今日のお手紙

     

【POTTENBURN TOHKII個展『夏のカミナリ 冬のラー】3つのコラボをご紹介

本日から、POTTENBURN TOHKIIさんの個展『夏のカミナリ 冬のラー』がスタートしました。今回の個展に合わせてご用意した、3つのスペシャルコラボをごご紹介します。

1.菓子工房ルスルス × POTTENBURN TOHKIIの焼菓子セット

「職人の顔が見える安全なお菓子を、できるだけ多くの方に提供したい」という思いで、お菓子作りをされている菓子工房ルスルスさん。誠実に作られる焼菓子は、あっという間に完売してしまうほど人気があります。今回は、個展のテーマとなっている「カミナリ」と「太陽」を型どったクッキーなど、数種類がセットになったボックスを作ってくださいました。パッケージには、ポッテンバーンの生地を使用。柄に種類があるので、お気に入りをお選びください。数量限定なのでお早めに!

2.POTTENBURN TOHKII × 手紙社オリジナル生地のヘアバンド

今回の個展のために、デザイナー・中島トキコさんにデザインしていただいたオリジナル生地で、新柄ヘアバンドが完成しました! 個展のテーマをイメージした2柄がお披露目です! 巻き方次第で様々な表情を見せてくれる万能アイテムです。

3.手紙舎 2nd STORYのカフェでは、期間中、特別メニューが登場!
●フルーツとナッツのクルフィ

カラフルな幾何学模様の生地が特徴のPOTTENBURN TOHKIIさんをイメージして、フルーツやナッツを詰め込んだインド風アイス「クルフィ」をご用意しました。シャリシャリ、ひんやり、ザクザクなどの様々な食感と、オレンジ、赤、グリーン、白など カラフルな食材の掛け合わせが楽しい一品です。時々「バーン」とお口の中で弾けるカルダモンの風味がアクセント。

●ラベンダー&ローズチャイ

淡いベージュクリーム色のチャイにパープルのラベンダーと赤いバラの花びらが浮かび、フローラルな香りがふわりと広がるチャイ。クルフィと合わせてお楽しみいただけます。 この機会を、どうぞお見逃しなく。

【POTTENBURN TOHKII個展『夏のカミナリ 冬のラー』】
会 期:2017/4/18(火) – 4/30(日)※定休日:4/24(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F
在廊日:4/22(土) 23(日) 29(土) 30(日)
POTTENBURN TOHKII ▷ HP

【POTTENBURN TOHKII個展『夏のカミナリ 冬のラー』】明日からスタートです!

いよいよ明日からスタートする、POTTENBURN TOHKIIさんの個展『夏のカミナリ 冬のラー』。デザイナー・中島トキコさんの感性と探究心が詰まった洋服を一目見れば、その質の高さ、素材の面白さ、パターンの美しさに心奪われること間違いありません。メッシュ生地のポケットがワンポイントになっているなど、絶妙な演出で私たちの心を掴みます。だれかと同じ洋服に物足りなさを感じている方も、きっとお気に入りの一着を見つけていただけるはずです。

春夏のコレクションは今すぐに着て頂けるお洋服ばかり。人気のヘアバンドやバッグなど、装いのアクセントになる小物類も充実していますよ。

さらに、秋冬の受注会も同時開催! 秋にさらりと着たいワンピースや、コートなどもオーダーいただけますよ。この機会をどうぞお見逃しなく。

【POTTENBURN TOHKII個展『夏のカミナリ 冬のラー』】
会 期:2017/4/18(火) – 4/30(日)※定休日:4/24(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F
在廊日:4/22(土) 23(日) 29(土) 30(日)
POTTENBURN TOHKII ▷ HP

【POTTENBURN TOHKII個展『夏のカミナリ 冬のラー』】タッセル作りのワークショップ開催!

