紙にまつわる珠玉の作り手が一堂に会す紙とイラストのフェスティバル「紙博」。2024年の夏は、8月10日(土)〜12日(月・祝)に「紙博 in 京都 vol.5」、9月6日(金)〜8日(日)に「紙博 in 東京 vol.9」を開催します! 京都の舞台となるのは「京都市勧業館 みやこめっせ」。歴史や文化の中心にあるこの会場にて、紙博を単独開催するのは約6年ぶりとなります。9月には、紙博の原点である東京・浅草での開催も決まりました! 







部屋に飾りたくなるような可愛らしいイラストのポストカード、手帳を賑やかにしてくれるマスキングテープやはんこ、洗練されたデザインが美しいノート、手触りも楽しめる活版作品……。会場内には、眺めているだけで心が躍るような紙ものがずらりと並びますよ。誰かにおすすめしたい紙ものを持ち寄り交換する「紙ものお裾分けっこ」や、出展者に想いを綴ったお手紙を届けることができる「ラブレターポスト」、紙にまつわるエキスパートが出演するトークライブなど、お買い物だけじゃない、紙博ではお楽しみコンテンツも盛りだくさん! ぜひ紙に囲まれた最高の3日間をお過ごしください。







そして、東西の紙博を彩るメインビジュアルを手がけてくれるのは、福岡在住のイラストレーター・グラフィックデザイナーの、いのうえ彩さんに決定! いのうえ彩さんは、「ガリ版」という昭和生まれの簡易印刷機を使い、絵やデザインを制作しています。ガリ版の作品をもとに、リソグラフ印刷を用いて紙雑貨も制作。インクのズレが生み出す独特の風合いや、ポップな色の組み合わせ、細かな線の描写が大きな魅力です。2024年2月の「紙博 in 神戸 vol.2」と3月の「紙博 in 東京 vol.8」にて、現在現在構想しているデザイン案を2種類お披露目します! どちらのビジュアルが好きか、ご来場のみなさんにアンケートも実施予定。どうぞお楽しみに!


[いのうえ彩]
Web site: http://www.ayaipaper.jp
Instagram: @ayai20018






【「紙博 in 京都 vol.5」開催概要】
[日程]2024年8月10日(土)〜12日(月・祝)
[時間(予定)]10:00〜17:00/12日のみ 10:00〜16:00
[会場]京都市勧業館みやこめっせ第3展示場
[入場料(予定)]
前売り券 1,200円(税込)
当日券 1,300円(税込)
手紙社の部員限定・デジタルチケット(先行入場付き) 1,200円(税込)

【「紙博 in 東京 vol.9」開催概要】
[日程]2024年9月6日(金)〜8日(日)
[時間]9:00〜17:00/17日のみ 9:00〜16:00
[会場]東京都立産業貿易センター台東館4階、5階、6階展示室
[入場料(予定)]
前売り券 1,200円(税込)
当日券 1,300円(税込)
手紙社の部員限定・デジタルチケット(先行入場付き) 1,200円(税込)