今日のお手紙

     

【手紙舎雑貨店 in 調布PARCO 12/19(金)〜25日(木)期間限定オープン!】

さあ、いよいよクリスマスまで1週間です! 手紙舎の3店舗「つつじヶ丘本店」「2nd STORY」「trois」ともに、それぞれクリスマスモード一色で皆様をお迎えしております。しかし、手紙舎のクリスマスはここだけにとどまりません。

12月19日(金)〜25日(木)の7日間、調布PARCO1階インフォメーション前特設会場にて、手紙舎雑貨店の期間限定ショップをオープンします。

陽気な音楽やイルミネーションと合わせて、クリスマスに欠かせないのがおいしい食事。手紙舎雑貨店 in 調布PARCOでは「おいしい食卓」をテーマに、クリスマスにぴったりの食料品や、食卓を彩るテーブルウェアなどをお届けしますよ。

また、プレゼントにおすすめのブローチや耳飾り、お料理を楽しくする見た目と機能性に富んだキッチンツール、冬に嬉しいブランケットや靴下など、贈り物にも嬉しいアイテムもたっぷりご用意いたします。

さらに! 期間中は土・日・祝日限定で、あの人気パン屋さんのパンを販売いたします。 手紙舎のイベントに参加してくださるたび、毎回行列ができるほど人気のパン屋さん7つのお店から、日替わりでパンが届きます! クリスマスにピッタリのシュトーレンもございますので、どうぞお楽しみに。

こちらは21日(日)にご出品いただく「小さじいち」さんのパン。おいしそうです。。

20日(土):「宗像堂」「自家製酵母パンと手づくりあんこの店 いちあん」「ルヴァン
21日(日):「畑のコウボパン・タロー屋」「コウボパン 小さじいち
23日(祝):「bread+cake roca
※パンは13時より販売いたします。無くなり次第、販売終了となります。予めご了承くださいませ。

【手紙舎雑貨店 in 調布PARCO】
会場:調布PARCO(京王線「調布駅」前)1階インフォメーション前特設会場
会期:12/19(金)~12/25(木)
時間:10:00~20:30(金曜日のみ21:00まで)

【「コンフィチュール ・ド・ノエル」】ワークショップを行います at 手紙舎つつじヶ丘本店】12/23(火•祝)

その響きだけでなんだかわくわくしてしまう、クリスマス。指折り数え、朝を待つ。今では、そんな大げさなものではなくなったかもしれないけれど、何か特別なもののような気がしてその日を待ちわびる気持ちは大人になっても変わらないもの。今年は、その気持ちに少しの美味しい楽しみも加えてみませんか。

クリスマスを迎える少し前に、冬に美味しい果物をたっぷり使って、シロップやジャムをつくるワークショップを開催致します。
ドライフルーツやスパイスをたくさん使ったお菓子は、厳しい寒さが続くヨーロッパの冬を楽しむものとして古くからさまざまな形で伝えられてきました。これからの季節にドライフルーツやスパイスの滋味は、じわりと体と心を温めます。
作ってから少しの時間をおき、なじませてクリスマスの到来を楽しむ。そんなコンフィチュールやシロップを作ります。プレゼントにしたり、自分へのささやかなご褒美に。
みなさまの、ご参加を心よりお待ちしております。

【コンフィチュール ・ド・ノエル】
日時:12/23(火・祝) ① 10:00~12:00 ② 14:00~16:00 
(各回とも満席となりました。ご応募ありがとうございました。)

会場:手紙舎つつじヶ丘本店
参加費:2,700円(材料費・自家製ドリンク込み)

持物:エプロン。または調理ができる服装。
定員:各回9名

ご予約:042−444−5331 手紙舎つつじヶ丘本店 野村 まで。

お申し込み開始日:12/17(水)12時よりお申し込み受付を開始いたします。(電話受付時間・12:00〜18:00)

「coupé展示受注会」at 手紙舎 2nd STORY 1/14(水)〜18(日)

コッペパンのように優しい丸みを帯びたつま先のフォルムと、技術に裏打ちされたしっかりとしたつくりで人気を集める、靴屋「coupé-コッペ-」の展示受注会を行います。

