今日のお手紙

     

【千種個展「鳥の絵本図鑑」情報】新作のネックレスを一足先にお見せします! 11/5(水)~11/16(日)at 手紙舎2nd STORY

11/5(水)から手紙舎2nd STORYの「みどり荘」で始まる羊毛フェルト作家・千種さんの個展「鳥の絵本図鑑」。今回初挑戦となる平面刺繍の作品のほか、千種さんの代表作である立体的な鳥や花のアクセサリーもカラフルに揃います。姿、かたち、色が忠実に再現されたブローチの数々は、その豊かな表情にぐっと引き込まれるものばかりです。

「色の美しい鳥にも惹かれるけれど、秋は野鳥と木の実の組み合わせをつい作りたくなる」と話す千種さん。モチーフとなる鳥と木の実や花の組み合わせにも想いを巡らせながら、実際に手にとってその細部までご覧くださいね。

シロフクロウとカマツカ
某ファンタジー小説の主人公のペットとして一躍注目を浴びたシロフクロウ。その名の通り、白い毛に覆われている大型のフクロウ。羽を休めているカマツカの木は春には白い花をつけ、秋になると赤く熟した実をつける

アカゲラとハナミズキの実
黒、白、赤の3色が特徴的なキツツキ。白やうすいピンク色の花で有名なハナミズキは、秋になると赤い実をつける。黄色い葉のクロモジ、実を真っ赤に染めるメギのブローチもご用意しました


カケスとドングリ
個展「鳥の絵本図鑑」のメインビジュアルに描かれているカケス。木の実を地面などに蓄え冬に備える習性があるが、ときとして蓄えた場所を忘れてしまい、その木の実が時を経て森をつくることもあるのだとか


エナガとエビヅル
尾の長さが特徴的なエナガがとまっているのは、ブドウ科のエビヅル。奥に見えている黄色い葉のブローチはクロモジをかたどったもの

ムラサキシキブとフランネルフラワー、アカゲラ、キンバト、メジロ、シジュウカラのネックレス
今回、とくに注目したいのが、千種さんにとって初挑戦となるネックレス。秋になると光沢のある紫色の小さな果実をたわわに実らせるムラサキシキブ。アクセントには白くて尖った毛織物のような質感の花をつけるフランネルフラワー。赤、茶、緑、桃、青、黒、黄。さまざまな色でつくりあげる鳥と花の競演が美しい

*立体のアクセサリーは、数に限りがございます。また、お渡しは会期終了後となりますので、あらかじめご了承ください。

【千種個展「鳥の絵本図鑑」】
場所:手紙舎 2nd STORY「みどり荘」
日程:2014年11月5日(水)~16日(日)
時間:12:00 ~ 23:00
定休日:11月10日(月)
作家在廊日:千種ホームページ・またはfacebookページにてお知らせします

紙ものまつり in 高知を開催します!2014.12.12 〜12.14

全国のクリエイターやデザイナーたちによる、デザイン性溢れる紙もの雑貨を一同に集めた「紙ものまつり」を、2012年に引き続き、ふたたび高知県「いの町紙の博物館」にて行います! 「いの町」は土佐和紙の産地であり古くから紙の町として栄えました。そんな「紙」と縁の深い場所に、手紙社からたくさんの美しくてユニークな紙ものを携えて、3日間の「紙ものまつり」を開催します。

広い会場には、イラストレーターや作家による展示やワークショップをはじめ、手紙舎2nd STORYがそのまま移動したような「GOOD PRINT」「GOOD CRAFT」「GOOD FOOD」の数々がそろうほか、高知県内のクリエイターたちが制作した土佐和紙作品や紙雑貨もご用意。紙が、和紙が、もっと好きになる3日間です。

展示やワークショップの詳細も、当サイトにて順次ご紹介しますので、どうぞお楽しみに!

