今日のお手紙

     

【「オーダーメイドの日」、2018年開催決定! 1/19〜21、1/26〜28 at EDiTORS】

作り手と見つめ合い、その場で、世界でたっひとつ、私だけのものをオーダーをする。これ以上の贅沢はあるでしょうか。運命のものに出会えた時、あなたの暮らしはきっとキラキラ輝いたものになるでしょう。

新しい年の幕開けとともに、あなただけのために作り手が情熱を傾ける3日間が、2週連続で訪れます!

【開催概要】
日程:week1 / 2018年1月19日(金)・20日(土)・21日(日)
   week2 / 2018年1月26日(金)・27日(土)・28日(日)
時間:11:00〜18:00
場所:EDiTORS(調布市下石原2-6-14 ラ・メゾン2階)
お問い合わせ先:042-444-5367

【出店者一覧】
▶︎week1(1/19〜21)
88/90 Products <時計>
co+fe <家具>
coupé <靴>
cheer <洋服>
G.F.G.S <ボーダーカットソー>
hokuri <ネイル>
HUTTE. <消しゴムはんこ/20・21日>
nuri candle <アロマキャンドル>
JOIE INFINIE DESIGN / atelier coin <腕時計>
北村DOMONT (Lunettes du jura/リュネット・ジュラ) <眼鏡>

▶︎week2(1/26〜28)
10¹² TERRA <花器>
a t s u m i <アルファベットの刺繍/27・28日>
feltico 麻生順子 <羊毛花アクセサリー>
fujiiikuko <アクセサリー/27・28日>
holo shirts. <シャツ>
キノ・イグルー <映画>
啓文社印刷 <活版印刷の名刺・手帳・革小物>
赤畠大徳 <包丁>
北浦和也 <似顔絵キボリと干支キボリ/27・28日>
佐藤防水店 <バッグ>

※日付の記載がないお店は、3日間通しての出店になります
※1週目と2週目で出店者が異なりますので、ご注意ください
※それぞれの出店者の詳しい内容は、後日公式ホームページにてご紹介いたします

【手紙社がやってくる! at 浦和パルコ vol.5】手紙社の北海道物産展

浦和パルコでのイベントも5回目を迎えました。今回は日本最北の地・“北海道”をテーマに、これまで以上にパワーアップした手紙社がやってきます! 冬眠についたクマたちの周りでは、草木が少しずつ芽吹きはじめているよう。春に向けてあなたもとっておきのものを探しに来てみては?

topic1
“北海道”生まれのアイテムが大集合!
今回は「手紙社の北海道物産展」と銘打って、北海道を拠点に活動する作家やお店、メーカーの商品をたくさん集めました。北海道産の原料を用いた石鹸や、豊かな自然をモチーフにしたテキスタイル、素材本来の味がいかされた美味しいフードをはじめとした魅力的なアイテムが、はるばる北海道からやってきます!

出店
山本牧場
養老牛放牧牛乳を使った絶品ソフトクリームを、ぜひお試しください!
日程:1/26〜29

出品
【CRAFT】
SAVON de SIESTA(石鹸)/点と線模様製作所(布もの)/HITOHARI(バッグ)/po-to-bo(アクセサリー)/ネクタイ(イラスト)/mego 牧野潤 (器)

【FOOD】
三月の羊(焼き菓子) /しまりすや(焼き菓子)/函館ラスク(焼き菓子) /美瑛選果(ウインナー)/雪みつジャム(ジャム)/天然酵母の蒸しパン屋 しのぱん(パン) /天然酵母パン tombolo(パン) /POTORI BAKERY(パン) /roca(パンと焼き菓子)
※パンの販売日はこちらのサイトにて告知します。

topic2
手紙舎 雑貨店が登場!
「GOOD PRINT」「GOOD CRAFT」「GOOD FOOD」を詰め込んだ手紙社の期間限定ショップが、再び浦和に帰ってきました! 紙もの、布もの、食品、生活雑貨やアクセサリーなど、豊富な品揃えでみなさまをお待ちしております。

