今日のお手紙

     

【松本寛司 個展『日常に木を感じる生活』】作品紹介その1

8月1日の個展初日に向けて、続々と松本寛司さんから作品が届けられています。手彫りによる木工の道具は、どれも一度は使ってみたくなるものばかり。長く使えるお気に入りの“ひとつ”を見つけるまたとない機会です。どんなものが当日並ぶのか、みなさんに少しだけご紹介したいと思います。

まずは、根強い人気のカッティングボード。一本の木から切り出される作品は実に多様です。食卓に馴染み、どんな料理も映える松本さんのカッティングボード。荏油や亜麻仁油でコーティングされているものは、肉や野菜、チーズなどを瑞々しく。反対に油を塗っていないものは、パンを乗せると水分を吸収してカリカリの状態がキープされます。立てて置くと、まるで木の精のような愛らしさもありませんか? 色々な種類を手にとって吟味してみてくださいね。

続いては平皿や深皿の数々。この深皿は、ナラの木から彫り出して漆をかけたもの。丸皿と角皿は、栗の木を使い、荏油で仕上げたものです。陶器や金属の器に慣れていると、木の器でご飯を食べることが新鮮です。生命をいただいている、という実感がより強く湧いてきます。松本さんの手がける木の器は、ノミの痕跡が静かに輝いているので、特に食べ物をより美味しく、逞しく見せてくれます。

最後にご紹介するのは、カトラリーと調理器具です。ファンの多い木ベラをはじめ、バターナイフ、コーヒー匙、スプーン、そしてユニークな一体型フォーク&スプーン。ブラウンのものはウォールナット、その他はナラの木を主に使っています。それぞれ荏油で仕上げ、ツートーンのスプーンはこげ茶の部分が漆塗りです。鍋に入れた時や口に入れる時の心地よい角度の計算された道具。握りの感触の良さは言うまでもありません。

木の道具は、1年に1回でも荏油や亜麻仁油を塗ってメンテナンスするだけでよく持ちます。10年は安定して使い続けられると考えれば、決して高い買い物ではありません。松本寛司渾身の作品が勢揃いする今回の個展で、ぜひ食卓のパートナーを探してみてください。

【松本寛司 個展『日常に木を感じる生活』 】
会期:2017年8月1日(火)~8月13日(日)
※8月7日(月)は定休日
営業時間:12:00~23:00(22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
松本寛司公式サイト:KANJI MATSUMOTO

(C)tegamisha since2008