いよいよ来週、4/18(火)から、POTTENBURN TOHKIIさんの個展『夏のカミナリ 冬のラー』がスタートします。

POTTENBURN TOHKIIの最大の特徴とも言えるのが、メッシュ生地。デザイナー・中島トキコさんが考えるユニークな幾何学模様を、職人さんたちと何度もやり取りを重ねながら織り上げてゆきます。中島さんはアイデアと探究心にあふれ、積極的に、新しい糸や素材の掛け合わせにチャレンジすることで、唯一無二の表情をもつ生地が生まれます。

もう一つの特徴は、中島さんのセンスが光るカラフルな色合わせ。自身のイメージを再現するための努力を惜しまず、微妙な色の差もあきらめません。主張の強い鮮やかな色、パステル調の優しい色など、絶妙なバランスで組み合わせてゆきます。

そのようにして作られた生地を、実際に触って使ってみていただきたいという思いから、今回、POTTENBURN TOHKIIの生地を使ったタッセル作りのワークショップを開催いたします! 様々な色、模様のメッシュ生地から、お好きな組み合わせで選んでいただき、はさみでチョキチョキ形をつくり、簡単な縫製を施して完成です! 他にはないオリジナルのタッセルは、バッグのチャームとしてはもちろん、お家のドアノブの飾にもおすすめですよ。
お持ち帰り用のハギレ付きなので、是非、ご自宅でも、POTTENBURN TOHKIIの生地を楽しんでくださいね。

POTTENBURN TOHKIIの生地を使ってタッセルを作ろう
日程:4/23(日)、4/30(日)
時間:13:00〜14:00
価格:2,700円(税込、お持ち帰り用のハギレ付き)
定員:各日10名
お申し込み方法:こちらのサイトから4/17(月)12:00〜より受付開始いたします。

【POTTENBURN TOHKII個展『夏のカミナリ 冬のラー』】
会 期:2017/4/18(火) – 4/30(日)※定休日:4/24(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F
在廊日:4/22(土) 23(日) 29(土) 30(日)
POTTENBURN TOHKII ▷ HP

【POTTENBURN TOHKII個展『夏のカミナリ 冬のラー』】春夏コレクションのご紹介

4/18(火)〜4/30(日)の期間、手紙舎 2nd STORYにて開催する、POTTENBURN TOHKIIさんの個展『夏のカミナリ 冬のラー』。

日本のテキスタイルシーンの中でも、メッシュなど特徴的な素材を使用したデザインとユニークな色使いで、唯一無二の地位を獲得しているファッションブランド「POTTENBURN TOHKII(ポッテンバーン トーキー)」。来週から始まる個展では、2017年の新作春夏コレクションの即売会と、秋冬の受注会を同時開催! 欲張りな2週間をお届けします。本日は、春夏コレクションの一部をご紹介しますね。

◎シルバーライトシリーズ

雷と紙鳴り(共にカミナリ)を表現した生地は、ラメ糸と和紙の糸で作られたフリンジが特徴。本物の銀(Ag)を含んでいるので、上品に艶やかに輝いています。ジャケットはさらっと羽織るだけで、クールにも愛らしくもなる万能アイテム。ジャケットの他、ワンピースやトップスも。

◎オレンジライトシリーズ

発色の良いオレンジが特徴のこのシリーズは、蛍光の美しさをかっこよく見せられるよう、シンプルなデザインにされたそう。ボタンの掛け方で色々なアレンジを楽しめるアイテムです。

◎和紙シリーズ


和紙を含んだ生地を染めたという、他には無い素材。なんとも言えないシワ感が特徴です。綿100%には出せない発色の良さと、涼しくて軽いという、夏に嬉しい着心地のよさも魅力。着るほどに馴染み、くたっと柔らかくなっていくシリーズです。ワンピースのほか、パンツやトップスもあります。

お洋服のほか、人気のヘアバンドなどの小物類も豊富な柄でお届けします。期間中は、デザイナー他スタッフの方々が在廊しアドバイスをしていくださいますので、あなたにぴったりの一着を見つけてくださいね。