【手紙社がやってくる! at 浦和パルコ vol.5】
期間:2018年1月19日(金)〜1月29日(月)
会場:浦和パルコ (埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1)
1Fエスカレーター横特設会場
tel:048-611-8000
営業時間:10:00〜21:00
浦和パルコHP_

【表現の学校「たのしいカメラ学校 ♡ かんたんiPhone講座」1月22日(月)講師:矢島直美】

「表現の学校」の中でも、確かな人気を誇る本講座。一眼やデジタルカメラとは異なる、iPhoneならではのカメラの機能をもとに、ピントの合わせ方や明るさの調整の仕方などをお教えします。学んだ内容はすぐに実践しながら、分からないところがあれば直接アドバイスをもらうことも! 被写体を今よりももっと素敵に撮影して、iPhoneカメラのある生活を楽しんでみるのはいかがでしょうか?

講師を務めるのは、「たのしいカメラ学校」を主宰する矢島直美さん。かつて手紙社代表・北島勲が創刊編集長をつとめた雑誌『カメラ日和』などの媒体の制作に携われています。手紙舎にある作品の数々を、あなただけの表現で写真におさめてみませんか?

【表現の学校「たのしいカメラ学校 ♡ かんたんiPhone講座」】
講師:矢島直美
日程:2018年1月22日(月)
時間:
①10:00〜12:30
②14:00〜16:30
受講料:5,800円(税込/手紙舎特製スイーツとドリンク付き)
定員:10名
受講対象者:iPhoneを使って、素敵な写真を撮影したい方
教室:手紙舎2nd STORY(東京都調布市菊野台1-17-5 2階)
お問合せ先:tel.042-444-5367
持ち物:iPhone
お申し込み方法:①は12/18(月)の10:00〜、②は14:00〜、こちらのサイトにて受付を開始いたします。

内容:
iPhoneの「カメラ」アプリを使用して、基本的な使い方を教えます。グリッド線、スクエア、ピント合わせ、露出補正、フィルターなどを使い、手紙舎特製スイーツや、手紙舎で取り扱うかわいい雑貨などを被写体に、撮影レッスンします。

講座の流れ:
座学: iPhoneカメラについて、カメラの構え方、カメラ機能の基本について
撮影レッスン(1):アングル・構図を工夫して、「物撮り」に挑戦
撮影レッスン(2):「背景ボケ」「逆光補正」でやわらかい雰囲気の写真に挑戦
座学:写真の傾き補正、トリミング、フィルターで写真をもっと素敵に
写真をプリント
発表会

参加者からの声:
Voice1.一人で参加だったので不安でした。でも、矢島先生が素敵に楽しく撮り方を教えてくださったので、あっという間でした。物を撮るだけでも色んな構図があり、勉強になりました。また、ポートレートも撮ってもらう機会があまりなかったので、撮りっこをできたことも面白かったです。今日習ったことを一つ一つマスターしてこれからも写真を続けていきたいと思います。矢島先生、手紙舎の皆様、ありがとうございました。(2017.11.20開催時)

Voice2.先生が実際に一緒に撮ってくださったり、具体的に教えてくださったので、わかりやすかったです。普段何も考えずにiPhoneで撮っていましたが、機能を知るとずいぶん変わるんだと実感しました。空間も心地よく、初めてでしたが気負うことなくさんかできました。タルトもおいしかったです!(2017.10.2開催時)

Voice3.短い時間でいろいろトライできて満足です。どうしても撮るという行為に偏りがちですが被写体の美しいところは何だろうと考えるようになりました。ペアの方には素敵な写真を撮っていただき感謝です。(2017.10.2開催時)

矢島直美さんからのメッセージ:
iPhone「カメラ」入門者向けの講座です。iPhoneの「カメラ」で撮影していても、カメラの基本が分からないという方向けに、やさしく丁寧にレッスンしますのでお気軽にご参加ください。お子さん連れのママも大歓迎です。

