今日のお手紙

     

【 7/4 – 7/17「海辺のライフスタイル展」 at 手紙舎 2nd STORY】展示の様子をご紹介します

今週から手紙舎 2nd STORYにて開催中の「海辺のライフスタイル展」。様々な作家さんの作品やたくさんのフードが並び、さながら小さなクラフトマーケットのようです。海の青やオリーブの緑で彩られた、展示の様子をご紹介いたします。


香川や瀬戸内で活躍する作家さんの展示販売では、描き下ろしの原画やumieさんとのコラボグッズも登場。そのほかに今回は、瀬戸内から届いたフードも充実しています。オリーブオイルやマンゴージャムなど、どれもフレッシュで美味しそうなものばかり。

槇塚登さんの「灯台ガチャガチャ」は初日から大人気です! トリの「アオちゃん」が見守る灯台は、大人の身長ほどもある大きさです。中身は槇塚さんの鉄製ブローチや小物に加え、イワサトミキさん、井上陽子さん、杉山利恵さんのアイテムのうち、何が出るかはお楽しみ。お子さんやお友達と一緒にぜひ回してみてくださいね。

「海辺のライフスタイル展」は、7月17日(月・祝)までの開催です。瀬戸内の風を感じる空間で、皆様のお越しをお待ちしております。

【海辺のライフスタイル展】
会 期:2017/7/4(火) – 7/17(月・祝)※定休日:7/10(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F

【参加してくださる作り手のみなさま】
井上陽子(クラフト作家)
umie(海辺のライフスタイルオリジナルグッズ)
槇塚登(鉄作家)
GRAPH(セイルバッグ)
イワサトミキ(絵描き)
杉山利恵(Aji Glass さぬき庵治石ガラス)
山口一郎(画家)
加賀雅之(木工作家)
鳥本雄介(ガラス作家)
entoan(革小物)
GARDENS(ガーデンライフブック)
工房織座(マフラー)
おかし工房Botan(焼菓子)
HIYORI(和三盆)
半空(コーヒー豆)
アンファーム(ジャム)
讃岐はだか麦本舗(グラノーラ)
創樹(オリーブオイル)

umie HP→ FaceBook→
海辺のライフスタイル FaceBook→

【 7/4 – 7/17「海辺のライフスタイル展」 at 手紙舎 2nd STORY】特別メニューをご紹介します

いよいよ明日7月4日(火)より、手紙舎 2nd STORYにて「海辺のライフスタイル展」が始まります。展示期間中、手紙舎 2nd STORYのカフェではシェフが腕を振るう特別メニューをご用意いたします! 瀬戸内をイメージした4種類のメニューを、どうぞ展示と合わせてお楽しみください。

▶︎サラダ“セトワーズ” 18時〜のご提供
「セトワーズ」とは、フランス・地中海の港町“セート”風の、という意味。ですが、今回のセトワーズは“瀬戸内”風の、海の幸をふんだんに使った前菜です。イカ、エビ、ホタテのソテーに、オリーブオイルを使ったドレッシングがベストマッチ。隠し味のバルサミコ酢の酸味とトッピングのブルーベリーの甘さが、魚介の滋味を引き立てます。

▶︎牛肉のロースト 瀬戸内風 18時〜のご提供
牛肉のうま味がぎゅっとつまったローストと、オリーブ、そして夏野菜をたっぷり味わう一品。スープには貝のだしを使い、お肉とお野菜をさっぱりといただけます。頬張ると、思わず顔もほころぶ美味しさです。

▶︎ブルーブルースムージー 15時〜のご提供
今回のテーマカラーである「ブルー」にちなんで作られたデザートドリンクが登場です。“ブルー”ベリーのスムージーに、“ブルー”チーズのアイスを乗せました。ブルーベリーの甘みに、ほのかにブルーチーズの風味が感じられる濃厚なスムージーです。

▶︎ブルーカクテル “海へ” 15時〜のご提供
今回の展示のきっかけでもあるcafe umie、そして海をイメージしたカクテルです。ブルーキュラソーと柑橘のジュースを混ぜ、海のようなグラデーションも美しい一杯。ウォッカを加えたカクテル(上)、ソーダ入りのノンアルコール(下)をご用意いたしました。瀬戸内の穏やかな海を想わせる夏らしいドリンクです。

