tegamisha


花市をはじめ、さまざまなイベントに参加しては、
みるみるうちに売り切れてしまう、
人気のパンを焼くユニット、cimai。
彼女たちが、いよいよ6月にお店を開くという噂を聞きつけました。
資金集め、借りた古い物件の良いところと問題点、
内装・外装工事や器具探しなど、
cimaiのふたりがパン屋を開くまでの奮闘記をリアルタイムで綴ります。

|第1回|いつか二人で、あのcafeのような空間を作りたかった|

私たちcimaiは、姉妹二人で違ったタイプのパンを焼くユニットです。姉の真紀子は天然酵母で、私(有紀子)はイーストでパンを作ります。店を持たない私たちにとって、現在の活動の場は、おもにイベントへの参加やカフェでの委託販売。先日まで、とあるパン屋で働いてた姉は空いた時間に仕事場を借りて、私は子育てをしながら自宅でパンを焼いています。

来月、私たちは埼玉県幸手市に店をオープンすることになりました。自分の店を持つなんて、何から始めたらいいかわからなかった私たちですが、たくさんの問題にぶつかりながらも、たくさんの人に助けられ、いま、一歩一歩「夢」に近づいている毎日です。この連載では、私たちが店を始めるにあたって、どんなことを考え、どんな問題にぶつかり、どう対処してきたかをお伝えしたいと思っています。このお話が、私たちのように「今後、お店を持ちたい!」と考えている方々のご参考になれば嬉しく思います。

さて、本題に入る前に、私たちがなぜcimaiとして活動するようになったのかについてお話しましょう。

3歳違いの私たち姉妹は、不思議なほどモノの好みが似ていました。たとえば、「ここから好きなモノを選んでいいよ」といわれると、決まって同じモノを欲しがったり、洋服の好みが一緒だったり(それ故、ケンカも多いのですが、、、)。約10年前、世の中はカフェブームのまっただ中で、姉はあるカフェのベーカリー部門、私は別のカフェの厨房で働いていました。

仕事柄もあり、よく2人でカフェ巡りをしていました。その中で、ある1軒のお店に衝撃を受けました。ご存知の方も多いと思いますが、「1988 cafe shozo」です。あの凛とした空気感、かっこいい接客。なんて洗練された場所なんだろう…。今でもそのときの印象は心に残っています。私たちは「いつかこんな空間をつくりたい!」と強く思うようになりました。このときが、私たち二人のほんとうの出発といえるかもしれません。

姉のパンを焼く姿は、いつも楽しそうでした。何でもテキパキとやるタイプではない姉ですが、失敗しながらも丁寧においしいものを作っていました。もともと、もの作りが好きだった私は、そんな姉の姿を見て「私もパンを作ってみたい」と思うようになりました。姉とは逆で、思ったらすぐに行動に移す私は、これまでのカフェを辞め、パン屋で働き始めることにしたのです。それが見事にはまり、すっかりパン作りの虜になってしまいました。「もっとパンのことを知りたい、もっと上手に焼けるようになりたい」。そんな追求心が高まり始めたのです。

こうして私たちは、2人で東京へと移り住み、姉は天然酵母パンの草分け的存在「ルヴァン」に就職、私はケーキとパンのお店でひたすらパンを焼き続ける日々が始まりました。

その頃私は、以前一緒に働いていたカフェの友人と3人で「1日カフェをやりたいね」とよく話していました。そして、「たまひよこっこ」というユニットを組み、フードイベントに参加し始めました。たまひよこっこは簡単に言うと「カフェのおままごと」です。自分たちの表現したいことを、それぞれ発揮する。友人の1人がケーキを焼いて、飲み物を出し、もう1人が絵をかざったり、みんなでカフェご飯を出したり…。そこで私はサンドイッチを出したりしていました。テーマを決めて、メニューを考え、試作を繰り返したりと、とても楽しい作業で、この活動は、今も時々行っています。

すると、今度は姉が私の活動に興味を持ち始め、「私も何かイベントをしたい!」と思うようになったのです。天然酵母でパンを焼く姉とイーストで焼く私。その両方を一緒に楽しめたら、お客様はきっと嬉しいに違いない! やってみよう。

こうして、私たち「cimai」が誕生しました。初めて開催した二人のイベントの日のことは、今でもはっきりと覚えています。2005年3月21日。恵比寿にあるとっても素敵な布と器のお店「Ecoka」でした。はじめてcimaiとしてやったイベントなのにたくさんのお客さまが来てくれて、商品は2時間半で完売。とても良いスタートを切ることができました。

次回は、お店をはじめようとしたきっかけのお話。


cimaiさんからのお知らせ

[cimaiのお店がオープンしました!]

cimai
埼玉県幸手市大字幸手2058-12
TEL:0480-44-2576
東武鉄道日光線幸手駅下車徒歩20分
営業日/火曜日〜金曜日
営業時間/12:00〜18:00
*営業日、営業時間は変更する場合があります。
お問い合わせの上、お越しください。

[パンの販売を行っています]

cafe la famille
茨城県結城市結城911-4
TEL:0296-21-3559
*毎週土曜日に販売


このページのTopへ
このページの感想を送る