矢島直美(たのしいカメラ学校)/プロフィール:
2004年、株式会社第一プログレスにて、編集長北島勲(現手紙社代表)のもと雑誌『カメラ日和』を企画。“カメラと写真で毎日をもっとハッピーに”をコンセプトに、カメラと写真にまつわる面白さを等身大に伝える雑誌として、女性を中心に好評を博す。2006年にはカメラメーカーの協賛を得たカメラと写真のイベント「PHOTOFES」を企画、8年にわたる恒例イベントとなり、東京・大阪・札幌・仙台・名古屋・福岡のほか、台湾でも開催した。2008年より編集長に就任。同年に開校した「カメラ日和学校」では、カメラの使い方・撮り方の基本から、写真を使ったものづくりの講座まで、多様な講座を行い、受講生は延べ六千人を超える。2015年より暮らしにまつわるさまざまな媒体のディレクションを行うなど、カメラ・写真の魅力を伝えるべく活動の幅を広げている。2016年、楽しくカメラを学びたい人のための新しい写真教室「たのしいカメラ学校」を開校し、東京を中心に日本全国で講座を開催している。

【kata kataフェア「kata kataがデザインしてきたもの、すべて」】2018/1/6〜29 @手紙舎鎌倉店

12月に入りましたが、今年もまだまだイベントが目白押しの手紙社。そんな中、ひと足お先に新年のお知らせです。

新春の手紙舎鎌倉店は、型染め作家・kata kataのフェアで幕を開けます。いまやプロダクトデザイナーとして活躍の幅を広げている、kata kataのお二人。代表作の手ぬぐいのほか、様々なアイテムに展開されているkata kataデザインのグッズを、一堂に集めます。さらに、和紙に染められた原画作品も展示、販売いたします。

kata kataが描く躍動感とユーモアに溢れた生き物たちの模様に囲まれて、新しい年をハッピーな気分で迎えませんか。

【kata kataグッズが勢揃い】
定番の手ぬぐいから、布雑貨、紙雑貨、器など、kata kataのあらゆるグッズが並びます。

【型染め和紙を展示販売します】
手作業により制作された、型染めの和紙作品が並びます。染めに使った『型紙』も同時に展示、型染めの技法の裏側をご覧いただきます。

【ワークショップを開催】
kata kataが彫ったデザインを和紙に染めるワークショップを開催。伝統技法を、ぜひ体験してください。
日時:1月20日(土)13:00~ 
料金:3000円(税別)
*ワークショップの詳細・お申し込みは、後日こちらのサイトにてお知らせします。

kata kataフェア 「kata kataがデザインしてきたもの、すべて」
期間:2018.1.6 sat-1.29 mon
会場:手紙舎鎌倉店(神奈川県鎌倉市長谷2-5-41)
tel:0467-38-5035
open:11:00〜18:00
close:火、水曜日

【kakapo & kata kata Christmas Market 2017】at 手紙舎つつじヶ丘本店 12/14(木)~17(日)

あっという間に12月に入り、クリスマスももうすぐ。街もいつもよりぱっと華やかになり、わくわく、どきどき、不思議といつもより気持ちが高まりますね。

型染め・注染作家のkata kataさん、テキスタイルブランドのkakapoさんのアトリエにて開催される Christmas Market 2017には、作家さんによるたくさんの作品が並びます。バッグ、帽子、シャツ、お菓子など、心にきゅんとときめくような素敵な作品に出会えるはずです。

 

手紙舎つつじヶ丘本店では、期間限定で「タルトタタンと自家製アイスクリームのプレート」をご用意します。冬のデザート、タルトタタン、りんごをコトコトじっくり煮詰め、口の中でとろっととろけるように仕上げました。ひんやりあまいサワークリームのアイスはりんごの美味しさをより引き出してくれます。ストーブのついた暖かい店内で、至福のデザートプレートをぜひお楽しみください。一足早いクリスマスのわくわくをお届けします。


 

 

 

【開催概要】
kata kata & kakapo の Christmas Market 2017
*今年のクリスマスマーケットは3会場で開催です
*スタンプラリーも開催しますので是非ご参加ください!

