EVENT INTRODUCTION

イベント紹介

11月28日(水)〜12月9日(日)

KIYATA国物語Ⅴ「常世の森」at 手紙舎 2nd STORY

 

薄暗い森を抜けると
仄かに光る白い森があった
古と今、海と山
時と場が混ざり合う常世の森
秘められた時の中
永遠を漂う
獣たちの静かな暮らし

 

今年も木工作家KIYATAによる年に一度の最大規模の個展「KIYATA国物語」を手紙舎 2nd STORYにて開催いたします。先日、KIYATAの若野 忍さんから伝えられた5年目となる今年のタイトルは「常世の森」。聞き慣れない「常世」という言葉を辞書で引いてみたなら、こう書いてありました。

 

     常世【とこよ】
     1.永遠に変わらないこと。
     2.古代日本人が思い描く海のはるかかなたにある、住人が不老不死の理想郷。

 

2015「幻想の湖」2016「流浪の森」そして2017「天空の森」と、少しずつその地図を書き足すかのように広がってきたKIYATA国ですが、今年はさらに時空を超え、より幻想的な世界へと皆さんをを誘ってくれる予感です。

今回の展示では、メインビジュアルにもなっているウサギのアクセサリーボックスなど初披露の一点物木彫作品や、人気のランプ、時計、バスケットにも新作が多数登場いたします。もちろんブローチや手鏡などの木彫小物類も並ぶほか、グラスやマスキングテープなど手紙社と制作したプロダクツ2種も登場予定です。

 

<ご注意>
初日は混雑が予想されるため、今年はネットでの事前抽選エントリーによる入場順とさせていただきます。初日11/28(水)12:00〜18:00のご購入をご希望の方は、以下事前エントリーサイトにお申し込みください。

https://coubic.com/tegamisha/393728

◎事前エントリー申込み期間:2018年11月5日(月)12:00〜20日(火)23:59
◎入場順整理券番号の発表:2018年11月23日23:59までにメールにてお送りいたします。
*お一人様につき1回のみお申込みください。お一人でアドレスを変え複数通申し込まれた場合は、2通目以降は無効とさせていただきます。
*同一住所のエントリーは2名まで(1家族につき2名まで)とさせていただきます。同一住所で3名以上の申し込みがあった場合は、3人目以降は無効とさせていただきます。
*当日、整理番号1つにつき(ご家族などとご一緒に)複数名でお入りいただくことは可能ですが、ご購入いただける作品数は1名様分となります。
*初日11/28(水)18時以降はどなたでもご入場・ご購入いただけます。またカフェの利用のみ、KIYATA作品以外のものをご購入の方は通常通りご来店いただけます。
*木彫1点もの、木彫受注作品はそれぞれお1人様1点までとさせていただきます。
*転売目的、著しくマナーを欠く方への販売はお断りいたします。
*開催日1週間前頃になりましたら当サイトにて商品ラインナップをお知らせいたします。店舗等へ事前にお問い合わせいただきましてもお答えできませんのでご了承ください。

【KIYATA THEATER】
12/8(土)のディナータイムには、今年もKIYATA国に “うたうヒゲとおどるマリオネットのジャグバンド” The Worthlessがやってきて「ニジノ音楽会」を開催! 昨年このKIYATA国物語で誕生したオリジナル曲「キヤタ国国歌」や、 KIYATA作品とのコラボにも注目です。
日時:2018年12月8日(土)19:00-20:00
入場無料(立ち見可)
*ドリンク・フード等オーダーください。
座席予約:https://coubic.com/tegamisha/350658 *11/5(月)12:00〜受付開始

 

【COLLABORATION】
花生師・岡本典子さんとのリース、はるな陶芸工房さんとのキャニスター、デザイナー・写真家の岡崎直哉さんとのフォトフレームなど、KIYATA木工作品との融合をお楽しみください。

【SPECIAL MENU】
期間中のカフェコーナーでは、KIYATA 国をイメージしたスペシャルメニューをご用意。

 

– KIYATA PROFILE –
KIYATA(キヤタ)はスリランカの言葉、シンハラ語でノコギリの意。スリランカに所縁のあった若野忍、由佳の夫婦が2008年に立ち上げた木工ユニット・KIYATAは、「森の奥深く人間以外の者達が来る者をもてなしてくれている場所 そこにあるものは…」そんな物語をテーマに、生活にちょっとしたファンタジーを与えるインテリアを制作。今日も森で採集の旅を続けています。http://www.kiyata.net

 

◎KIYATA国物語Ⅴ「常世の森」
会期:2018年11月28日(水)〜12月9日(日)
営業時間:12:00–23:00(22:00 LO)
定休日:月・火
会場:手紙舎 2nd STORY(東京都調布市菊野台1-17-5 2F)
tel:042-426-4383
作家在廊日:全日