今日のお手紙

     

【夏をしめくくる、手紙舎ビアホール! at 2nd STORY】8/30(土)~8/31(日)

8月も残すところあと3日。冬から春、春から夏への移ろいは心弾むのに、夏の終わりはなぜこんなにさびしいのでしょうか。そんな切ない心を、シュワっとビールで埋め尽くしちゃいましょう!

現在300本以上あるビールラインナップはこちら!!

・ベアードブルーイング(静岡) 9種
・志賀高原ビール(長野) 3種
・箕面ビール(大阪) 3種
・常陸野ネスト(茨城) 3種
・宮下酒造(岡山) 2種
・サンクトガーレン(神奈川) 2種
・COEDO(埼玉) 2種
・ベアレン醸造所(岩手) ベアレン・アルト
・新潟麦酒(新潟) ヨーロピアンケルシュ
・ギネスビール
・ハートランド

そして今回のビールの友は…

今回のイベント限定の焼きたて自家製クリスピーピザ2種をご用意してます。

・トマトとバジル、フレッシュなリコッタチーズのピザ
・生ハムとルッコラ、ペコリーノチーズのピザ

自家製ピザはパリッとした生地に贅沢な素材をたっぷりのせました。食いしん坊にもぴったりなサイズですが薄焼きなので仲間とシェアしてもお一人で楽しんでもいただけるピザです。クラフトビールとも相性抜群! 前回大人気のからあげと生春巻きも、ご用意していますよ。

最後に…
鉄は熱いうちに打て!
ピザは熱いうちに食え!!
ビールは暑いうちに飲め!!!

【手紙社ビアホール -夏の終わり-】
日時:2014年8月30日(土)~31(日)
時間:15:00~23:00(L.O. 22:00)
場所:手紙舎 2nd STORY
電話:042-426-4383

*両日共に12:00より通常営業しております。
『ビアホール』メニューはドリンクは12:00、お食事は15:00より提供となります。

「レースCAFE」at 手紙舎手芸店 trois 9/20(土)

「artist in」を主宰する矢崎順子さんが今年4月よりスタートした「レースCAFE」を手紙舎手芸店 troisで行います。

機械レースを使ってオリジナルのアクセサリーを作るワークショップ「レースCAFE」は、レースの素材や手法の魅力をより身近に感じられるようにと考えられたワークショップです。レースと言うと、ロマンティックで甘い印象のデザインを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、定番の花模様だけではなく、幾何学的、抽象的な模様など、選ぶレースの模様によって、印象も様々です。限られた色の中に多彩な表情を見せるレースは、知れば知るほど奥深く、みなさんを夢中にさせることでしょう。

9月20日のワークショップでは、機械レースを使ってイヤリング(またはピアス)を作ります。カットしたレースを縫い合わせたり、かぎ針編みが出来る方は、機械レースにかぎ針を使って編み足したりも。参加する方のテクニックに合わせて、自由にモチーフを作るので、初心者の方でも安心してご参加頂けます。たくさんの方のお申し込みをお待ちしております。

【レースCAFE】
日時:
9/20(土)
作るもの:レースを使ったイヤリング(またはピアス)の1ペア
③ 11:00~13:00
④ 14:30~16:30

会場:手紙舎手芸店 trois
東京都調布市菊野台1-17-5 303(手紙舎 2nd STORY上)

参加費:3,780円(材料費・消費税込み、お菓子・ドリンク付き)
定員:各回10名
持ち物:小さな手鏡(お持ちの方のみ)

ご予約方法:下記のお申し込みフォームに必要事項を入力し送信してください。3日以内にご確認メールを差し上げます。
「レースCAFE」 at 手紙舎手芸店 trois 9/20(土)申し込みフォーム

※材料、お菓子の用意もあるため直前のキャンセルはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

お申し込み開始日:9/1(月)正午よりお申し込み受付を開始いたします。

「珈琲喫茶セキネダッテ」2014年9月12日(金)〜13日(土)@手紙舎つつじヶ丘本店

あの「喫茶セキネダッテ」が、「珈琲喫茶セキネダッテ」と屋号を変えて帰って来ます! カフェ手紙舎のコーヒーマスター・関根利純と、おやつマスター・アノダッテがタッグを組んだ珈琲喫茶セキネダッテ。今回はどんなコーヒーが!? どんなおやつが!? コーヒーを愛するあなた! アノダッテのおやつに恋をしているあなた! どうぞ楽しみに!!