【日時】
2017年12月14日(木)~17日(日)
11:00~18:00

【会場1 kakapo atelier shop
世田谷区羽根木1-19-6B1F
京王線「新代田」駅より徒歩3分

【出品】
kakapo/affordance/keicofujita/ミミヤマミシン/pfutze
YURUTAO/da Luca(ワインバー16日、17日)

会場2 kata kata
調布市西つつじヶ丘4−23−35神代団地商店街104
京王線「つつじヶ丘」駅南口より徒歩10分

【出品】
kakapo / kata kata / gochisou /chappo / 染色工房たかい
高旗将雄 / ナカキョウ工房 / 本とコーヒー tegamisha

【FOOD】
HUGSY DOUGNUT ( ドーナツの販売16日、17日 )
ヘブンズテーブル ( パンの販売17日 )
手紙社 つつじケ丘本店(焼き菓子の販売)

【 WS 】
kata kata ( 15日、16日 予約制 ) / 高旗将雄(17日)

会場3 手紙社 つつじケ丘本店
調布市西つつじヶ丘4−23−35神代団地商店街101
京王線「つつじヶ丘」駅南口より徒歩10分

手紙社 つつじケ丘本店では特別メニュー「タルトタタン」をお楽しみ頂けます。
【お問い合わせ】 info@kakapo.jp / info@kata-kata04.com
【企画・主催】  kakapo & kata kata

【「刺繍CAFE」at EDiTORS 1/14(日)】

基本のステッチを中心に、楽しみながら刺繍のイロハを学べる「刺繍CAFE」。針を持ったことがない人でも、美しい模様を自らの手で生み出すことができますよ。出かけるのが億劫になるような寒い冬にこそ、ゆったりと刺繍する時間を楽しんでみては?

講師を務めるのは、「artist in」を主宰する矢崎順子さん。自由に創作することの楽しさやアイディアを伝えることを目的に、「刺繍CAFE」や「かぎ針レッスン」などのワークショップの企画や、『クロスステッチぬりえ 塗って楽しむアンティークな刺繍図案』(BNN新社)や『STITCH SHOW 刺繍のアート&デザインワーク、ステッチで描く50の表現』(BNN新社)、『機械レースとかぎ針で作るかわいいアクセサリー』(河出書房新社)の編集・執筆など、多岐に渡る活動を通して、手芸の楽しさをたくさんの人に届けています。

「糸で描く」という体験が、それぞれの心の中にあるクリエイティビティに小さな火を灯すことができれば嬉しいです。

−矢崎順子−

刺繍CAFEにはじめて参加する方はハンカチキット、2回目以降の参加の方は巾着に刺繍をしていただきます。刺繍するイラストのモチーフは多数取り揃えているので、何度ご参加いただいても、新鮮な気持ちでお楽しみいただけますよ。どうぞ、お気軽にお申し込みください。

【刺繍CAFE】
日時:
①2018年1月14日(日)11:00~13:00
②2018年1月14日(日)14:00~16:00
参加費:3,780円(材料費・消費税込、ドリンク付)
定員:各回12名
会場:手紙社西調布基地 EDiTORS(東京都調布市下石原2-6-14 ラ・メゾン2階)
✳︎西調布基地の1階は手紙社の新しい料理店「菜花」、2階(EDiTORSの隣)は服飾店「soel」があります
お問合せ先:tel.042-444-5367
お申し込み方法:①は12/15(金)の11:00〜/②は14:00〜、こちらのサイトにて受付を開始いたします。

artist in
http://www.artistin.jp/

刺繍CAFE
https://www.facebook.com/shishucafe

【12/12-25 北澤平祐『雪花』原画展 at 本とコーヒーtegamisha】

日を追って厳しくなる寒さに、、東京にも初雪の足音が聞こえてくるよう。はらはらと鳥の羽のように空から舞い降りてくる初雪には、一瞬寒さよりも温かさを感じたことのある方も多いのではないでしょうか。