【紙ものまつり in 高知】
会期/2014.12.12 fri.〜14 sun. 9:00〜17:00(土曜日は19:30まで)
会場/いの町紙の博物館(高知県吾川郡いの町幸町110−1 TEL.088-893-0886)
入館料/大人500円 小・中・高校生 100円

【千種個展「鳥の絵本図鑑」ワークショップ情報】羊毛フェルトで小鳥のブローチを作ってみませんか? 11/9(日)at 手紙舎2nd STORY


手紙舎2nd STORYの中にある小さなギャラリー「みどり荘」では、11/5(水)より羊毛フェルト作家・千種さんの個展「鳥の絵本図鑑」が始まります。千種さんと言えば、忠実に再現された立体的な鳥のブローチやピアスが人気ですが、「もっと気軽に羊毛フェルトの楽しさに触れてほしい」と、著書『羊毛フェルトでつくる 小鳥のブローチ』を出されたばかり。

今回の個展では、著書の中で紹介されている簡単にフェルトのブローチを作ることができる方法を用い「小鳥のブローチづくりのワークショップ」を開催します! 塗り絵のように、羊毛フェルトをガーゼにちくちく刺していくだけなので、はじめて触れるという方でも、お子さまでも気軽にブローチを作ることができます。

当日は特別に、本のなかでは紹介されていない鳥の作り方を教えてくれますよ。千種さんの制作話を聞きながら、そのものづくりの一端に触れることができる貴重なこの機会。一歩ずつ深まってゆく秋の手習いに、ぜひご参加ください。


当日お作りいただけるのはこちらの2羽。左がコキンメフクロウ×アキグミ、右がコキンチョウです。秋らしい雰囲気の鳥と、色が美しい鳥、それぞれの魅力を感じてくださいね

【小鳥のブローチ作りのワークショップ】
日程:11/9(日)
時間:①13:00~15:00/②16:00~18:00
会場:手紙舎2nd STORY
参加費:5,500円(材料費・消費税込み/ドリンク付き/時間内にブローチを2つお作りいただけます)
定員:各回8名
持ち物:とくになし

ご予約方法:沢山のお申し込みを有難うございます。一度締切りとさせていただきます。お申込みいただきました皆様には順番にご連絡をさせていただきます。

※事前お振込み制とさせていただきます。お振込み確認次第、受付完了とさせていただきます。
※材料、ドリンクのご用意があるため、直前のキャンセルはご遠慮くださいますよう何卒お願い申し上げます。

【千種個展「鳥の絵本図鑑」】
場所:手紙舎 2nd STORY「みどり荘」
日程:2014年11月5日(水)~16日(日)
時間:12:00 ~ 23:00
定休日:11月10日(月)
作家在廊日:千種ホームページ・またはfacebookページにてお知らせします

「手紙舎つつじヶ丘本店」営業日拡大のお知らせ

手紙舎つつじヶ丘本店は、木曜日〜日曜日の週4日間のみ営業させて頂いていましたが、今週より水曜日も営業させて頂くことになりました。少しでも多くの方がこの場所を訪れて頂ける機会が増えたらと思います。そして、少しでも多くの時間をこの場所でみなさまと過ごしていけたらと思います。

手紙舎つつじヶ丘本店は、京王線のつつじヶ丘駅から歩いて15分くらい。手紙舎2ndSTORYからも歩いて15分くらい。けして便利とは言えない場所にあります。冬の気配が近づくこれからの季節、お店までの道のりはもっと長く感じるかもしれません。訪れてくださった方たちに、外の冷たさが少しでも和らぎますよう、あたたかいお食事のメニューを増やしました。

あつあつのドリア。オーブンから出したばかりの、くつくつと音を立てているままでみなさまにお届けしたい一品です。

こちらは、ドリアとあわせてお召し上がり頂くサラダです。どんな風に召し上がって頂くかは、ご来店頂いてからのお楽しみ。瓶の中はその日届いたお野菜によって変わります。

自家製のシロップもご用意しております。これからの季節は、お湯や温かいミルクとあわせても美味しく召し上がって頂けます。

おやつも、その季節に美味しい果物をたっぷり使ったものをご用意しています。

いつのまにか、お店のなかに降り注ぐ光もやわらく暖かいオレンジ色に。そういえば、窓の外に広がる広場の大きなヒマラヤ杉の木陰に集まっていた人たちも、日だまりを探しているようになりました。
かわっていくもの、かわらないもの、そんな移ろいゆく日々のなかに、どうか、これからの手紙舎がありますように。