【POTTENBURN TOHKII個展『夏のカミナリ 冬のラー』】
会 期:2017/4/18(火) – 4/30(日)※定休日:4/24(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F
在廊日:4/22(土) 23(日) 29(土) 30(日)
POTTENBURN TOHKII ▷ HP

【「刺繍CAFE」at trois 4/23(日)】

あたたかな日が増えてきましたね。窓から差し込む光の中、いろとりどりに輝く刺繍糸たち。好きな色を組み合わせてチクチクと無心になって針を通していく時間。少し手を止め、お茶を飲んでホッと一息。そんな穏やかな時間を通じて生まれてくるのは、その人にしか作り得ない表情です。刺繍の楽しさを初心者でも簡単に味わえる「刺繍 CAFE」が今月も手紙社にて開催となります。

講師を務めるのは、「artist in」を主宰する矢崎順子さん。自由に創作することの楽しさやアイディアを伝えることを目的に、「刺繍CAFE」や「かぎ針レッスン」などのワークショップの企画や、『クロスステッチぬりえ 塗って楽しむアンティークな刺繍図案』(BNN新社)や『STITCH SHOW 刺繍のアート&デザインワーク、ステッチで描く50の表現』(BNN新社)、『機械レースとかぎ針で作るかわいいアクセサリー』(河出書房新社)の編集・執筆など、多岐に渡る活動を通して、手芸の楽しさをたくさんの人にお届けしています。

刺繍CAFEにはじめて参加する方はハンカチキット、2回目以降の参加の方は巾着に刺繍をしていただきます。刺繍するイラストのモチーフは多数取り揃えているので、何度ご参加いただいても、新鮮な気持ちでお楽しみいただけますよ。どうぞ、お気軽にお申し込みください。

【刺繍CAFE】
日時:
①2017年4月23日(日)10:00~12:00
②2017年4月23日(日)15:00~17:00
定員に達しましたので予約を締め切らせていただきます。
https://coubic.com/tegamisha/394398
会場:trois(調布市菊野台1-17-5 303号/手紙舎 2nd STORY上)
*受付は1階「本とコーヒー」で行います。開始10分前までにレジで受付をお願いいたします。
参加費:3,780円(材料費・消費税込、手紙舎のお菓子・ドリンク付)
定員:各回12名

artist in
http://www.artistin.jp/

刺繍CAFE
https://www.facebook.com/shishucafe

【手紙社セレクト ステーショナリー at 本とコーヒー】

あたたかな日が増え、春の訪れを感じるようになりましたね。本とコーヒーでは皆さまの新生活を応援すべく、ステーショナリーコーナーを拡大いたしました。

まずは筆記用具からご紹介。今回、種類豊富に揃えたのはデザイン性の高い「万年筆」。字に趣が出るだけでなく、ペン先が自分の書き癖を覚えてくれるという万年筆は、使い込むほどに愛着が湧いてきます。

ドイツ生まれのkaweco(カヴェコ)「クラシック・スポーツ万年筆」は、ミュンヘンオリンピックで公式ペンとして使われたものの復刻版。スタイリッシュで携帯性、機能性にも優れており、艶やかでシックな色合いは高級感を感じさせてくれます。箱付きなのでプレゼントにも最適ですよ。

子どもをターゲットに開発されたPILOTの「カクノ」やLAMYの「abc万年筆」は、ぽってりしたフォルムが愛らしく、大人心もくすぐります。ドイツでは自然と正しい持ち方ができるようになるため、鉛筆より先に万年筆で書く練習をするのだとか。安価で気軽に使えるので、インクの色を変えて数本持ちするのもおすすめです。

次にノートをご紹介。「『書き心地』には理由があります」がキャッチフレーズのはMIDORI「MDノート」は鉛筆から万年筆まで、さまざまな筆記具で書きやすいように開発されました。また糸かがり製本なので開きやすいのも特徴です。その他にも、同じく糸かがり製法で作られた台湾ブランド「蘑菇Mogu」のノートや、イラストレーター・noritakeさんのイラストがたまらない、薄めグレーのオリジナル用紙を使用したカバンの隙間にもスッと入る薄さのノートなど、シーンに合わせてお気に入りを見つけてくださいね。

その他にも様々なステーショナリーがずらり!!