そんな日本人にとって冬の暮らしとともに存在する「雪」は、実は色々な名前で呼ばれています。粉雪、ぼたん雪、淡雪のほか、玉雪、綿雪、餅雪なんていう可愛らしいものも。それら美しい名前は、四季を感じる心を大切にしてきた日本人ならではの、繊細で豊かな感情が生んだものかもしれません。

時に軽やかに、時に強く重く、時に可憐に。そんな異なる表情を見せる様々な雪の姿を、ゆらゆらと揺れ動く少女の感情になぞらえて表現した絵本が誕生しました。

『雪花』(ライフデザインブックス)は、雪の魅力を世界へ伝えようと立ち上げられた「Snow Project」の一環として今年発売されました。絵を担当されたのは、数々の書籍の装丁のほか、洋菓子 横濱フランセのパッケージ等を手がけている北澤平祐さん。淡い色合いでファンタジックに描かれた雪の世界は、やわらかく、甘く、どんな年代の女性の心をも、少女にさせてしまう力を持っています。また白を3回重ねて印刷されたという他に類を見ない同書は、是非お手にとってご覧いただきたい一冊です。

本とコーヒーtegamishaでは、ロマンチックな年末のこの季節に、そんな絵本『雪花』の貴重な原画を展示いたします。期間中の16日には、北澤さんがご在廊。直接お話を伺ったり、書籍にサインを頂いたりできる貴重な機会です。また今回のために制作されたトートバッグの他、雪花オリジナルグッズの販売や、北澤さんが装画を担当された書籍もずらりと並びます。

澄んだ冷たい空気のなか、コーヒーの香りに誘われてお店に飛び込んだなら、雪の少女があなたを包んでくれるかも。皆様のご来店を心よりお待ちしております。


16日には、飛び込みで参加できるワークショップを同時開催。
『雪花』に登場するキャラクターを……

こんな感じにお好きな色で「ペタペタ焼き」に。その場でお持ち帰りいただけます(参加費600円)





『雪花』絵:北澤平祐 文:谷 有加里
(ライフデザインブックス)

 

◎北澤平祐『雪花』原画展
会期:2017年12月12日(火)~12月25日(日)
営業時間:12:00~20:00(18:00 L.O)*土日祝はモーニング8:00〜
会場:本とコーヒーtegamisha(東京都調布市菊野台1-17-5 1F)
tel:042-440-3477
*作家在廊日:12/16(土)14:00〜16:00
*ペタペタ焼きワークショップ:12/16(土)11:00〜14:00/16:00〜18:00

【Merry Christmas GIFT FAIR at 手紙舎 2nd STORY 12/5〜12/25】あの人に贈りたいアクセサリー

明日12月5日(火)から12月25日(月)まで、手紙舎 2nd STORYにてクリスマスフェアを開催します。目前に控えた本日は、フェアに合わせてご用意いただいた、2組の作家の届いたばかりのアクセサリーをご紹介いたします。


▶︎charan 山田亜衣
真鍮を丁寧に切り出しひとつひとつ模様をつけ、柔らかな曲線を生み出すcharan 山田亜衣さん。静かな物語を感じるブローチは、どこか異国のクリスマスを想わせます。今回は「ゆびわっか」やバングル、ヘアゴムなどのアクセサリーもご用意くださいました。

▶︎1KO
ピックスエード(豚革)を使い、花や葉を繊細に、素朴に表現する1KO(ichiko)さん。今回はクローバーやシロツメクサ、人気のワイヤープランツも3色の中からお選びいただけます。革の表情や、すこしだけ加えられた刺繍が、手に取ると一層愛おしく感じられます。