手紙舎つつじヶ丘本店、今週も11時より始まります。
みなさま、どうぞ良い1週間を。

【営業時間】
毎週水曜日〜日曜日
LUNCH:11:00~14:30
CAFE:11:00〜18:00(LO 17:30)

【定休日】毎週月・火曜日(祝日の場合は営業し、翌水曜日を臨時休業致します)

【住所】
東京都調布市西つつじヶ丘4-23-35 神代団地商店街
京王線つつじヶ丘駅南口より徒歩15分
tel 042-444-5367

カフェ手紙舎、定食フェスティバル番外編イベント「スプーン!フォーク!アフタヌーン!」11/3(月・祝)に参加致します。

カフェ手紙舎は11月3日(月・祝)に東川口にあるsenkiyaさんで開催される、定食フェスティバル番外編「スプーン!フォーク!アフタヌーン!」に参加致します。こちらは”スプーン”で食べるごはんと”フォーク”ミュージックを楽しむイベントとなっております!

カフェ手紙舎は、カレーを担当させて頂いております。当日はお米農家やまざきさんの新米で炊いたごはんに、手紙舎のスパイスを効かせたカレーをかけて、皆様にお届け致します。またその他には、キャッシュオンでサラダやマリネなどご用意致します。

ライブは小野一穂さん、柴田聡子さん、ちくわ朋彦さんが素晴らしい音楽を、フードでは、手紙舎のイベントでもおなじみの、手作りハム・ソーセージの成城城田工房さん、新潟にお店を構えるcafe3時さんの”まいたけプリン”を食べる事ができます。またオタマヂャクシ工房さんの雑貨や、miyazono spoonさんとデザートスプーンを作ってcafe 3時のプリンを食べよう! というワークショップもありますよ。

秋の素晴らしい午後のひと時を”スプーン!フォーク!アフタヌーン!”で楽しみましょう。

※11月3日(月・祝)は手紙舎つつじヶ丘本店、手紙舎 2nd STORY、手紙舎手芸店 trois、3店舗とも営業しております。

【スプーン!フォーク!アフタヌーン!】
日程:2014年11月3日(月・祝)
時間:12:00 – 16:00 ※miyazono spoonさんのワークショップのみ11:00スタート
場所:senkiya 東川口
料金:プレミアム 4000円(カレー、1ドリンク、オタマヂャクシ工房特製ピンバッジつき、限定10名)
大 人  3500円(カレー、1ドリンクつき)
小学生  1000円(カレー、1ドリンクつき)
※幼児無料(カレー、ドリンクはつきません)
miyazono spoonさんワークショップセット※限定10名
大 人  5500円(カレー、1ドリンク、ワークショップ材料、cafe3時のプリンつき)
小学生  3000円(カレー、1ドリンク、ワークショップ材料、cafe3時のプリンつき)
ご予約:こちらからどうぞ
※予約の締め切りは10月31日(金)となっております。

【自然派ワインとおいしいチーズの週末 at 手紙舎 2nd STORY】 10/25(土)〜10/26(日)

しとしとと雨が降る日が続き、寒さも感じられるようになりました。
そんな秋も深まる今週末、ワインとおいしいチーズ、そしておいしい料理とともに過ごされてはいかがでしょうか?

このイベントのために仕入れた自然派ワイン、チーズ、そしてイベント限定の料理をご紹介いたします。

泡、白、ロゼ、赤、そして産地も、フランス、イタリア、スペインからとバラエティ豊かに取り揃えました。もちろんすべて自然派ワイン。こちらがその一部。

フランスの女性醸造家によるみずみずしくて優しいタッチのワインや、イタリアの建築家が造る個性的でおいしいワインなど、11種のワインをグラスでご用意いたします。

ワインのお供のチーズは国産とフランス産を9種類。北海道から共働学舎さんの笹の葉をまいたカマンベールタイプのチーズ「笹ゆき」をはじめ、フランス産のフレッシュタイプからハード系のチーズや珍しいポプラの木炭粉を使ったチーズなどをご用意します。どうぞ、お好きな組み合わせをお楽しみ下さい。