「古いものにも新しさを見出し、現代の感性でリプロダクト化する」がコンセプトの台湾のステーショナリーショップ「TOOLS to LIVEBY」が手がけるオリジナルグッズが、船に揺られてやってきました。ゴム製のハンドルに日本製の刃、テフロン加工が施された切れ味の良いハサミは、デザイン性だけでなく機能的にも優れているのが嬉しいところ。背表紙にセットするだけで読んでいるページを自動的に示してくれる「ワイヤークリップブックマーカー」(HIGHTIDE)や、硬めで角が多く、細かいところも消しやすいSEEDの「レーダーポイント消しゴム」など、ちょっと人に見せたくなるようなアイテムが勢揃いしています。お気に入りを見つけて、気分も新たに新年度をスタートしてみてはいかがですか?

【POTTENBURN TOHKII個展『夏のカミナリ 冬のラー』4/18(火)〜30(日)at 手紙舎 2nd STORY】

「ポッテンバーントーキー」。

口にしてみるとどこか軽やかな気分になるこの言葉は、POTTENBURN TOHKIIのデザイナー・中島トキコさんが考えた造語であり、彼女が手がけるブランド名です。“自分の中に潜むつぼ(pot) のなかの宇宙(天 ten) が、バーンとはじけている(burn)”という意味なのだそう。

この春、あなたの中に潜む感性のつぼを刺激してくれる一着に出会えるかもしれない。

4/18(火)〜4/30(日)、手紙舎 2nd STORYにて、POTTENBURN TOHKIIさんの個展を開催いたします。

「日常で感じた謎や疑問を服で問い、また服の上で解決する」という考えのもと、服作りをされている中島さん。豊かな発想力と、面白いからやってみるというポジティブな姿勢から生まれるアイデアは、そのユニークな模様や素材から感じ取ることができます。

手紙社が主催する「布博」にも出展してくださっているPOTTENBURN TOHKIIさんですが、今回の個展ではその魅力をさらに充実した内容でお届けしようと、なんと、新作春夏コレクションの販売と秋冬の受注会を同時開催いたします! アパレル業界の常識を覆す、欲張りな2週間です。

夏のカミナリさま(雷神)と冬のラーさま(太陽神)が、楽しく対峙する四季の世界を、どうぞお楽しみに。

【TOPIC】
2017S/S販売会 & 2018A/W受注会
POTTENBURN TOHKIIが発表した新作春夏コレクションの即売会と、 2018年秋冬の受注会を同時開催!

限定オリジナルアイテムが登場
POTTENBURN TOHKII × 手紙社のオリジナル生地で作る、限定アイテムが登場。今回の個展に向けて制作する新柄にご注目!

POTTENBURN TOHKIIのパターン模様が紙雑貨に
デザイナー・中島トキコさんが自由なアイデアと色で創り出す幾何学的な模様をデジタルに変換! 紙雑貨へと生まれ変わります。

Special Food Menu
浅草の菓子工房・ルスルスさんとのコラボレーションお菓子セットを販売! 手紙舎 2nd STORYのカフェでは、個展期間中だけのスペシャルメニューも。

【WORKSHOP】
POTTENBURN TOHKIIの生地を使ってタッセルを作ろう
POTTENBURN TOHKIIのオリジナル生地数種類を自由に組み合わせて、あなた好みのカラフルなタッセルに仕上げます。お持ち帰り用のハギレ付き!