コッペは中丸貴幸さんと中丸美砂さんのご夫婦で活動する手製靴職人。主に展示会やイベントに出展し、受注販売を行っています。3月に調布駅前で行われたGOOD FOOD MARKETでも多摩地域の作り手の1組として参加してくださいました。

二人が作る革靴は、靴本来の形が持つ美しさを受け継ぎながら、ほどよい丸みを帯びたデザインで、どんな季節のどんな装いにも合わせやすいのが魅力です。丁寧に作られた革靴は履き込むほどによく馴染み、長く使い続けることができます。

期間中にはメンズ・レディース共に、コッペの全種類の靴が並び、実際にお試しいただけます。在廊日にはコッペのお二人がフィッティングし、靴のご相談などもお受けいたします。

人の手から、ひとつ一つ生み出される美しい靴をぜひお試しください。

【coupé展示受注会】
日程:2015年1月14日(水)-18日(日)
時間:12:00 – 19:00
場所:手紙舎 2nd STORY
住所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F
電話:042-426-4383
在廊日:14日・17日・18日

coupé
http://coupe-shoes.com/

【クリスマススペシャルディナー at 手紙舎 2nd STORY】12/20(土)〜12/25(木)

クリスマスシーズン到来です。いくつになっても大人になってもこのシーズンはワクワクするものですね。そんなクリスマスの気分をますます盛り上げるべくカフェ手紙舎 2nd STORYでは12/20(土)〜12/25(木)の期間限定で、予約制のディナーコースメニューをご用意いたします。

コースメニューは3,500円と5,000円(税抜)からお選びいただけます。

【3,500円コース】
・手紙舎ノエルサラダ(サーモンやホタテをのせたサラダ オレンジソース)
・牛テールの洋風そば雑炊
・牛ホホ肉の赤ワイン煮
・デザート
・焼き菓子

【5,000円コース】
・前菜
・手紙舎ノエルサラダ
・牛テールの洋風そば雑炊
・オマール海老のソテー
メインは2種からお選びいただけます
・牛ホホ肉の赤ワイン煮、または鴨肉のロースト
・デザート
・焼き菓子

お持ち帰りのできる焼き菓子のプレゼントがついたスペシャルなコースをお楽しみ下さい。また、ご予約がない方もアラカルトでオーダーできる期間限定メニューをご用意いたします。美味しいワインとキャンドルの灯りとともに、お待ちしております。

【クリスマススペシャルディナー at 手紙舎 2nd STORY】
12/20(土)〜12/25(木)
*誠に申し訳ございませんが12/21(日)のディナータイムは貸切営業となります
*12/22(月)は臨時営業致します。振替休業はございません。
*コースメニューは予約制となります(前日まで)
ディナーメニューは全日18:00より提供
コースは3,500円と5,000円からお選びいただけます

【ご予約・お問合せ】
調布市菊野台1-17-5 2階
tel 042−426−4383

【紙ものまつり in 高知】本日より始まりました! 14日(日)まで


高知県「いの町紙の博物館」で開催する「紙ものまつり in 高知」。いよいよ本日よりスタートしました! ただいま、朝の10時。既にたくさんのお客様にお越しいただいております! 会場は各コーナーごとに紙や布もの雑貨、美味しそうな焼き菓子などがたくさん並んでいます。


こちらは、高知県のパン屋さんchimneyさんのコーナー。イラストレーター・柴田ケイコさんが描いたパッケージが目を引きます。人気商品、シンプルな甘みのラスクはおすすめですよ。

こちらは、同じく高知から Atelier Decembreさんのかぼちゃとクリームチーズ、ラムレーズンのブリオッシュサンドと、土佐和紙の愛らしいカードが入ったチョコレートブラウニー。数量限定です!


