ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて 第3回へ今日のお手紙 HOMEへ

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

tegamisha

作曲・編曲家、ギタリスト、プロデューサーとして、活躍が目覚ましい伊藤ゴローさん。ソロプロジェクト「MOOSE HILL」やボサノヴァ・デュオ「naomi & goro」としても活動しています。この連載では、ゴローさんにゆかりのあるさまざまなクリエイターの方々をゲストに迎え、“本音トーク”を語っていただきます。

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

今回の対談相手は、原田知世さん。1982年のデビュー以来、『時をかける少女』で映画初主演、近年は映画『サヨナラCOLOR』『紙屋悦子の青春』『しあわせのパン』や、ドラマ出演、ドキュメンタリー番組のナレーションなど幅広く活躍されています。歌手としても、鈴木慶一さんや、トーレ・ヨハンソンさんを迎えてコンスタントにアルバムを発表。高橋幸宏さんらと結成したバンドpupa(ピューパ)としても活動しています。

そして、2014年5月7日(水)に原田知世さんの5年ぶりのニューアルバム『noon moon』がcommmons(エイベックス)よりリリースされます。プロデューサーは前作『eyja』と同じく伊藤ゴローさん。アルバムツアー を控えたお二人が、今回のアルバムが生まれるまでのエピソードや、お互いのことについて言葉を交わしました。2008年以来となる「ゴローの部屋」。アルバムを聴くのがますます待ち遠しくなる豪華な対談をお届けします。

|第4回|チームみたいになれたらいいね|

ゴロー 今回はアルバムのジャケットも素敵な良いものができましたよね。

原田 そうそう。今回は「dosa」というお洋服のブランドのデザインをされているクリスティーナ・キムさんという方と制作しました。3年ほど前、ロサンゼルスにある彼女のアトリエ兼ショールームに伺ったことがあって。洋服もすごく素敵だし、彼女が作っている空間も彼女自身の人柄も素晴らしくて、それ以来お会いする機会もあり、自分も好きでdosaの洋服を着ていました。アルバムを作るとき、ビジュアルはとても大事なもので、今回のアルバムは前作から5年ほど空いているから、ジャケットは“今”の自分を表現する場と思ったんですね。

ゴロー そういえば、今回のジャケットは知世ちゃんの「顔」がしっかり写ってインパクトがありますね。

原田 そうですね、『music & me』はもう少し引きで横顔。『eyja』は絵の中にいる自分といったイメージで、全身が写っていました。アルバムの音はもうゴローさんにお任せしよう、と決めていたけれど、アルバムにおいてのサウンドのように、ビジュアルも誰かにお願いできればと考えて「あ、クリスティーナさんはどうだろう」とひらめいてゴローさんや皆さんにホームページや彼女の作品を見てもらったんですよね。すごくいいね、という話になり、クリスティーナさんにご相談して引き受けてもらうことになりました。ビジュアルまわりはすべて彼女にお願いしましたが、本当に一緒にやってよかった、と思いますね。アルバムの音が良いものになった、と感じたのと同じくらい、ビジュアルの出来にも満足しています。

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

ゴロー 今、CDじゃなくてデータ配信で買ってくれる人も多いけど、あのジャケットはぜひ見てさわってほしいよね。クリスティーナさんの紙選びとか、ディレクションがすごく細かくて、でもそれが大事で。音楽業界の流れについつい身を任せてしまうと、どうしても決まったものの中に入ってしまうけれど、ああやって彼女に関わってもらって良いものを作ってもらえるとうれしい。

原田 作る行程がとても丁寧というか、お仕事に対する姿勢が尊敬できるし、見ていて気持ちが良いですよね。

ゴロー 彼女のアトリエは、実際に行ってみてどんな感じでしたか?

原田 ロサンゼルスの古いビルのワンフロアを仕切りもなくすべて使用していて、置いているもの一つひとつにクリスティーナさんの意識があるというか、細部に至るまでディスプレイされていましたね。無造作に置かれているところもあるけれど、彼女が本当に好きなものが揃っていて、彼女自身がそこから見えてくるようなアトリエでしたね。

原田 そこでジャケットの撮影も行ったんですが、いくつかのテーブルの上に今回のプロジェクトの資料やアルバムのアートワークのイメージとなる写真集、クリスティーナさんのお気に入りのイヌの定規などの小物が並べてあって、それを見た私は感動してしまって。なんというか、この仕事に対する思いがそのテーブルを見ただけで伝わってきたんです。

ゴロー そうやって並べて伝える、作っていく、というのはとても良いですね。音楽制作の参考にしようかな。知世ちゃんの後ろに写っているキラキラとしたものはクリスティーナさんのものですか?