日程:4/23(日)、4/30(日)
時間:13:00〜14:00
価格:2,500円(税別、お持ち帰り用のハギレ付き)
定員:各日10名
※詳細やお申込み方法は、追ってお知らせ致します。

【POTTENBURN TOHKII個展『夏のカミナリ 冬のラー』】
会 期:2017/4/18(火) – 4/30(日)※定休日:4/24(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F
在廊日:4/22(土) 23(日) 29(土) 30(日)
POTTENBURN TOHKII ▷ HP

【3/28(火)〜4/16(日)堀口尚子 × ピープルツリーフェア & 4/8(土)トークイベント at 本とコーヒー】

『レトロ印刷の本』(グラフィック社)の装画や、レターセット・メモパッドといった紙雑貨のコラボレーションなど、手紙社とも関わりの深いイラストレーター・堀口尚子さん。そんな彼女が、フェアトレードの専門ブランド ピープルツリー と様々なアイテムを制作! そこで本とコーヒーでは、手仕事で仕立てられたポーチやハンカチ、ブローチなど、新発売となる商品をいち早く集めたフェアを3月末から開催することになりました。

堀口さんの描く、伸びやかに空を羽ばたく鳥や、コロンとした愛らしい植物のイラストを、インド南東部にある工房・アシャ・ハンディクラフトが布小物に。「草木染め」「ブロックプリント」という伝統的な技法を駆使し作られたそれらは、自然素材ならではの風合いです。

花や樹皮、鉱物を染料とした「草木染め」は、川の水で洗い、太陽の光で乾かしながら染め上げられます。自然を相手にした染色技法で天候によっても染まり方が変わるため、その瞬間にしか出せない唯一無二の色合いになるそうです。

「ブロックプリント」とは、木に柄を彫って木版を作り、染料を付けてスタンプのように押してプリントする技法。大きな布に継ぎ目のわからないように押し重ねるため、高い技術と集中力が必要なのだそうです。

その他にも艶やかなカピス貝で作られたブローチや、手縫いの刺繍が施されたハンカチなど、一つひとつに作り手の思いが込められた布小物たちは、何でも安く手に入る時代だからこそ、より身近に置いて大切に使いたくなるものばかりです。

期間中の4月8日(土)には、堀口尚子さんとピープルツリーの鈴木啓美さんをお招きしたトークイベントを開催。堀口さんの作品に込めた思いや、ピープルツリーの大切にしていること、イラストを工房で商品化する際の裏話などをお伺いします。ぜひお楽しみに!

◎ topic1 【 New Item 】
ポーチ、ハンカチ、ブローチなど、インドの工房から船に揺られてやってきたばかりの新商品をいち早く皆様にお披露目します。

◎ topic 2 【 Talk Event 】
堀口尚子さんとさんとピープルツリーの鈴木啓美さんをお招きし、商品が出来上がるまでの制作秘話などをお聞きします。インドの工房でのテキスタイルの制作風景などもご覧いただけます。
日時:2017年4月8日(土)18:45開場/19:00開演
会場:本とコーヒーtegamisha
料金:2000円(1ドリンク込み)
*ピープルツリーのオーガニックレモングラスティーをご用意いたします。
申込み:3/18(土)19:00より以下ページにて受付を開始いたします。
https://coubic.com/tegamisha/399133
問い合わせ:tel 042-440-3477(本とコーヒー)

◎ topic 3 【 Natural Food 】
保存料、着色料を一切使わず、肉厚でしっとりした食感のドライフルーツ。無農薬で育てられた香りの高い紅茶。店頭では体と心に優しい、誰もが安心して食べられるピープルツリーのNatural Foodも並びます。

【堀口尚子/Profile】

1976年、埼玉生まれ。1998年にセツ・モードセミナー卒業。墨、アクリル絵具、ゴム判、切り絵など様々な素材を用いて、具象、抽象作品を創作。表現方法にこだわらず、“何でもつくってみる”をモットーに活動中。http://botatana.net