瀬戸内の魅力をたっぷりご紹介する展示と合わせて、カフェの特別メニューもお楽しみください。

【海辺のライフスタイル展】
会 期:2017/7/4(火) – 7/17(月・祝)※定休日:7/10(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F

cafe umie HP→ FaceBook→

【 7/4 – 7/17「海辺のライフスタイル展」 at 手紙舎 2nd STORY】出展作家をご紹介します③

7月4日(火)~7月17日(月・祝)の期間、手紙舎 2nd STORYにて開催する「海辺のライフスタイル展」。今回で出展する作り手のご紹介も最後、残り6組となりました。umieさんと縁の深いみなさんから、瀬戸内の「美味しい」お土産が届けてくれる方々をご紹介します。


▶︎おかし工房Botan(焼菓子)
瀬戸内海を見下ろす山あいにお店を構える、おかし工房Botanさん。お菓子職人の奥さんと木工職人のご主人が営む、カフェと家具の工房は、緑に囲まれながらホッと一息つける場所です。東京でのお菓子販売が初めてという今回は、とっておきの焼き菓子が届きます。

▶︎HIYORI(和三盆)
HIYORI(日和制作所)さんとumieさんとのコラボレーションで、瀬戸内海の風景が和三盆になりました。和三盆を作るための木型は、umieのマグカップや鳥をモチーフに職人が手彫りで制作したそうです。上品な味わいと口どけが特徴の讃岐和三盆は、日本茶はもちろん、コーヒーとの相性も抜群です。

▶︎半空(コーヒー豆)
高松市瓦町に静かに佇む、珈琲と本と音楽のカフェ「半空(なかぞら)」。店内には古書がずらりと並び、いつでも上質な音楽とともに迎えてくれます。今回届くのはブラジル、コロンビア、コスタリカの3種をブレンドした「半空ブレンド」。低めの温度で抽出すると、深みの中にも甘みが強く出るよう焙煎しているそうです。

▶︎アンファーム(ジャム)
瀬戸内の温暖な気候で育ったマンゴーや、パッションフルーツで作る「アンファーム」の手作りジャム。特にマンゴーは、研究や失敗を重ねて育て上げた、糖度15度以上の甘さが特徴です。フレッシュな南国の甘みをぜひ、スコーンやヨーグルト、パンと共にお楽しみ下さい。

▶︎讃岐はだか麦本舗(グラノーラ)
「讃岐はだか麦本舗」が作るのは、香川県産のはだか麦を国産のドライフルーツと合わせたグラノーラです。。食物繊維が豊富で栄養満点の雑穀・はだか麦。牛乳やヨーグルトとともに朝ごはんにも、アイスを乗せておやつにもおすすめです。

▶︎創樹(オリーブオイル)
最後にご紹介するのは、香川県高松市の農園「創樹(そうじゅ)」。手摘みオリーブから作られるエキストラバージンオリーブオイルは、パスタソースやきのこのオイル漬けはもちろん、温かいお料理にかけると豊かな香りが広がる逸品です。瀬戸内ならではの味覚をぜひお楽しみください。

これまで3回に渡って、総勢18組の作り手をご紹介してきました。いよいよ来週より、瀬戸内の魅力をたくさん詰め込んでお送りする「海辺のライフスタイル展」をどうぞお楽しみに!

【海辺のライフスタイル展】
会 期:2017/7/4(火) – 7/17(月・祝)※定休日:7/10(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F

【参加してくださる作り手のみなさま】
井上陽子(クラフト作家)
umie(海辺のライフスタイルオリジナルグッズ)
槇塚登(鉄作家)
GRAPH(セイルバッグ)
イワサトミキ(絵描き)
杉山利恵(Aji Glass さぬき庵治石ガラス)
山口一郎(画家)
加賀雅之(木工作家)
鳥本雄介(ガラス作家)
entoan(革小物)
GARDENS(ガーデンライフブック)
工房織座(マフラー)
おかし工房Botan(焼菓子)
HIYORI(和三盆)
半空(コーヒー豆)
アンファーム(ジャム)
讃岐はだか麦本舗(グラノーラ)
創樹(オリーブオイル)

umie HP→ FaceBook→
海辺のライフスタイル FaceBook→

【 7/4 – 7/17「海辺のライフスタイル展」 at 手紙舎 2nd STORY】出展作家をご紹介します②

7月4日(火)~7月17日(月・祝)の期間、手紙舎 2nd STORYにて開催する「海辺のライフスタイル展」。総勢18組の作り手の中から、今回は7組の出展者さんをご紹介します。


