今日のお手紙

     

【赤畠大徳 個展「鎚跡」 at 手紙舎 2nd STORY 8/29〜9/10】

トンテンカンと響く音。鉄に刻まれる鎚の跡。昔ながらの鍛冶屋であることに誇りを持つ男・赤畠大徳が、手紙舎で初となる個展を開催。無骨で、だけど美しい刃物はつまるところ、赤畠の持つ熱によって形を帯び、この世に生まれ来るのだ。

残暑厳しい夏の終わり、そこにさらなる熱を加えるかのごとく、鍛治屋・赤畠大徳さんの個展を手紙舎にて開催いたします。自身初となる個展のタイトルは「鎚跡」。赤畠作品に見られる、一振りまた一振りと、力を込めて叩いた鎚の跡。それははまるで、完成に到るまでの道のりを示す足跡のよう。

三重県松阪市に工房を構える、鍛冶屋「かじ安」の5代目として鉄を打つ赤畠さん。抜群の切れ味を誇る包丁は、手紙社の複数のスタッフも愛用する、とっておきの逸品です。手紙社が主催するイベント「オーダーメイドの日」では、受注生産という持ち味を生かし、一人ひとりの好みにぴったりとあった包丁を届けてくれました。今回の個展では、そんな赤畠さんの代名詞と言える包丁だけでなく、新たに挑戦・製作した家具も初登場します。赤畠ワールドで彩られる手紙舎はきっと、いつもとは違う手紙舎です。あなたの目で、赤畠さんの鎚跡を目撃してください。

【銘切りワークショップ】
お買い上げいただいた作品に自分の好きな文字を入れることができる、“銘切り”のワークショップを行います。
開催日:9/9(土)、10(日)
参加費:1,000円
※詳細は手紙社公式サイトにてお知らせします
※銘切りするアイテムは、お持ち込みも可能です

【個展限定スペシャルメニュー】
会期中、手紙舎 2nd STORYのカフェでは特別メニューをご用意します。赤畠さんのカトラリーでいただくお料理は、格別の味わいになること間違いなしです。

【赤畠大徳 個展「鎚跡」】
会期:2017年8月29日(火)~9月10日(日)
※9月4日(月)は定休日
営業時間:12:00~23:00(22:00 LO)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
作家在廊日 8/29(火)、9/9(土)、10(日)

(C)tegamisha since2008