*今回は、デザートと飲み物のみの提供となります。お食事はありません

【珈琲喫茶セキネダッテ】
日時:2014年9月12日(金)、13日(土)
OPEN 11:00〜18:00
場所:手紙舎つつじヶ丘本店
調布市西つつじケ丘4-23-35
TEL.042-444-5367

【手紙舎 札幌店】今週末、日光珈琲が手紙舎にやってくる!

「手紙舎札幌店」の期間終了まで、残す営業日は4日間となりました。先週も多くのお客様にご来店いただきありがとうございました。
そしてついに今週最終日8/30(土)・31(日)には、日光珈琲が北海道にやってきます!

皆さまへの感謝の気持ちを込めて「Tegamisha Final 2 Days」と題して、喫茶も雑貨も楽しめる二日間をご用意いたします!
当日は、日光珈琲オーナー自ら自家焙煎のコーヒーと天然氷のかき氷をふるまってくださいますよ! 手紙舎も「GOOD CRAFT」「GOOD PRINT」「GOOD FOOD」をたっぷりご用意してお待ちしています。

期間終了の告知をしてから一日一日がとても早く感じます。お客様には、残りわずかな手紙舎札幌店を楽しんでいただけたら幸いです。皆さまのお越しを心よりお持ちしております。

【Tegamisha Final 2 Days with 日光珈琲】
日時:2014年8月30(土)〜31日(日)13:00〜18:00
場所:札幌市中央区南1 条西15 丁目 1-319 シャトー・ル・レェーヴ307
※予約不要

【手紙舎 札幌店】
札幌市中央区南1 条西15 丁目 1-319 シャトー・ル・レェーヴ306
営業時間/木〜日曜 13:00〜18:00
定休日/月・火・水曜日
tel. 011-215-8713

「刺繍CAFE」 at 手紙舎手芸店 trois 9/13(土)

手芸の楽しさを伝える伝道師・「artistin」矢崎順子さんのワークショップ「刺繍CAFE」を9月13日(土)に手紙舎手芸店 troisで開催します!

居心地の良い空間で、だれもが気軽に刺繍を体験でき、自由に表現することの楽しさを味わえるワークショップ・刺繍CAFE。必要な道具は全て用意されていて、気軽に参加することができるので、刺繍の最初の一歩にぴったりです。

ワークショップでは、刺繍CAFEに初めて参加する方はハンカチキット、2回目以降の参加の方は巾着からお好きなイラストを選ぶことができます。今回は先日行われた布博で初めて登場した新作のイラストも選ぶことができます。みなさんのお申し込みをお待ちしております。

【刺繍CAFE】
日時:
9/13(土)
① 11:00~13:00
② 14:30~16:30

会場:手紙舎手芸店 trois
参加費:3,780円(材料費込み、手紙舎 2nd STORYのお菓子・ドリンク付き)
定員:各回10名

ご予約方法:下記のお申し込みフォームに必要事項を入力し送信してください。3日以内にご確認メールを差し上げます。
「刺繍CAFE」 at 手紙舎手芸店 trois 9/13(土)申し込みフォーム
※材料、お菓子の用意もあるため直前のキャンセルはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

お申し込み開始日:8/28(木)正午よりお申し込み受付を開始いたします。

artist in
http://www.artistin.jp/
刺繍CAFE
https://www.facebook.com/shishucafe

【手紙舎ビアホール -夏の終わり- at 2nd STORY】8/30(土)~8/31(日)

夏の終わり。
小学生、ため込んだ宿題を泣きながらやった。
高校生、終わらない宿題を放棄した。(結果、ひどい成績に…。)
大人になった今、宿題はひとつだけ。
『夏のビールを味わい尽くせ!!』

ぐびっと飲み干すのどごしの比較、温度で変わる香りやフレーバーの観察、最高のおつまみ探し、個性あるラベルの鑑賞…。
究極の1本を味わうのも、量で勝負するのもあなた次第。
前回よりレベルアップした手紙舎ビアホール、乞うご期待!!