高知のクリエイターさんによる土佐和紙を使ったカレンダーやカード、おいしいものは、会場入ってすぐ右手のコーナーに揃っています。


こちらは、kata kataさんが今回の紙ものまつりに合わせて、土佐和紙で制作した和紙のカード。来年が干支のひつじをはじめ、愛嬌いっぱいの動物たちが4種描かれています。初のお披露目です!


kata kata さんのコーナーでは、定番の手ぬぐいやハンカチ、カードのほか、土佐和紙に染めた原画の販売も行っています。


こちらは、イラストレーター・木下綾乃さんの展示「hiding」。ちょっぴりブラックで、ユーモアたっぷりの世界をご覧ください。


本日から3日間、素描家・しゅんしゅんさんが広島からかけつけてくださいました。しゅんしゅんさんが全国をめぐって描いた素敵なカフェや雑貨店の素描の原画が美しくならんでいます。しゅんしゅんさんがあなたの好きなも のを描いてくれる『素描屋 sobyouya』は、当日受付も行っています。


こちらは夜長堂さんのコーナー。レトロでかわいいペーパーやハンカチがいっぱい!


「100枚の美しいA4展」も高知へと旅をしています。カラフルで楽しいたくさんのデザインのペーパーは、壁に飾っても、包装紙やブックカバーにしても重宝します。


こちらはGOOD FOODのコーナー。大人気、おやつ職人まっちんの「大地のかりんとう」もたっぷりとご用意しました。


こちらは手紙舎カフェのブース。今回は、高知のしょうがをつかったパウンドケーキやジンジャーシロップのドリンクをご用意しました。焼き菓子やコーヒーもありますので、お買い物の途中にひと休みしてくださいね。

店頭のディスプレイに使われている古道具は、drankさんによるもの。すべてお買い求めいただけますので、ぜひスタッフにお声がけください。

紙ものまつり in 高知は、本日から日曜日までの3日間開催しています。たくさんのお越しを心よりお待ちしております!

【紙ものまつり in 高知】
会期/2014.12.12 fri.〜14 sun. 9:00〜17:00(土曜日は19:30まで)
会場/いの町紙の博物館(高知県吾川郡いの町幸町110−1 TEL.088-893-0886)
入館料/大人500円 小・中・高校生 100円

「オリジナルブランケット作りワークショップ」at 手紙舎手芸店 trois 12/17(水)・18(木)

12月16日から手紙舎手芸店 troisでは、クリスマスワークショップウィークが始まります! 刺繍CAFEレースCAFEオーナメント作りなどさまざまなワークショップを開催します。本日ご紹介するのは「オリジナルブランケット作り」のワークショップです。

表地にはtrois店頭にてお選びいただくか、みなさまがご用意したお好きな布を、裏地にはこちらでご用意するフリース生地を使用し、ミシンで縫い合わせてオリジナルブランケットを作ります。大きな作品になりますが、直線縫いだけで作ることができるのでどなたでも気軽にご参加いただけます。ミシンの扱いはtroisのスタッフがお教えしますので、ミシンに馴染みのない方でも安心して参加いただけます。サイズは縦73cm×横100cmとなります。裏地のフリースはふわふわの心地良い生地を仕入れることができました。寒さが厳しくなるこれからの季節に備え、お気に入りの布で手作りのブランケットを一緒に作ってみませんか?

【オリジナルブランケット作りワークショップ】
開催日:12月17日(水)・18日(木)
各日
①13:00~
②13:30~
③15:00~
④15:30~
参加費:3,780円(裏地代込・表生地代別)
所要時間:1時間30分程度(人によって多少前後しますことをご了承ください)
お申し込み人数:各回3名
持ち物:
・100〜150cm幅の布を80cm(ガーゼ・シーチング・綿オックスなどがおすすめです。trois店頭でもお求めいただけます)
・生地に合わせた糸
・裁縫箱
・ものさし
*道具のご用意がない方はこちらでお貸出しいたします。

ご予約方法:下記のお申し込みフォームに必要事項を入力し送信してください。5日以内にご確認メールを差し上げます。
「オリジナルブランケット作りワークショップ」申し込みフォーム
※材料の用意もあるため直前のキャンセルはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

お申し込み開始日:12月12日(金)正午よりお申し込み受付を開始いたします。

【紙ものまつり in 高知情報】会場となる「いの町紙の博物館」のみどころをご紹介!

