EVENT INTRODUCTION

イベント紹介

9月5日(水)〜9月17日(月・祝)

沖澤真紀子 個展 「秋うらら」 at 手紙舎 2nd STORY

秋薫の散歩道。赤や黄色に着替えた落ち葉は一面を彩り、空を仰げば金色に染まった木々が手を伸ばす。眩しい光に目を細め、心弾む気持ちを抱きながら宝物を探しに行こう。

 

 

陶芸作家 沖澤真紀子さんによる、手紙舎で初めての個展を開催いたします。沖澤さんの手がける、パステルカラーで描かれた草花や実の器は、秋の鮮やかな景色の中から見つけた宝石のよう。秋色の作品たちが詰まった手紙舎 2nd STORYで、実りの季節を見つけてみませんか。

▪topic 1 沖澤真紀子さんの優しい草花の器が皆様をお迎えいたします。秋色の新作も登場します!

▪topic 2 沖澤真紀子さんの器を使ったスペシャルメニューをご用意いたします。

【沖澤真紀子 個展 「秋うらら」】

2018年9月5日(水)〜 9月17日(月・祝)
※9.8.9は定休

手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台 1-17-5 2F
tel 042-426-4383
open 12:00-23:00(LO22:00)

作家在廊日:9月5日(水)

詳細は、順次こちらのサイトにてお知らせ致します。

 


 

【沖澤真紀子 「秋うらら」作品制作過程のご紹介】

 

9月5日(水)から始まる沖澤真紀子さんの個展。今回はパステルカラーの花たちが一面に咲きほころぶ器の制作の様子をご紹介いたします。手に取ると秋の風を感じるような作品たち、より沖澤さんの器を身近に感じることができるのかもしれません。

 

素焼き後の器の数々。模様となる花の絵が鉛筆で下描きされています。

 

下描に沿って、釉薬で色をつけていきます。

 

仕上げにもう一度焼き、完成します。

 

器には、表裏それぞれに3本の秋深い美しい花たちが散りばめられています。実際に手に取って、まもなく訪れる秋を感じてみませんか。その他にも、魅力的な作品たちが続々と登場いたします。どうぞお楽しみに!