▶︎杉山利恵(Aji Glass さぬき庵治石ガラス)
「瀬戸内ブルー」と名付けられた、海のような色のガラス作品を生み出す杉山利恵さん。香川県外でガラスを学んだのち、「自分自信を表現すること=郷土の空気を表現すること」と、地元・香川に戻って工房を持ったそうです。今回はオブジェやカトラリーの他に、ガラスのランプシェードも登場します。

▶︎山口一郎(画家)
イラストレーターとして雑誌・広告の仕事を務めたのち、現在は香川を拠点に画家として活動をされている山口一郎さん。今回の展示では、ポストカードを手紙舎 2nd STORYの壁面にずらりと並べ、展示・販売致します。彼が描く、香川の風景をご覧ください。

▶︎加賀雅之(木工作家)
「手仕事の跡は、なるべくなら前に出ないように。素っ気ないくらいのところで手を止める」。岡山県の工房で日々作品を制作する加賀雅之さんは、このような考えのもと、ものづくりに取り組んでいるそうです。つるりとした手触りのコーヒースプーンなど、シンプルだからこそ毎日の食卓で使いたいと思わせてくれます。

▶︎鳥本雄介(ガラス作家)
作り手自らがガラス作りを楽しんでいることが伝わり、それを見た人や使う人も楽しんでもらえるように。そんな想いでものづくりと向き合う鳥本雄介さん。シンプルな造形の中に、吹きガラスの風合いや手仕事の跡が垣間見えます。夏らしい涼しげなテーブルウェアやオブジェをぜひお手にとってご覧ください。

▶︎entoan(革小物)
靴職人の櫻井義浩さんが主宰するブランド「entoan」。今回はポーチなどの革小物を中心にご用意してくれます。革製品ならではの使い込むほどに変化していく風合い、そして革と共に過ごす「時間」をお楽しみください。

▶︎GARDENS(ガーデンライフブック)
GARDENSは香川県高松市にあるガーデンデザインオフィスです。「GARDENS」とは「お庭友達」のこと。 庭を通じて人の輪が広がり、あちらこちらに幸せの花がいっぱいに咲くことを願いながら、カーデンのデザイン・施工、ワークショップなどの活動に取り組んでいます。今回は、そんなGARDENSのライフブックが登場します。


▶︎工房織座(マフラー)
工房織座は、綿織物の産地・四国今治で「織物の原点に立ち返る」制作を続けています。主流の高速織機では表現できない糸の交差や結びの工夫により、素材の味わいを生かした服飾小物をご紹介してくださいます。麻のマフラーなど、夏のコーディネートに一枚添えたい涼やかな商品が並びます。

次回はいよいよ「美味しい」瀬戸内をご紹介します。産地ならではの味やお土産にしたいフードがたくさん届きますので、こちらもどうぞお楽しみに。手紙社のSNS(facebookInstagramtwitter)でも毎日1組ずつご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【海辺のライフスタイル展】
会 期:2017/7/4(火) – 7/17(月・祝)※定休日:7/10(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F