【People Tree(ピープルツリー)】
ピープルツリーはフェアトレード専門ブランド。15か国、約140団体と共に、天然素材を用いた手仕事を活かした自社企画商品で、途上国の経済的・社会的に立場の弱い人びとに収入の機会を継続的に提供します。http://www.peopletree.co.jp/

 

◎ 堀口尚子×ピープルツリー at 本とコーヒーtegamisha
日時:2017年3月28日(火)〜4月16日(日)
会場:本とコーヒーtegamisha
(東京都調布市菊野台1-17-5 1階)
tel 042-440-3477(本とコーヒー)

【ayumi 刺繍展『群繍』1/17(火)〜1/29(日)】カフェの特別メニューが登場

いよいよ明日から、手紙舎 2nd STORYのみどり荘にてスタートする、ayumi 刺繍展『群繍』。展示期間中カフェでは、この展示のためだけに用意された特別メニューをお召し上がりいただけます。その名も『色が紡ぐ オープンサンド』です。

まず目に飛び込んでくるのは、たっぷりと盛り付けた色鮮やかな具材たち。赤カブ、ピクルス、セミドライにしたミニトマト、カレーマリネにしたマイタケなど、目移りするほどさまざまな食材が重なり、目にも美味しいオープンサンドが完成しました。

糸が織り重なって一つの表情を持つように、食材それぞれに異なる味付けをしつつ、一つのサンドに仕上げています。パンはもちろん、手紙舎 2nd STORYのスタッフが毎朝焼き上げる、手ごねの全粒粉パンを使用。その上には隠し味にペッパークリームチーズが塗られていて、それが絶妙なアクセントになっています。

そして、極めつけはいちごのドレッシング。たっぷりの食材たちを爽やかにまとめてくれるのです。お好みで付け足していただけますので、あなた好みに仕上げてくださいね。
『色が紡ぐオープンサンド』は、展示期間中のランチタイムにお召し上がりいただけます。自然の豊かな色と共に、お楽しみください。

【ayumi 刺繍展『群繍』】
会期:2017年1月17日(火)~1月29日(日)
休み:23日(月)
営業時間:12:00~23:00(22:00 L.O)
場所:手紙舎 2nd STORY
住所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F
電話:042-426-4383
作家在廊日:29日(日)
ayumi HP:http://oooayumioo.com
Instagram : ooayumimoo

【ayumi 刺繍展『群繍』1/17(火)〜1/29(日)】特別なアクセサリーに出会う13日間

1/17(火)〜1/29(日)の期間、手紙舎 2nd STORYのみどり荘にて開催する、ayumi 刺繍展 『群繍』。いよいよ来週からの幕開けを控え、牧野さんから作品のお写真が届きましたので、ご紹介します。

まずは、ウェディングという特別な日に花嫁を優しく包むヘッドドレスから。

立体刺繍による花冠や、古いヨーロッパのレース図案をモチーフにした刺繍のボンネは、繊細な糸で丁寧に編まれています。是非、間近でご覧ください。

もちろん、ウェディングアイテム以外のアクセサリーも。

展示する髪飾りをちいさくしたアイテムや、野に咲く花などをモチーフにした日々を彩るイヤリングとピアス。

糸や布を染め、ドライフラワーの花束のような風合いをもつ髪飾りなど、色とりどりのアクセサリーが並びます。
刺繍の持つ様々な可能性に触れて頂ける展示です。是非、その目でご覧になってみてください。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

【ayumi 刺繍展『群繍』】
会期:2017年1月17日(火)~1月29日(日)
休み:23日(月)
営業時間:12:00~23:00(22:00 L.O)
場所:手紙舎 2nd STORY
住所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F
電話:042-426-4383
作家在廊日:29日(日)
ayumi HP:http://oooayumioo.com
Instagram : ooayumimoo

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008