【手紙舎ビアホール-夏の終わり-】
日時:2014年8月30日(土)~31(日)
時間:15:00~23:00(L.O. 22:00)
場所:手紙舎 2nd STORY
電話:042-426-4383

*両日共に12:00より通常営業しております。
『ビアホール』メニューはドリンクは12:00、お食事は15:00より提供となります。

もみじ市2014 ボランティアスタッフ募集中です!

2014年9月27日(土)・28日(日)、多摩川河川敷にて「もみじ市」を開催します! 記念すべき第10回目となる今年のテーマは「100人の個展」。陶芸家、布作家、料理家、音楽家、農家、イラストレーター、カフェなど、様々なジャンルのものづくりびとが多摩川河川敷に集い、展示・販売を行います。

100組の作り手の皆さまとともに、事務局スタッフ20名が準備を進めていますが、もみじ市を作り上げるためにはさらに“仲間”が必要です。もみじ市では、当日の運営や事前の準備をサポートしてくださるボランティアスタッフを募集します!

全国から集う出店者・出演者のみなさま、そして2日間で2万人以上の来場者の方々。その出会いの“架け橋”となるのが私たちスタッフのお仕事です。実際のお仕事は、お客さまの誘導のほか、会場の設営・撤収、たくさんの荷物運び、など、まさに“体力勝負”。それでも、普段の生活では出会えない人々と力をあわせてひとつの空間をつくる日々には、ここでしか得ることのできない“何か”が、きっとあります。

「このイベントの運営に携わってみたい」と思ってくださった方は、ボランティアスタッフとして参加してみませんか?

参加ご希望の方は、以下のフォームよりお申し込みの上、「ボランティアスタッフ説明会」にご参加ください。説明会にご参加いただいた際に、お仕事の説明や簡単な面接をさせていただき、後日合否のご連絡をさせていただきます。

【ボランティアスタッフ説明会】
①8月26日(火)19:00~20:30/手紙舎つつじヶ丘本店
②8月31日(日)13:00~14:30/神代団地集会所

◉会場
・手紙舎つつじヶ丘本店 (26日)
東京都調布市西つつじヶ4-23-35
京王線つつじヶ丘駅より徒歩15分
*最寄り駅からのアクセスは、こちらをご覧ください。

・神代団地集会所(31日)
「手紙舎つつじヶ丘本店」を背にして左前方にある白い建物が集会所です。手紙舎の前、集会所入り口にご案内を掲示します。当日分からなくなった方は手紙社・イチカワまでご連絡ください(070-6525-5367)。

◉応募条件
2014年9月27日(土)、28日(日)(両日6:00~20:00程度)とも参加できる方。 体力に自信のある方。

*イベント当日2日間の昼食と、着用するスタッフユニフォーム(Tシャツ)はこちらでご用意させていただきます
*イベント当日は基本的に現地集合、現地解散となります

以下のフォームからお申し込みください。
もみじ市2014ボランティアスタッフ応募フォーム

*基本的に返信は致しません。説明会当日、直接お越しいただけましたら幸いです
*説明会当日、開始時間に遅れそうな場合やご参加が難しくなった場合は、必ずご連絡をお願い致します
*登録していただいたメールアドレス宛に、面接の合否結果などのご連絡をさせていただきます。[at]tegamisha.com([at]を@に変換)から届くメールを受信できるメールアドレスの登録をお願い致します

手紙社 編集部 イチカワ/tel. 070-6525-5367/042-444-5367

【手紙舎 札幌店】ラストスパート!