そしてワインをさらに盛り上げる、特別メニューはこちら。

・秋のサラダ 柿と生ハムのクリームチーズ和え
・いちじくのサラダ バルサミコ風味
・オイルサーディンのレモン風味オーブン焼き 自家製パン添え
・たことじゃがいものガルシア風
・カマンベールチーズとほうれん草、くるみのキッシュ
・ミモレットのクレームブリュレ
・ツブ貝とウニのエスカルゴ風
・牛テールと蕎麦米の煮込み チーズパン粉焼き(洋風そば雑炊)
・鴨のロースト
・ラムチョップソテー

この他にも、通常メニューからワインに合うメニューをご用意してお待ちしております。
この週末はぜひおいしいワインとチーズとお料理でお楽しみ下さい。

【自然派ワインとおいしいチーズの週末】
日時:2014年10/25(土)〜10/26(日) 15:00~23:00(L.O. 22:00)
場所:手紙舎 2nd STORY
電話:042-426-4383
*両日共に12:00より通常営業しております。
*ワインは12:00より提供、『自然派ワインとおいしいチーズの週末』の限定フードメニューは15:00より提供となります。

カワナカユカリ個展「Way of Life」at 手紙舎 2nd STORY 11/18(火)~30(日)

線があまりにも美しくて、思わず見とれてしまった。鉛筆線画で丁寧に、細やかに描かれたイラスト。そのどれもが独創的で、一度見ると忘れられないインパクトを持っている。


TRANSITやHanakoをはじめとする雑誌の挿絵や書籍の装丁を中心に、イラストレーターとして活動されているカワナカユカリさんの初めての個展を、手紙舎2nd STORYにて開催いたします。タイトルは「Way of Life」—生き方。カワナカさんは話します。

「慌ただしく送る日々の中、ふと立ち止まると“暮らし”を疎かにしていると感じることがあります。自然の中で悠々とたたずむ動物たちは、私たちに本来の姿を教えてくれているようです」

みなさんにとって、生きていくうえで大切なことは何ですか?
家族と、恋人と、友人と話をしていますか? ゆっくり睡眠をとっていますか? 3食きちんとおいしく食べていますか?

カワナカさんが描く、美しい無数の線から生まれる、ありのままの姿で生きる動物たちに、私たちはきっと心惹かれることでしょう。どうぞお楽しみに。

【カワナカユカリ個展「Way of Life」】
場所:手紙舎 2nd STORY「みどり荘」
日程:2014年11月18日(火)-30日(日)
時間:12:00 – 23:00
定休日:11月25日(火)

【自然派ワインとおいしいチーズの週末 at 手紙舎 2nd STORY】 10/25(土)〜10/26(日)

暑さもおさまり、日に日に秋が深まっていますね。暑い時はビールをぐいっと! が似合いますがしっとりとした秋の夜長には、ワインが似合います。

手紙舎 2nd STORYのカフェでは自然派ワインをふんだんにご用意しております。自然派ワインとは原料のブドウの育成から収穫までを有機農法で栽培し、通常のワインに添加される二酸化硫黄などの酸化防止剤を無添加、もしくはごく僅かに抑え、天然酵母を使用してつくられたワイン。体にも優しいワインなのです。お味も、その名の通り自然にスルスルと体に入っていくようなとってもピュアな味わいのものから個性的なものまで様々。

通常、2、3種類のご用意となりますが、この2日間にはさらに種類をたくさん、10種類以上の自然派ワインをグラスでご用意いたします! ジャケ(ラベル)で選んでみるもよし、直感で名前や産地で選んでみてもよし。ぜひ飲み比べてみてくださいね。

そしてワインのお供にはチーズ。普段もラクレットチーズを取り扱わせていただいている共働学舎さんから、この週末のために特別に仕入れたチーズや、シェフ大津の選んだワインにぴったりなチーズも登場いたします。チーズを使った特別なデザートもご用意しますよ。

さらにさらに、チーズだけではなく、特別なワインに合わせた特別なメニューもご用意いたします。ワインが好きな方にはワインがとってもすすむ、ワインが飲めないという方にも楽しんでいただけるメニューです。