【Merry Christmas GIFT FAIR】
会期:2017年12月5日(火)〜 12月25日(月)
※12月11日(月)、18日(月)は定休日
営業時間:12:00〜23:00(22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383

charan 山田亜衣 
1KO 

YUNOSUKEの「セミオーダーメイドはんこ受注会」12/9(土)、12/16(土)@手紙舎鎌倉店

いよいよ12/7(木)からスタートする、YUNOSUKEイラストレーション展【ESCAPE TO KAMAKURA】。この展示を発表して以来、若き才能に気づいた人々からの“視線”をビシビシ感じる今日この頃ですが、本日は、この展示内で行われる特別プログラムを紹介します。

展示も初なら、こちらも本邦初、YUNOSUKEによる「セミオーダーメイドはんこ受注会」を行います。あらかじめYUNOSUKEが描き、デザインしたはんこ(直径3cm程度)に、あなたのお名前やブランド名、お好きなメッセージを入れ込むことができます。現在YUNOSUKEが用意しているフォーマットをお見せしましょう!


↑クリックすると大きくなります

お手紙に添えたり、日記の彩りとして加えたり、場合によっては社印にしてもよし。また、SNSなどで使用するアイコンにしても良いですね。今後、イラストレーションの世界で大きな活躍をするであろうYUNOSUKEが作るはんこ、この機会にぜひゲットしてくださいね。

【YUNOSUKEの「セミオーダーメイドはんこ受注会」】
日時:2017年12月9日(土)、12月16日(土)
会場:手紙舎鎌倉店
料金:2500円(税別)
はんこサイズ:3cm×3cm
お渡し方法:後日お店に来店いただくか、ご自宅に郵送することもできます(郵送の場合は送料実費をいただきます)
オーダー方法:当日先着順になります。状況によってはお待たせすることもあるかもしれませんので、鎌倉散策をしながらお待ちいただけるようであれば幸いです
お問い合わせ先:手紙舎鎌倉店
神奈川県鎌倉市長谷2-5-41
tel 0467-38-5035@手紙舎鎌倉店

YUNOSUKEイラストレーション展【ESCAPE TO KAMAKURA】
期間:2017年12月7日(木)〜 12月25日(月)
会場:手紙舎鎌倉店
神奈川県鎌倉市長谷2-5-41
tel 0467-38-5035
✳︎雑貨在廊日は、12/7(木)、12/9(土)、12/16(土)、12/25(月)になります
✳︎火曜日・水曜日は定休日となりますのでご注意ください

【Merry Christmas GIFT FAIR at 手紙舎 2nd STORY 12/5〜12/25】シュトーレンが並びます

手紙舎 2nd STORYにて、12月5日(火)から12月25日(月)まで開催するクリスマスフェア。今回は、クリスマスに欠かせないGOOD FOOD、そう、シュトーレンのご紹介です。

▶︎いちあん
埼玉・所沢にある自家製酵母ぱんと手づくりあんこの店いちあんさんから、クリスマスシュトーレンが届きます。厳選した素材と国産小麦、自家製酵母を使い、ラム酒に漬け込んだオーガニックドライフルーツやナッツをたっぷりと練りこんで焼き上げたいちあんのシュトーレン。薄くスライスして、クリスマスまでじっくりお楽しみください。こちらは、12月5日(火)からの販売予定です。無くなり次第終了となります。


▶︎カフェ手紙舎
カフェ手紙舎からは、2種類のシュトーレンが登場します。白い包みは「シュトーレンBlanc」。ラム酒漬けフルーツと胡桃をふんだんに閉じ込めた、大人のシュトーレンです。アイボリーの包みは「シュトーレンNoir」。チョコレートとオレンジが香る、お子さまでも食べやすいシュトーレンです。少しずつスライスしてお召し上がりください。どちらも12月5日(火)からの販売予定です。数量限定となりますので、ご希望の方はどうぞお早めに。

【Merry Christmas GIFT FAIR】
会期:2017年12月5日(火)〜 12月25日(月)
※12月11日(月)、18日(月)は定休日
営業時間:12:00〜23:00(22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383

いちあん 

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008