8/31(日)に営業最終日を迎える「手紙舎 札幌店」。
いよいよ、その日が来週末まで迫ってまいりました。早くも残り8日間です。

残すところあと僅かではありますが、ここで改めて「手紙舎 札幌店」ならではの楽しみ方をご紹介いたします。

なんといってもこのマンション、「シャトー・ル・レェーブ」がユニークなこと。クリエイターのアトリエや週末だけオープンするショップが集まり、それぞれのお店が個性豊かな店構えをしています。レトロな郵便ポストに手紙舎の名前が仲間入りしているのも、残すところあと数日限り。

そのマンションの3階、306号室に手紙舎の札幌店があります。マンションの廊下の小窓から覗くと、また違った風景が見えてくるかもしれません。

扉にかかっている「手紙舎」の看板は、木工・彫刻家 松本寛司さんによる手彫りです。

また、ブローチやアクセサリーを集めたコーナーの鏡には「SAPPORO」のロゴがチラリと隠れていますよ。

と、少しではありますが、つい見逃してしまいそうな「手紙舎 札幌店」の隠れたお勧めポイントをご紹介してみました。

もちろん、手紙社選りすぐりの「GOOD PRINT」(作家による紙ものとテキスタイル)、「GOOD CRAFT」(手仕事による生活道具)、「GOOD FOOD」(グッドデザインとおいしさを兼ね備えた食料品)も部屋全体に詰まっています。縦横無尽に配置された壁のボックスも札幌店ならではの圧巻の魅力です。

足を運んでくださった皆さまのひと時がワクワクとした気持ちで満たされますように。残り僅かな時間ですが、皆さまにお会いできることを心より楽しみにしております。

【手紙舎 札幌店】
札幌市中央区南1 条西15 丁目 1-319 シャトー・ル・レェーヴ306
営業時間/木〜日曜 13:00〜18:00
定休日/月・火・水曜日
tel. 011-215-8713

【もみじ市】norioはんこ店では「ちびっこ画伯のはんこデザイン」を大募集しています!

今年もいよいよ、この季節がやってまいりました! 9月27日(土)と28日(日)、多摩川河川敷にて「もみじ市」を開催します。第10回となる今回のテーマは「100人の個展」。総勢100組のクリエイターたちが『全力』を尽くし、さまざまな新しい取り組みを考えてくれています。

出店者のお一人、はんこ作家のnorioさんがチャレンジしてくれるのは、「ちびっこ画伯のはんこ展」。100人のちびっこ画伯が描いた作品をはんこにし、当日展示するというものです。

norioさんといえば、お一人おひとりのオーダーに合わせてデザインを描き、目の前でゴム判を彫りながらはんこを完成させるというスタイルで、毎年もみじ市では瞬時に予約が埋まってしまうほどの人気を集めています。そんなnorioさんにとっての、新たな挑戦です。

いつもは絵を描くところから彫るところまでをnorioさんが行うのですが、あるとき「子どもが描いた絵をはんこにして欲しい」と依頼があったそうです。そこで、お子さんの絵に合わせてはんこを制作したところ、押した瞬間にその子がとっても喜んでくれたそうです。それがnorioさんはとっても嬉しく、いまも心に深く残っているといいます。ならば今回のもみじ市では、それを100人分やってみようではないかと。

そこで、100人のちびっこたちから絵柄を大募集いたします! 事前にお送りいただいた絵柄をnorioさんの手彫りにより、はんこに仕上げます。そしてもみじ市当日、河川敷のnorioさんブースにて、それらのはんこを展示いたします!

ちびっこ画伯たちが描いた、ぼくの顔、わたしの顔、お父さん、お母さんの似顔絵、好きなもの、自分のお名前…。ちびっこたちの、この瞬間の才能を、norioさんの手彫りはんこで残してみませんか?

たくさんのご応募、お待ちしております!