原田 おそらく彼女の私物で、スパンコールを布にきれいに縫ってあるもので、今回使用しようと初めからイメージがあったようです。アトリエにはそれが壁につけられて、前にソファが置いてあるコーナーがあるんですよね。

ゴロー そう、知世ちゃんが撮ってきた写真を見せてもらったけど、どこを切り取っても素晴らしい絵になるような場所だった。

原田 今回のCDの盤面は、初回限定盤のみカラーなので、ぜひそちらも見ていただきたいですね。

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

原田 今回のツアーは、レコーディングのメンバーでまわれるから楽しみですね。ゴローさんはサウンド的にどういうのがやりたい、というのはあるんですか?

ゴロー 今どんな音になるか想像しているんですけど、前回のツアーもバンドっぽかったけど、今回はよりバンドというか、ボーカルの知世ちゃんもバンドの一員というか、ボーカリストという立ち位置によりなれたらいいな、と。どうしても原田知世の歌とバンド、と間に線があるけど、それをこう…。

原田 チームみたいに。

ゴロー うん、そうなれたらいいなと思いますね。今回のアルバムじゃない曲も、ツアーではやりますよね? 決めていますか?

原田 これとこれはやった方がファンの方は喜んでくださるかな、という曲はありますね。でもそれだけじゃなくて、このバンドのテイストに合う曲を選んでいくのが良いかな、と思いますよ。

ゴロー 前のツアーでは『地下鉄のザジ』とか『リセエンヌ』をやったりしたよね! あれは知っている人にとっては衝撃的で、うれしかっただろうな。何十年振りだろう、という感じ。今回もそういうのあるのかな?

原田 発掘しなきゃいけないですね。古いのを聴き直して、今なら歌えるかな、とか。それも楽しみですね。

ゴロー 会場は最初のグッゲンハイム邸のような小さなところもあるし、空間によって違ってくるだろうね。

原田 さすがに毎回来てくれる方はあまりいないかと思いますが、私たちはどの会場も楽しんでいきたいです。久しぶりに行く場所もありますからね。広島、岡山、盛岡、それに名古屋も。前回のツアーでは行ってない場所です。なので、「お久しぶり!」という感じでいきます(笑)。

ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて

ゴロー さてさて、2008年から約6年ぶりにゴローの部屋を開きましたが…次はまた6年後かな?(笑)

原田 次のアルバムのときにぜひまた呼んでください。今日はお招きいただきありがとうございました!

ゴローさんと知世さんからのお知らせ

2014年5月7日(水)、原田知世さんの5年ぶりのオリジナルアルバム『noon moon』が発売されます。プロデューサーに伊藤ゴローさんを迎えて制作したこのアルバムの特設サイトがオープンしています。ぜひご覧ください。

原田知世『noon moon』スペシャルサイト
http://www.commmons.com/noon_moon/

原田知世『noon moon』¥3,000(tax out)
全10曲

noon moon
  • 〜収録曲〜
  • 01 青空の月
  • 02 うたかたの恋
  • 03 Double Rainbow
  • 04 A Moment Of Clarity
  • 05 走る人
  • 06 My Dear
  • 07 LOVE
  • 08 レモン
  • 09 名前が知りたい
  • 10 Brand New Day
    *LOVE:セルフカバー(1997年リリース『I could be free』収録)


手紙舎つつじヶ丘本店・手紙舎 2nd STORY店頭、手紙舎オンラインショップでもご購入いただけます。あわせてご利用ください。
手紙舎オンラインショップ/原田知世『noon moon』



スタイリスト・岡尾美代子さんをお迎えした
前回のゴローの部屋は、こちらよりごらんください。

このページのTopへ
このページの感想を送る
ゴローの部屋 | 原田知世さんを迎えて 第3回へ今日のお手紙 HOMEへ