ISBN 978-4798611945

HANON -PROFILE-
ブライス復刻前よりブライスの虜になり、2001年の復刻と同時にカスタムや縫製を開始。カスタム総数は3300体以上。「ブライスビューティーコンテスト第1回」審査員、オフィシャルからのご依頼によりブライスのカスタム本 「ブ ライスカスタム基礎ノート」を監修、ワークショップやチャリティーオークションなどイベントに多数参加。台湾、オランダ、フランス、カナダ、イギリスなど海外のドールイベントに参加。2016年はサンフランシスコ、ドイツ、スコットランドで出展予定。http://www.hanon.club

【個展「DOLL SEWING BOOK EXHIBITION -HANON 」】
会期:2016年6月22日(水)-6月26日(日)
時間:12:00~19:00(入場は18:30まで)
場所:展示室 トロワ(手紙舎 2nd STORY上)
東京都調布市菊野台1-17-5 3F
問い合わせ:tel 042-440-3477(本とコーヒー)
*在廊予定:6/22、23、24、26
*クレジットカードはご利用いただけませんので予めご了承ください。

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008