いよいよ明日から、紙ものまつり in 高知が開催されます。本日は会場となる「いの町紙の博物館」のみどころをご紹介しましょう。


「いの町紙の博物館」は、「仁淀ブルー」としてその美しさが全国に広まるほどの清流「仁淀川」のほとり、自然豊かな場所にあります。もともといの町は、和紙の原料となる楮(コウゾ)などの栽培がさかんなことや、仁淀川のきれいな水に恵まれていることから「日本三大和紙産地」のひとつに数えられており、「いの町紙の博物館」はその歴史や工程を学べる場所となっています。来年で開館30周年を迎え、地元のみなさんから「かみはく」という愛称で親しまれているのだそうです。


石灰石・土佐漆喰・和瓦という地元の素材を伝統的な手法で用いた建物も、一見の価値あり。


1階の常設展では、土佐和紙の歴史や、原料から土佐和紙ができるまでの工程がご紹介されています。また、紙漉き職人による伝統技法「流し漉き」の見学、色紙やはがきを自分で漉くことができる「紙漉き体験」もあります。


和紙の魅力に触れたあとは、その美しさを持ち帰られるショップもありますよ。紙ものまつりにお越しの際は、ぜひ、土佐和紙の文化に触れてみてくださいね。

いの町紙の博物館
住所/高知県吾川郡いの町幸町110-1
TEL/088-893-0886
開館時間/9:00〜17:00
休館日/月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
入館料/大人500円(400円) 小・中・高校生100円(80円)
*( )内は20名以上の団体料金
交通/高知道伊野ICより車で約10分、JR四国土讃線伊野駅より徒歩10分、とさでん交通伊野電停より徒歩10分

●紙すき体験料/400円

【紙ものまつり in 高知】
会期/2014.12.12 fri.〜14 sun. 9:00〜17:00(土曜日は19:30まで)
会場/いの町紙の博物館(高知県吾川郡いの町幸町110−1 TEL.088-893-0886)
入館料/大人500円 小・中・高校生 100円

「Tiny Little Gift Fair at 手紙舎 2nd STORY」〜12/25(木)

日に日に寒さが増し、すっかり外は冬模様。街は着飾ったショーウィンドウやイルミネーションで賑やかになり始めましたね。クリスマスまであと15日。手紙舎雑貨店もクリスマスの装いになりました。

クリスマスに合わせて、手紙社にゆかりのある作家さんからは続々と素敵なアイテムが届いています。作家・KUROSAWAさんからはポーチ、キャンドル作家・nuriさんからは見た目も鮮やかなアロマキャンドルをはじめ、大切な人に贈りたいアクセサリーやブローチなども届きました。今年は、靴下やブランケットなどデザイン性と機能性に溢れた冬支度にぴったりのアイテムもご用意しています。

手紙舎 2nd STORY内の本屋さん「手紙堂」では、贈り物にしたくなるような書籍を沢山取り揃えています。本と、雑貨やGOOD FOOD、CDを組み合わせて、オリジナルのギフトセットを作ってみてはいかがでしょうか。

プレゼントに添えるクリスマスカードやポストカード、オリジナルの包装紙も豊富にご用意しています。

ステージでは、クリスマス当日の食卓を豊かに彩るGOOD FOOD をたっぷり乗せたワゴンが登場!マーケット気分でお楽しみください。このシーズンのためにご用意した商品もありますよ。

クリスマスを前にした、ワクワクとした気持ちを胸に、ぜひ、みなさまゆっくりと時間を過ごしにお越しくださいね。心よりお持ちしています。

【「Tiny Little Gift Fair at 手紙舎 2nd STORY」】
手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2階
tel 042-426-4383
12:00〜23:00(L.O 22:00)/15日(月)定休
※12/25(木)が年内最終営業日となります。12/22(月)は臨時営業、振替休業はございません。

【紙ものまつり in 高知情報】高知のクリエイターをご紹介! Part2

今週の12日より、高知県にある「いの町紙の博物館」にて開催する「紙ものまつり in 高知」。本日は、地元高知から参加してくださるクリエイターたちのご紹介、第2弾です。