【出展】
井上陽子(クラフト作家)
umie(海辺のライフスタイルオリジナルグッズ)
槇塚登(鉄作家)
GRAPH(セイルバッグ)
イワサトミキ(絵描き)
杉山利恵(Aji Glass さぬき庵治石ガラス)
山口一郎(画家)
加賀雅之(木工作家)
鳥本雄介(ガラス作家)
entoan(革小物)
GARDENS(ガーデンライフブック)
工房織座(マフラー)
おかし工房ボタン(焼菓子)
HIYORI(和三盆)
半空(コーヒー豆)
アンファーム(ジャム)
讃岐はだか麦本舗(グラノーラ)
創樹(オリーブオイル)

umie HP→ FaceBook→
海辺のライフスタイル FaceBook→

【 7/4 – 7/17「海辺のライフスタイル展」 at 手紙舎 2nd STORY】出展作家をご紹介します①

7月4日(火)~7月17日(月・祝)の期間、手紙舎 2nd STORYにて開催する「海辺のライフスタイル展」。総勢18組の作り手による、瀬戸内や海にまつわる作品・アイテムが並びます。来月の開催に向けて「今日のお手紙」では今回から3回に分け、出展者さんをご紹介いたします。


▶︎井上陽子(クラフト作家)
雑誌や書籍の装画などを手がけるほか、雑貨メーカーとのコラボによるプロダクトも多数発表されている井上さん。今回は瀬戸内海や、カフェumieのイメージでコラージュしたアートブックやポスターをお披露目してくれます。

▶︎umie(カフェ)
古い倉庫街の中に佇むcafe umieからは、海辺のライフスタイルオリジナルグッズが届きます。昨年のカフェ15周年に合わせて井上陽子さんと作ったマスキングテープやバッジ、マグカップなどが並びます。

▶︎槇塚登(鉄作家)
「もみじ市」や「ブローチ博」でもおなじみの鉄作家・槇塚登さん。今回はブローチや小さなオブジェの他に、その中身はもちろん機械も自作という、背高のっぽの「灯台型ガチャガチャ」が登場します。ガチャガチャっと回せば、何が出てくるのかワクワクしますね。

▶︎GRAPH(セイルバッグ)
USEDのヨットのセイル(帆布)を使い、リュックサックやトートバッグを一つ一つ丁寧に作られているGRAPH design。驚くのは、その軽さと手に馴染む使い心地です。小さめなポーチなど、日常使いにぴったりなアイテムも登場します。

▶︎イワサトミキ(絵描き)
イラストや立体作品を制作するイワサトミキさん。これまでも手紙舎の店で、木で作られた小さな「ハタの家」をご覧になったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は小さなオブジェやポストカードに、彼女の世界観をぎゅっと詰め込んで、瀬戸内の景色を描きます。

次回も引き続き出展作家さんをご紹介いたします。また手紙社のSNS(facebookInstagramtwitter)でも毎日1組ずつご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【海辺のライフスタイル展】
会 期:2017/7/4(火) – 7/17(月・祝)※定休日:7/10(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F

【出展】
井上陽子(クラフト作家)
umie(海辺のライフスタイルオリジナルグッズ)
槇塚登(鉄作家)
GRAPH(セイルバッグ)
イワサトミキ(絵描き)
杉山利恵(Aji Glass さぬき庵治石ガラス)
山口一郎(画家)
加賀雅之(木工作家)
鳥本雄介(ガラス作家)
entoan(革小物)
GARDENS(ガーデンライフブック)
工房織座(マフラー)
おかし工房ボタン(焼菓子)
HIYORI(和三盆)
半空(コーヒー豆)
アンファーム(ジャム)
讃岐はだか麦本舗(グラノーラ)
創樹(オリーブオイル)

umie HP→ FaceBook→
海辺のライフスタイル FaceBook→

【海辺のライフスタイル展 at 手紙舎 2nd STORY】曽我部恵一 Blue Live


7月4日(火)~7月17日(月・祝)の期間、手紙舎 2nd STORYにて開催する「海辺のライフスタイル展」。会期の折り返しとなる7月11日(火)には、素敵なゲストが登場します!