秋本番の2日間、みなさまのお越しをお待ちしています。

【自然派ワインとおいしいチーズの週末】
日時:2014年10/25(土)〜10/26(日) 15:00~23:00(L.O. 22:00)
場所:手紙舎 2nd STORY
電話:042-426-4383
*両日共に12:00より通常営業しております。
*ワインは12:00より提供、『自然派ワインとおいしいチーズの週末』の限定フードメニューは15:00より提供となります。

「レースCAFE」at 手紙舎手芸店 trois 11/8(土)

レースの素材や手法の魅力をより身近に感じられるようにと考えられたワークショップ「レースCAFE」は、機械レースを素材に、自由にオリジナルのアクセサリーを作るワークショップです。レースと言うと、ロマンティックで甘い印象のデザインを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、定番の花模様だけではなく、幾何学的、抽象的な模様など、選ぶレースの模様によって、印象も様々。限られた色の中に多彩な表情を見せるレースは、知れば知るほど奥深く、みなさんを夢中にさせることでしょう。

今回のワークショップでは、初めてご参加の方はピアス又はイヤリング、2回目の方はブローチ、3回目以上の方はブレスレットを作ることができます。機械レースを使った自由なアクセサリー作りを心ゆくまでお楽しみください。みなさまのお申し込みをお待ちしております。

初回ご参加の方がつくるピアス(又はイヤリング)

2回目ご参加の方がつくるブローチ

3回目以上ご参加いただいた方がつくるブレスレット

【レースCAFE】
日時:
11/8(土)
① 11:00~13:00
② 14:30~16:30

作るもの
初めてご参加の方:レースを使ったイヤリング(またはピアス)の1ペア
2回目ご参加の方:ブローチ
3回目以上ご参加の方:ブレスレット

会場:手紙舎手芸店 trois
東京都調布市菊野台1-17-5 303(手紙舎 2nd STORY上)

参加費:3,780円(材料費・消費税込み、お菓子・ドリンク付き)
定員:各回10名
持ち物:小さな手鏡(お持ちの方のみ)

ご予約方法:下記のお申し込みフォームに必要事項を入力し送信してください。
「レースCAFE」 at 手紙舎手芸店 trois 11/8(土)申し込みフォーム

*この度より事前お振込み制とさせていただきます。お申込みいただきました方には、2〜3日中にご連絡を差し上げます。お振込み方法等はそちらに記載させていただきます。お振込み確認次第、受付完了とさせていただきます。

お申し込み開始日:10/16(木)正午よりお申し込み受付を開始いたします。

『トモタケ展「MUDDY WORKS vol.3」』の展示の様子をご紹介します。

10月13日(月)より『トモタケ展「MUDDY WORKS vol.3」』が手紙舎手芸店 troisにてスタートしました。店内には、最新作のMUDDY WORKSシリーズはもちろん、泥染めのコースター、動物クッション、ファブリックボード、ブローチなどトモタケの商品が勢揃いしています。その展示の様子をご紹介します。

入り口入ってすぐのギャラリースペースには泥染めのファブリックパネルが並んでいます。一番大きな「木々」は圧巻のB1サイズ。今回の展示のために染めてくれました。

店内のショーケースの中にもファブリックパネルを。時を経る毎に下地の色が変化し、飴色へと変わっていくそう。刻々と変化していく様子をお楽しみください。

本展のタイトルにもなっているMUDDY WORKSシリーズ。9月に発売された新柄15柄が揃っています。インテリアやバッグ、洋服などさまざま用途に。

コースターは全柄が揃っています。お気に入りを見つけてください。

お子様用のTシャツに、

人気のブローチも入荷しました。

動物クッションは6種類が入荷しています。

トモタケ展「MUDDY WORKS vol.3」は10月26日(日)まで開催しています。美しく、愛らしい作品の数々をぜひともお手にとってご覧ください。

【トモタケ展「MUDDY WORKS vol.3」】
日程:2014年10月13日(月)-26日(日)
時間:12:00 – 19:00
定休日:10月20日(月) 
場所:手紙舎手芸店trois
住所:東京都調布市菊野台1-17-5-303
電話:042-444-0875

トモタケ
http://tomotake.petit.cc/
https://www.facebook.com/mhtomotake

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008