●吉本 欧州さん(写真家)
企業広告、タウン誌などの写真撮影をするかたわら、ご自身の作品として自然風景や心象風景を撮りつづける吉本さん。今回は土佐和紙にプリントした、美しい写真のカレンダーとポストカードを販売予定です。

柴田ケイコさん(イラストレーター)
愉快でポップなイラストで、全国にファンが多い柴田さん。今回は新しい商品として、だるまさんの包装紙、ポチ袋、和紙で作ったペン入れ、名刺入れ、羊のオブジェなどをご用意してくださいます。定番のダルマオブジェも登場。来年のカレンダーも販売してくださるそうですよ。写真はブローチと小物入れです。小物入れは、サイズに合わせてペン入れにしたり、通帳や、名刺、カード入れなどいろいろな用途にお使いいただけます。


さらに、土佐和紙を使っておおきな「ゆきだるまさん」のオブジェを作って下さいました! 小さなお子さんが入れるサイズで、中から顔を出して撮影して楽しんでくださいね。

●drankさん
主に蚤の市等のイベントにて古道具の販売をされている、高知のdrankさん。「今回は、紙のもまつりということで、テーブル・棚・本立てなどを什器としてお持ちしますが、全て販売もしておりますのでお気軽にお声掛け下さい!」とのことですよ。drankさんがの棚やテーブルに、紙もの雑貨をたくさん並べる予定です。どんな風に飾るか、どこに置くかなど、イメージしながら、掘り出しものの家具や古道具を探してみて下さいね。

sumicaさん(焼き菓子)
高知の南国市で喫茶店を開いているsumicaさん。5月に移転オープンして半年が経ったばかりだそうです。お店で出される地場産野菜を使用したモーニングとランチ、は飽きない味付けにするよう工夫し、心をこめて作られているそう。今回のイベント会場では、チョコサラミ、タルト、クロックムッシュを販売してくださいます。

いよいよあと数日! 何を買おうか、何を見ようか、作戦会議をしてお越しくださいね!

紙ものまつり in 高知
会期/2014.12.12 fri.〜14 sun. 9:00〜17:00(土曜日は19:30まで)
会場/いの町紙の博物館(高知県吾川郡いの町幸町110−1 TEL.088-893-0886)
入館料/大人500円 小・中・高校生 100円

【角田明子写真展「REGENBOGEN Christmas issue」】本日より始まりました! 12月25日(木)まで

本日より、フォトグラファー・角田明子さんの写真展「REGENBOGEN Christmas issue」が、手紙舎2nd STORYみどり荘にて始まりました! 今回はREGENBOGEN vol.5に載りきらなかった写真も多くお持ちいただいています。手紙舎2nd STORYが様々な国のサンタクロースの笑顔で溢れています。本日12月9日より、12月25日までの開催です。クリスマスに向けて、楽しい気分になれる展示となっておりますので、皆様ぜひお越しくださいね。

今回の展示に合わせて、北欧の雑貨のお店「kirpputori」さんや、角田さんとのコラボレーションアイテムを販売している「Sophie et Chocolat」さんからも、わくわくするアイテムが届いています!こちらもどうぞお見逃しなく。

北欧の雑貨「kirpputori」さんから届いた北欧雑貨。デンマークのアンティーク品や、ギフトにもお勧めのフィンランドのカップ「ククサ」、フィンランド語のカレンダーも。

「Sophie et Chocolat」 さんから届いた、角田明子さんとのコラボレーショングッズ。クリスマスが楽しくなるカードや紙ものアイテムがたっぷり入ったセットです。

まだまだ沢山のアイテムが届いています。店頭でご覧になってみてくださいね。こちらのブログでも随時ご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

【角田明子写真展「REGENBOGEN Christmas issue」】
日時/2014年12月9日(火)〜12月25日(木)
定休日/12月15日(月)
時間/12:00〜23:00
会場/手紙舎 2nd STORY 「みどり荘」

 

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008