●応募方法
応募期間内に、メールまたは郵送にて絵柄をお送りください

届いた絵をできる限り再現し、norioさんが手彫りのはんこに仕上げます

つくったはんこと押した作品は、もみじ市当日にnorioさんブースにて展示

応募された方には、その場ではんこをお渡し、お持ち帰りいただきます

*お送りいただくちびっこたちの作品は、「絵」でなくても構いません。「お面」「工作物」「切り絵」などでもOK。
*写真撮影したもの、またはスキャンしたデータをお送りください。
*ただし、絵柄が細かすぎる場合や判別しにくい場合は、多少の修正や一部抜粋して仕上げる場合もございますので、ご了承願います。
*当日お越しになれない場合は、後日郵送させていただきます。
*事前お振込み制とさせていただきます。ご応募いただきました方には、2〜3日中にお返事を差し上げます。お振込み方法等はそちらに記載させていただきます。お振込み確認次第、制作に入らせていただきます。

■応募期間:〜9月5日(金)
■応募人数:先着100名さま
■対象年齢:10歳まで
■料金:2500円(税込み)
■応募方法:
・Emailの場合/info[at]momijiichi.com
*件名を「ちびっこ画伯のはんこデザイン」としてください。
・郵送の場合/〒182-0006 東京都調布市西つつじケ丘4-23-35-101 手紙社内
もみじ市実行委員会事務局「ちびっこ画伯のはんこデザイン」係
■お送りいただきたい内容
1 ちびっこ画伯の絵
2 ちびっこのお名前
3 保護者さまのお名前
4 郵便番号、住所
5 お電話番号
6 e-mailアドレス(PCからのメールを受信拒否されている場合は解除願います)

【おやつや まっちんの週末喫茶】いよいよ明日。あんこもパンもドリンクも、準備万端です!

今週の土曜と日曜日に、手紙舎つつじヶ丘本店にて開催するスペシャルな2日間、「おやつや まっちんの週末喫茶」。今回は2日間それぞれで異なるメニューをご提供するというお楽しみ企画で、みなさまをお迎えいたします。

明日、土曜日は「あんバターサンド」の日。まっちんがコトコト炊いたあんこを、手紙舎のパン職人、マチダが焼いた手こねのコッペパンに挟みます。

まっちんのあんこは、特別栽培小豆を使い、時間をかけて小豆の様子をその都度見ながら、豆を潰さないように弱火でじっくりとコトコト煮続けます。小豆の風味を活かすように砂糖をグッと控えて、粒あんならではの粒つぶ感を味わってもらえるように仕上げられているのだそうです。昨日(木曜日)にその作業をしたというまっちん。「いい感じに仕上がりました!」との報告も届きました。

いっぽう、手紙舎ではマチダがコッペパンを準備中。1ヶ月程前に数種類の試作をまっちんに食べてもらい、大きさ、ボリーム感、やわらかさ、焼き加減を吟味して、まっちんのあんにぴったりと合った仕上がりになりそうです。

バタークリームもマチダによる自家製で、「プレーンバター」「みそバター」「スパイスバター」の3種類の味からお選びいただけますよ。オーダーをいただいてから、一つひとつあんことバターを挟んで、ご提供させていただきます。

また、今回のためのスペシャルドリンクもご用意。つつじヶ丘店で人気の「シャカシャカの冷たい珈琲」や自家製ソーダーのほか、和のおやつに合わせて「甘酒牛乳」「黒ごまきなこミルク」「抹茶ラテ」などもご用意いたします。

あんバターサンドはお持ち帰りもできます。まっちんと手紙舎のコラボを、ぜひお楽しみくださいね。

そして、日曜日は「まっちんのおやつ喫茶」。おやつ3種盛りのメニューも決定しました。まっちんの手描きによるメニュー表も合わせてお楽しみください。

たくさんのお越しを、お待ちしています!

「おやつや まっちんの週末喫茶」
日時:2014年8月16日(土)〜17日(日) 11:00〜18:00
場所:手紙舎つつじヶ丘本店(調布市西つつじケ丘4-23-35 TEL.042-444-5331)

*一つひとつ手づくりのため、数に限りがございます。なくなり次第、終了とさせていただきます。
*なお、この日のご予約は承っておりませんのでご了承くださいませ。
*お持ち帰りは、土曜日はあんバターサンド、かりんとう各種、おやつこを、日曜日はかりんとう各種、おやつこご用意いたします。

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008