「海辺のライフスタイル展」のきっかけとなったumieさんとは10年以上のお付き合いという、曽我部恵一さん。昨年もお店の15周年を記念してumieさんでソロライブが行われたそうです。今回は、手紙舎 2nd STORYが一夜限りのライブ会場となります。海にまつわる展示に囲まれながら、アコースティックで奏でられる音楽をどうぞお楽しみください。

当日は通常のカフェメニューではなく、ライブと共にお楽しみいただける特別なお食事やお飲みものをご用意いたします。梅雨の暑さからひととき逃れて、ドリンク片手に爽やかなギターの音色と歌声に浸ってみてはいかがでしょうか。


【曽我部恵一 Blue Live】

日程:2017年7月11日(火)
開場:18:00
開演:19:00(終演:20:30)
定員:80名
料金:3,000円(税込)※ワンドリンクオーダー制
会場:手紙舎 2nd STORY(東京都調布市菊野台1-17-5 2F)
tel.:042-426-4383
お申込み方法:定員に達しましたのでお申し込み受付を終了いたしました。以降のお申し込みはキャンセル待ちとなります。当日券のご用意はございませんので予めご了承ください。詳しくはこちらをご覧ください。

曽我部恵一(そかべけいいち)
香川県出身。
1994年、サニーデイ・サービスのボーカリスト/ギタリストとしてメジャーデビュー。2001年よりソロとしての活動をスタート。
最新作は3/15発売のサニーデイ・サービス EP『桜 super love』。2017年8月27日にサニーデイ・サービス19年ぶりの日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブ<サニーデイ・サービス サマーライブ 2017>の開催が決定している。

web site→

YouTube Preview Image

【海辺のライフスタイル展】
会 期:2017/7/4(火) – 7/17(月・祝)※定休日:7/10(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F

cafe umie HP→
FaceBook→

【 7/4 – 7/17「海辺のライフスタイル展」 at 手紙舎 2nd STORY】


築90年以上経つ、赤錆びた古倉庫の扉を開けると
窓の外には青い空、海がblueに輝く
瀬戸内海が広がっていた・・・
海辺の風景、心地いい空間に惹かれ、
cafe umieをはじめて16年。
この場所で出会ったクラフト作家、井上陽子さんと
同じく瀬戸内を描き続ける作家たち、生産者さんと一緒に
海辺のライフスタイルをお届けいたします。
その舞台となるのは、
彼ら作り手たちとも縁のある、手紙舎 2nd STORY。
瀬戸内国際芸術祭や島旅などで注目される
瀬戸内の暮らしを感じてください。

7月4日(火)~7月17日(月・祝)の期間、手紙舎 2nd STORYにて「海辺のライフスタイル展」を開催します。

今回の展示のきっかけとなったcafe umieさんは、四国と本州を繋ぐ窓口の一つ、香川・高松港にほど近いところにあります。昨年、カフェ15周年を記念して、そこで出会った作家たちが集い開かれた展示が「海辺のライフスタイル展」でした。

そしてこの夏、手紙社とも繋がりのある作家が参加したこの展示が、手紙舎 2nd STORYにて開催されることになりました。

季節は、海の景色が似合う、夏真っ盛りの7月。2nd STORYの白い壁が色鮮やかなブルーに染まる2週間を、どうぞお楽しみに。

▶︎TOPIC 1 参加作家は全18組。新作も並びます
今回、参加してくださる作家は総勢18組。手紙社のイベントでもお馴染みのクラフト作家・井上陽子さんや鉄作家の槇塚登さん、イラストレーターのイワサトミキさんをはじめ、セイルバッグのGRAPHさんなど初めて手紙舎でご紹介する作家さんの作品も数多く 並びます。オリーブオイルやお菓子などのフードも並びます。
手紙社のSNSや当サイトでも順次ご紹介いたしますので、チェックしてみてくださいね。

▶︎TOPIC 2 曽我部恵一 Blue LIVE
7月11日(火)には、cafe umieさんとも関わりの深い、曽我部恵一さんのアコースティックライブを開催いたします。
東京蚤の市でのパフォーマンスも記憶に新しい彼が、「海辺のライフスタイル展」を彩ります!

会場:手紙舎 2nd STORY
料金:3,000円(税込)+1order
定員:80名(予約制)
※詳細やお申込み方法は後日当サイトでお知らせいたします。

▶︎TOPIC 3 スペシャルメニューが登場
期間中、手紙舎 2nd STORYのカフェでは、個展に合わせたスペシャルメニューをご用意いたします。

【海辺のライフスタイル展】
会 期:2017/7/4(火) – 7/17(月・祝)※定休日:7/10(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F

cafe umie HP→ FaceBook→

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008